∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みなさま

こんばんは。今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

先日25日(金曜日)、東京丸の内のコットンクラブに、MAZEのライブを観に行ってきました。

キャンセル待ちで、何とかチケットを入手できたのです。

今年のホワイトデーのポストに、初めてこのMAZEの音楽を取り上げましたが、まさか来日してくれるなんて!

しかも欧米では大ホールでしかコンサートを演らないという彼らを、間近で観ることが出来るなんて!



通常のコットンのスタイルとは違う、1日1ショー。

6時半開場、アリーナは先着順なので4時に到着しましたが、コットンクラブの前には、もう、10名以上の方が並んでいらっしゃいました。


一緒に行って頂いたmarsさんと、ワンセグで相撲中継を観ながら待つこと2時間半。

北の富士さんの解説にツッコミを入れながらも、胸中はドキドキワクワクしています。



MAZEについては、marsさんから毎月渡されるセレクトで、この曲を聴くまでは、全然知らなかったmarieです。

『Too Many Games』




どうしても売れなくて、必死でバンド活動を演っていた彼らを見つけ出したのは、なんと、マーヴィン・ゲイなんです!

フランキーはその流れで、マーヴィンの前座を務めることになります。

これが、MAZEの始まりなんですね。


marsさんに、MAZEを教えて頂いて、その音楽を聴く度に、虜になって行きます。

「MAZEは、ライブ盤がいいんだよ。」

と、marsさんが仰っていましたが、本当にそうです。

彼らの音楽が、観衆と触れ合って、情熱が溢れているんです。

『心』いえ、『魂』それこそ、生のsoulなんですよね!彼らの音楽は!




どんな時代の流れにも翻弄されず、ただ、ひたすらに、自分たちのスタイルを貫いて来た、泥臭いけど、どこまでも”真っ直ぐ”で、ものすごく純粋なソウル。

彼らの代名詞となった『Joy And Pain』や『Running Away』もいいけれど、

フランキーは、ライブ半ばで、彼等の2nd.アルバム('78年)の中から1曲、『Golden Time Of Day』を大切に、大切に、心を込めて熱唱していました。
(涙が出ました)

MAZEの真骨頂は、本当は、こんな風に静かでメロウな作品の中にあるような気がしました…。
『Can't Get Over You』とか…、切なくて、たまらなくなりますね。



最後、アンコールの『I Wanna Thank You』を歌い終わったフランキーに、ステージの下から小さなブーケを差し出しました。

その時、お花を受け取って下さったフランキーは、marieの右の頬に、キスして下さったのです
♪ポッ(。・・。)(。・・。)ポッ♪



嬉しかったです…。一生の思い出になりました…。

d0031078_2112274.jpg随分暗い画像ですが、ライブ後、ギターのジュブがテーブルの方に来られたので、一緒に写真を撮って頂きました。

ジュブは、トニ・トニ・トニでもプレイされていたそうです。
(どこかでお逢いした記憶が…。LAのラファエラのスタジオかも知れません。)

marieが、リオン・ウェアやデヴィッドTとコラボしている事をお話したら、とても驚かれて、後日Eメールを送るよ!と言って下さいました。

最後まで見送って下さり、感激しました!


それから、marieがライブ中、興奮して、ワイングラスを倒してしまい、同席にいらっしゃったお二人の紳士の方のお洋服を赤ワインで染めてしまったのです…。

(このブログ、読んで下さっているかな?)

お二人とも、本当にお優しく柔和な雰囲気の方で、終始笑顔で、
「いいんですよ!気にせずライブを楽しんで下さい!」と、ワインを拭きながら仰って下さり… (T_T)
そればかりか、ライブ後にはmarieを宣伝するために、ソウル好きなお友達を紹介して下さったり…、(リオンの大ファンと言うレディともお話しする事が出来ました!)

最後まで、温かく接して下さって本当に感謝しています。

CDが出来上がりましたら、早く汚してしまったお洋服を弁償出来るように、頑張りますね…。
本当に、申し訳ありませんでした…。<(__)>




marsさんが買って下さったMAZEのTシャツ、Lサイズと Sサイズです。d0031078_21294320.jpg




長い間、ずっと知らずにいたMAZE。


でも、出逢うべき音楽とは、必ず、いつか、どこかで、出逢ってしまうものなのかも知れませんね。


きっと、どこかで、ひとつに繋がっているから。



“出逢えて良かった”


しみじみと、そう感じた、夢のような、贅沢な一夜でした。


では、今日は最後にこの曲を・・・

『We Are One』





今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました!
感謝を込めて

Kanafu Marie


**MAZEのHPです♪**
[PR]
by kanamarie | 2009-09-27 21:48 | LIVE | Trackback | Comments(0)

少しずつ、前へ。

みなさま

今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます!


みなさまへCD制作に関してのご報告です。


先週、ある尊敬する方にご協力を頂き、やっと、一歩、前進する事が出来ました。

この一歩は、長い間踏み出せなかった、私にとっては大変大きな一歩です。



この日の為に一生懸命に準備をして下さり、ご協力頂いた方、そしてお力を貸して下さり、貴重なご指導やご助言、そして励ましを与えて下さった方に、心から感謝を申し上げます。




みなさまには、長い長い間待って頂くばかりで、本当に申し訳ありません。
じっくりと、心を込めて仕上げて参りますので、どうか忘れずにいて下さいね…。



頑張ります!


"Passion goes the distance!"(by Sarahさん♡)





感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-09-20 03:26 | 感謝 | Trackback | Comments(2)

『If Only For One Night』

みなさま

こんにちは!いつもここに来て下さって、本当に、本当に、ありがとうございます!!

更新する前に、1曲、marieが大好きだったこの曲を…♪



この曲は、marieが神戸に住んでいた頃にロバータ・フラックとピーボ・ブライソンのデュエットで初めて聴いた曲です。

女の子が、「ただ一夜だけ…」と、躊躇いながら懇願するとっても切ないこの曲。
ロバータがこういうシチュエイションの歌を歌うと、可愛いんですよね…♡


先日、”ある作業”をする為にmarsさんがこの、ブレンダ・ラッセルのバージョン(これがオリジナルだそうです。この曲、ブレンダの作品だったの、知りませんでした。)を持って来て下さり、約?10年振りに、この曲を思い出し、感涙してしまったmarieです…。


こんなにも好きで好きでたまらなくて、毎晩涙を流しながら聴いていた曲を、時の流れと共に忘れていました。



「まーちゃんありがとう!!思い出させてくれて!!

やっぱりあの頃から繋がっていたのね!」






と言って、振り向いたら、






marsさんは疲れ切って、ソファで、

”クーカ〜、クーカ〜”

と、




もう眠ってしまっていましたo( _ _ )o...zzzzzZZ







まぁ、現実はこんなもんです。(-_-






また更新しますね!

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-09-12 13:19 | Trackback | Comments(0)
みなさま

こんばんは!
少し前に帰宅しました。

今日(正確に言えば昨日ですね^^)は、いつもmarieを応援して下さってるダンボさんこと山本祐子さん(「劇団てん」の脚本家)の作品を観るために、池袋に出掛けてきました。

神戸で体調を崩した事を知って、

「ゆっくりしなきゃダメです!

私の公演なんてどうだっていいんですから!!

お願いですから休んで下さい。」


と、強く言って下さったダンボさんですが、


「たとえ岐阜で出産しようとも…」と、臨月の身で野田聖子さんの応援に駆け付けた・・・・・




・・・って、




誰が小渕優子さんやねん・・・(-_-;;;;;






↑まぁ、臨月というような幸せな状態ではないのですが(普通の貧血です)何とか、1時間で行ける所を、2時間半かけて休み休み電車に乗ったり歩いたりして、やっと駆け付ける事が出来たのです…。



でも・・・



ダンボさんの作品を観て、ハラハラして、泣いて、笑って、また泣いて…

(最後にちょっとハラハラして…)



なんか、キラキラした、あったか〜い、幸せのシャワーを浴びて、





まるで生き返ったように元気になって帰ってきました^^/




う〜〜〜ん、良かったです〜〜〜♡♡
もう一回観たいーーーーーっ!!!!!




一緒に行って下さったりいさん♪と、帰りに作品の余韻に浸りながら軽くお茶をして、
何だか不思議な時間を過ごしました…。


家路に着く頃は、満月になったばかり…、ダンボさんの公演初日をお月さまが祝福しているようでした☆☆




劇場を後にする時、

「marieさん、ありがとうございます。」

と言って、ギュッと手を握って下さったダンボさんの天使のような笑顔が、今も輝いています☆



初日は満席で大混雑でしたが、土日はまだチケットが取れるそうです。


関東在住のみなさま、是非、池袋まで足を運んでみて下さい!!!!!


***********************
The Plantables 第二回公演

第21回池袋演劇祭参加作品
「これは鶴と亀の家」
 場所GEKIBA【池袋】

日時
9月4日(金)
19:30
  5日(土)
14:00・19:00
  6日(日)
13:00・17:00

作:山本 祐子 
演出:迫田 昌子 
照明:内田 裕子  
音響:鎌田 智士  
宣伝美術:オカヤン MAY

キャスト
吹雪ビュン 鳥目のラッキー 扇谷あさ子 みやびん
青木悠 藍々 とおやま優子 
齋藤一貴
M・J・シンプソン(a.k.aイエロウ)
ミノル・キタヤマ(a.k.aイエロウ) 他


The Plantables第2弾は、
おかしな人々と、死体が繰り広げる爆笑ブラックコメディ!
鶴と亀は、人格者として評判の老夫婦。
だが小学生の雪生は、夫婦の家で男の死体を見つけてしまう。
男を殺したのはいったい誰?


詳しくはダンボさんのブログで!
もうすぐ本番です!

d0031078_339255.jpg帰り掛けに、ダンボさんが

「marieさん、遅くなってごめんなさい。

お誕生日おめでとうございます!」

と、渡して下さったプレゼントです…(T_T)

公演の準備等でお忙しい最中に、こんな用意までして下さってたなんて…。


marieの大好きなローラアシュレイのイチゴ柄のエプロンと、一竹工房の巾着です…。




本当に、ありがとう・・・。(涙)




今日も読んで下さったみなさまにも(ご心配下さった方にも…)
感謝を込めて…


Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-09-05 03:45 | Trackback | Comments(3)

Romantic KOBE♪

みなさま

久し振りの更新となりました。
どんな時も、絶えず、いつもここに来て下さって、本当にありがとうございます。
(その有り難さを強く感じています。)


marieは先週末から仕事で神戸に来ていました。
今夜の便で横浜に戻ります。


神戸では体調を崩してしまい、滞在していた神戸ポートピアホテル


オーバルクラブのスタッフの方々に大変なご迷惑とご心配をお掛けしてしまいました…。

コンシェルジュの方々、そして支配人の斉藤様に、この場より心からお詫びと感謝を申し上げます。



marieは、このホテルが出来た当初、ロビーラウンジでピアノを弾いていた事があります。

想い出の神戸の、想い出のホテルです。



神戸ポートピアホテルのオーバルクラブの記事は、感謝の気持ちも込めて、また横浜に戻りましたらアップしますね。



昔、海外に住んでいた頃は、その国のクラブルームを取材して記事を送るという仕事もしていました。


みなさまにも、後日、少しご紹介してみますね^^





それから、先日、torigenさんのお母さまが削除された記事を読みたいと仰っています…とのご連絡を受けました。
非公開にした記事を一時的に公開しますが、みなさま、どうぞご了承下さいね…。




9月になりましたね…。



動きましょう。前へ、前へ。





感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-09-02 02:30 | 感謝 | Trackback | Comments(21)