∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

<   2005年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


大王から、写真が届きました!!!


d0031078_6334642.jpg
d0031078_634645.jpg




先日、大王LEONが、GADSONとセッションを組んで、「NIGHT WIND, PHANTOM LOVER」のために、一層の磨きをかけて下さったのです!!!


♪Pha~nto~m Loverーーー
(ジャッジャジャジャジャジャジャジャッ......バーーンffff..!!!!!..♪)

体中をしびれさせ、陶酔させてしまうような、あの、サウンドが、ここまで聴こえて来そうです・・・・!!! 震えます!!!!!





........そして、「お前のファン二人の写真だよ」、 と
・・・ この写真も、添付されていました・・・・・・・・・・。(涙)



d0031078_6341831.jpg


  

-------marieのデビュー・シングル、着々と、仕上がりに近づいています・・・!!!
               



-----YOUR LOVE...,MADE ME VERY STRONG!!!!!!!

-----THANK YOU MR. GADSON!!!!! AND MY PRODUCER, LEON!!!!!!!




(*もっと大きくしたいのに、、この写真、、拡大出来ず、残念です・・・)(泣)
[PR]
by kanamarie | 2005-07-29 06:58 | LEON WARE | Trackback | Comments(37)

UFO

d0031078_7463824.jpg


マリヴの方に向けて、走っていた、ある夕暮れ時、
大王が助手席の私に、「あれ、何だ?」と、遠くを見て尋ねたので、

---「多分、UFOですよ、先生!」

と、答えました。

暫く沈黙がつづきました・・・。

「お前は、UFOを見た事があるのか?」

と、不思議そうな顔をするので、

「はい!いつも、まりえの後をついてきてくれているんです!!」

と、答えたら、何故か、また、沈黙が・・・。

「先生、私は、真剣に、言っているんですよ?」 そう言うと、


「I Know! YOU are SERIOUS!!!!!!!!!(ああ!お前が真剣な事は、オレはよ〜く、知ってるよ!!!!!)」

・・・と、あきれた様に、返します。



-----「だって、私、宇宙人なんですから」

「・・・  はぁ・・・?」

「私の事、宇宙人だって、本当にそう、思っている友人も、何人かいるんです」

そう答えました。


「ああ、、、多分、そうだろうな・・・。オレには、彼らの気持ちが、よ〜く、分かるよ!!!」
・・・と、大王は、何か不可解なような、、納得したような、微妙な表情を浮かべたまま、車を運転しつづけました。

「ふぅ、、、」
・・・という、溜め息と、共に・・・。



「宇宙人の、取り扱いには、注意が必要だ」


そんなことを、言っていましたが・・・。



宇宙人の私には、人間のやる事の方が、


-----本当のところ、不思議に思えてならない、今日、此の頃です・・・。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-28 10:18 | LEON WARE | Trackback | Comments(8)

”マリエ”  



d0031078_0285289.jpg


(-----------*この、wedding dressは、べルギー、ブルージュに在住の、私の友人、Sarahが、いつか結婚式を挙げる私のために、彼女の手で、ひと針、ひと針、縫い上げてくれたものです。  
だけど、この大切なとっておきのドレスは、娘が嫁ぐ日のために、大切にしまってあります・・・。)
[PR]
by kanamarie | 2005-07-26 15:16 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback | Comments(42)
d0031078_2904.jpg
marieは、ヘップバーンが、大好き!
(大王のお好みは、ブリジット・バルドーですが・・・)

この写真は、marieが初めてローマに行った時のものです。
映画「ローマの休日」で、この、デコレーションケーキの形をしたヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の前の道を、オードリーが、スクーターに乗って、走っていましたね。


d0031078_29525.jpg
スペイン広場から、ほど近いけど、少し奥まったところなので、ひっそりとしている、ここは、Margutta通り。


あの、ジョー・ブラッドレー(新聞記者)の、アパートがある通りです。訪れてみました。



この写真は、この通りを一人歩いていた時、向かい側から歩いて来られた方に、声をかけて、お願いし、撮って頂いたものです。

「なんだ、、日本人じゃないか!」
私がお辞儀をしながら差し出したカメラを手に取って、その方は驚いた様に、言いました。

大きなマスクをされていたので、その方も、日本人だなんて、私もビックリ!
地元の方でさえ歩いてるのを見かけないほど、ひっそりとした所だったのに・・何と言う偶然でしょう!

「どうして、こんな所を歩いてるんだ?」
その人は、少し、ぶっきらぼうに、尋ねました。
「ローマの休日の、撮影した場所を歩いてみたかったのです。」
私は、小さな声で、答えました。

「ここを、どうやって知ったんだ?」

「通りの名前を、映画で見て覚えていたので、スペイン広場の脇でジュース売ってるおじさんに、道を聞いて来たのです。」

「なんていうヤツだ?」
「マルコ」

「マルコか、、。そんな名のヤツはいっぱいいるからな、、。誰だかわかんねぇな、、。色んなヤツがいるから、気をつけろよ!」

私は、「は、、、はい、、!」と、答えました。

「よし、じゃあ、あの新聞記者が下宿してたアパートがまだ、残ってるから、連れてってやるよ!見たいか?」

「、、、、ええっ!!?? ほ、本当ですか!!???」

d0031078_294026.jpg


その、アパートの門には、大きな柵があって、鍵がかけられていたのに、その方が何やら中の知り合いの人に開けてもらって、特別に、入れて頂けました!!!

ああ!!!オードリーが、足取り軽く、駆け上った、あの、階段です!!!!!

この写真を撮って頂いて、「本当にありがとうございました!!!」と、お礼を言って、初めて、真近くで、その方のお顔を正面から見て、

・・・・・!!!!! やっと、気が付いたのです!!!!!


それは、


-------「高倉健」さん、だったのです!!!!!



まるで、深海の様に深くて、悲しいほどに・・どこまでも澄んだその瞳に、私は、言葉を失ってしまいました・・・・・。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-25 03:21 | イタリア | Trackback | Comments(52)


大王も、marieも、"NIGHT WIND"で頭が一杯で、
皆さんに、この事をご報告するのを、忘れてしまっていました。すみません、、。

 頼れる、新”リオン・ウェア宣伝部長”michelangelo氏(てっちゃん)が、彼の素晴らしいブログ、その名も、「t.g.i.f(thank god,it's friday! )LEON WARE!」で、

Kingsbreadによるリオン・ウェア Leon Ware "Reachin' In"


というポストを、昨日あげて下さいましたので、詳細は新宣伝部長の方で是非、読んでみて下さい!!!


d0031078_21573793.jpg

彼が、マトゥーという、フランス人DJ。
Kingsbreadの、主要メンバー、大のリオンファンなのです。



d0031078_21573423.jpgこのzanzibarは、スティービー・ワンダーがライヴを行ったりして、有名なクラブ。
マトゥーはここで、廻しているのです!

創りたての、未だどこにも発表していないリオンの作品を聴きたい方は、このクラブに足を運んで下さい!!


marieが大王と共にこのクラブに行った時には、大王の、ただいま制作中の次のアルバム、『Shades Of Pink』から、「Pink Dancers」が、突然流れ出しました!!!

見る見るうちに、ホールは人だらけになり、歓喜の踊りの渦が・・・・・!!!!!!!!!

marieも、水を得た魚の様に(苦笑)もちろん、踊り出しました!

ふと、気が付くと、大王が、いません・・・、、。

探してみたら、片隅の、暗がりのところから、みんなが踊っている様子を、
・・・・・嬉しそうな顔をして、眺めていたのです・・・・・。


自分の曲でたくさんの人が楽しそうに踊っているのを見るのは、「最高に、幸せな、瞬間」

-----なのだそうです・・・。


ところで、"REACHIN' IN"って、いったい、何処に、届くという意味なのでしょう???

大王に、尋ねてみました。

-------"IN YOUR HEART!!!!!"-------

-------これが、答えです。(笑)

"CAN I TOUCH YOU THERE" "HOW DEEP DOES IT GO?"
-----と、同じ様に・・・。



---*DJリミックスシングルでは、新たに、「NIGHT IN BRAZIL」(ハウス・ミュージックヴァージョン)
と、上記にもある次作から、「Pink Dancers」が収録されて、リリースされる予定です!!!*---

d0031078_2313145.jpg
♪"REACHIN'IN〜"と、歌いながら運転する、大王。
d0031078_232562.jpg
病院に通うmarieの娘を思いやって、レオニダスのプラリネを送ってくれました。
d0031078_2323524.jpgd0031078_2325615.jpgこれは、「ある方」が、レコーディングが無事にすんだお祝いに、贈って下さった、marieの大好きなワインです。ありがとう・・・。

marieの心にも、"REACHIN' IN"...............♪
[PR]
by kanamarie | 2005-07-21 23:11 | LEON WARE | Trackback(1) | Comments(110)
marieの祖父は、日本舞踊のプロデューサーとして、当時、その世界では、良く知られた人でした。

まだ小さかった頃、祖父の仕事場を尋ね、客席から舞台を見せてもらって、
「私も、こんなところで踊ってみたい!」
と、祖父に言った事があります。

その時、祖父は、
「ここから見てたら、華やかに見えるからなぁ」

と、少し淋しそうに言ったことを、今でも覚えています。

その、祖父の返事が、すごく意外なものだったから。
小さいながらも、私は、何かそこに色々な、深い意味がある事を感じ取ったのです。

私が、大学受験に合格し、学生寮に入るために家を出なければならなくなった、その前日に、

実はmarieのルーツは、京都、祇園の、芸者さんである事を、父から聞かされました。

驚きと同時に、少し、ショックを受けました。

父は、教師の足らない過疎地に出向き、教育開拓に情熱を注ぐ人でした。だから私にとっては、全く思いもつかない、”別世界”の、事の様に、思えたのです。


-----祖父の、母で、祇園の有名な芸者さんだったという「唄代」さん。

飲むほどに、歌声は艶を増し、三味線が得意で、当時の雑誌の、表紙等にもなった方で、
身寄りのない、地方から出て来た後輩の芸妓さんたちの面倒を見たりもされたそうです。

その唄代さんは、きっと、marieを守って下さっている方に違いありません。


奇しくも、今の私と同じ年で、
---亡くなっておられます。


祖父が、愛した町、京都。
私の、もう一つの、ふるさと。

「あては、あんたが、可愛て、可愛て・・・・・」と、よく、marieを抱きしめてくれた、おじいちゃん。(理一という名前でした。)


「佳名ちゃん(marieの本名)も、いつか、リサイタルしなはれや!・・」
           ---と、言っていたのを、今ふと、思い出しました。




d0031078_231844.jpg


京都、裏寺町にある、marieの家のお寺さん「宝蔵寺」





↓お茶目なご住職。(笑)
d0031078_233749.jpg


d0031078_2335927.jpg

蛸薬師にある、
「花菊」さん。

まりえは、いつもここで、お花を買って行きます。
d0031078_2363411.jpg
店主。佐藤さん。

「どんなことがあっても、必ず、成功してみせる!という気持ちで、頑張って下さい!!公演の時には、お花を贈りますからね!!!!!」
・・・そう言って、いつも、お墓のとは別に、私にもお花を包んで下さいます・・・。

このお花屋さんで励まされて、marieは、いつも涙をいっぱいにして、お墓参りに行くのです。




たった一枚しかない、父の写真。

真ん中が、marieです。

d0031078_2338438.jpg

お墓には、父の好きだった煙草、缶ピー(peace)と、麒麟ラガービール、ワンカップ大関、黄金糖、割れおかき・・・を、お供えして、

そして、


-----「NIGHT WIND」を、歌ってきました・・・・・。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-19 23:40 | リカちゃんのGroovy House♪ | Trackback | Comments(79)


d0031078_22333894.jpg

-------それは、Mr.David T Walker!!!!!


私の「PHANTOM LOVER(ファントム・ラヴァー)」に、ギターを、入れて下さったのです!!!

ああ!!!!! 信じられないっ!!!!!(涙)


大王からのメールには、
>IT SOUNDS SO TASTY MMMMMMMMMMMMMMMMM..........
.....と、書かれていました!!!!!



d0031078_23335568.jpg

写真だけでも、このギターの下で歌わせて下さい!!!



前回お会い出来なかった
Mr.DavidT.Walkerに・・・


この、私の"Phantom"が、
届いたのでしょうか・・・。


心から、感謝します…。
My God...
[PR]
by kanamarie | 2005-07-15 01:07 | *感謝*David T.Walker | Trackback | Comments(58)


-----My Dearest Mr. LEON WARE


先生、先生が、もし、私を弟子にして、側に置いて下さったら、
先生の人生は、どんなに、薔薇色に輝くことでしょう・・・。

ある日、先生に何か辛いことがあったとしましょう。
そして、それは、風の強い、寒い夜だとします・・・。

先生は、何も言わず、黙って、私の家に入って来るんです・・。
私は、そんな先生を見て、何も聞かず、温かいスープをテーブルに用意します。 
そして、先生の好きなレミー・マルタンを、そっと、差し出すのです。----------


これは、私が大王に、弟子入り志願をしていた頃に出した手紙です。
一体、何通のメールを、送ったでしょう?

大阪ブルーノートに、大王が初来日した際、初日の公演が済んだ後、


「弟子にして下さい! 私はあなたの音楽無しには、生きていけないのです!!」

・・・と、泣きながら大王の足下にすがりつき、土下座をした、あの、格好悪い夜から、

・・・ 何日も何日も、「OK」 と言ってもらえるまで、私は求めつづけました。



もう、あきらめかけた頃、このメールの返事が届いたのです。



--------------

Kanafu,

・・・そして、キャンドルライトを灯そう。

我々の、masterpiece(名曲)が、その夜、生み出されるだろう・・・・・!!!!!

                                                                   ------------------






あなたの夢は、何ですか?


さぁ、夢を、かなえましょう。



d0031078_1885841.jpg

こんな風に・・・。





たった、一度の人生だから。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-13 18:22 | LEON WARE | Trackback | Comments(37)

d0031078_1713851.jpg

『音楽とシャンパンと自転車と......MMMMM.....の日々』

闘魂ジャズクルセイダーズ大全(自転車のすぐ上の絵は?)


d0031078_1721569.jpg
リオンの自宅。
こんな『絵』も、飾ってあります。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-10 15:15 | LEON WARE | Trackback | Comments(78)

・・・・・・・ 無事に,レコーレディングを終える事が,出来ました。

              
---------みなさんの、おかげです。



・・・・・ 本当に、ありがとうございました。


この間に受けた、ご声援は、一生、忘れません。


これから一旦帰国して、次のステップに向けて・・・、また、頑張ります。


・・・・・・・本当に、本当に、ありがとう・・・・・・・!!!!!


d0031078_225553100.jpg


レコーディングを無事に終え、"CHART HOUSE"で。
しばらく放心状態で・・・殆ど話すことも、出来ませんでした・・・・・。

下のポストへのみなさんからのコメントと、この記事をあげている間に下さったふたつのコメントを読んで、今泣き崩れています、、、。

気持ちがしっかりしたら、お返事を書いていきます。

最初から、最後まで、

苦しいときも悲しいときも、どんなときも,


一緒に、いて下さって、、、


ありがとう・・・・・。


まりえは、本当に、幸せ者です、、、。
[PR]
by kanamarie | 2005-07-06 23:01 | 感謝 | Trackback | Comments(75)