∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

『Lost In The Stars』…♪

みなさま
こんにちは!今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。




お彼岸さんの今日は、この歌をあなたに…。

2つ前のポスト(のコメント欄)で、marieがパティ・オースティンの「ハバナ・キャンディー」というアルバムの中で、一番好きだと書いたそのアルバムのラストナンバー、『ロスト・イン・ザ・スターズ』です。



"Lost"とは、”迷う、見失う”という意味。



marieもロスにいた時、良く前のプロデューサーに



"I'm lost〜っ!"(迷子になりました〜(T_T))



と、電話を入れました。





”お前は今、どこにいるのか?”

と聞かれて、








”どこにいるのか、分かりません。”







と、よく、答えたものです。(苦笑)







この曲『Lost In The Stars』は、コメント欄でも書きましたが、marie の若い頃の血と汗と、涙と、そして父の思い出もいっぱいに詰まった、私にとって本当に特別な一曲なんです…。



この曲の歌詞の意味は、(だいたい…なのですが)


昔々、まだ神様がこの世界の海や陸地を創造する前には、今のこの夜空の星達は全て、神様の手のひらの上にあったというのですが、その星が、砂のようにその指の間からすり抜けて、地上に落ちてしまうのです。

神様は、ある日、やっとのことで(風の吹く闇の中で)その小さな星を探し出されました。

そして、約束するのです。


“もう二度と、お前を迷わせたりしない、ずっと見守っているから”と…。


だから、大丈夫なんだと…、暗くなっても、光が届かなくても、きっと神様は落ちたこの星の行く末を見守っていて下さるのだと…。


だけど(この歌の主人公は)、昼も夜もずっと毎日頑張って生きてきて、目も疲れ果て、年を重ねていくばかり…。


神様が約束された言葉を忘れそうになって、小さな星や大きな星の中を、彷徨っていく…



小さな星や、大きな星の中を・・・






と、この歌の内容はこんな感じです…。





まだmarieが20代の前半だった頃、大学を中退して働くようになったその頃に一番好きだったこの曲を、

父が聴いて、




「かなふ、この曲は、なんと素晴らしい…」




と、涙を流してくれていたことを、今日、また思い出して、胸が一杯になりました…。






この曲はシナトラもサラ・ヴォーンも歌っていますが、まだクインシーに見いだされる前の、若き日のパティ・オースティンがアルバム「ハバナ・キャンディー」の中で、この曲をラストに持ってきて歌っているナンバーが、marieは一番好きです。






marieの父は、本当に優しい人でした。
賢くて、頭が良くて、情にもろくて、
正義感が強く、いつも弱い立場の人の味方でした・・・。


麒麟ビールが好きで、
煙草はHopeや缶Peaceを吸っていました。







「パパはお前をそんな娘に育てた覚えは無い」



と、良く言っていましたが、その顔は、いつも笑っていました。








今日も父を思い出して泣いているmarieを見て、天国からそんな事を言っているのかも知れませんね・・・。



d0031078_1154384.jpg






パパ、ありがとう・・・。なかなか京都に行けなくてごめんね…。







今日も読んで下さってありがとうございました。
みなさまへ感謝を込めて

Kanafu Marie
by kanamarie | 2008-09-23 12:03 | この歌をあなたに | Trackback
トラックバックURL : https://kanamarie.exblog.jp/tb/8655109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。