∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ボローニャ到着・・・♪

いつもここに来て下さってありがとうございます。

関空からドバイ経由で、やっとボローニャに到着してからの事を書いていきますね!


アンコーナにも空港はあるのですが、エミレーツは就航していないんですよね・・。

今まで、セニガリア(アンコーナ)に行く時には、ナポリから帰国の折に立ち寄ることが多かったので、ナポリ或いはローマからアリタリアの国内線で飛ぶか、ローマから列車で行っていました。ローマから飛行機だと50分弱、列車だと当時は5時間くらいかかりました。今は3時間くらいだと思います。

エミレーツが就航しているローマかミラノで降りてそこから列車で行こうかとも考えましたが、距離的にはボローニャが一番近い様な気がして、久しぶりにボローニャで1泊するのもいいかな?と思って決めたのです。

ボローニャは、ヨーロッパ最古の大学があることで有名ですし、ボロネーゼ(ミートソース)発祥の地としても知られていて、
道を歩けば、リストランテよりもう少し気軽に入れて、でもしっかりお食事も楽しめるトラットリアが軒並み。美味しそうな良い匂いに包まれた、まさにグルメの街!と言った雰囲気です。

中でもトルテリーニが名物料理です。(大きな餃子?のようなものです^^)


昔、アルトサックスを片手に、ローマからミラノ経由でボローニャを訪れたことが1度あるのですが・・・その時の記憶を辿って行くと、ボローニャの駅の周辺が非常に治安が悪かったことに、航空券を手配してから気が付いて、どうしようかな?と、、少し不安だったのですが、、

バレリアから電話があって、とりあえずボローニャで1泊してからそっちに行くと伝えたら、

”カナフ!!!まぁ!!!何て偶然なの!?

ウエイン(バレリアの夫)もちょうどその日ボローニャ空港に行ってるのよ!!

ウエインのお兄さんがその日の朝の便でボローニャからイギリスに帰るから、送って行くの!!
カナフの乗った飛行機が到着するまで待っててもらうわ!だからホテルを取らずに、車で一緒にセニガリアに帰って来て!!”

って、すごく驚いて・・・。

私も、びっくりしました・・・。何と言う偶然なの!?って、バレリアも何度も何度も言っていました。


その事を、このイタリアへの旅をコーディネイトして下さったプロモーターの前田様にお伝えしたら、


”それはきっと、アルバママがそうしてくれたんだろうな・・・。”


って、言って下さっていました・・・(涙)



空港に着くと、ウエインが”KANAFU" と大きく書いたボードを持って、出口で待ってくれていました。

ウエインとは電話で話したことがあるのですが、実際に会うのは初めてです。


まず、空港の小さなカフェテラスに座って、お互いご挨拶を交わしました。


モッツァレラチーズとスモークサーモンがクロワッサンの生地に挟まれたパニーニ(イタリアのサンドイッチ)をとてもお行儀良く食べているウエインを見ていると、何となく、”この人がバレリアの旦那様なんだ”って、嬉しくなったのでした。^^*


d0031078_03581456.jpeg
d0031078_03591467.jpeg
車は、ボローニャからアンコーナまで、ハイウェイを走ります♪

2時間半から3時間で、セニガリアに到着です!


この続きは、また・・・。


今日も読んで下さってありがとうございました^^



感謝を込めて
Kanafu Marie






[PR]
by kanamarie | 2016-10-29 04:03 | イタリア | Trackback | Comments(0)
みなさま

いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。

すっかり秋めいて来ましたね。人恋しいですね。(笑)

この前の土曜日、BS日テレの「小さな村の物語 イタリア」という番組でシチリア州のサンカルロという村が紹介されていました。

人口100人足らずの小さな村で、家族の役に立ちたい、残りの人生も自分が出来ることを精一杯頑張って働いていきたい、という男の人たちの日常を淡々と伝える内容でした。

その番組を締めくくる、最後の言葉が良かったんです・・・。

正確には覚えていないのですが、

”いい時ばかりではない。思い通りにならない時もある。何かをしようと外に出て、道を歩いていたら、(人生の例えです)ふと雨に降られたりする。

だけど、そんな時、誰かがそっと、傘を差し出して中に入れてくれる。

それはきっと、遠い昔に、誰かのために差し出した、自分の傘だ。”


・・・その最後のナレーションを聴いた時、涙が溢れました。


何と温かな、愛に満ちた言葉なのでしょう・・・。

時空を超えて、もしも自分が遠い昔にしたことが戻ってくるという奇跡があるなら、それは、無駄なことなど一つもないのだ、ということですよね・・・。

目には見えなくても、ちゃんと見ていてくださる存在があって、その愛によって生かされているのだなぁと感謝の気持ちで心が熱くなりました。


このブログを読んで下さっている方に、そしてきっと読んでくれている、最近再会した私の高校時代の友人に、この言葉を伝えたくなり、思わず書いてしまいました。

(彼女は自分自身癌と闘いながらも、認知症のお舅さんを、愛を込めて一生懸命お世話をしています・・・(涙))




さぁ、イタリアの(今度は私の)続きを、また次から書いて行きますね^^


また来てくださいネ!



感謝を込めて
Kanafu Marie




[PR]
by kanamarie | 2016-10-25 22:34 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(0)

ちょっと休憩・・・♪

いつもここに来てくださってありがとうございます。

イタリア旅行の記事にお付き合いくださってありがとうございます・・。

今日はちょっと休憩?して(笑)久し振りにお料理の記事などを・・・^^

この前娘の美佳ちゃんが来てくれた時に作ったお料理です。彼女が写真を撮って、フェイスブックに載せてくれていました(涙)

d0031078_22122949.jpg
上はガパオライスです。ベランダで育てているバジルを使いました。
パプリカと鶏ひき肉をナンプラーやオイスターソース、レモン汁(本当はライム)で味付けするだけ。簡単なお夜食です。
作っている間のアペタイザーにレバームースと生ハム、パリミジャーノのカナッペを。

d0031078_22110093.jpg
上は、100%ビーフのハンバーグのリメイク料理です。
ちょっと柔らか過ぎたので、赤ワインとデミグラスソースで煮込んでポーチドエッグを乗せ、
手打ちのタリアテッレ(平麺パスタ)を下に敷いて崩しながら具(ソース)にして食べるようにしてみました。
濃い味付けを卵の黄身がまろやかにしてくれて、太めのパスタと良く合います。
下は、アジフライとオクラのフライです。
アジの干物をフライにしてみました。オクラも美味しかったみたいです^^

d0031078_22131848.jpg
上はパインセオというベトナムのお好み焼きです。
黄色く見えるのはは卵ではなくターメリック。
ターメリックと米粉、片栗粉、お塩をブレンドして水に溶き、小口切りにした細ねぎを混ぜてパリパリに焼いて、炒めたエビ、鶏ひき肉、を乗せ、
生のもやしをその上に置いて蒸し焼きにして最後に折りたたみます。

下はカオマンガイというシンガポールのチキンライス。
本当のレシピは最初に鶏を茹でて、その茹で汁でお米を炊いていくのですが、
今回は炊飯器でその工程を一度に、簡単に作ってみました。
生姜やにんにく、ハーブ等で味付けしたご飯に塩やお酒、スパイスで下味を付けた鶏もも肉を、皮目を下にしてお米の上に置き、
一緒に炊き上げるだけです。
それにスイートチリソースを添えましたが、ピーナッツソースも作ってみました。
レタスがなかったのでバジルを添えて。これをサーブする前にエビ春巻きやカルパッチョ、若竹煮を出していたので、
ハーフサイズにしました^^

d0031078_22150010.jpeg
d0031078_22161418.jpeg
上のは、車海老の天ぷらです。
デパートの閉店間際、半額で買って来た魚介類を順番に天ぷらにして、少しずつ揚げていきました。
カレー塩やハーブソルトなど、色んな味のお塩や天つゆをつけて。

下の写真は、大急ぎで作った定食です^^;
メインはアスパラガスの牛肉巻き、(細〜いアスパラと、牛肉もちょこっとだけ残っていたので^^;)
小鉢もののプレートは、上からキュウリとミョウガの浅漬け、釜揚げしらす、
冬瓜と鶏手羽先の煮物(前日の残り物)
カニ酢、菊菜のおひたし、キュウリの赤しそ&梅酢漬けです。
鶏とごぼうの炊き込みご飯に合うように組み合わせてみました。

菊菜(春菊)は、美佳ちゃんも私も大好きなんです!胡麻和えや白和えにしても、ほうれん草のとはまた違った味わいがありますし、
生でサラダにして、クルミやリンゴ、あればカッテージチーズやクリームチーズと一緒に和えても大変美味しいです^^*

キッチンに立って、誰かのためにお料理を作っている時って、本当に幸せです。
こんな時間が持てることに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

どんな料理も、頑張って、美味しいって食べてくれた美佳ちゃんにも感謝・・・(T_T)


今日も読んで下さりありがとうございました。

イタリアの続きも、最近あったちょっと嬉しい再会のお話もまた書きますので、また、来て下さいネ!



感謝を込めて
Kanafu Marie

↓オマケです^^;

ある日の私の夕食。無性にグラタンが食べたくなって。。。
でも、私はいつも、そんなに食べることが出来ないんです。
だから小人サイズのミニチュアココットで作ってみました。
中にはそれでもちゃんとショートパスタとエビが入っています!
コーヒーカップのお皿の上に乗せると、こんな大きさです。
d0031078_23163787.jpeg






[PR]
by kanamarie | 2016-10-17 22:50 | Cook Is Love | Trackback | Comments(0)
続きです^^

ドバイからボローニャまではこれらの曲を聴いていました🎶

d0031078_19455425.jpeg
マイケルと一緒に、イタリアに帰る・・・そんな気分でした。

前の席の人は、どこかアラブの国のTVドラマを視てて、ちょっと覗いて見たのですが・・・

d0031078_19503179.jpeg
男性がにこやかに近づいて来たと思いきや・・・

d0031078_19522577.jpeg
ラブシーンが始まる雰囲気だったのに、いきなりピストルを取り出し、ものすごい格闘が!!!

d0031078_19542290.jpeg
凄い乱闘・・殺し合い・・だった・・・はず・・なのに・・・何故か抱擁・・・^^???

訳のわからない目紛しい展開・・・(汗
日本では有り得ないですよね^^;;;

斬新でした。。。(笑)


エミレーツって、エコノミーでもワインがとっても美味しいんです❤️
それで、最後尾のクルーの所に追加の白ワインをもらいに行ったら、
その時、マーガレットさんという若いCAの方が、

「あら!アナタ、もしかしてシンガー?」・・・って、声を掛けてくださったんです。

私は、「はい。歌が下手なシンガーです。」

と、答えました。そしたら、「ここで1曲、歌ってよ!」

って、一緒にいたクルーの方達と私の手を引っ張って、みんなの中央に立たせて・・・^^;;;;;

で、

「私は、世界一歌が下手な歌手だから、恥ずかしくて飲まないと歌えないんです^^;」

って誤魔化したら(まぁ事実かも知れませんが 笑)

みんなウケちゃって・・・^^;;;

その後ボローニャに着くまでずっと、一人一人、代わり番こに

「もう飲んだ!?歌える!?」

って、座席まで話し掛けに来てくださっていました。

とってもフレンドリーなクルーの方達で、ボローニャ路線は楽しかったです♪♪

そんなこんなで、やっとイタリア、ボローニャ空港に到着しました^^


この続きは、また・・・。


今日も読んで下さってありがとうございました!!


感謝を込めて
Kanafu Marie









[PR]
by kanamarie | 2016-10-10 20:11 | イタリア | Trackback | Comments(0)
みなさま
いつもここに来てくださってありがとうございます。

大変ラルゴな展開で申し訳ありません!!
(ラルゴ→極めて遅い^^;)

イタリアでのこと書いて行きますね!まずは行きの便から。
航空会社はエミレーツ、初めて利用させて頂きました。
関西空港からの深夜便です。

エミレーツはエコノミーでもエンターテインメントが充実していて、様々なジャンルから音源を選ぶ事が出来、また、それをお気に入りに登録して編集出来るんです!

以下は私が最初にお気に入りに登録したアルバムです♪
まずこれらの曲を繰り返し聴いていました。
d0031078_18055193.jpg

d0031078_18064757.jpg
d0031078_18074096.jpg
d0031078_18082733.jpg
d0031078_18091051.jpg
d0031078_18094519.jpg
d0031078_18370195.jpg
ドバイに着いて、ボローニャ行きの便まで約4時間のトランジットがありました。

ハイネケンバーで、ブログをチェック。
ドバイの空港ではお店に入ってオーダーすると、店員さんがインターネット使用のIDとパスワードを30分間づつ渡してくれるようになっています。

とってもとっても薄いワインでした^^;;
このバーで、お隣に座ったスイス人の女の子と仲良くなり、色々お話ししました。
彼女は半年間ニュージーランドに留学していたのだそうです。
ニュージーランドの写真を見せてもらったり、楽しいひと時でした。

この続きは、また・・・^^


秋らしくなりましたね。みなさま体調を壊さないようにご自愛くださいね。
いつも見守って下さり、感謝しています。


Kanafu Marie






[PR]
by kanamarie | 2016-10-02 18:43 | イタリア | Trackback | Comments(0)