∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みなさま

こんにちは!今週は雨のスタートになりましたね♪

雨にも負けず風にも負けず、明るく楽しく、頑張るしかないやん!という感じです(笑)


今週は本日月曜と水曜日が高槻アリュール、木曜日金曜日が江坂ラウンジ吉野で演奏致しますので、

お近くの方は是非いらして下さいね☆

(月曜は急遽江坂にピンチヒッターで出演しましたので、本日火曜は高槻アリュールです。

アリュールのママさん、無理を聴いて下さって本当にありがとうございます!<(__)>)



d0031078_1340098.jpg

昨日大阪ルクア6階のHoney Bunchで、新しい制服?を揃えました。

中に着ているワンピースに音譜♪が描かれているんですよ!

Honey Bunchの新田さんがコーディネートして下さいました^^/とっても嬉しいです。


前日リカちゃんのサイトでこれを見ていたから何だかビックリしました。↓

d0031078_13555330.jpg
(^^;;


今週はこの制服で演奏しますね♪











d0031078_13443779.jpg
この写真は先週金曜日のものです。
この赤いクリスマスカラーのワンピもHoney Bunch,そして私の横にいらっしゃるのは、いつも応援して下さるサンタクロースさんです(笑)

眺める度に笑顔がこぼれる1枚です♥



今週もどうぞよろしくお願い致します。



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-11-26 13:52 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

今日も♪

いつもここに来て下さってありがとうございます!


今日から3連休とばかり思い込んでいましたが、今日も仕事なのだそうです(^^;; 

確認して良かったです〜。今日も江坂ラウンジ吉野で演奏します♪
お近くの方は是非聴きに来て下さいね!


病み上がりなので、活動させて頂ける事は有り難いです。
休出で救出されました(笑)


行って来ます!!!


感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-11-23 13:57 | お知らせ | Trackback | Comments(2)




A world in need
A heart in chains
That's all god needs
To make a miracle
A soul ashamed
A life of pain
That's all god needs
To make a miracle






そうなのかな、マイケル(マクド)……
[PR]
by kanamarie | 2012-11-21 05:54 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)


いつもここに来て下さってありがとうございます!

先日(金曜日)、時々このブログも読んで見守って下さっている東京の中村先生(お医者様)が学会で

大阪に来られた際に、お時間の合間を縫って、江坂までピアノを聴きに来て下さいました。


先生とお逢いするのは、1年と半年振りくらい…、まだ私が横浜にいて、そこを去らなければいけなくなった頃、


『引っ越し、大変だったら、手伝いに行くよ。

もういっそのこと、海外に帰った方が良いのでは?』


と、


言葉も少なめに…、


でも、温かく思い遣って下さって…、


それ以来、大阪に私が戻って来てから、初めての再会です。


先生は相変わらずお優しく、マイペースで(笑)


ピアノラウンジの開店前に江坂に着かれたというので、同じビルの1階にある”今日しかない”という居酒屋さん(大将やお店の方にいつも優しくしていただいています^^)

で待って頂いて、

そこで待ち合わせて、その後、ラウンジ吉野に寄って下さいました。


先生がお好きな、カーペンターズを弾きました♪


『元気そうで良かった!今の君は、長い入院生活から退院した人みたいだ。』


と、言って頂けました。


『この小さな身体で、色々苦労しているんです。


よろしく頼みます。』


と、ピアノラウンジのママさんやお店の女の子に最後に挨拶をして下さって、そして、また、東京に戻って行かれました。



中村先生、遠くから、ピアノを聴きに来て下さって、本当にありがとうございます…(涙)



1時間という短い時間でしたが、その間もママさんやマリちゃん、そして新人のえみさんが心からおもてなしをして下さり、

皆さんやご配慮下さったオーナーの奥様にも感謝でいっぱいです。



色んな事があるけれど、こうやって、心が救われる日もあって、


続けて行けます。



さぁ、また新しい1週間、精一杯、頑張ります。



感謝を込めて
Kanafu Marie


(今週は月火が高槻アリュール、木金は江坂ラウンジ吉野に出演させて頂く予定です♪)
[PR]
by kanamarie | 2012-11-11 18:50 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)
みなさま

いつも、ここに来て下さって本当にありがとうございます。

久し振りの更新になってしまいましたが、今週も今日(月曜)と水曜日、高槻ALLURE(アリュール)にて、

木金は、江坂のラウンジ吉野にて、出演、演奏させて頂きます♪♪

d0031078_1582015.gif



ところで・・・

先々週の金曜日、桑名さんへの追悼の意味を込めて、「セクシャルバイオレットNo.1」をラストに演奏して来ました、と、Facebookにも書きましたが、

「月のあかり」も、弾いてみよう・・と、メロディを聴き込んでいた時に、

もうお二人の方の訃報を知りました。


お一人は、若松孝二監督。

ここ→愛のコリーダとパリのめぐり逢い?で、その出逢いを書いた記事があります。

読んで頂けたら嬉しいです…。

監督のご冥福を心からお祈り致します…。


そして、もうお一人の方は、藤本義一さんです。


藤本義一さんとは直にお逢いしたことは無いのですが、義一さんのお嬢様が、私の大学時代の先輩でした。


関西学院大学に、ハーモニカソサエティ(略してハモソー)というサークルがあったんです。(今あるのかどうか、分からないのですが…)

ハーモニカが入った、立派なオーケストラ編成になっていて、私も少しだけ、そこに籍を置いていました。

編曲や作曲、指揮を振らせて頂ける予定だったのです。

当時、私は大学の自治寮に入っていて、寮の行事や、アルバイト(家庭教師やピアノ弾き等)も忙しく、(その頃から実家に仕送りをしていたので)、

サークル活動を楽しく続けることが出来なくて、在籍していたのは本当に短期間だったのですが、

そのサークルで、とても優しく面倒を見て下さったのが、藤本義一さんのお嬢様だったのです。

フルート、ピッコロを担当していらっしゃいました。

お母様はいつも華やかで、コンサートの度に寄付をして下さっていました。

ご両親揃って有名人のご家庭で育って来られたのに、派手でもなく気取った所も無く、先輩はいつも控え目で優しい存在でした。


私には藤本義一さんが生前、仰っていたことにとても感銘を受けたお言葉があります。
あるテレビ番組で仰っていたことなのですが、

作家になる為に、一生懸命小説を書き、作品を出版社へ送ったり有名な作家の先生や評論家に読んでもらったりしていた頃、

ある作家の方に、こう言われたのだそうです。


「いやー、惜しいね!キミ!!本当にこの作品は惜しいよ!もう少し考えればこの原稿、売れたのにな!」


一見、認められているかのようですよね。

でも、続きはこうだったのだそうです。


「よく考えても見ろよ、キミ。この原稿、キミが何も書かなければ、さらの原稿用紙として売れたのにな!いやー、惜しい事をしたね!」


藤本義一さんは、その作家の先生の言葉に酷く傷つき、屈辱感で心の中がいっぱいになった、と仰っていました。


でも、今の自分があるのは、あの時、そんな屈辱を受けたからだ、


そう仰ったのです---。


私は今でも、義一さんのこのお言葉を忘れることが出来ません。


音楽の世界でも、色んな人がいます。


楽譜を読める人は上手く楽譜を読めない人を馬鹿にしたり見下したり、しっかり基礎教育を受けた人はそうではない人を疎んじたり・・。

私はそのどちらでもないけれど、今までどれほど屈辱感と闘って来たか計り知れません。


でも、その屈辱を受け入れるのも、乗り越えるのも、結局は自分自身なんですよね。

傷つけたり屈辱を与えているのは、他人ではなく、自分自身なんです。


そんなことを、最近、やっと分かるようになって来たかなぁ・・・。


どんな場所にでも、学ぶべきこと、そして真実は隠されていると思う、

ピンチに陥ったときは、成長すべき時だと、分かって来たような気がします。


そして何より、独りでは音楽は続けていけないものです。どんな道も。

いつも応援してくれる、私にとってたった一人の家族、娘と、そして、昔も今もここを見守って下さるみなさま、ライヴやショー、そしてCDを楽しみに待って下さっているみなさま、

優しい微笑みと、言葉が無くても配慮をして見守って下さるスタッフの方々…。


それらの方々の愛によって、今日も生かされている、その感謝と歓びを込めて、


今週も精一杯、音楽を奏でて生きて行こう・・・


藤本義一さんを偲びながら、そんなことをふと思って、みなさまにお伝えしたくなりました。



若松孝二監督、藤本義一さんへ思いを馳せて、

昔、ハモソーで演奏したこの曲を・・・。





感謝を込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-11-05 16:02 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(0)