∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2010年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、いつも愛あるワンクリックの応援をして下さる方々に、心から感謝を申し上げます。


今、この世で生きている事や、今、誰かと出逢い、関っている全ての事は、


当然の事のようでいて、でも実は、”奇跡”なんですよね・・・。



それを噛み締めながら、毎日、精一杯、感謝を込めて悔いの無いように生きていきたいと思います。




このポストのタイトル、「折れない心」とは、少し前にここにも書いたNHKの土曜ドラマ『チャンス』の第5話で、宇津井健さん扮する木川調教師が、「プロ(プロフェッショナル)って、何なんでしょうね…」という質問に対して、答えた言葉です。



marieはこのドラマを見て、”チャンス”号が、marieの命を繋いでくれたサクラスターオーサクラスターオー☆あなたが繋いでくれた夢をありがとう。という競走馬に良く似ている・・・と思っていたのですが、


この物語の中に、加賀まりこさんが演じるカメラマンの方の名前が、”御園”という苗字なのを知って、



”あぁ…、きっと、スターオーが(何らかの)モデルになっているに違いない…”と、自分の中では確信しました。


生まれつき前脚が曲がっていた事や、生後間も無く母馬が亡くなって、牧場の人の手によってミルクで育てられた事等…、


そういう境遇に一致する馬は、スターオーに限らずたくさんいるのですが、



スターオーが生まれた藤原牧場の住所が、北海道の静内町、”御園”というところなんです…。
(随分古い記憶なのですが…多分そうだったと思います…。)



ドラマの中のチャンス号は、牝馬(女の子の馬)で、

スターオーが骨折休養明け(7ヶ月も休養してぶっつけ本番で3000Mの菊花賞に挑んだのです)で奇跡の優勝を果たした菊花賞に出走して、

チャンス号は2着と惜敗してしまうのですが、


次週の最終回では、有馬記念に出走することになっています。

スターオーは有馬記念で骨折、レースを中止しましたが、チャンス号は、多分走り抜くのでしょう。
(結果は知りたくないので、まだ原作を読んでいないのですが。)


何着になるのかは分りませんが、実はスターオーの母サクラスマイル亡き後にスターオーの乳母代わりをしたスターロッチという馬は、(スターオーの4代前の母馬です)有馬記念を制した牝馬なのです。



もしかすると、原作者の小林 慧(こばやし・けい)さんの心の中には、スターオーへの思いが潜んでいるのかも知れませんね…。

(*最終回を見て追記しています。*)→有馬記念でチャンス号は馬番号5番でした!
スターオーのあの時と同じ番号です…。


チャンス号に騎乗するのが、”桜田時生”という名前の騎手である事にも…ほのかに、そんな気持ちがしました…。


リンクした以前の記事は、このブログを一旦閉じる前、まだ『FLOWER ROAD』でなく、『WHY I CAME TO LEON WARE』というタイトルだった時のものですが、

その時に手元に無かったスターオーの写真が、出て来ました。日高飛鳥さんという女性カメラマンの方が、送って下さったものです。
d0031078_1795639.jpg

これは子供の頃のスターオーです。隣に繋がれているのはスターロッチ。
この写真、見る度にスターオーがいじらしくて、たまらなくなります…。

そして、菊花賞でのパドックの時の写真、

d0031078_17626.jpg

スターオーの闘志に燃えた目、それを見守るかのような萩原厩務員さんの祈るような表情、
d0031078_1782032.jpg


そしてスターオーは奇跡の勝利を遂げました。


”折れない心”で・・・。



たとえどんな時でも、失敗や挫折を繰り返しても、悲しみに埋もれても、



決して、くじけてはいけないのです。



頑張り抜きましょう!!!

d0031078_1718257.gif



当時のmarieの写真も出て来ました。
d0031078_17195771.jpg

机の上にはカツラギエースのパネルと競馬四季報、JRAのカレンダーが飾ってあります。
この頃はスターオーの母馬サクラスマイルから名前をとって、”桜笑子”というペンネームでライターの仕事もしていました。
d0031078_17221117.jpg

JRA関係のあるフェスティバルで、スターオーの菊花賞のレースをバックに、marieが作詞作曲した
『君はスターライトナイト』(アレンジは古川初穂さん)を歌っている時のものです。

白とピンクのサクラ軍団の勝負服をデザインした衣装を友人が作ってくれて…、それを着て歌っています。




感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-28 17:27 | サクラスターオー | Trackback | Comments(0)
みなさま

お元気ですか?満月の秋分の日が過ぎ、一気に秋らしくなって来ましたね…。

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして、どんな時も応援して下さるみなさまに、心から感謝を申し上げます・・・。


下のポストの続きを…と思っている時に、

marieのもとに信じられないような…悲しい知らせが入りました…。


今はまだ…その事実を受け入れられず、泣き腫らした目で…心が空っぽのような状態の私ですが…



このブログを・・・



楽しみにして毎日チェックして下さっている方でした…だから…



前に進む為にも、今日は更新しますね…。



”その方”の記事は、改めて、書きますね・・・。




d0031078_1304738.jpg

自由ヶ丘でのミーティングの記事の続きです。
左からソウル・ゴスペルシンガー&ヴォイス・トレーナーの吉田英樹さん。
marieのお隣の方は、箱谷桂一さん。(先日、中原The SidewinderさんのイヴェントでDJをされていた方です。)

箱谷さんにエル・ペスカドールというスペイン料理のお店に連れて行って頂きました。
ワインもお料理も本格的で、スタッフの皆さんもとても親切です。アットホームで本当に素敵なお店でした♪


箱谷さんも吉田さんも、北海道出身の方なんです。
”道産子ソウル会”という会を結成されていらっしゃるそうで、marieも大阪出身ながらも、そのメンバーに入れて下さいました。光栄です^^

吉田さんには箱谷さんを通して、初めてお逢いする事が出来たのですが、

素晴らしいお人柄とソウル・ミュージックに対する愛情と情熱が全面に出ていらっしゃるような方でした!

生後5ヶ月のお子さんがいらっしゃるそうで、(お写真見せて頂きましたが、めちゃくちゃ可愛いです!!)
そのお子さんのお話をされる時にメロメロになっていらっしゃるところが、また、素敵でした(*^^*)



お食事の後は、箱谷さんにソウル・ミュージック・バーに連れて行って頂きました。


エル・ペスカドールから数分歩いた所にあるソウル・ミュージック・バー、
OHIO(オハイオ)
です!!

(↑HPの"MENU"のところ、カクテルの背後にリオンのアルバム『Inside Your Love』(1979)が立てられています♪)


自由ヶ丘にこんな素敵なソウル・バーがあったなんて!!!


あぁ・・・もう、たまりません!!


marieはちょっとタイガー・レディに舞い戻ってしまい、(何の事か分らない方にはスミマセン^^;昔、師匠リオン・ウェアにそう呼ばれていたのです。。)


理性を失ってしまいそうになりました。(^^;;


そのリオンのアルバムから始まって、メイズ、キャメオ、等々…をかけて頂きました。


どのアルバムの中のどの曲か、空かさず取り出すここのマスターはすごい!!!です!!!
d0031078_14372181.jpg


このアルバムや…


d0031078_1437468.jpg


これも、とても良かったです!!


d0031078_13234248.jpg

最後は、夜も更けて来たのでこのアルバムから『Star Of A Story』をリクエストしました。




d0031078_13253553.jpg
前半にmarieが元リオン・ウェアの弟子だということで、マスターはこのSHADOWのアルバムをかけて下さったのですが、


何と言う事か!私は、このSHADOWに付いての知識が全く無かったのです。(恥)


でもその曲は、誰が聴いても、間違いなくリオンの音楽。


マスターはmarieに、帰る間際にこのCDをプレゼントして下さいました。



それでね、



後日、marsさんに、このアルバムの話をしたんです。



そしたら、「うん…。


もう、持っているよ・・・」



って、、、。


marsさんのHPを改めて見てみたら、あ!ホントだ!載っていました!!

このページにありました。

marsさんのレヴューです。転載させて頂きますね。



SHADOW (1980)
 オハイオ・プレイヤーズから派生した3人組ブラコン・ユニットの2nd。リオン・ウェアの全面プロデュースにより1stとはうって変わり曲作りにも関わった彼独特の「リオン節」で隅から隅まで埋め尽くされている。軽快なダンス&ソウルな曲調が多いが、このメロディー展開はまさしくメロウ大王そのもの。こんな素敵なアルバムが埋もれてしまうんだから厳しい世界ですよね。





・・・marsさんは、marieが様々な思いを抱えてリオン氏の下を離れたので…、嫌な思いをさせまいと…


今まで言わなかったのですね…。



このポストを書きながら、やっと、それに気が付いたmarieです・・・。(T_T)



箱谷さんにOHIOに連れて行って頂いて、そしてOHIOのマスターがこのCDを下さったから・・・、


今まで知らなかったmarsさんの優しい配慮にも、気付く事が出来たのですね・・・。



全ての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。



ありがとう・・・。(涙)






・・・それにしても!


折角ソウル・バーに行ったのに、自分の作品をリクエストしてくるのを忘れていました!



これ、
d0031078_13324444.jpg

この中の13曲目『Hearts Alive』が、リオン・ウェアとKanafu Marieの共作、デュエットです♪

みなさんもソウル・バーに行かれたら、是非聴いてみて下さいね^^v

レヴューはこちらにあります♪



ということで、最後はちゃっかり宣伝しちゃいましたが(時々書いておかないと自分自身も忘れてしまいそうです…^^;)



色んな事を感じ、様々な想いを抱き、


気付きを与えられた不思議な一夜でした…。


箱谷さん、吉田先生、そして自由ヶ丘ソウル・ミュージック・バー『OHIO』(オハイオ)の

オーナーでいらっしゃる金谷さんと素敵な奥様、
d0031078_131532.jpg


本当にありがとうございました!!!




感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-24 15:26 | 感謝 | Trackback | Comments(0)

チャンスは巡るよ…♪

d0031078_13204792.jpg

みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、応援のワンクリックをして下さる愛ある方々に、心から感謝を申し上げます。

昨日はミーティングがあって、自由ヶ丘へ行ってきました。

とても素敵なSOUL NIGHTでした♪

昨夜の事は、後でゆっくりアップしますね!


さて、

日常において、滅多にTVを見ないmarieなのではありますが・・・


1週間程前に、ふとした拍子にNHKの『チャンス』という土曜ドラマを見てしまったのです。



昔競馬関係のアナウンサー、ライターをやっていた頃や、大好きだったサクラスターオーの思い出と重なって、


かじりつくように、見てしまいました。



その次の土曜(先週)の分は、仕事で見逃してしまったのですが、
こんなサイト


があるんですね!


有り難いなぁ…。(T_T)


感謝!感謝!!




それにしても、あぁ・・・もう、このドラマ、


始まった瞬間から涙腺が緩んで、涙が込み上げて来ます。



エンディングで流れる主題歌『青空を信じているか?』という、アルフィーの高見沢さんの歌もいいです。



チャンスは巡るよ、陽射しのように…♪



ただそれを伝えたくて、ちょっと更新してみました。^^



感謝を込めて
Kanafu Marie
(昨夜の模様は写真と共に後程アップしますね!また読んで下さい♡)
[PR]
by kanamarie | 2010-09-21 13:36 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(0)
みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして励ましのワンクリックをして下さる方々に、心より感謝を申し上げます。


先日、marieのことを一番身近で見て下さっているある方から、こんなメールを頂きました。


かなちゃんは、自分が悩み、苦しみ、もがきながらも頑張っている事を、もっと表に出した方がいいと思うよ。



-----私は、ある時期から、このブログには余り暗い話題や自分の弱さを、書かないように務めて来ました。

そんなこと、読んでも誰も良い気分がしないですものね。


どんな時も、明るく、楽しい記事にしようと、努めて来ました。



でも本当は、私だってどん底の時があります。


もしかしたら、そんな時の方が多いかも知れません。(苦笑)



私も悩み、苦しみます。



悩み、苦しみながらも、毎日の些細なことに喜びや幸せを感じ、



日々生かされている事に感謝をしながら、何とか前へ進もうと、もがいています。





今、この時も、この世界のどこかで、誰かが、



同じように悩み、苦しんでいる事でしょう…。



この世の中に、自分はたった一人ぼっちだと、取り残されたような悲しみで埋もれているかも知れません。




だけど、そうじゃないんだよ。




私もここで、同じように、頑張っているからね。




私もずっと孤独だった。




でも今は、そうじゃない。




あなたの苦しみや悲しみには、必ず終わりが来るよ。




今、この時も、その悲しみが幸せへと変化して行ってる。




そう信じています。




悩み、苦しみ、もがきながら、





あなたは、あなた自身の本来の輝きを取り戻し、






そしてそれ以上の、誰にも負けないあなたになっていっている。





感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-18 21:31 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(4)
みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、ポチッと愛のクリックをして下さる方々に心から感謝を申し上げます。


先日NHKでディヴィッド・フォスターの特集をやっていましたね。

marieも録画したものを観てみました。とても良かったです。

彼の音楽の話題はまた後ほど書く事にしますが、ディヴィッド・フォスターってカナダ出身なんですよね…。


marieは、カナダはトランジットでバンクーバーに立ち寄った(というか足止めされた)ことしか無いのですが、今日はふとそれを思い出したのでその時の事などを書いてみますね^^



リオン氏に付いていた頃はエア・カナダ(時には全日空との共同運行便)を利用してバンクーバー経由でLAに入る事が多かったのですが、


カナダ経由でU.Sに行く人は、全てカナダの空港でU.Sの入国手続きを済ませることが出来るんです。

だから、カナダって・・・、U.Sの一部?のような感じの国なのだなぁと思っていました。



ある時、予定のレコーディングを済ませて、またカナダ経由で帰国する時に、バンクーバー発の飛行機が動かなくなって、

バンクーバーのホテルに宿泊を余儀なくされたことがありました。

このブログもね、そこからお返事や記事を上げたこともあるんですよ。^^


でね、ホテルに着いたのが夕方だったので、私はワインを買いに出掛けることにしたんです。

フロントの人にお店を尋ねたら、


「このホテルの横の道を真っ直ぐ行ったら直ぐにあるよ。」

って言うんです。


そうか〜。直ぐ近くなんだ。良かったぁ〜。


そう思いながら歩くこと、


約30分!!!



あ、ありました・・・。す、直ぐの(はずの)お店が・・・(^^???


私は一つ、学習したのです。


これがカナダ人の言う”直ぐ”なんだ、と・・・。




ワインは、日本で買うのと銘柄も価格も殆ど同じでした。

私は自分の分と、道を教えてくれたフロントのおじさんの分も、ワインを買いました。


帰り道、ワインを下げて辺りを見回しながら歩いていると、何だか、オーストラリアのブリスベンにいた時を思い出しました。

街の穏やかな、ちょっとのんびりとした雰囲気、広い国土にたくさんの自然と動物。

そんなところも共通していますね。



やっとホテルに着いたら、そのおじさんが笑顔で待っていてくれていました。

「な?近かっただろう?」って・・・(^^;



買って来たワインを渡したら、おじさんは、

「どうしてこんなにしてくれるんだい?僕は今までにこんな風にしてもらった事が無いよ。」

って、とても喜んで下さっていました。


部屋に入ってインターネットを繋いで娘やリオン氏と連絡を取って、一段落した頃、電話が入りました。

そのフロントのおじさんからでした。

「僕は夜勤の人と交代してこれから帰宅するけれど、ワインのお礼に今夜あなたのために家内がディナーを準備するから家に来てくれないか?」

って、marieを招待して下さったのです!


marieこそ、そんなワイン1本でこんなにまで言ってもらった事はありません…。(涙)


とても嬉しかったですが…その時は少し問題を抱えていたので…、”また次にここに来た時にお家に寄せて下さい。ありがとうございます…。”と、お伝えしました。

おじさんは何度も何度もmarieを誘って下さっていました…(;_;)



LAからたった2時間飛んで来ただけなのに、何だか別世界へ来たような気がしました。


そんな素朴で純粋なカナダ人を、U.S側から見て、ちょっと風刺?したような、こんな映画があります。
マイケル・ムーア監督の『Canadian Bacon』

この予告編も面白いですよ^^








この、”アメリカ人に混ざって、アメリカ人の振りをしている”?有名人の中に、ディヴィッド・フォスターも入ると言うわけですね。(←やや強引につじつまを合わせていますが・・・^^;;;)



この映画の中で、カナダに攻撃する為に侵入したジョン・キャンディらが、『SUCK CANADA』(カナダ人を罵倒?(否定)する意味)と、スプレーで落書きしたトラックを走らせているところを白バイに乗ったカナダの警官に見つかり、呼び止められるシーンがあるんです。


捕まってしまう・・・と思いきや、


そのカナダ人の警官は、『カナダにはフランス語を話す人達も多い(カナダの公用語はフランス語でもある)のだから、その人達にも分るようにフランス語でそれと同じ事を書きなさい!!!』


と、注意してスプレーを渡すんです。”ほら、今直ぐフランス語も書いて!”って。(笑)

そのシーンもYoutube でありました!お時間のある方は観てみて下さいネ^^




カナダ人のおまわりさん、最高です!!!
This policeman is "ROCK!!!" ←("SUCK"の反対の意味です。)

この映画に出て来るカナダの人ってみんなこんな感じなんです。




ディヴィッド・フォスターは、モーリス・ホワイトに認められたことがきっかけでプロデューサーとしての道が開けて行ったのですが、


ある時、アースのメンバーの一人から、こんな事を言われたのだそうです。


「ウチはR&Bのグループだ。

お前のようなカナダから来た白人の若僧と演奏しているなんて、知られたくないんだよ。」


ディヴィッドは笑い飛ばしたけれど、その時、アメリカ社会でプロデューサーとしてやって行く事の難しさを肌で感じたのだそうです・・・。



そんなディヴィッド・フォスターを支えて来たのは、カナダ人の素朴で純朴なスピリッツなのかも知れませんね。



NHK『Songs』のディヴィッド・フォスターの特集を観ながら、marieはそんなことを思いめぐらせていました。



・・・と、言う事で、ここはやはり音楽ブログなので

『After The Love Has Gone』にソックリの、この曲を♪(これ、いいですよ^^)

(これはアヴェレイジホワイトバンドを再び立て直した時の彼の作品です。)

『For You,For Love』by Average White Band




今日は長くなりましたが、最後まで読んで下さって本当にありがとうございました。




カナダ人はウインナーにもメイプルシロップをかけて食べます。
ちなみにmarieは、ハチミツやお砂糖の代わりにメイプルシロップを使う事があります。和食にも合うんですよ!

^^

感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-17 00:00 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(4)


みなさま
今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、ワンクリックして下さる貴重な方々に、心から感謝を申し上げます!


marieは早朝に大雨警報が出ている中、徹夜明けで帰って来ました。
温かいコーヒーが、体中に染み込み、至福の幸せを感じます(。-_-。)ポッ


上に貼ったYoutube、懐かしい!
子供の頃、日曜の夜はこの番組を見るのが楽しみでした。

番組の内容もそうなのですが、このオープニング・テーマが大好きだったのです!!


作曲は、山本直純さん、素晴らしい!


大きい事はいいことだ!



そうです^^b



夢も大きく☆彡



・・・ということで、下のポストの問題の答えは、



おっきー




でした。(笑)簡単過ぎたかな?



人気ブログランキングへ←ちょっとだけ仮眠してまたスタジオに出掛けまーす!^^/ クリックして応援してくださるあなたの存在は、”おっきー”です!!


いつもありがとう…。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-16 09:24 | いつも波乱万丈♪ | Trackback | Comments(0)


みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます!
そして、愛のあるワンクリックを施して下さる方々に、心から感謝を申し上げます…!!<(__)>


忘れな草…って、大好きな花なんです。

どうして大好きになったかと言いますと、あの、手塚先生の『リボンの騎士』の中で、

フランツ王子が初めてサファイヤに逢った時に、渡したお花…だったから…なんです…(*^o^*)

(だけどアニメではそれはその次にはマーガレットになっていましたが…)



忘れな草のお花の花言葉は、”私を忘れないで”("forget me not")



…忘れる事なんか、出来ないよ…。


いつも思っているよ、




しつこいくらい。^^;






・・・ところで、この歌を歌ってるのは槙原さんという方で、マッキーと呼ばれているのだそうですね!

(ごめんなさい、marieは…余り良く知らないのです…)



ではここで、みなさまに問題です!!!!!

d0031078_13212636.jpg


この写真の上は、マッキーですね!




では、下は、何でしょう!!!!!?????






正解は?


感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-15 12:22 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)
みなさま

再び来て下さってありがとうございます。今日2度目の更新になります^^
そして、クリックをして下さる方々…いつも本当に、ありがとうございます!<(__)>



下のポストで出てくる方がいらっしゃった時にmarieが慌てて作ったお料理を紹介しますネ。


事前にお肉かお魚か、というmarieの問いに”お魚”とのリクエスト。

少し前、純和風に金目鯛の兜煮を作ったところだったので、その日は煮魚でなく何か別のお魚で別の調理法で…と考えてみました。


旬だと鯵フライや例年よりはちょっとお高い秋刀魚などもいいのですが…。


今回はヘルシーなこのお料理を♪
d0031078_1044040.jpg


マグロのお刺身の天ぷらです。

白髪ネギや貝割れを添えるともっと綺麗なのですが、これを出した時には既にお野菜はたくさんテーブルに出していたので、そのままで出しました。(早くメインを出してあげなくちゃ…と焦っていたし^^;)

マグロのお刺身(短冊)に、大葉を巻き、その上から焼き海苔を巻いて、天ぷら衣を付けてやや高温の油で表面だけに火を通します。

(これは少し火を通し過ぎてミディアムレアになってしまいました…^^;)

わさびとマヨネーズを混ぜたソースを敷き詰めて。お好みでやはりお醤油と共に。

カリッ&サクッとした外側の食感と、わさびと大葉の風味がマグロのお刺身を普段とまた違ったものに変身させてくれて…。とても絶妙な組み合わせなのです♪

marieも初めて作ったものだったので、記念に?写真を撮ったのですが、
それでは、その他に作ったものもついでに写真に収めておこうか…ということになって・・・

でも、その時にはそれまでに出したものは殆ど食べてしまった後でした^^;ごめんなさい…。

d0031078_1102178.jpg

慌てていたので簡単に生ハムサラダ。






d0031078_11442875.jpg

甲イカとイクラの醤油漬け。(殆ど食べてしまった後です^^;)






そして、その時点では既に完食してしまっていたのが、

d0031078_13113986.jpg




*男前豆腐のミニサイズの冷や奴、キムチとネギと生姜添え。食べるラー油をお好みで乗せて。
(この写真は以前に似たのを作った時のものです。)






*冷たいものばかり続いていたので、次は温かいモヤシと高座豚バラ肉の炒め物。食べるラー油をトッピングして。
(これ、簡単で美味しいですよ!温かいうちに早く出してあげたかったので写真を撮るのを忘れてしまいました^^;)




その後にマグロのお刺身の天ぷらで…
d0031078_13592148.jpg


そして、最後に出したのがキッシュ・ロレーヌ(&コーン)です。
(これはいつもは、前菜で出すメニューなのですが。。)

d0031078_13593125.jpg

茹でたホウレンソウとベーコン、タマネギ、コーンをバターで炒めて少し強めの塩、こしょう、顆粒コンソメで味付けをして冷ましておきます。

器にバターを塗り、パイ生地を敷き詰めてフォークで空気穴を開けて、その上から冷ました中身と、

卵、牛乳、生クリームを混ぜた液をかけ、溶けるチーズをその上に乗せて210度のオーブンで30分程焼きます。(途中チーズが焦げて来たら温度を下げるか上からアルミホイルをかぶせて下さいネ)


d0031078_11134843.jpg

切った断面を写真に…と思った時には、もう、殆ど残っていませんでした・・・^^;





一生懸命食べて下さって…本当にありがとう・・・(涙)



・・・って、


あれ?????



(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?



あ、謝りに、来たんだったよね・・・?(笑)



*オマケです*

d0031078_12152684.jpg
翌日その人に作ったお弁当です。
青椒肉絲(チンジャオロースー)、ほんのり甘い卵焼き、マカロニサラダ、野沢菜、柴漬け、梅干し、

保温のランチジャーなので、ワカメとネギの中華スープも作ってあります。

おやつにバナナマフィンも焼きました。


謝りに、来たんだったよね・・・^^?




いつもありがとう…。


感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-12 11:29 | Cook Is Love | Trackback | Comments(3)
みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして、ワンクリックのひと手間をかけて下さる貴重な方々へ…心より、御礼と感謝を申し上げます。


先日阿川泰子さんの『スキンドゥ・レ・レ』を取り上げたときの続きです。(遅くなってごめんなさい^^;)

その時に、私のお隣に座っていらっしゃって、笑っておられたのが、この方
d0031078_17421551.jpg

以前にもこの写真出しましたネ^^ 長崎・島原市のドクター・小笠原先生です。

研修で東京に来ていらっしゃった先生は、すべての予定を済まされた後、ビルボードに空席が無いかダメ元でお電話されて、運良くキャンセルが入ったところに座る事が出来て・・それが、marieとみかちゃんと同じテーブル、marieのお隣のお席だったそうなんです。

この出逢い!偶然でなく必然ですよね(笑)


前にも書きましたが、小笠原先生はデトロイトで心臓循環器の研究をされていたそうです。

marieが滞在していたLAと違って、とっても寒いところです。


デトロイトと言えば…。


marieの元プロデューサー、リオン・ウェア氏もデトロイト出身です。モータウンのお膝元ですよね。


先生はそこで、たくさんの音楽を生で聴かれたそうです。


ロバータ・フラックや、デヴィッド・サンボーン・・・等、等・・・、
(本場では、日本で考えられないくらいのミュージックチャージ料で気軽に聴く事が出来るんですよね。先生もそう仰っていました。)


音楽の好みが、marieと共通していて、二人共ビックリ!こういうのって、何だか嬉しいですネ(笑)


ライヴの後は、隅っこで遠慮がちに立っていらした先生をお呼びして、こんな写真も撮らせて頂きました。(残念なことにボヤけていますが…)
d0031078_17565824.jpg



あれから約1ヶ月…。

どうしていらっしゃるかな…。頂いたお名刺のもとに、お手紙でも書いてみようかな…と思っていたある夜、


1通のメールが入りました。


その、小笠原先生からでした!


先生も早くmarieにメールを…と思って下さりながら、8月には容態が重くなる患者さんや、昼間は救急の患者さんが多く、その対応と心労で、大変だったのだそうです・・・。


でも、そのメールの中に、こんな事を書いて下さっていました。



>しかし、Blogで紹介されてた それでも、頑張っていきましょう に励まされ復活しつつあります。

もうすぐアメリカから帰国して丸々10年が経過します。なりふりかまわず頑張ってたあの頃を思い出し、奮起します。




・・・ブログ、読んで下さっていたのですね・・・(涙)



私の記事で、そんな風に思って頂けたなんて・・・本当に嬉しいです!!!!!



あれを書いた時には、”絶対、きっと、どなたかにこの想いはシンクロしている!”


と、何故かそんな気がして、急いで記事をアップしました。



その想いが通じて、本当に嬉しいです・・・。




”なりふりかまわず…”



marieも、LAにいた頃は、なりふりかまわずただがむしゃらに頑張っていました。(ご存知の方もいらっしゃいますよね^^)



今、あの時の苦労を、実らせようとしています…。



今諦めたら、全ての努力や、その時に力を注いで下さった多くの方の愛情を無駄にしてしまいます…。




そんなこと、出来ない。




だから、小笠原先生、一緒に頑張りましょうね☆☆




そして今、これを読んで下さっている”アナタ”も・・・。


”つづけて”生きましょう。



人気ブログランキングへ←ワンクリックもつづけてネ('-'*)エヘ


ありがとう…!

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-10 18:25 | 想いはkanaらず通じる | Trackback | Comments(0)


今夜はこの曲を。


>A world in need
A heart in chains
That's all god needs
To make a miracle
A soul ashamed
A life of pain
That's all god needs
To make a miracle



ここで止めたら、起こる奇跡も起こらない。

かすかな希望に、しがみついてでも生きて行こう。


絶対に、負けない。



人気ブログランキングへ←キャンドルをポチッとして下さった方が、今ある全ての困難を克服することが出来ますように!!



今日もありがとうございます…。
少し休んだら更新しますね!^^
いつもここに来て下さって、本当にありがとうございます!


感謝を込めて
Kanau Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-09-09 21:03 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)