∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:この歌をあなたに( 162 )

新年のおしん♪

みなさま


明けましておめでとうございます!

今年も、どうかどうか、よろしくお願い申し上げます。



私の今年のオープニング曲です♪


大好きな、坂田晃一先生の作品から。


(時々、似ていると言われる・・・^^??)


「おしん」


の、テーマソングです。




新年になってからも、毎日毎秒が感謝の連続です…。


今、これを読んで下さっているあなたが、幸せな一年になりますように・・・☆☆☆


今日も来て下さって、本当にありがとうございます…!


Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-01-07 03:36 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さってありがとうございます!


***ピアノ弾きの仕事がある時には必ずその日のセットリストに『白い恋人達』を組み入れる程、その曲が好きなmarieなのですが・・・、


でも、今夜は、今まで頑張って来た(笑)自分へのご褒美?として、

同じくフランシス・レイの作品で・・・、この上なく素敵なこの曲をアップさせて下さい・・・♪



(邦題は『パリのめぐり逢い』です。)***


あぁ・・・幸せです♡


これを聴いているだけで、この世に生まれて来て良かった・・・と、屈託なく思えるのです。


幸せです・・・♪


今まで応援して下さったみなさま、本当にありがとうございます!



明日からも、今、出来る事を精一杯頑張って、"生きて(Vivre)"行きますね・・・



まっすぐ、まっすぐ。



感謝と共に・・・
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-08-18 18:51 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(4)
こんばんは!

今日もここに来て下さってありがとうございます。

長い間、更新する事が出来ませんでした…。申し訳ありません。
それにもかかわらず、毎日、たくさんの方が訪れて下さったことを、深く感謝しています。

さて、様々なことは変化して行きますが、
ここでは変わらず、音楽のことを書いていきますネ。
これからは、徐々に自分自身のライヴのお知らせやライヴレポートを今までよりもたくさん載せて行けるようになると思います。


今日は、marie...というか、私の前のプロデューサー、リオン・ウェアとも少しは?繋がりがある、ヴァネッサ・ウイリアムスの来日コンサートにみかちゃん(marieの娘です♪)が行って来たようなので、ヴァネッサの事を書きますね。

みかちゃんは、ビルボード大阪のヴァネッサのオールラストのステージを一人で見に行ったようです。
(というか…、実は私が”行っておいで”って、勧めたのですが…。笑
一人でライヴハウス、のデヴューです♪みかちゃんは何となくヴァネッサのようなセクシー路線だと思ったので♡)

とっても良かったそうですよ!
「お尻を振りながら歌ってたよ^^」って、ライヴ後に電話がありました。
ステージから何度もみかちゃんの方を向いて笑って下さったのだそうです。(←この時点で、メロメロになる親心^^;;)

ヴァネッサの娘さんもバッキングヴォーカルで参加されていて、ステージでの母子のやりとりも楽しい演出だったようです。


地震や放射能問題で来日公演をキャンセルする海外アーティストが多い中、急遽日本のファンを励ますために来て下さったみたいです。ヴァネッサって、素敵ですね!


でね、リオンと、どんな繋がりがあるのかと言うと…

以前にも出しましたが、この写真、
d0031078_225891.jpg


リオンと私の共作でデュエットの『Hearts Alive』のレコーディングの時のもので、LAのバレーにあるトニー・トニー・トニーのラファエルのスタジオで撮ったものなのですが、

この、私の向かって左側に座っているジュリーは、今はリオン・ウェアのお抱えミキサーなのですが、

彼はリオン氏と知り合うまでは、ヴァネッサ・ウイリアムズのお抱えミキサーだったのです!

ヴァネッサはフレンドリーで、とっても良い人だったらしくて、ジェリーはいつもヴァネッサを誉めたたえていました。

海外ドラマ『アグリー・ベティ』のウイルミナ役等、ヴァネッサの女優業が忙しくなるまでは、ジェリーは毎日彼女の家のスタジオに通っていて、ヴァネッサのファミリーとして過ごしていたそうです。


ヴァネッサが歌うこの曲、いいですよ♪



ジョアン・ジルベルトの娘、ベベウ・ジルベルトの作品。
今、密かにmarieも、プラクティスしています^^

ボサノヴァ、、いいですね。
肩の力を抜いて、軽やかに、爽やかに、

新しい日々を、前へ向かって進んで行きましょう。

感謝と共に
Kanafu Marie


明日は朝からお引っ越しです。
に、荷造りしなきゃ…(焦)
[PR]
by kanamarie | 2011-06-13 22:36 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)


こんばんは!

今夜もここに来て下さって本当にありがとうございます。


台風2号は無事に消えましたが…、ここ数日間、この歌が思い出されてならないのでアップしてみました。


昔…、目黒に住んでいたことがあるのですが、

小さいけれど、意外なサクセスストーリー 

↑この頃は、成城に住んでいましたが、その後に住んでたのが目黒だったんです。

JRの目黒駅を出て、権之助坂を下って行き、(今はブルースアレイというライブハウスがありますネ^^)

その先を右に曲がり、少し歩くと、高台へ登って行く階段があるんですよ。

その階段の両サイドにも、マンションが建っていて、それぞれ、ベランダのお花がきれいで…、

目黒なのに、すごく閑静な空間だったんです。


その階段を登り詰めたところに建っていたマンションの4階、そこに住んでいたんです。


2DK…というか…、正確には2Kだったかなぁ…。


そんなに広くはありませんでしたが、キッチンと、4畳半の寝室と、6畳のお部屋。


それぞれのお部屋からは、東京の夜景がとてもきれいに見渡せました。


この、ユーミンの曲は、その頃、寝室で良く聞いていた歌です♪


この曲、イントロが好きなんですよね。

それに、タイトルと似つかわしくない穏やかで気怠いメロディ・ライン…。



外は、台風が押し迫って来ているけれど…、お部屋の中では…。。



ユーミン・・・可愛い・・・(*・・*)ポッ




聴いて頂けたら、嬉しいです。。


感謝を込めて
Kanafu Marie


Happy Birthday!
[PR]
by kanamarie | 2011-05-31 23:11 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さってありがとうございます。

今夜も、どうか無事に、あなたが過ごされますように…。




何も無い一日…。

平和で、幸せなひとときで、ありますように・・・。


感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-14 21:29 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さってありがとうございます。


あれから、ちょうど1ヶ月が経ちました・・・。





バート・バカラックの作品、『One Less Bell To Answer』は、私が父に最後に贈った歌です。

出棺の際に、ひっそりと父の前で、この歌を歌いました。


3年間、涙が枯れる事はありませんでした。


”あの時、ああしていれば…”とか、”もっと、こうしてあげれば良かった…”

と、やり切れない想いを、叫ぶように心の中で繰り返しながらも、、



---時は、容赦なく過ぎ去って行きます…。




犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り致します…。
そして、残された方の心の傷が、少しでも癒されますように…。


深い祈りと共に、
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-11 15:41 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さってありがとうございます…。



今朝は涙が止まりませんでした…。

心を込めた、一日、一日、それはかけがえのない尊い日々…。


は永遠です…。



うめさん…、良く、頑張られましたね・・・。
おつかれさま…。

貴重な日々を伝えて下さって、ありがとう…。



感謝と、祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-04 09:40 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(4)
今日もここに来て下さってありがとうございます!
そして、いつも応援のクリックをして下さる方々に、心より感謝を申し上げます<(__)>

d0031078_1784246.gif


今日は、この歌を^^

海外ドラマ「アグリー・ベティ」の最終回の前の回で、主人公ベティのお姉さんヒルダの結婚式のチークダンスの時に流れていた美しい曲です。




シーズン4の16話、『人生はステージ』の中で、



「もう忘れなきゃ。起きてしまった事は変えられないんだから。

あなた、自分の人生は、こうなんだって、ストーリー作っちゃってるでしょ。

もう、それを捨てないと。

そろそろ、自分のために、新しいストーリーを作るのよ。」




・・・って、ヒルダが落ち込んでいるベティに言ったセリフ、胸にジーンとしました…☆☆



d0031078_17282152.jpg
最終回の最後のシーンではアグリー・ベティのアグリー(Ugly = 醜い)が、消えて行きました^^


d0031078_17285270.jpg


新しい幸せのストーリー、作って生きて行きましょうね♡♡


感謝を込めて
Kanafu Marie

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます!!
d0031078_17361798.gif

[PR]
by kanamarie | 2011-03-08 17:36 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
また、いつも応援のワンクリックをして下さる方々に、心より感謝を申し上げます<(__)>

d0031078_17384297.gif


お元気ですか?

今日は大阪は雨が降っています。

雨の降る3月・・・、春はこうやって、訪れて来ますね。


様々な人々が様々な想いを託し、意志を貫き、全力を尽くして、

また、それを懸命に見守る人がいて、支える人がいて、・・・


“ホッ”と、一段落したその後には、少し体調を崩してしまったりするものです。



たまには何も考えずに、ボーッとして下さいね・・・。

眠り続けてしまっても、神経が集中出来なくても、

それはなんにも、悪いことじゃないから^^


今までの反動を優しく受け止めて、そして、頑張って来た自分を、誉めて挙げて下さいね・・・☆




こちらでは美佳ちゃんも美佳ちゃんの父親も、反動がドッと出ているようで、体調が優れません。



ここに至までには、余程…だったのだなぁ・・と、思います…。



ここにいる間は、美味しいもの?を作る事くらいしか出来ませんが、



笑顔で、”始まり”の準備をして行きましょう。


終わって、始まる。



これ、宇宙の法則なのだそうですよ(笑)


だから、ココロが空っぽになるのも、それはそれで、意味のあることなのかも知れませんネ…。



今週はmarieも横浜で、ひとつ、きちんと終わらせないといけない事がありますので、そろそろ戻らねばいけませんが、


感謝の思いと共に、”新しい”『春』を、迎えて行きたいと思います。



みなさまにとっても、”新しい”、今までに知らなかった、素敵な『春』の訪れがありますように!



また、更新しますネ。

今日も読んで下さってありがとうございました!感謝です☆


人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます!
d0031078_18211018.gif

[PR]
by kanamarie | 2011-03-06 18:21 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。




邦題は『煙が目にしみる』--

これ、marieのかつてのライブでバンマスが”やりたい”と取り上げてくれた曲なんです。

でも私は、この歌は昔から(自分が歌うには)余り好きな作品では無かったんですよね…。


だけど、この、クルセイダーズとパティのヴァージョンを初めて聴いて、


次のライブでは絶対に歌おう!と思いました。


”パティのヴァージョンはmarieさんの雰囲気に合っています”と、言って下さった、かつてのバンマスに感謝します。



私、煙草を吸った事も無いし、煙草を吸う友人も余りいないので…


・・・誰を想像して歌えば良いのでしょう…(^^;?


ふと、そう思ったのですが、


訳しながらじっくり聴いていると、これは実はタバコの煙が目にしみる、というわけでは無いみたいです。

泣くのを我慢して、そう言う”振り”をしている、という歌詞のようです…。”顔で笑って心で泣い

て”…という感じなのでしょうか…。こんなにも深い歌だったのですね…。



エンディングにかかるフレーズが切ないくらい心地良いです。パティのアドリブかな…?

いつまでもその”煙”の中にたゆたっていたい・・・そんな思いで、何度も聴いてしまいました。





"経験"と”想像力”、それは、人の心に訴えかける歌を歌う為には、必要不可欠な要素なんですよね。


いい歌を歌えるように、色んな事を経験させて頂いているのだな・・・と、感謝して毎日を過ごしています。




今日も読んで下さってありがとうございました。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-02-20 01:16 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)