∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

d0031078_1216286.jpg昨日からビルボードでのBobby Caldwellの公演がスタートしました。

marieもお邪魔して来たのですが、ライブ後にキーボード(兼バッキングヴォーカル)のマーク・マクミレンが来て下さり、久し振りにお話しする事が出来ました。

最後にお逢いしたのは 2002年の10月、7年振りです!


2002年の11月にLeon Wareが初来日して、それが私がLeon Wareのもとで音楽をやるきっかけになったのですが、Leon とBobbyの間にはちょっとした確執があって…、そういう事もあってBobbyの関係者とも疎遠になってしまっていました。


あの頃のメンバーで今もボビーと一緒にライブ活動をやっているのは、マークとジーン(女性、バッキングヴォーカルです。)だけになってしまったのですね…。


ジーンも、ステージに上がるや否やmarieを見つけて手を振って下さっていました。覚えていて下さって、本当に嬉しかったです。

昨夜のライブでも、その二人が懸命にボビーをサポートしていました。

(「ボビー、酔っていましたね^^;」とmarieが言うと、マークは「ジェットラッグ(時差ぼけ)もあって、疲れてるんだよ」と、フォローしていましたが^^;;)


マークはボビーとの共作もしていますし、彼自身のCDもリリースしています。


最近、新しいCDが完成したそうです。
「明日持ってくるよ!」と仰っていましたが、今日は伺うことが出来ず、残念です…。送って頂くことにしました。


marieの音楽活動も気にして下さっていて、CD制作が進んでいることを大変喜んで下さっていました。



長い渡航と公演初日の2ステージを終えて、お疲れの中、marieの為に時間を裂いて下さり本当にありがとう、マーク!


余りの感激で写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていました。残念です…(T_T)

d0031078_13451016.jpg

これはマークのファーストアルバムです。(このジャケットの絵も、マーク自身が書いたものなんですよ^^)

ボビーとの共作曲『I Give In 』も収録されています。

この中でmarieが一番好きな曲は『 Comin' Back For More 』
エリックタッグ似の切ない声と静かに訴えかけるようなメロディ。渋いです!


新作はどんな感じかな?届くのが楽しみです♪

感謝を込めて、(あなたにも…)
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-23 14:02 | LIVE | Trackback | Comments(4)
みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


先日、空港に向かうリムジンバスに乗っていた時に、隣にいた方が、


バスに手荷物を預けた時のチケットに書かれていた単語を指差して、


「あの…、これは何と言う意味ですか?」


と尋ねて来られました。




「あ、それは”目的地”(=Destination)とか、行き先、とか言う意味です。


”お預かりした手荷物は、目的地に到着した後にお渡しします”


と、書いてあるんですよ。」




と、marieが答えたら、



その方は、




「Destination...あ…、


それで、"Destiny"と、言うんですね。」



と小さな声で呟かれました。






「ああ、そうですね^^」





”預けた荷物は、目的地に到着した後に戻って来る”か…。




理に叶っているわ・・・、と、思わず笑ってしまったmarieです。




何を預けたのか、もう忘れてしまっているけれど。(^^;






・・・と、言うことで、今日はこの曲を。



Just like a river that flows to the sea...♪


いつもありがとうございます…。
感謝を込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-20 16:28 | Trackback | Comments(2)





いつもありがとう。

marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-18 14:25 | 感謝 | Trackback | Comments(0)

時が教えてくれるもの。

みなさま

こんにちは!
いつもここに来て下さり、本当にありがとうございます。


もう1ヶ月以上前のことですが、深夜、NHKの教育TVで、この時のパリ・オペラ座のバレエ公演が放送されていました。

ヌレイエフの振り付けです。




TVの前で、釘付けになってしまい、このグラン・パ・ドゥ・ドゥを見終わった後、感動のあまり、涙が溢れてきました。


marieも、大阪のTバレエ団に所属し、子供の頃からバレエを学んで来ました。

同じように娘も、小さな頃から、Nバレエ団のバレエスクールに通い、心身共にバレリーナとしてのレッスンを受けてきました。


昔あったTVドラマ、『赤い靴』のように、バレエの世界は、女性の(時には醜い)争いの世界でもあります。


この美しさの影に、どれだけの傷が隠されているのか、と思います。




ディズニー映画、「The Kid」(ブルース・ウイルス主演)の中で、こんな台詞がありました。


『小さな頃は、色んな夢を持つわ。男の子はパイロット、女の子は、バレリーナ…。


でも、実現した人はどれだけいるかしら?




本当に大切なのは、夢に向かって努力することよ。





娘がバレエをやっていた頃、お世話になったバレエ団の先生方のその後を伺ってみました。




タレントに転身された方、お若くして海外でバレエスクールを開校された方など…様々です。


時が経つと、その人がどんな姿勢でバレエに携わって来たか、分りますね。





バレエスクール内でのいじめが原因で、バレエを辞めた後、


ある日一人で、こっそりレッスンを見に行った娘を見つけて、



レッスンの途中、スタジオから駆け出て来て下さり、



「戻って来てね…。待っているからね…。」と、




娘の事を、しっかりと抱き締めて下さった、あの頃の担当のさ○り先生は、





今もなお、Nバレエ団の一員として、名を連ねていらっしゃいました。





『どんなに踊りが上手でも、心が美しくない人は、バレリーナにはなれません!』




レッスンの度に子供たちにそう教えて下さっていた、さ○り先生…。



バレエを愛し続ける先生のその美しさは、いつまでも色褪せない、エレガントなサーモンピンクの薔薇のお花のようだと…




そんなことを思って、何だかまた、このグラン・パ・ドゥ・ドゥを見た時のように、




感動して涙ぐんでしまったmarieです。(笑)






感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-16 11:16 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(4)

Trick or Sweets?

みなさま

台風が去って、急に寒くなりましたね。如何お過ごしですか?




今日、ちょっと用事があって外出したのですが、

ふと目に入ってしまった、このハロウィンのお菓子の箱(立つんですよ!)が余りに可愛くて、


引き寄せられるように、つい、買ってしまいました・・・。

一度通り過ぎたのですが、戻ってしまったのです・・・。



d0031078_2402454.jpg

(神戸アマンディーヌの商品です。)


なんか、こっちを向いてくれているような気がして…。(^^;;



可愛いでしょ?


ムギュ〜って、抱き締めたくなります。(笑)



娘と、お友達へのプレゼントにしました♪♪



笑顔、運んでくれるといいなぁ☆☆




みなさまのところへも・・・☆



いつもありがとうございます。

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-11 04:25 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(0)

『Rain』by Bobby Caldwell

みなさま

いつも、絶えずここに来て下さって本当にありがとうございます。

台風が近づいて来ていますね。

marieが今、滞在中の大阪でも、連日、雨です。


・・・と、いうことで、今夜は、”雨男”Bobby Caldwellの『Rain』という曲を。




懐かしいです、この曲。(涙)

2002年のボビーのNYツアーに同行した時も、マンハッタンもロングアイランドもハートフォードもずっと雨で、marieは、移動の度に、いつもこの曲を聴いていました。


Bobby、もうすぐ来日しますね。(毎年この時期ですね。)


久し振りにジーンや、マーク・マクミレンに、逢いに行きたくなりました。




でも、過去にすがりついてても仕方無いですし、自分はいつでも”等身大”でいたいと思っています。



今は、ただただ、頑張るだけのmarieです。




最後まで、頑張ります。



みなさまへ、感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-07 18:33 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)