∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夢から夢へ・・・♪

d0031078_18140323.jpg
今日もここに来て下さってありがとうございます。

先日、神戸・元町で行われた、シンガー・有末純子さんのライブにお邪魔して来ました。
可憐で、クリスタルなヴォイス✨とっても素敵な一夜でした♪
私のライブの時にもサポートして下さったチーチョ西野さんがドラムスを担当していらっしゃって、久し振りにお会い出来て嬉しかったです。

有末純子さんは、約1年前の私のライブに、加古川から大阪まで来て下さった方なんです(涙)
会場で純子さんを見付けた時には本当に驚いてしまいました。まさか、来て下さるなんて・・・。
可愛いブーケをプレゼントしてくださり、私が歌っている間、写真もたくさん撮って下さいました。

その時のご恩返しに・・・とその数ヶ月後の純子さんのライブに伺った時、
会場に入るや否や転倒して肋骨を骨折・・・(^_^;)
その次の純子さんのライブでは、途中、地下鉄の中で貧血で具合が悪くなりそのまま病院へ直行・・・💦
”行きますね”って約束していたのに、申し訳なくて・・・。
でもその時に、純子さんが下さったメールが、本当に思い遣りに溢れていて・・・
泣いてしまいました。

そんなこんなで、今度こそは無事に必ず!と思いながら何とか伺う事が出来て、
ホッとしたのか・・・
純子さんのお母様やピアニストの船越朋子さんとも久し振りに再会出来て嬉しくて感激しすぎたのか・・・

神戸からの帰り、電車の中で熟睡してしまい、気が付いたら、私は、全然知らない土地に・・・^^?

駅員さんに、”あの、どうして私は、ここにいるのですか?”と聞いたら、
笑っていらっしゃいました^^;;;;;

”どこで降りるはずだったんですか?
”大阪です”

”あ、それは、寝過ごしてしまいましたね。神戸から大阪、京都を越えて、ここは、滋賀です”

”はい⁉️(・・?)”

もう帰れる時間帯ではなかったので、駅前のビジネスホテルに一泊、目が覚めたら翌朝は土砂降りでした。

d0031078_18351683.jpeg
朝食が付いていて有り難かったです。
なぜか”パイナップル”と表示されていた冷凍マンゴーが美味しかった^^

d0031078_18354285.jpeg
ホテルの1F朝食会場からの朝景色です。

泊まれる所があって本当に良かったです(涙)

前日の夢のようなライブを思い出しながら、車窓を眺めて無事に帰って来ました🏠

d0031078_18445084.jpeg
まるで映画のようなワンシーン・・・❤️❤️
本当に素敵です♪


さて、私も・・・少し日程が遅れてしまいましたが、イタリアからライブのオファーを頂いたので、行って来ますね。

イタリアでのライブは2006年12月のナポリ〜ポジターノライブ以来です。
その時の写真です。
d0031078_18585861.jpg
d0031078_18591182.jpg
d0031078_18592717.jpg

”もう、やり切った”・・・と自分を納得させられるまで、
後どれ位時間が残されているかは、分かりませんが・・・
しっかりと体調を整えて、今、出来る限りの活動をして参りますね。
本場でカンツォーネのレッスンも受けて来ます。



もう少しだけ、応援して下さい。
お願いします。


感謝を込めて
Kanafu Marie







[PR]
by kanamarie | 2017-06-22 22:55 | LIVE | Trackback | Comments(2)

宝の蔵へ・・・♪

d0031078_10405470.jpeg

亡き父の誕生日を美佳ちゃんが覚えていてくれて二人で一緒に京都に御墓参りに行ってきました🙏🌺
先代のご住職様とお会い出来る幸運に恵まれ、ご回向して下さり本当に感謝です・・・(T_T)天国の父もどんなに喜んでいたことでしょう・・・パパ、良かったね💞
宝蔵寺のご老僧様(ご老僧とお呼びするにはまだまだお若いですが!)奥様、本当にありがとうございました。そして美佳ちゃん、お供えやお花を用意してくれて本当にありがとう・・・(涙)幸せな1日をありがとう


d0031078_10421832.jpeg

ご帰宅されたばかりの先代ご住職様が、お疲れであったにもかかわらず、着替えて、ご回向に来て下さいました(涙)感謝です・・・!!
d0031078_10441485.jpeg
いつもお優しく明るくそしてとってもチャーミングなご老僧様です!美佳ちゃんも私も大好きです!!💘




d0031078_10460011.jpeg





父が好きだったサクマのドロップス🍬全部の種類を一度に口に入れると、みっくちゅじゅーちゅの味がすると言っていました(笑)
d0031078_10472807.jpeg


現ご住職様の奥様です。元女優さんなんです!小塔婆を書いて頂いている間に思わずシャッターを押してしまいました。




















先代のご住職様が奥様(お嫁さん)のことを、“ウチの宝もんです”と仰った時、涙が出そうになりました・・・

d0031078_10493463.jpeg



d0031078_10503068.jpeg






レンジジュースと日向夏ジュース。ひとまわり大きく成長した美佳ちゃんの笑顔が眩しく感じました




今日も読んでくださってありがとうございました。





💘





感謝と共に






[PR]
by kanamarie | 2017-06-15 10:54 | 感謝 | Trackback | Comments(0)

この曲を、やっとYoutube で聴くことが出来ました。

私が、何年も何年も、探していた音源です。
数年前にオークションで競り落として、今、その貴重なCDは娘の元にあります。

スタンリー・ブラックのピアノは、私の師匠、故中川先生を彷彿させます。どこまでも華やかでそして切ない・・・。

このアレンジはスタンリー自身のものではありませんが、原題に寄り添う、素晴らしいアレンジだと思います。

”こんな日が来るとは思わなかった・・”という後悔の歌なのに、感傷に浸り過ぎず、どこまでも美しく軽やかなスタンリーのピアノは、輝いていて、それはまるで、涙の雫のような雨粒をきらめきに変えて振り撒いているかのよう・・・。

・・・だからこそ余計に、涙が出るのです・・・。



それがピアノの使命、音楽の使命なんだと、私は信じています。



今日も読んで下さって、ありがとうございました・・・。


感謝を込めて
Kanafu Marie




[PR]
by kanamarie | 2017-06-11 22:09 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)

初夏の手仕事♪

d0031078_15523160.jpeg
「ようこそここへ♪」
可愛いでしょ?うちの玄関に飾っているこのピンクの小鳥、実は100円均一のお店で買って来たものなんですよ^^
我が街にもやっと100均のお店が出来て嬉しいです。

さて、今日は他愛もない記事ですが最近の手仕事?と言うまでもない簡単な作業をご紹介しますネ。

いつも新鮮で安全な食品を届けて下さっている山口県の秋川牧園さんから、今季初の新ニンニクが到着したんです!

d0031078_16013812.jpeg
白くて美しい!そして栗ほど大きなものもありました。

これを・・・
d0031078_16034276.jpeg
丁寧に皮を剥き、煮沸消毒した瓶に入れて、オリーブオイルを注いだだけです(^^;;

香り付けにローリエと鷹の爪も入れました。

本当は梅肉と蜂蜜と鰹節で漬け込もうと思ったのですが、粒が大きいのでオリーブオイル漬けにしました。
来週はもっと届くので、もっと仕込もうと思っています。
青梅も、届くんです♪

生産者の方が手塩にかけて育てた食材に出会えて、それを手に取る事が出来て、そしてお料理させて頂ける・・・・・それも一つの、奇跡ですよね・・・。

今、こんな時間を過ごせるのも、奇跡です。


ありがとう・・・。いつも感謝しています。


Kanafu Marie




[PR]
by kanamarie | 2017-06-08 16:18 | Cook Is Love | Trackback | Comments(0)
いつもここに来て下さってありがとうございます。

少し前になりますが、ナポリの旧友ぺぺからフェイスブックにメッセージが入りました。

"Quando vuoi venire casa mia è casa tua."
(直訳すると、あなたが私の家に来た時は、それはあなたの家です。かな?)

”ナポリに来たら、僕の家が君の家だよ。”

懐かしい、ぺぺの声が聴こえて来そうでした。

そして、こんな写真が添付されていたんです。
d0031078_15163202.jpg
ぺぺの家のお庭です。

d0031078_15172780.jpeg
懐かしいカルメラ。(ぺぺの姉で今はお母さん代わりです。)
私にとっても、いつも姉のような存在でした。
d0031078_15175878.jpg
お料理上手なカルメラが作っているのは、どうやらラグーナポリターナのようです。
ご馳走ですね^^

”僕の家は君の家”って、あったかい言葉ですね(涙)

私の今の住まいは、今まで暮らして来た環境の中で一番気に入っていて、毎日快適に過ごさせて頂いているのですが、話し相手がベランダのお花たちしかいないので、時々、人恋しくなります。

でもこうして、この世界のどこかで、待ってくれている家族がいるんだと思うと、それだけで元気が湧いて来ます。

そして今、これを読んで下さっているあなたにも、いつも勇気を頂いています。

ありがとう。

感謝を込めて
Kanafu Marie





[PR]
by kanamarie | 2017-06-08 15:44 | イタリア | Trackback | Comments(0)