∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

たった一度の人生だから

再び来て下さり、ありがとうございます!

少し前のポストで書きました、原発の無い国、イタリアの生活の様子を少し、一部分だけご紹介しますね。

d0031078_247028.gif


ナポリの人は、食事の時には必ず、天然酵母のパンを食べます。

持つとずっしりと重い、酸味が利いていて、とてもおいしいパンです。

郊外のムニャーノと言う田舎町では、どの家も必ずニワトリを飼っていて、

そのパンの残りは、お水でふやかして、ニワトリの餌になります。

ニワトリは、安全な天然酵母のパンを食べて、安全でおいしい卵を産みます。

「今日は1個だけだった。」「今日は3個も産んだ!」

と、毎日その度に家族で喜んで、

その卵を使って、生パスタを捏ねたり、ケーキを焼いたりするんですね。


安全で素朴でおいしい。それは何より豊かな食生活だと感じました。


電気を余り使わないイタリアの人達。

ムニャーノでは、アイロンもとっても原始的?な鉄製で、これも小さいながらずっしりと重くて、

ガスコンロの火にかけて熱くして、使用するんです。最初見た時には、ビックリしました!

もちろん電気アイロンも売っているのですが、「買う必要が無い。」と笑いながら言っていました。


停電、断水はしょっちゅうで、日常茶飯事。

”そんなもんだ”と思っているから、誰も騒ぎません。


夏の暑い日中は、お昼寝をするか、家の軒先の影になっているところに椅子を出して腰掛けて過ごし、夕方、涼しくなってから海辺などに散歩に出掛けます。


「僕たちはお金も名誉も無いけれど、だけど、自分たちは世界一豊かだと自負しているよ。

僕たちには歌があり、そしてどこよりもおいしい食事を毎日楽しんでいる。それから、アモーレ(愛)もね!^^」

って、marieをディナーに誘ってくれた友人のお父さんが、ヴァイオリンを弾きながら語っていました。(笑)


アモーレ、マンジャーレ、カンターレ。

愛し、食べて、歌う。

それが原発の無い国、イタリアの人達の人生3大要素なのです。


本当に大切なものを中心にして、

ゆったりと、時が流れて行っているような生活・・・。

今、そんな原点に還ることの大切さを痛感していらっしゃる方は多いのではないでしょうか。


原子力発電は、もう要りません。


今日も読んで下さってありがとうございました。

感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-31 03:17 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)
d0031078_19523070.jpg


今日もここに来て下さってありがとうございます。

昨日、パソコンのACアダプターが出火した、と下のポストで携帯から書きましたが、

Appleに問い合わせてみると、私のiBookは旧型で、もう製造をしていない、ということで、

直ぐに注文をして、仮に在庫があったとしても、届くのに2、3週間はかかると言われました。


それで、中古パソコンのお店にでも行ってみようかと思ったのですが、PCが使えないので、どの辺りにあるのかも調べられず…、

PCの事にまるで疎い私は、popsoundsさん(ブログ)に、メールをしてみました。


そうしたら・・・
popsoundsさん(こちらはTwitterです)は、


アマゾンで探して下さり、そして、marieの代わりに、注文して下さったのです…(T_T)


>”まりえさんの活動の支援として、プレゼントさせて下さい。”



・・・そう、メールに書いて下さっていました・・・(涙)




今でも涙が止まりません…。

昨日は、多分これから1ヶ月くらいはPCを使えないだろうなぁ…って、思っていたんです。



なのに、その翌日、こうして新品のACアダプターが、届けられたなんて・・・。



まるで、魔法のようです。夢を見ているかのようでした…。



T井(popsounds)さん・・・、本当に、本当に、ありがとうございます!!!!!



・・・もっといっぱい書きたいことがあるのですが…余りに嬉しくて…泣き過ぎて…、倒れてしまいそうです。。


また、改めて、書かせて下さいね・・・。

d0031078_20202121.jpg


T井さん、繋げて下さってありがとう・・・。

パソコンだけでなく、折れかけていた心や、希望も。

d0031078_20354576.jpg


"After the Tears ..."

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-29 20:29 | 感謝 | Trackback | Comments(0)

強く、願うこと。

こんにちは。

今日もここに来て下さってありがとうございます!

昨日、パソコンのアダプター?が突然煙を出して燃えてしまい、今日は携帯からの更新です(^-^;)


道が少しずつ整備されて、面会に訪れることが出来るようになった避難所もでてきたようです。

「心配したんだよ」
と、声を掛けられて、
「ありがとう…。そんな風に言ってもらえて有り難いです…。」

と、お婆さんは泣いていらっしゃいました。

テレビはそこで切れていましたが、まりえは、ふと、その後が心配になりました…。

また一人、そこに残されたとしたら、あのお婆さんは大丈夫なんだろうかと…。


津波は沢山の命を奪い、そして、良いものも悪いものも、真実なものもそうではないものも、
普段はベールで覆い被さっているものを全て、露にしたのです。

助かったいのち…。

今度は孤独感や疎外感と闘っていかなければなりません…。

生きていて、孤独感や疎外感を目の当たりに受けることほど、辛いことはありません…。

そこにも、自分さえ良ければいいという、我れ良しの人達の存在があります。

そういう人達が買い占めに走るのでしょう。

私も最近、この孤独感と疎外感を、身を持って味わいました。

この悲しみは、きっと経験した人にしか分からないでしょう…。

まりえの大切な人も、ずっとこの悲しみと闘って来たのだ…と、

彼女の想いを少しでも分かる事が出来て、よかったです…。


災害に遭われた方の、
そして世界中の方の

心が癒されるように、強く祈ります。


今日も読んで下さってありがとうございました。

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-28 10:13 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

『生命』を守る国

今日もここに来て下さってありがとうございます!


まだまだ首都圏のスーパーやドラッグストアでは、お米や卵、お水もトイレットペーパー類も空の状態ですね。

marieのところには、元お義母さんが送って下さった2kのお米があるのですが、使うのがもったいなくて、

それに、もっと困っている方がいらっしゃれば、お分けしよう…と思い、まだ封を開けずにいます。

小麦粉の小さいのが数点、棚に並んでいたので、それをひとつ購入し、

簡単なパン生地を作って、毎日アレンジして食べています。


小麦粉、塩、砂糖、オリーブオイル、ぬるま湯(お水)、あればイーストを入れて練って、寝かしておけば、

後は薄くのばしてさっとフライパンで焼くと、トルティーヤのようになりますし、ピザ生地の様にもなります。


昨日はお義母さんが送って下さった大根の葉っぱと皮(中身はお酢とお砂糖とお塩、焼酎、昆布でお漬け物にしました。)を炒めて、お醤油、お砂糖、お酒と、昆布で摂ったお出汁、お味噌を入れて調味し、

その生地にくるんで、お焼きを作りました。美味しかったです。


放射能を予防するために、海草類を摂取するのが良い(過剰摂取は不要です)と以前書きましたが、


この小麦粉と、ワカメやとろろ昆布で何か作れないかな…と、考えたとき、

ふと、イタリアのパン?、ツェッポレを思い出し、作ってみました。


生地を少しゆるめにして、中にワカメ(無ければ青のり(青さ粉))を混ぜて、一口大に小さく丸め、オリーブオイルで揚げたものです。

油やガスも余り使いたくないので、少量の油で揚げ焼きにしましたが、

とても美味しかったです。表面はサクサク、中はモチモチ…。

出来るだけ良質のお塩を付けて食べます。


ツェッポレは、イタリアのリストランテで前菜として出て来て、初めて知ったものです。

みかちゃんがまだ赤ちゃんだった頃は、みんなでリストランテに行く頃はもうmarieの腕の中で眠ってしまっていましたが、

眠りながらも、このツェッポレをちぎってお口に運ぶと、モグモグと食べていました。(笑)


懐かしいなぁ…、って思っていた時に、

イタリアの友人から電話がありました。


地震後、直ぐに大阪に家の方に何度も電話をくれたそうで…、今はmarieの携帯に、しょっちゅうかかって来ます。


「カーナ、どうしてそんな危険な国にいるんだ!早くミカーコと一緒にナポリに帰って来い!」


そう言えば、阪神大震災の時にも、イタリアから真っ先に電話がかかってきました。

ナポリからも、セニガリア(アンコーナ)からも…。

アルバママも、

「そこにいてはいけない。あなたとミカコをそのままにさせるわけにいかない。イタリアに来て、一緒に住みましょう。」

と、何度も娘達から電話と手紙が送られて来ました。

アルバママは、その時、入院していて癌の末期症状だったのです。そのことを、私は知りませんでした…。

自分がそんな状態なのに…アルバママは最期の最期まで、私達を心配しながら、天国へ旅立ったそうです・・・。




カトリックの国、イタリアは、人のいのち、『生命』をいちばん大切に考える国です。


だから、原発を保ちません。

下でも書きました通り、あのチェルノブイリの事故が起きた後、国民投票によって建設中の原発は放棄されました。


だから、普段から余り電気は使いません。(電気は他国から輸入しているのだそうです。)

あの暑いナポリでさえ、夏にエアコンどころか、扇風機を使う家など、殆どありません。

エアコンなんて、「ナニ?ソレ!?」といった感じです。


そんなイタリアの生活を、次のポストで少しご紹介しますね。(このまま書くと長くなりますので^^;)


計画停電で、文句を言う人って余りいないですよね?

みんな、喜んで協力していると思います。

被災地の方と、ほんの少しでも痛みを分かち合える、と言えば大袈裟ですが、

何か協力が出来ることがあれば、節電や募金くらいしか出来なくて歯がゆい思いをしている者にとっては、停電中はそんな自分の気持ちも少しは癒されるような気がしています。


無ければ無いで、何とかなるのです。楽しい生活も工夫すればおくれます。


計画停電で命を落とす人はいません。

だけど、


原子力発電は、多くの人々の『生命』を奪ってしまう。


原子力によって便利で豊かな生活をして来た事へ感謝し、電気があって当然の様に暮らして来た事を省みて、


そして、もう、手放すべきだと、marieは強く願っています。
だから、思い切ってこの記事を書くことにしました。


以前滞在していた別の国、ベルギーも、原子力を廃棄する方向で検討しているのだそうです。


ベルギーの小学校の国語の教科書には、原発の事故の恐ろしさを描いた小説が載っています。


日本は、本当のことを報道しなさ過ぎる。


そこにも、危機感を覚えるのです。下のyoutubeは、そう言う思いもあって貼りました。



最後まで読んで下さってありがとうございました。

感謝と祈りを込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-25 10:55 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(3)
こんばんは!

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも応援をして下さる方々に、心から、感謝を申し上げます。


今夜は、marieが以前滞在していたイタリアについて、書こうと思っています。

イタリアは、チェルノブイリの事故をきっかけに、国民投票によって原発を放棄した国です。


読んでみて下さいね。


書いている間、お時間がありましたら、下のyoutubeを是非一度、ご覧になってみて下さい。


真実であるかどうかは、みなさまのご判断にお任せします。




感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-24 22:37 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

☆心のともしび☆



今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも応援して下さる方々に、心より感謝を申し上げます。

d0031078_1322626.gif



「暗いと不平を言うよりも、すすんで灯りをつけましょう。」

このナレーションでオープニングを飾る、カトリック教会の早朝のラジオ番組『心のともしび』。

子供の頃、私はプロテスタントの教会に通っていましたが、この番組も良く聴いていました。

夜中に勉強や作曲をしながら、そのまま机で眠ってしまい…、この音楽が流れると、あ、朝になった!もう起きなきゃ!

…って、”ハッ”と目を覚ましたものです。




今日(正確には昨日)、ニュースで福島のほうれん草農家の方が、大切に、やっと育てた畑一面のほうれん草を廃棄処分にせざるを得なくなっても、


「決して諦めない。今年も種を蒔きます。前向きに頑張るしかない。」


と、笑顔で仰ったのを見て、


”ハッ”と、目が覚めたような思いがしました・・・。



震災の渦中におられて、こんなにまで打撃を受けていらっしゃる方が、こんなに前向きでいらっしゃるのに、

不安や恐怖で、沈んでいる場合ではないですよね!



ちょっと反省…。


笑顔で、今日も、前向きに!


頑張りましょう!!!



感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-24 01:22 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(0)

小さな『Queen』

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも変わらず応援して下さる方々に、心から感謝を申し上げます。

d0031078_1115667.gif


先日書きました、marieと約6年間、人生の旅(大袈裟ですが)を共にして来たiBook。


起動した途端、画面が真っ黒になり、

何の応答も無くなってしまって…、

アップルストアのGenius Barのジーニアスさんも、

”もう、どうしようも出来ません。修理の部品も、この機種はもう生産していないので…。”

と、完全にお手上げ状態…。


新しいのを買うしかないな…と思っていましたが、


その前に、このiBookと共にした歳月を思い出し、ひとつひとつの記憶を辿って行って、


本当に、感謝の気持ちが込み上げて来てなりませんでした。


このiBookが繋げてくれたみなさまに…、そして、iBookと共に過ごした日々に、その環境を与えて下さった方々に、


感謝の思いで、いっぱいになりました。



で、

帰宅して、


最後にもう一度、電源を入れたら・・・



あれ!?起動音が鳴り、応答して!!!??




復活したんです!!!!!





すごい・・・、、、これって・・・、小さな奇跡を見ているかのようでした。




私、いつもこのiBookをシャットダウンする時、「今日もありがとう。お疲れさま!」


って、言っていたのですが、先日、とうとう使えなくなってしまってから、


「そう言えば、名前を付けてあげれば良かったなぁ…」と思っていたんです。



だから、名前を付けました。


marieのiBookのシリアルナンバーは最後に"Q"が付くんです。


Genius Barの予約を取る為に電話をした時、そのシリアルナンバーを聞かれて、


「最後の”キュー”は、数字の"9"ですか?」

と言われたので、


「いいえ、アルファベットです。ケベック洲の"Q"です。」

と答えたら、


「あ、はい。クィーンの"Q"ですね。」


って返って来ました。



だから、これからはこのiBookを、『Queen』と呼ぶことにします。(笑)



今日はそんな"Queen"から、みなさまへ、再起動のお知らせでした♡




みなさまへ、たくさんの感謝と共に祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-22 12:04 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(5)

それでも、なお。

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも応援して下さる…方々に…、心より、感謝を致します。


今朝、マザー・テレサが愛したと言われるケント・M. キースのこの言葉が、ふと、心の中に浮かびましたので書いてみますね…。

d0031078_1159336.gif



人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在です。
  それでもなお、人を愛しなさい。

なにか良いことをすれば、
  隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるでしょう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになるでしょう。
  それでもなお、成功しなさい。

今日の善行は明日になれば忘れられてしまうでしょう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

正直で率直なあり方は、あなたを無防備にするでしょう。
  それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

最大の考えをもった最も大きな男女は、
  最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかも知れません。
  それでもなお、大きな考えを持ちなさい。

人は弱者をひいきにはするが、勝者の後ろにしかついていかない。
  それでもなお、弱者のために戦いなさい。

何年もかけて築いたものが、一夜にして崩れさるかも知れません。   
  それでもなお、築きあげなさい。

人が本当に助けを必要としていても、
  実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかも知れません。
  それでもなお、人を助けなさい。

世界のために最善を尽くしても、
  その見返りにひどい仕打ちを受けるかも知れません。
  それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。




d0031078_1159336.gif



・・・”それでもなお”、



今日も、目の前の事を精一杯、頑張って、前へ進んで行きましょう。



感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-21 12:12 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(2)
今日もここに来て下さってありがとうございます!
そして、いつも応援して下さる方々に心から感謝を申し上げます。

*(昨日3/19(土)10:00 ~20:00 の間、
エキサイトブログのサーバの負荷が高くなり、ブログの閲覧ができなくなっていたそうです。その間に来て下さった方々、ご心配やお手数をおかけして申し訳ありませんでした。)


d0031078_22571392.jpg


……昨夜、長い間marieとみなさまを繋げてくれて、私を支えてくれたiBookが、とうとう使えなくなってしまいました…。

小さいのに本当に良く頑張ってくれました。6年間もの間…(涙)

疲れたでしょう…。
本当にありがとう。

感謝の気持でいっぱいです…。

d0031078_22584398.jpg




……当分は携帯からの投稿になりますが、どうかこれからもよろしくお願い致します。


頑張って前進しますので、応援して下さいネ!
生まれ変わった気持ちになって、這い上がって行きましょう!


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-20 10:24 | 感謝 | Trackback | Comments(0)

If I Ever Lose This Heaven



今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも応援をして下さる方に、心から、感謝を申し上げます。

実のところ、まだ…音楽を聴く気にはなれないのですが…。


この『 If I Ever Lose This Heaven』という曲は、marieの前プロデューサー、リオン・ウェアの代表作です。

もし、このブログを閉じることがあれば、最後にはこの曲をアップしようと思っていました。


私の最期も、この歌をステージで歌って締めくくろうと思っていました。



だけど、思ったんです。


いつでも、そんな”覚悟”をして、生きて行かないとダメなんだ、って。



If I ever lose this heaven...“もしこの天国を失ったら…”


Never be the same...”二度と同じものは無い”と思うものは、あなたにとって何ですか?



それを、大切にして、一日一日を、過ごして生きましょうね。



私も今日、”ある事”を決心しました。


悔いの無いように、今生かされている私達は、、一生懸命前を向いて頑張って行きましょう。


春を信じて。



感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-18 23:00 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(2)