∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みなさま

こんにちは^^
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます!


marieとキョウコ(協子)おばさまの出逢いを読んで下さり、心から嬉しく思います…。

今日で3回目ですね…。
キョウコおばさまとの写真も最後に出しますので、どうか読んで下さいね…。


d0031078_1471394.gif



marieは娘が4歳になるまでは、娘と一緒にヨーロッパをジプシーのように転々としていました。

日本で、帰る場所が無かったからです。

ベルギーでも、イタリアでも、私や娘を本当の家族のように大切に泊めて下さるご家庭はありました。

だから…本当の事を言うと、私は日本には帰って来たくはなかった…。

でも、身体が弱く、いつどうなるか分からないような母(私)に万一のことがあったとき、娘を一人にすることは出来ません…。

それで、娘がちょうど幼稚園に入る歳になった時に、大阪に戻って来たのです。



だけど、大阪での生活は娘と共に日本を離れる前と、状況は全然変化していませんでした。

ただ、定住出来る場所があり、毎月暮らして行けるだけでも有り難かったですが。



キョウコおばさまとめぐり逢ったのは、ちょうどその直後だったんです。



d0031078_1471394.gif



1ヶ月前に、私が大阪を離れる時、自分が持って出られるものは、何もありませんでした。

本当に小さなキャリーケースに僅かな着替えとCDや楽譜、そして娘からの手紙、

そんな宝物を詰めて横浜に旅立ちました。

もう一つ、”これだけは私に渡してほしい”と懇願したものは、娘の写真です。



小さな頃から撮り続けて来た娘の写真・・・。

いつもいつも、二人で暮らして来ました。



段ボール箱一杯のその写真を見て行くと、



”キョウコおばあちゃん”と一緒に、とてもとても幸せそうな顔をしたみかちゃん(娘)の写真が、いっぱい、いっぱい、出て来ました・・・。


キョウコおばさまにポケモンの映画を観に連れて行って頂いて、その後、大きなぬいぐるみを買って頂き、嬉しそうにそれを抱っこしている写真、

エキスポランドでキョウコおばさまと一緒にアラレちゃんと手をつないでいる写真、

キョウコおばさまのお孫さんと一緒にホテルに一泊した時の写真、

そして一緒に浴衣祭りで、わたあめを食べている写真、、、。



娘だけでなく、もちろんmarieの事も、本当に気遣い、愛して下さいました・・・。


marieの作品がリオン・ウェアのアルバム『A Kiss In The Sand』に収録された時、そのCDを2枚おばさまに送ったのですが、


その時、おばさまは本当に喜んで下さいました。

(飛び上がるくらい、喜んで下さいました・・・涙)



そして、marieに逢った時に、


「CDは、ちゃんと売らなきゃダメよ。貴女が苦労して作って来たんだから。」


と、”CD代です”と、書かれたのし袋を渡して下さいました…。



その、のし袋には、


”本当におめでとう!良く頑張りました!!!おめでとう!!!”

と、書かれていました。(涙)


そしてその中には・・・お送りしたCD2枚の正規の代金の50倍以上の金額が入っていました・・・。




d0031078_1471394.gif




”キョウコおばさま…どうしていらっしゃるのだろう…。逢いたい…”


と、思っていた矢先、しかも、私が大阪に一時だけ戻って来ていた時に電話があったのです!!!



私も娘も、本当に驚きました…。


何と言うタイミングなのでしょう・・・!!!まるで神様が知らせて下さったみたいです!!!(涙)



「かなふさん、元気にしてはる・・・?」


「はい!(涙)元気です、元気です!!!(涙)


お逢いしたいと思っていた所だったんです!!!」


私は感激の余り、言葉が出て来ないくらいでした。


嬉しくて嬉しくて…。涙が溢れました。




「この9月で、やっと、長い間おばさまにもご心配をお掛けしていた事からきちんと”独立”出来ることになったんです!!!」



marieは、お逢い出来なかった間に起きた全ての事について少しづつお話して行きました。


、このブログで知り合えた方の事も、ライヴの事も・・・お話ししていきました・・・。



キョウコおばさまは、




「かなふさん、それ、ホントなの…?」


と、最初は驚かれていましたが・・・



「本当に嬉しい・・・。私、感慨無量やわ・・・」


と、泣いていらっしゃいました・・・。





あなたの人生は、もう、本当に…、

私が電話をする度に、


上がったり、下がったり・・・




これでやっと、ようやく落ち着いて、穏やかに・・・本当の幸せを手にすることが出来たんやねぇ・・・



あぁ・・・長かった・・・。



本当に嬉しいわ・・・。かなふさん、本当に良かった・・・」



そう言って、キョウコおばさまは、しみじみと・・・祝福して下さいました・・・。(涙)


d0031078_1953858.jpg


26日にお逢いした時に頂いたものです…(涙)

写真は、まだ娘が低学年だった頃…。MBSの”お話会”に連れて行って下さった時のものです…。

娘が持っているドラえもんも、娘が来ているミニーちゃんの服も、キョウコおばさまが買って下さったもの・・・(涙)




marieの15年間の歴史の中の、一番苦しかった10年を支え続けて下さったキョウコおばさま・・・。



家族に縁が薄く、親戚も無く、パートナーもいなかったのに・・・


キョウコおばさまと写っている写真はどれも、


母親の愛に満たされた、(少し)誇り高い顔で写っているmarieです・・・。




キョウコおばさまとの関係を知るmarieの友人に、こんな風に言われたことがあります。



「私たちには家族がいて、実家もあるし、帰れる場所はある。逢いたい時に親に逢い、子供を預けることも出来る。主人がいて仲良く話しも出来るし、夫婦で協力し合って子育てが出来る。

でも、かなちゃんはそうじゃない。本当に辛いし苦しいと思う。私たちだったら絶対に耐えられない。


だけど、かなちゃんには”キョウコおばさま”のような人がいる。そんなすごい人と出会っている。


私たちには無いものを、かなちゃんは持っている。



そんな素晴らしい人と出逢いたくても、殆どの人は出逢えるわけがないのよ。」





-----本当に、その通りですね・・・(涙)




私は何と、恵まれていることでしょう・・・。本当に、感謝でいっぱいです・・・。





きっと、神様は、ちゃんと見て下さっているんですよね・・・。



キョウコおばさまや、みなさまとめぐり逢わせてくれたこの15年間に、心から感謝します・・・†





d0031078_1471394.gif


d0031078_2122447.jpg

   キョウコおばさまと…。2年振りなので、甘えて来ました(笑)


d0031078_1471394.gif





みなさま、読んで下さって本当にありがとうございました…(涙)
これからは“さらに”頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。




心からの感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-09-29 20:22 | 協子おばさま | Trackback | Comments(5)


みなさま

こんにちは!

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

下のポストの続きを書いていきますネ。

引き続き来て下さった方、ありがとうございます…。


d0031078_2133110.gif



”負けないで!”

と書かれたそのメモを読んで、


”え?!どうして!?

どうして何も言わなかったのに、私の事を分かって下さっているの!?”


と、marieは娘を引っ張って、その御婦人の後を追いかけましたが、



お店のレジのところには、もうその方の姿はありませんでした…。



それで、私も急いでお会計をしようとしたら、


お店の方が


「先程の方が、お客様の分もご一緒に、と仰られて…。

もう、清算して頂いておりますので…」


と、言われたのです!!!





私は本当に驚きました。



”これは、いけない!
こんなにして頂いては・・・!”



娘と走って一生懸命にその御婦人を探しましたが、どうしても見つからず…


その日は、泣きそうになりながらも仕方無くそのまま家に帰りました…。




帰宅したのが夜遅かったので、翌日に頂いたメモに書いてあった所にお電話を入れてみました。




その時に、その御婦人はこう仰ったんです…。





「あなたは何も言わないで笑ってはったけど、

どんな思いをしてはるんやろか…って、、。

私には手に取るように分かったんよ…。


本当はくたくたに疲れて、必死やということ…。


けど、一生懸命子供さんを育ててはる…。

私には、そんな風に見えたんやね・・・」






電話で、御婦人はそう言って下さっていました…。


marieは、言葉もありませんでした・・・(涙)






その方は大阪の茨木市に住んでいらっしゃいます。




”キョウコおばあちゃんと呼んでね”


と、娘に優しく言って下さっていました。とても”おばあちゃん”と言う感じの方ではありませんでしたが、その方にもお孫さんが沢山いらっしゃるのだそうです。



それで、娘は”キョウコおばあちゃん”

marieは、


”キョウコおばさま”


と呼ばせて頂くようになり、



家族でも親戚でもない…何の繋がりも無いのに…、



本当にmarieの母であり、娘の”おばあちゃん”であるような・・・



温かな…不思議な関係が、それから今まで続いて来たのです・・・。



”キョウコおばさま”のお母さまは、おばさまが幼い頃に他界されたのだそうです…。
でも、お父様はとても冷酷な方だったそうです…。
おばさまが中学に入学された時には、教科書すら揃えることが出来なかった…
病気でもないのに、学校に行かせてもらえなかった…と、仰っていました…。


でも、おばさまは、
とても優しいパートナーの方とめぐり逢われて(もちろん今のご主人様です^^)そして初めて…

”幸せ”な人生を送る事が出来るようになられたのだそうです…(涙)



子供の頃から多感な思春期、そして青春時代を、孤独や屈辱と闘って過ごして来られたキョウコおばさまだから・・・

幼い子供を見ると、愛情をたくさんたくさん分け与えてあげたくなられるのでしょうね・・・。

そして、同じように辛い思いや苦しい思いをしている人の気持ちも、分かってあげられるのでしょう・・・。(涙)






キョウコおばさまは、身寄りのないmarieとmarieの娘の”家族”となって下さって…



お盆や夏休みにはキョウコおばさまの本当のお孫さんやご家族の集まりに私や娘も呼んで下さったり、みんなが浴衣を着てお祭りに行く時には、私や娘の分も浴衣を(持っていなかったので)買って下さったり、


秋にはお弁当を持って公園にピクニックに連れて行って下さり、コスモスのお花の中で遊んだり、

クリスマスには毎年必ず梅田の阪急百貨店のクリスマスのショウ・ウインドウの前で待ち合わせて写真を撮って下さり、その後お食事やお買い物に連れて行って下さったり…。

(お別れする時に手渡さして下さるクリスマスプレゼントの中にはいつもお年玉も一緒に入れて下さっていました…)(涙)




お逢い出来るのは、年に何回かだけでしたが…いつもいつも、季節ごとに声を掛けて下さり、
私と娘はその度に、夢のようなひと時を過ごさせて頂きました・・・(涙)



marieの娘には、いつも


”みかちゃん、

アラレちゃんのように元気に、

ハイジのように明るく過ごしていますか〜?”




と…。


そのお言葉をいつもいつも送り届けて下さいました…(涙)






---先日、夜に1本の電話が鳴り響きました。




キョウコおばさまからでした!!!



前にお逢いしたのは、2005年のクリスマスです!

その間は、色々なことがあり、お互いに連絡を取れずにいたのです・・・。



実は26日に、そのキョウコおばさまとお逢いして来たんです・・・。



次のポストでその時の写真などを(ご了解を得ましたので^^)載せますね☆



新しいポストも読んで下さいネ!!!



また長くなりましたので、一旦、このへんで・・・




今日も読んで下さりありがとうございました・・・。

心からの感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-09-28 15:50 | 協子おばさま | Trackback(1) | Comments(4)

15年間ありがとう。


みなさま

こんにちは!
今日もここに来て下さり、本当にありがとうございます。



みなさまは如何お過ごしですか?

marieは今、ある「手続き」を完了させる為に、大阪に来ています。


この9月末日で、15年間続いた私の一つの”歴史”に・・・やっと、正式に終止符を打つ事が出来るのです。


本当に、”やっと・・・”です・・・(涙)




ずっと、望んでいた事です。





15年間もがいて来た事が、こんなにすんなりと解決が出来て…何だか夢を見ているかのようです。


今は、本当に、

全ての人に、全ての出来事に感謝をしています・・・。

辛い経験をしたのも全て・・・今の幸せを迎える為のものであったもの・・・。


でも、その間…支えて下さった方がいて下さったからこそ、耐え忍ぶ事、乗り越える事が出来たのですよね…。


このブログも、そんな日々の中で私が支えられた一つの大きな”天国”です。


みなさまに、心からの感謝を申し上げます。



今日は、このブログで”いつかは書かせて頂こう”と思っていたある方の事を書きます。



どうか、読んでみて下さい…。
いつも、本当にありがとうございます…。



d0031078_15121990.gif




それは、娘が4歳の頃の出逢いでした。

今から10年前です。



娘を”ある場所”に預けて京都に父親のお墓参りに行った日のことです。

お墓参りを済ませて、娘を預かってくれている人のところに戻って来たのは夜の7時でした。

少し疲れていましたが、その時に娘を預かって下さった方に、

”早く連れて帰ってほしい”と言われました。


私は京都で買って来たお土産を手渡して、玄関先で娘を引き取り、二人でとぼとぼと駅まで歩いて行きました。


ちょうど、夕食時でした。


「みかちゃん、晩ご飯は?」と聴くと、「まだ何も食べていないの」

と・・・。


きっと、私を待って、食べなかったのでしょう…。


私は、娘と梅田で途中下車をして大阪駅前のアクティ大阪という大丸が入っているビルのレストラン街に行ってみました。


その中に”リヨン”という”ちょっとした”フランス料理のお店があります。(今もあります)
(”ちょっとした”とは…お買い物帰りに女性一人でも入れるような”比較的カジュアルな”…という意味です。とても美味しく、素敵なお店です。)


ソファの席があったので、娘が座りやすいかなと思い、その店に入りました。


娘には好物の海老フライとスープをオーダーして、私はワインだけを飲んでいました。
お腹は空いていましたが・・・。

娘と一緒の時は、いつもそんな感じでした(笑)


暫くして、私と娘が座っているテーブルのお隣のテーブルに、ある御婦人が一人で入っていらっしゃり、お座りになられました。


その御婦人は、お店の方に

「いつものは、ある?」

と、訪ねていらっしゃいました。

”ご常連の方なのだな”と思いました。


とてもエレガントで上品…。
そのお声は、柔らかく優しい…人を包み込むようなお声をされていらっしゃいました。




ソファの席で正座をして嬉しそうに海老フライを食べる娘は、まだ小さくて…

「はい。ママの分よ?ママ、“アーン”して。はい、あーーーん。^^」


そんな事を言いながらニコニコしていました。



そんな娘にお隣の席の御婦人が、


「あら…。お母さん想いなのねぇ…。こんなに小さいのに…。

お利口ねぇ…。何てお利口さんなの・・・」


・・・と、時々、とても優しくお声を掛けて下さって・・・



普段、二人っきりの私と娘は、そんな風に声を掛けて下さる事がとても嬉しく、有り難くて・・・


少しの間、”家族”が出来たような幸せな気分になりました。


会話はどんなご馳走よりも贅沢で美味しい物です・・・(涙)



優しいそのご婦人の温かいお心は娘の心にも通じて…私たち3人はすっかり仲良くなりました。


もちろん、初めてお逢いする方なので、失礼の無いように…控えめにしていましたが…。



お食事が済んで、その後和やかな会話を交わした後、その方は先にお店を出られました。
marieに、メモをさっと渡して下さって…

そして、帰って行かれたのです。



私は、その時に娘に対してとても優しくして下さったお礼に、京都のお寺さんにお参りに行く時に必ず立ち寄る、蛸薬師の焼き芋をその御婦人お渡ししました。

**そのお芋さんのお店は創業130年以上の『丸寿商店』のもの。そのお店のすぐ側にある四条河原町の老舗の本屋さん丸善よりも長く続く有名なお店で、4代目の頑固一徹なご主人は大変有名です。(気に入らない人には絶対にお芋さんを売りません。)
いつも必ず1時間以上は並びます。
すぐに売り切れるので、買えない日の方が多いんです。
全国にファンが多く、わざわざ北海道からもそこの”お芋さん”を買いに来られるくらいなんですよ^^*



「あら!これ…!! こんなにいいもの…頂いていいの?

どなたかに差し上げるために買われたのでしょう?」


その御婦人はそう仰って、そのお芋さんを返そうとなさいましたが、


「いいえ、、。

いつもその店のご主人に親切にして頂くので”お土産に配るので”と、たくさん買ったのですが…本当はお渡しする人など私たちにはいないんです。」


と、正直にお話しして受け取って頂きました…。



御婦人が去られた後、メモを見てみると、


お名前と電話番号が書かれていました。そして、



---「負けないで!

必ず報われる日が来ます。

”心に太陽を、唇に歌を”

ガンバレ、お母さん!


いつでも連絡下さい」---








…そう、書かれてありました・・・。



その文字を目にした時は本当にびっくりしました…。


だって、marieは、その方に自分のことは何もお話をしていなかったんです。



なのに、どうして・・・・・。





長くなったので一旦ここで切り、また新しいポストで続きを書いていきますね。
このまま書きますので、またどうか来て、読んでみて下さい・・・。



今夜もここに来て下さり、ありがとうございます・・・。



いつも感謝でいっぱいです。ありがとう、みなさま・・・。




Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-09-27 20:09 | 協子おばさま | Trackback(1) | Comments(5)

フラワーロード♪



みなさま

おはようございます!
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


少しの間、更新出来ませんでしたが・・・変わらずにここに来て下さり、心から感謝致します。


18日から3日間神戸にいました。

今は、娘のところに来ています。(涙)大阪です^^


ここで、神戸での数日間のレポートをみなさまにお伝えしたいと思い・・・



ましたが(^^;;;


d0031078_1251111.jpg


暑くて暑くて、

『ときめきのDNA』もこんな感じ↑になってしまったので、(笑)


急いで先に進みますね〜♪


(BUSY BEEのママさんなど…素敵な方々との感動の出会いがありました。大切なことは、またゆっくりと・・・書かせて頂きますね・・・^^)


d0031078_154373.jpg

ミカエラさんのチリ料理のお店の前で。
d0031078_1524814.jpg
南京町の中華街です。安くて美味しいお店が一杯あるんですよ!
d0031078_2131566.jpg

元町の商店街です☆marieが神戸にいた頃は、このお店はありませんでしたね(笑)
d0031078_2153333.jpg

このカフェの向かい側に見えるのが旧ワシントンホテル。この1階に「トムキャンティ」という店があって、そこで中川先生がピアノを弾いていらっしゃいました。marieが大学時代です。
初めて『ミスティ』を歌ったのも、このお店でした…。当時の面影は、もう…ありませんが…当時からあまり変わっていない(成長していない)marieが生き残っています(笑)


d0031078_2201381.jpg
元町、トアロードの麓にある神戸大丸。
大学を中退した後、ここの宣伝部で暫くコピー・ライターをしていたこともありました。^^


d0031078_1554679.jpg

フワラーロードです。

marieが大学時代にピアノを弾いていたニューポートホテルも、この路の向こう側にありましたが、今はもう無くなっています…。

d0031078_1571978.jpg

フラワーロード沿いの市役所の花時計も…今は、お花はありませんでした。


d0031078_1584378.jpg


>”埋め立てられ、華やかだった道路が震災で大きく傷つき、それでもまた生まれ変わって市民に愛される、そんな道路です。”


とは、このブログの生みの親?foodmusicさんから以前教えて頂いた言葉です…。






みなさま、今日もここに来て下さって読んで下さり、本当にありがとうございました。


marieは元気です!色々とご心配をお掛けして申し訳ありません…。

今年も残すところ100日を切りましたね。
私には成し遂げなければいけないことがありますよね!

大丈夫です!!


神戸でなく、この*天使が舞い降りる†Flower Road*にお花をいっぱい咲かせますので・・・どうか、待っていて下さい・・・♪



心からの感謝を込めて
Kanafu Marie

d0031078_3553960.gif


d0031078_25646100.jpgおまけの写真です。








d0031078_331185.jpg

”縁”が無かった…と後にした神戸にまた戻って来たのかなぁ…という気がしていましたが…

やはり、

marieには横浜の方が合っているみたいですネ・・・^^



素敵な想い出は、思い出の場所に置いて去りましょう。
時はどんどんと進んで行っているのですから・・・。



さようなら、ありがとう神戸♪



おまけのおまけです^^
d0031078_21424393.jpg
大学時代は、お酒なんて一滴だって飲めなかったmarieだったのですが(笑)貧血でしょっちゅう倒れるmarieの為に関学の英文科の教授がこの甘いサングリアを神戸で買って下さったんです。
『毎日起きた時と寝る前に1杯づつ飲みなさい』と…。

それが次第に2杯になり、3杯になり・・・

^^;;;
(英文科の伊藤清先生…お元気でしょうか?とても厳しく怖いので有名な教授でしたが…)

d0031078_21432876.jpg

神戸では世界中のものが揃います。ビールも^^

ベルギーの”デューヴェル”の横には”シメイ”が…。
誰が悪魔(デューヴェル=デビル)を”指名”するのでしょうか?
(?く、、くるしい、、、)


d0031078_21435658.jpg
333と書いて”バーバーバー”と読みます。これはヴェトナムのビールです。ピルスナー系。
(これを見るとkewpieさんを思い出すなぁ〜。元気かな・・・♡)


お水みたいにスイスイ飲めるビールです。



・・・って、、、私だけ!?
kana^^?
[PR]
by kanamarie | 2007-09-23 04:33 | いつも波乱万丈♪ | Trackback | Comments(5)


みなさま

こんにちは!
お元気でいらっしゃいますか…?

今日もここに来て下さり、本当にありがとうございます。


若山教授のサイトの中にサミュエル・ウルマンの「若さとは」というエッセイが引用された記事がありますが、


実は昨夜、


永遠に老いない方(々)の素晴らしいライヴに伺って来ましたので、ここで少しライヴレポートをお届けしますね!!!



d0031078_1563785.gif



d0031078_15275132.jpg


横浜BarBarBarにて。


みなさま、この写真の一番左端の方・・・


もう、どなたかお分かりになられますよね!(笑)


若山教授です!!!


THE OZ SONS鈴木史子さん
のライヴに伺ったんです・・・!!!

本当に、素晴らしかった・・・。(涙)

今でもウットリして・・・まだ、その余韻に浸っています・・・。


d0031078_1621563.jpg

marieは体調がまだ不安定なために、伺えるかどうか間際まで分からなかったんです。
前日に予約を入れたら…お店は満席の状態で後ろの方の席だったので巧く写せなかったのですが

d0031078_16104878.jpg

やはり、教授ばかり、写してしまっていました…(^^;;;



”想像を絶するほど”の優れた歌唱力と見事なハーモニー。

半端ではありません!!!



---『音楽を極めるとは、こういうものなんだよ』---



と、そんなことを…魂の底でmarieは…感じました。


自然な流れのMCも素晴らしく、粋な演出の中に温かさや愛情が溢れていて・・・
絶妙なハーモニーを聴かせながらも、観客を威圧しない不思議な”空間”に、いたような気がします…。


また、選曲が粋で、素晴らしかった!


セットリスト、思い出していたら、もう・・・
こちらに(クリックして下さい♪)

アップされていました!(笑)ご覧になってみて下さい。夢のハーモニーです♪


d0031078_16232014.jpg

実力派ジャズシンガー、鈴木史子さん。
まるで1枚の絵画になりそうなくらい、佇む姿もジャジーです・・・♪
d0031078_16254754.jpg

まさに、"Keep Shining"!!!
「秋(9月)」そして「ニューヨーク」にちなんだ曲を3曲づつ…、そして「La Mer(ラ・メール)」(Beyond The Sea)そしてラストはmarieも大好きなボサノヴァ・ナンバー「The Gift」(昔パーラメントのCMに使われていた曲です)で締めくくられました…!

(marieと一緒にライヴに伺った方は長い間NYに在住されていらっしゃった方なのですが…鈴木さんの歌を聴いて、”NYに戻りたくなった”と呟いていらっしゃいました^^)

輝いています・・・☆ね?
d0031078_16365165.jpg

d0031078_16371953.jpg

歌声が、聴こえてくるようでしょう・・・?


若山教授はじめ、 Oz Sonsの素敵なメンバーの皆様、そして鈴木史子さん、素晴らしい音楽を届けて頂き、本当にありがとうございました・・・!!!

また、大原江里子さんのピアノも素晴らしかったです…。


それから・・・

今、実はmarieは少し左足を引きずっているのですが(大した事はありません。)・・・

会場に入る前に私を見つけて下さった若山教授の奥様が、一生懸命それを心配して下さり、

「何か履きやすい靴を探して来てあげるわ。」

「それまで、私の靴を履いていなさい。その方が楽だから…」

と、一生懸命に、心配して下さったのです…。(涙)


ライヴが終わって、帰る時には鈴木史子さんが席を立って走って来て下さり、「大丈夫ですか?」と、声を掛けて下さいました…(涙)


「ありがとうございました。気を付けて帰って下さい」

と、見送って下さったOz Sons の小島さん…そして、その後ろの方で何も言わず、ずっとずっと、見えなくなるまで…優しく微笑んで、静かに見送って下さっていた若山教授がいらっしゃいました・・・(涙)


そして、一人では歩けないmarieの肩を(大変迷惑そうにしながらも^^?)一生懸命支えて、ライヴをご一緒して下さった…”あなた”(marsさんではありません…^^;;)に、心から感謝を申し上げます・・・。(涙)

いつも、本当に支えて頂いています…。


ありがとう・・・。



みなさま、今日も読んで下さって本当にありがとうございました…。


心からの感謝を込めて
Kanafu Marie



d0031078_1721085.gif


d0031078_17101680.jpg
出番が来てステージに向かわれる途中に、誰かが床に落としたナフキンを見付けられた教授は、それを拾われて、そして何も言わずに後ろからそっと…ナフキンをそのテーブルに座っている人の横にさり気なく置いてあげていらっしゃいました・・・。そして何も無かったかのように、ステージに上がられたのです。


本当の”紳士”とは、こんな人のことを言うのでしょうね…。
”愛”ですね・・・♪

d0031078_1721085.gif

[PR]
by kanamarie | 2007-09-16 17:22 | LIVE | Trackback(1) | Comments(11)


みなさま

こんにちは^^
今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます…!


先日、marieは“この方”からご招待を受けて…赤坂に向かいました。

d0031078_14261288.jpg

??さて、一体“この方”は、どなたでしょう・・・^^?

d0031078_14342868.jpg

歌っていらっしゃいます…。本当に紳士です。歌っていらっしゃるときも、本当に礼儀正しいのです…。
でも何か…緊張されていらっしゃるのでしょうか・・・。と、思ったら・・・

d0031078_1428180.jpg

こんなにお美しい方が、お隣に行かれて、励ましていらっしゃいます・・・!!!

d0031078_1414945.jpg

あ!一緒に歌っていらっしゃるではありませんか・・・!!
d0031078_1414327.jpg

きゃっ・・・!!!今度はさっきとは逆にその女性の方をしっかりと見守る優しい眼差し・・・。
d0031078_14322612.jpg

お二人は息がぴったり・・・♪
まさに『愛のデュエット』・・・!歌唱力もプロ並みです!素晴らしい!!!(涙)


“この方”

こそ、ここ最近のポストで登場して下さっている、若山教授なのです!!!


すご〜くお優しそうな方でしょう・・・!!???


本当に、そのお心の温かさと大きさと愛情の深さは、想像以上です・・・!!!(わけあって涙・・・)



そしてそしてそして!!!

若山教授のお隣にいらっしゃるのは、教授の奥様なのです!!!


その奥様のお美しいことと言ったら・・・。(涙)



それこそ、本当に『Out Of This World』..この世のものとは思えないくらいです・・・☆

ほら・・・

d0031078_14294930.jpg


・・・ネ!?

輝いているでしょう・・・!!!(涙)




若山教授、そして奥様、(そして奥様の妹様・・・♡)本当にありがとうございました…!!!
それから、赤坂のジャズクラブ、『リトルマヌエラ』のオーナーの方、みなさまに心よりの感謝を申し上げます・・・(涙)



この日の詳細は、また書きますね…。またどうか、読んでみて下さいね…。
今日は、写真しか載せられなくて…本当にごめんなさい・・・。



d0031078_15401938.jpg

若山先生から送って頂いた写真です…。
先生、本当にありがとうございました・・・(涙)






先生、奥様、みなさまに
心からの感謝を込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-09-03 16:16 | 感謝 | Trackback | Comments(13)