∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2006年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧


今朝書いた下のポストからの続きです。
今日、今初めての方は、この前のポストから読んで頂けると嬉しいです。
来て下さって、本当にありがとうございます。


”ここに、このまま動かずにいて下さい!僕が聞いてきますから!!”

イタリア山庭園の入り口に座って、スケッチをしていた青年は、私にどこにも動かないように念を押して走っていきました。

何分くらい待ったでしょうか…。
待っている間に、教会にも電話をしてみましたが、やはり応答がありません。

番号が違っているのかしら?それとも、礼拝の準備で、どなたも電話口にはいらっしゃらないのかな、、?

何だか異次元の世界の入り口に佇んでいる様な日曜の朝でした。

さっきの青年が走って戻って来てくれました!

”向こうの方に、地元の方がいらっしゃるので、聞いて来たのですが、みなさんご存じないんですよ。カトリックの山手教会なら、もっと先なんですが、、、”

”そうなんですか、、。私が探しているのはプロテスタントの教会なので、その、有名な山手教会とは違うんです、、。もう一度、元来た道を戻って、駅の方に行ってみます。本当にありがとうございました。”

青年は心配そうにしてくれていましたが、私は、深々とお辞儀をして、”ありがとうございます。感謝します。”と、その場を離れました。

場所は分らなかったけれど、あんなに一生懸命、走って、、他の方に尋ねて下さって・・・。
胸が熱くなりました。

道に迷わなければ、あんなに優しい美しい心に触れることも出来なかったのでしょう。

それにしても、本当に眩しいくらい美しい青年でした。

柔らかな朝の陽射しと、丘の上を吹く爽やかな風に揺れて、髪がなびいて、その青年の周りがきらきらと光っているようでした。

“天使”のようでした。

もしかしたら、そうなのかも、知れませんね(笑)


坂を下っていくと、エプロンを付けたどこかの奥様の様な方が向かい側から歩いて来られました。
”すみません、横浜山手キリスト教会を探しているのですが”

”あ、その教会なら、この坂をずっと下っていくと、ありますよ”

と、教えて頂き、ホッとして歩いていったら、三浦君の教会は本当にその石畳の階段の入り口付近にあったのです!!

”あぁ!やっと、見付けた!!!”


約一時間くらい、彷徨いました。

---ずっと上って行った道を、ずっと下って行って、目的地を見付けるなんて・・・・・。

私は、”この坂を登り切らないと、教会にたどり着けない”と、思い込んでいたのです。
そして、一生懸命階段を上って、、、。
しんどいから、ずっと、足下を見ていたんです。
だから、教会を見付けられなかったのですね!!!

こんなに、“近く”に、あったのに・・・。


人間の先入観というか潜在意識って、マイナスの方に向いているとこわいですね。

“苦労しなければ、辿り着けない”みたいに、もう、思い込んでしまっている。


私には、何につけ、そう言うことが言えそうです。


そんなもの、もう、捨てちゃおう!!!


そんな、自分に与えられた幸せになる権利を自ら拒否するような、素直じゃない生き方は、もう必要ないんだ!!ばかばかしい!!!


そんなことに気が付くまで、こんなに年月がかかってしまいました(笑)
marieの本当の年齢をご存知の方には、その意味が本当に良く分かって下さると思います。

でも、遠回りしないと、あの、天使の様な青年に会うこともなかったんですよね・・・。あんなに美しい風景の中に、自分を置く経験も出来なかったんですね。

何となく、ちいさな”人生の縮図”のような体験でした。

三浦君の教会の礼拝に出席する前の、これも、神様が下さったメッセージのように思いました。

不思議な静寂の中の、一時間でした。



みなさま、ここまで読んで下さってありがとうございます。
これは、私のCD制作にも、大きく関ることでしたので、書かせて頂きました。
いつもながら長くなってごめんなさい。

これから、三浦君の礼拝でのメッセージと、三浦牧師とmarieとの再会について、書きますね。
また、お時間がありましたら、どうか読んでみて下さい。

いつも、ここを訪れて頂き、本当に感謝します。

ありがとう・・・。

marie
[PR]
by kanamarie | 2006-09-30 15:06 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback

クリームシチュー *2*で書いた、marieの若き時代を支えてくれた、大学の同級生、三浦君の教会に行ってきました!

その日(9月24日)は、本当に不思議な一日だったんです。(その前日も、そうでした)

朝、すごく早起きして、ネットに繋がる横浜のホテルのお部屋から、このブログで、“今から三浦君の教会に行ってきます”とみなさまにお伝えしましたよね?

あの後すぐ、初めて行く三浦君の教会の日曜礼拝に遅れないように出かけて、
早めに、三浦君の教会のある、横浜、石川町に、着きました。

教会のHPの地図では、石川町の駅を降りて、お花屋さんのあるところを曲がり、”地蔵坂”の脇の階段を登っていけば、教会があるという風に記されています。

その階段の入り口には
“横浜山手キリスト教会”の看板がありました。

この先

と、書かれてありました。


私は、嬉しくなってその石畳の階段を登りました。ただ、ひたすらに。
この坂を上り詰めれば、三浦君の教会があるのです。

とても長く急な坂でした。息切れがします。

チェックアウトした後の、荷物が負担にも感じました。


やっと上り詰めて、前を見渡しますが、教会らしき建物は見当たりません。

・・・私は途方に暮れて、また、前に進みました。

そうしたら!見付かったのです!!!教会の看板が!!!

・・・でもそこには

“横浜山手キリスト教会、”この手前

と!書いてあるんです・・・。。。




-----”この先 ”と書かれた階段の途中と”この手前

の間を、私は何度も何度も繰り返し、行き来しました。


でも、教会は、見当たりません。


”あぁ、、、このままでは、、、もう、礼拝が始まってしまう、、、”


焦りに焦りました。


何度も往復をして、番地や、場所、右、左、を確かめても、
“横浜山手キリスト教会”は、見当たりません。

辺りは、静寂しています。


まるで、誰も、存在していないかのように、、。



私は、途方に暮れました。


携帯から、教会や三浦君の自宅に電話をしても、
何も応答はありませんでした。

何度も何度も、長く長く、ベルを流し続けたのに、、、。




仕方なく、教会の看板と看板の間の道を、今まで進んで来た道から左に曲がってみました。


そこは、“イタリア山庭園”と、書かれていたように思います。

焦っていたので、そこで現れた美しい風景を受け入れることも出来ませんでしたが、こんな所です。(写真は他のサイトからお借りしました)

d0031078_9201566.jpg



その、イタリア山庭園の入り口に、青年が一人座って、何かスケッチをしているようでした。

そこに辿り着くまで、私は、誰一人とお会い出来ませんでしたから、場所や道を尋ねる機会もなかったのです。

私はすがりつくように、その青年に

”すみません、”横浜山手キリスト教会”を探しているのですが、ご存知ないでしょうか?”と、尋ねました。


声を掛けてから、私は、ハッと、しました。

何て美しい、透明で、輝いた肌と目・・・!

一瞬、後ろに引き下がってしまう程でした。


でも、その青年は

デジカメと、観光地図を手にしていたんです。
”あぁ、この人も、観光客だったんだ!地元のことを聞いてしまって申し訳なかった、、”と

思った瞬間、

その青年は


”ちょっと、待ってて下さい!!!僕は、分らないんですが、今、聞いてきますから、!!!
ここで、動かないで、待っていて下さい!!!”

と、


イタリア山庭園に駆け込んで行かれたのです。



・・・"つづき”ます・・・。




-----今日も来て下さって感謝します。

長くなるので、このつづきは、また、すぐに、、、。(読んで下さいますか?)
いつも、ここを訪ねて下り本当にありがとうございます。
素敵な週末をお過ごし下さい!

ありがとうございます!!!


marie
[PR]
by kanamarie | 2006-09-30 08:59 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback

みなさま

いつもここを訪れて下さり、本当にありがとうございます。

日に日に秋が深まって来ていますね。

今朝はこの曲をみなさまに、marieから贈ります。

私のライヴのセットリストにも入っています。


d0031078_8295230.jpg


『I Remember You/Dixi's Dream』



今日は新しいポストを書こうと思っています。
また、覗いてみて下さいネ(^^)



みなさまにとって、お花の妖精がいっぱい集まって来る様な、楽しくて、嬉しくて、キラキラ輝く…幸せが一杯の『花の金曜日』になりますように!!^^
(女の子は、好きなお花の妖精をお友達にすると味方をしてくれて、幸せになるそうですよ♡)


いつも感謝しています。

ありがとう・・・。

marie

*...*...*...*...*

d0031078_944424.jpg
一度枯れさせてしまい、もうダメだと思っていたら知らないうちにお花が…!!
パグさんのk-nさんからメールを頂いた日に起きた奇跡です。

一生懸命こっちを見て、笑ってくれているみたい・・・(涙)

何日もお水もあげず放ってしまっていたのに…、お花って寛容なんですね・・・。

自分の心の小ささが、恥ずかしくなってきます。
[PR]
by kanamarie | 2006-09-29 08:40 | 感謝 | Trackback


みなさま
ただいま!^^”ここ”に戻りました。
たくさんお伝えしたいことがありますが、少し日程の順序が前後しますが、今日はまず、古川初穂さんのライヴレポートを先にお伝えしますね!


古川初穂ピアノトリオAUTUMN TOUR 2006 ---9月22日、横浜のライヴハウスHey-JOE---

に行って来ました!

marieは少し遅れて入ったのですが、オープニングは『グリーン・ドルフィン・ストリート』で始まり、その後『枯葉』と続いたようです。(聴きたかったです、、泣)

その後、このツアーでは珍しくよく喋る古川さん(本当に、珍しいのです!)のトークの後に、『予感』というオリジナルの作品。
『予感』の波動が、ビリビリと伝わって来て、“何か”が、起きる!!---まさに、そんな曲でした!!何だか、恐怖感さえ感じてしまう程に、、。ビクビクしてしまいました、、。

全曲に於ける、則竹さんの“バレリーナのようにしなやかで、宇宙の光を感じる”ドラムス、須藤さんのまるで睡眠状態に引き込まれるかの様なベースも、本当に、本当に、素晴らしい!!完璧です!!!

d0031078_23291573.jpg


このツアーでは、スタンダード・ジャズからはっつあんのオリジナルまで聴け、“音楽の精”はっつあんこと古川さんの醍醐味を充分に味わうことが出来るのですが、ちょっとした”おまけ”もあるんです。

ツアーで回る、各地方の“ご当地ソング”を、はっつあんがジャズにアレンジ!

横浜では
『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』と『赤い靴』の2曲をミックスしたものでした。

はっつあんのピアノのタッチが、もっとロマンチックに、さらにセンチメンタルに、洗練された、斬新かつ繊細な“どこにも無い、新しい”作品となっていました。

もう、素晴らしい!!!(言葉が他に見付かりません・・・)すごい!としか、本当に言い様がないのです…。。。


“秘密の、、”というのは、赤塚不二夫記念館のある地方でのライヴの際に、”何かゆかりのものをやって下さい”とリクエストされ、『秘密のアッコちゃん』の主題歌をはっつあんがアレンジしたものなのだそうです。

これが、とってもキュートで、、、良かったの・・・(涙)

-----“音楽の精”はっつあんは、本当に進化しつつあるのです。


昔は、”研ぎ澄まされた”シャープさやクールさ…他の者を寄せ付けない程の抜きん出た”才能”(古川さんには不本意であったでしょうが…)が目立っていたけれど、今の古川さんは、少し違う。
ひとつひとつの鍵盤を叩く音が、何かにコーティングされているように感じます。


何にだろう・・・?

きっと・・・それは・・・


“愛”・・・かな?




このツアーでの圧巻は、『AMAZING GRACE』。

聴いてみて下さい。

きっと”そこ”(あなたが座っている周り)に、精霊が降り注いでいる事を感じて頂けると思います。



9月30日(土) 富山県高岡・高岡市生涯学習センターホール
10月1日(日) 大阪・ROYAL HORSE
10 月2日(月) 京都・RAG

お近くの方は是非いらして下さい。
詳しくはmoojack.comでご覧になって下さいね。
富山、京都、大阪では、どんなご当地ソングが聴けるのかな?
大変楽しみです!!^^
また『さようなら、冥王星』(謎)というオリジナルの新曲にも、ご期待下さい!!(爆)
(来て頂けたらこの意味が、分かります。)^^



d0031078_1826103.jpg
ライヴが終わってから。左からプロデューサー、乱子さんこと松角妙子さん、ドラムスの則竹裕之さん、koichiro(窪 耕一郎)さん、marie,その横がはっつあんこと古川初穂さん、そして、ベースの須藤満さんです。(みなさん、ありがとうございました!)



d0031078_18315992.jpg




marie、koichiroさん、そしてはっつあんです^^







古川さんにはmarieのデビューシングルCD『ナイトウインド』に同時収録予定の『ソリューション(SOLUTION)』のアレンジと、リリース後のmarieのライヴでピアノを担当して頂くことになっています。
その、marieの“誇り”であるはっつあんこと、古川さんに、marieが2年前にブログで知り合い、その後様々な面でサポートして頂いているドラマーのkoichiroさんを紹介することも、このライヴを訪れた大きな理由の一つでした。

marieのライヴでは、koichiroさんにドラムを担当して頂きます、とみなさまにもお約束してきましたものね!

古川さんにも、温かく優しくkoichiroさんを迎え入れて頂き、koichiroさん共々本当に感激でした!!

古川さん、ありがとう!!!


また、
古川さんのアルバム『ARIEL』について、longfengさんが書いて下さっていますので、こちらも、是非、読んでみて下さい。
☆longfengさん、本当にありがとうございます・・・。
(kurさん、腹心の友♪さんはじめ、エターナル☆スプリングに集う方々にも、ここから心より感謝いたします。“天使たち”に出逢わせて下さったおなすさんにも…。”ありがとう…”)




今日もここを訪れて下さり、心から感謝します。

今回の旅では

*自分が”しっかり!”しないといけない、ということ。
*”ファースト・プライオリティ”は、何なのか、ということ。
*“クレンジング”---色んな意味での---が必要だということ。
(ファーストプライオリティをしっかりと把握した時、余分なものは自然に排除されていきますね)

それから、

“遠回りして、元に戻る”(必要なものは、既に与えられている)・・・という、大切なメッセージを、受け取ったように思います。

また、書いていきますね。読んで頂けたら嬉しく思います。


一日も早くみなさまにお会い出来ますように・・・
(それが私のファースト・プライオリティです)

感謝を込めて・・・

marie
[PR]
by kanamarie | 2006-09-26 23:23 | LIVE | Trackback(2)

今夜も素敵な夢を…♪



d0031078_10151216.jpg


みなさま

こんばんは(^-^)
いつもここを訪れてくださりありがとうございます。
久しぶりに携帯で投稿してみます。

明日早朝から大阪で仕事があるので、今、深夜高速バスで向かっている途中です。
午後11時に新宿都庁前を出発しました。
大阪まで3900円!
モノスゴイ古いバスです(^_^;)満席~。

でも隣の女の子が譜面を一生懸命読んでいるので、同士のようで何となく嬉しいです♪
写真は母が持たせてくれた天使のお人形。竪琴を奏でてくれています。

お隣の女の子にもみなさまにも幸運を授けてくれますように…。


実はさっき、バスに乗り込む前、大きな荷物を抱えたまま転んでしまったのですが…(^_^;)
駆け寄って起こしてくれた方が笑っていたので、まりえもこけながら自分で笑ってしまい、それが周囲の人々の爆笑を誘ったのでした…
みっともな~い…(^_^;)
(でもどうしてみんなあんなに笑ったの・・・?)


帰宅したらゆっくり記事を書きますね。(こけたことではないですよ)(笑)


東京、横浜でお世話になった各方面の関係者の方々、はっつあん、中原さん、koichiroさん、ウエヤマさん、三浦君、三浦君のご家族の方、横浜山手キリスト教会の皆様、日テレ、テレビ朝日の関係者の方々、そしていつも見守ってくださるみなさまに心から感謝いたします。


ありがとうございます…。


みなさま、良い夢を…。
おやすみなさい…
marie
[PR]
by kanamarie | 2006-09-26 00:21 | 感謝 | Trackback

みなさま

おはようございます!

22日に東京から横浜に移動しました。

東京初日は、都内ハートビートレコーディングスタジオへ。
チーフエンジニアの方と初めて直にお会いしました。
神々しくさえ感じられる様な、大変存在感のある方です。
昔、スティービー・ワンダーに”俺のスタジオで仕事をしてくれないか?”と言われたことがあると言うのも、頷けます。

スタジオでのミーティングの後、素敵なイタリアン・レストランでスタッフ一同、ご馳走になってしまいました。本当に、ありがとうございました!!



横浜では、”はっつあん”こと、古川初穂(marieのライヴでピアノを担当して下さる方です^^)ピアノトリオ AUTUMN TOUR 2006の会場へ。
同じく、marieのライヴでドラムスを担当して下さるkoichiroさんと共に。
素晴らしいライヴでした!!!ライヴの模様と写真は、帰ってからアップしますね。


昨日は、ウエヤマさんが横浜まで来て下さり、お会い出来る幸運に恵まれました。
みなとみらいの素敵なホテルで、ワインを頂きながら、、、。数時間でしたが、私にとってそれは求めていたある答えを、神様がウエヤマさんを通して与えて下さったような、、本当に神秘的なひと時でした。
また、そのことも、ゆっくりと書こうと思います。

昨日、その場でウエヤマさんが教えて下さったのですが
David T. Walker(marieのデビューシングル、『ナイトウインド』に特別参加して下さっています) の Ode Record時代の3枚のソロアルバム『David T. Walker』『Press On』『On Love』が、ついにVideoarts Musicから世界初CD化されるそうです!!!
ウエヤマさんは随分前からそのことはご存知だったのですが、正式発表のGOサインを待っていらっしゃったそうです。
”今、kanafuさんに言うのが、初めてです!”と言って下さいました!
何だかとても光栄です!
David T. ファンが長い長い間待った夢が、ようやく叶えられようとしているのですね!!

夢が叶えられる速度が、どんどん速くなっています。

きっと、marieの夢も・・・♪



いつもここを訪れ、見守って頂き、本当にありがとうございます。


じゃぁ、これから、“三浦君”の教会の日曜礼拝に出席して来ます。^^





---気が遠くなる様な幾千万という数の星の中から、たったひとつの星を探す旅。
答えは、いつも“近く”にあったことに気付かせて頂きました。

みなさまに、出逢えた事を感謝しつつ…


『Ribbon In the Sky』を聴きながら

marie




p.s
longfengさん、kurさん、腹心の友♪さん、ありがとう・・・☆





*...*...*...*...*

全くの余談ですが、こちらに出て来て、 かつみさゆり のさゆりちゃんに顔も声も似ている、と連日のように言われているmarieです。

いっそのこと、大きなお花のコサージュを付けて歩こうかな?

ぽよよ〜ん! ^^
[PR]
by kanamarie | 2006-09-24 07:10 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback

みなさま

おはようございます!
今朝の青空は、また、一段と澄み切っていますね!
この、“澄み切っている”の“澄む”という字、不思議な字です。

私の好きなジュリエット・グレコのシャンソンに、『広い心で』という歌がありますが、
今朝、青空を眺めながら、久し振りにその歌を思い出しました。

澄み切る、の“澄む”という字は、
“済む”や“住む”などと、根源は同じなのだそうです。

“済む”から、“澄む”

そして、その中で、”住んで”いくわけなのかな?

良く分からないのですが、自分の心の中では、そう言うことにしておこうかな?^^

“水”と“登る”という組み合わせも、何だか宇宙の摂理みたいですよね。


Gavin氏が、LAから来日された際に、何故marieに連絡を下さったか、お会いするまで知りませんでした。
Gavin氏は、私の元プロデューサーと同じマリーナ・デル・レイに住んでいらっしゃるのですが、
Leon氏(元プロデューサー)との接点は、今では全然ないそうです。
もちろん、同じ時代にソウルミュージックの世界で生きて来られた”同士”ですから、お互いの認識があることに違いはないのですが…。

”どうして、私の事を、ご存知なのですか?”
と尋ねました。

”君は、LAに多くのファンを持っている”

と、氏はおっしゃいました。

”そんなの、嘘です”

私は、そっけなく答えました。


でも、Gavin氏は、こう続けたのです。

”みんなが君のことを心配している。君は、ステージに上がって、歌うべきだ”

”え…、、?”


”そんなこと、どうして、ご存知なのですか!?”


”みんな、君の事を気にかけている。僕は、来日して大阪に行くなら、君にそのことを伝えてほしいと、彼らに言われてやって来たんだ”


びっくりしました。
それは、どなたなのですか?と尋ねました。


このブログを閉じる直前の出来事です。
あの場に居合わせたLAの方は、
このブログにもコメントを寄せて下さったさちさん、明日香さん、要さんだけだと思っていました。

Gavin氏に、その、marieを気にかけて下さっている方のお名前を伺ってみました。

みなさん、私の知らない方です。

“何故ですか?”

“ある者は、隣のスタジオでリハーサルの君の唄を聴いたミュージシャンであり、ある者は、 "West LA Music"storeで、君と会った者、また、そこで、君の事を聞いたという者だ。
日本食のレストランのシェフもいる。

みんな、心配している。

みんな、ステージの脇で、待機したまま呆然としている君に、声を掛けられなかったと言っていた、、。
(・・・呆然としていたのは、”それ”が2度目の事だったからです。)


歌いなさい、marie。歌わないと、いけないんだよ。

一つのドアが閉じられ、そして、また、新しいドアが開かれるのだ。”
(One door close,one door open )




あれから、一年が、経とうとしているのですね…。


”何故”
”また”
”分らない”



しばらくは、”L”という字を見ることも、出来ませんでした。


でも、どこかで、しっかりと見てくれている人も、いたんですね…。

このブログを、支え続けて下さったみなさまと同じように…。



すべては、私の至らなさが成せた業です。


“済んだ”ことです。

今は、

“澄んで”います。


みなさま、そしてGavin氏に私の事を頼んで下さったLAの方々…、

本当に、言葉もありません。


ありがとうございます・・・・・。



“夢”を捨てずに生きて来たら、こんなことも、あるのですね・・・。



d0031078_1074384.jpg

この言葉は、私から、そのまま、今、みなさまに・・・




じゃあ、東京に、行ってきます!


今日も来て下さって、ありがとうございます。








心からの感謝と共に


☆marie☆
[PR]
by kanamarie | 2006-09-20 10:11 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback(1)

d0031078_11193040.jpg
d0031078_1120226.jpg
d0031078_11194475.jpg
d0031078_11203421.jpg

RUG TIME OSAKAにて。

橋本 有津子さん(org)、 橋本 裕さん(g)、 東 敏之さん(ds)
・・・極上のライヴ。
”本場でも、こんなライヴは聴けないよ”
と、Gavin氏が絶賛していた意味が、分かりました。


*...*...*

昨夜、このラグタイムで、Gavinが Marvin Gayeの『What's Going On』を歌ってくれた時に、Marvinの霊がまるでそこに降りて来たかのように感じました。

おそらく、それを感じたのは、私だけではないでしょう。
会場は一体と化し、
皆、そこに溶かされていくように、陶酔して、
ただ、その愛の中に、たゆたっていたのです。



この曲のように、
この“混沌とした世の中にある、整然とした、真っ直ぐに伸びる道。”


それは、”生き続けていく事。”
、、なんですよね・・・。


Marvinは歌います。Gavinという素晴らしいシンガーを通して…


    ”Oh だから、今ここで
    愛を降り注ぐ方法を考えよう 
    そう、その調子で、ベイビー 
    このまま進んでいこう、ベイビー "



この曲が美しいのは、
Marvinが、美しいからです。

Marvinは、どんなに心が崩壊しそうになっても、自分で死を選んだりなんかしませんでした。


実の父に、射殺される、その日まで。



今もMarvinは、この歌を、歌いつづけてくれているのですね・・・。
天国で。

こんなに、シンプルに、さり気ない振りをして・・・。


昨夜、Gavin 氏を通して、Marvinが
色んな愛を、思い起こさせてくれたように感じました。

橋本有津子さんという日本が世界に誇るオルガニストの方や、橋本裕氏という素晴らしいギタリストの方ともめぐり逢えて、
その、魅惑的なアコースティックのギターを奏でられる橋本氏も、Gavin氏も
“心から愛し、尊敬している”という
David T.Walkerという人が、どんなに偉大な人なのかも、改めて私に示して下さったようにも思います。(感謝します。)


昨夜は下の写真のポストを上げた後、気絶したように眠ってしまって
朝から、鳥肌も、涙も止まらないんです。



---たくさんの愛が、こう、言って下さっているのが、聴こえます。


”何を躊躇っているんだ、大丈夫さ、大したことはない。”


”Right On, Baby!"



”このまま進んでいこう、ベイビー!”



この言葉は、後ずさりする小心者の私をも、

否が応でも、導き出してくれる、


そんな力があります。


   もう、ためらわないんだ。

   "Right On, Baby!"と、鏡を見て自分に毎日唱えてみよう。




きっと・・・奇跡は起こる。


d0031078_18312775.jpg

   




*...*...*...*...*


”ここ”をいつも訪れて下さるみなさまにも、
感謝の気持ちと共に、この曲と『Right On !』という言葉をお伝えしたくてなって、書きました。



明日からは、東京です。

次は、Gavin Christopher 氏との、対談の詳細を書きますね。
Gavin氏が何故、私に連絡を下さったのか・・・
今でも信じられない様な気持ちで一杯です。


読んで頂いたら、嬉しく思います。


今日も来て下さってありがとうございます。


心からの感謝を込めて


marie


P.S
longfengさん☆ありがとうございます・・・。

ちなみに、これがその、古川初穂さんの『ARIEL』(エアリエル)のジャケットです・・・。
[PR]
by kanamarie | 2006-09-19 14:50 | LIVE | Trackback(1)

ただいま! ^^


d0031078_1315497.jpg

d0031078_16152.jpgみなさま、来て下さってありがとうございます!

まだ、興奮から冷めずにいます…。

取りあえず、、、写真だけ、、、。

まだ着替えていないんです、、。

後で、記事を書きますね!

今夜も来て下さって、心から感謝いたします…。


marie
[PR]
by kanamarie | 2006-09-19 01:09 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback

新しい一日


みなさま

おはようございます!
今日もここを忘れずに訪れて下さって、本当にありがとうございます。

9月15日の記事で書きました、 Gavin Christopher さんと、少し予定がずれて今日お逢いすることになりました。

今から行ってきます。

帰って来たら、写真や、対談の様子をアップしますね。(^^♪

また、見て頂けたら嬉しく思います。


みなさまにとって、古い事は台風と共に過ぎ去り、全てが“新しく”なる、一日でありますように…。


感謝を込めて

marie


☆”行ってきます!”☆
[PR]
by kanamarie | 2006-09-18 09:05 | 感謝 | Trackback