∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

歯を食いしばって、もう少し頑張ってみよう。

みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

そして、いつも応援のワンクリックをして下さる方々に、心からの感謝を申し上げます。
(昨日、一昨日と、”一瞬”6位になったそうです。みなさまのおかげです。
本当にありがとうございます!!)


先日、とても驚いた事がこのブログでありました。

それは、marieの神戸時代(大学生時代)のジャズのお師匠さま、故中川宗和先生の息子さん(中川宗城さん)が、
このブログを見つけ、そして、
この記事『Out Of This World』--天国からのコネクション--にコメントを下さったのです!!

喜びと共に、私にとってそれはとても深い意味を感じる出来事でした。



その日は、第77回日本ダービーが行われた日で、そのレース後の各ジョッキーのコメントに胸を打たれていたところだったのです。


惜しくも2着に敗れた後藤騎手はインタビューで、

「馬を褒めてやりたい。最高のパフォーマンスを見せてくれました!」

そう仰り、

人気を背負って着外に敗れた横山騎手は、「馬券を買ってくれた人に申し訳ない…」と。


そして優勝した内田騎手は、

「ダービーで勝つ為に、地方競馬から中央へ移籍した。どんなに辛くても、歯を食いしばって頑張れば夢は叶う。」

と、言っておられました。


あぁ…何て凄い…(涙)

”一流”と呼ばれる人は、皆さんこれ程素晴らしいのだ…と、非常に心を打たれました。



そんな中で帰宅して、宗城さんがコメントを下さった過去記事からリンクしている他の記事も、中川先生や、そこに登場する様々な方への感謝の気持ちと共に読み返してみると、

書いてある事が、何だか今の自分に言われているような気がしてきて……。


リンク先の過去記事には、marieが昔アナウンサー、フリーライター(主に競馬関係の)をやっていた頃の新聞のコラムが出ているのですが、

そこに、昔の私がこんな風に書いていたのです。


”夢は追い続けるもの。

感情ではなく、強い意志で。

同封されていた在りし日のサクラスターオーの写真は、歯を食いしばってゴールを目指していた。”と。




・・・これはきっと、

”歯を食いしばれ”という事なんだな、と、思いました。



天国から、中川先生が、

そう仰っておられるのだな・・・、そう感じたのです。


何だか、不思議な時が流れていきました…。


奇しくもその数日前に、marieはCD制作の件で、あることを若山教授にお願いしたところだったのです。
若山教授は、無理なお願いにも関らず、


「わかった。」

と、引き受けて下さりました…。(涙)


だからきっと、中川先生が天国から、私にメッセージを送って下さったのでしょう…。そう信じています。


中川宗城さん、このブログを見つけて下さって、コメントを下さって、本当にありがとうございました。


いつか神戸か大阪で、あなたの偉大なお父さまの弟子だった私の音楽を聴いて下さい。

(そして、いつか、若山教授から、お父様の色んなエピソードを教えて頂いて下さい。)


お父さまに育てて頂いた音楽は、私が繋げて、残していきます。



”歯を食いしばって”、強い意志で。




ありがとうございます…☆

感謝を込めて
Kanafu Marie


シャカタク『Out Of This World』


シャカタク『Just The Way We Are』

[PR]
by kanamarie | 2010-06-01 04:38 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kanamarie.exblog.jp/tb/11221694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナカガワムネシロ at 2010-11-14 00:14 x
コメントありがとうございました。お会いできる事があれば亡き父の話など教えてください。寒くなりましたのでご自愛くださいませ。
ナカガワムネシロ
Commented by kanamarie at 2010-11-14 08:56
ムネシロさん

ありがとうございます!!
その日を楽しみにしていますネ。先生のお孫さんのお顔も見てみたいです♡
あぁ…先生を思い出して、今朝は感慨深いです・・・(涙)

ムネシロさんもお体おいとい下さいね…。
お気遣い下さりありがとうございます。