∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:この歌をあなたに( 161 )

今日もここに来て下さってありがとうございます。




・・・この曲を高校生の頃に初めて聴いた時には、なんて可愛い歌なのだろうと思ったものでした。

これもバカラックの代表作です!

しかも「雨に濡れても」 「Close To You」 「Alfie」・・・そして意外なところでは、Naked Eyesの「僕はこんなに」
等と同じ、作詞がハル・デヴィッドという、最強のコンビによる作品なのです^^



d0031078_8172879.gif




☆☆今日は、私の大好きな人のお誕生日なので・・・

この歌を携えて、アーカンソー州まで、飛んで行きたい気持ちです。(遠い!)


こんな風に・・・♪






・・・・・                                                                                        Happy Birthday!!!





言い尽くせない感謝と尊敬を込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2015-10-02 00:00 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
みなさまこんにちは!

今日もここに来て下さってありがとうございます。


昨日、演奏に出掛ける前に少し時間を取って、みかちゃんとランチを共にして来ました。

お互いの恋バナの報告をするために。(笑)


「ねね、みかちゃん聞いて聞いて!」

「うん。ママ、何何?」

↑こんな感じ・・・。

中2病の母を持つみかちゃんは大変です^^;;


でも、白ワインをボトルで頼んで、少し飲んだ後、

店内に流れて来たメロディに、凍り付いたように心を奪われて、

もう、恋だの愛だの、言ってる場合ではなくなってしまったのです!


「あ、これ、Warの『The World Is A Ghetto』だ!」

「ゲットーって、あのゲットー?」

「アメリカでは黒人の貧民街をゲットーと称するのよ。

デビッドTもギャドソンも(marieのCDに協力、参加して下さった有名ミュージシャンです)LAのゲットー(ワッツ地区)に家があるわ。

でもこれ、オリジナルじゃないわね…。誰かな?」

「ママ、この声、ジョージ・ベンソンじゃない?」

「あ!本当だ!このギター、まぎれもなくベンソンだね!!」


さっきまで恋バナで浮かれていた2人の親子が、今度は真顔で真剣に音楽談義に・・・。

「ベンソンのギターも良いし好きだけど、この曲はやっぱり、コーラスなんだよね。

オリジナルに敵うものは無いわ。」


それで私が取り憑かれたように歌い出します・・・・・

"Don't you know that it's true
That for me and for you
The world is a ghetto
Don't you know that it's true
That for me and for you
The world is a ghetto-----"


marieのSoul Brother,中原さんのWarのライブレポートはこちらにあります。

(私の記事は長いのでスルーして下さいね^^;)


1972年作。

この頃はベトナム戦争の真っ最中でした。

『War』というグループ名は、そこから取っているのです。

彼らにとっての兵器は楽器であり歌声。
それらを携えて、戦争を止めろ、このままでいいと思ってるのか、と叫びながら闘っているかのようです。


”分かっているのか。帰れる暖かな場所(家庭)は僕にはあるのか、 幸福は見つかるのか。もう諦めた方が良いのか…”

強いメッセージが込められたこの曲は、この世界をゲットーに例えて、それでもそこに希望やParadiseを見つけながら生き抜いて行く、孤独な生き様と、
幸福は、君が愛されているという事を知ったなら、今、ここに、もう既にあるんだよ…。そしてそれは皆で分かち合うものなんだ…。君にとっても僕にとってもこれが真実、世界はゲットーなんだ・・・と、訴えかけて(求めて)いる・・・

とてつもなく切なく、強い愛の歌だと、

私はそんな風に解釈しています。





世界はゲットーだ!

この厳しい世の中の、暗黒街のような社会の中で、

もがきながら、苦しみながら、

でも、決して負けないで、絶対に生き抜いて、いつかきっと、光の中へと脱出してみせる。


今日も明日もこれからも、頑張って行きます。変わるためには、動いて、前に進んて行くしかないのですから。


"There's no need to search anywhere
Happiness is here, have your share
If you know you're loved, be secure
Paradise is love to be sure"



あなたへ。感謝を込めて
Kanafu Marie



p.s
さっきみかちゃんからメールが来ました。



>”アイチューンでウォー買った(笑)

>だーーーーーいすきいいいい”



・・・・・marieの中2病が伝染したみたいです。(^^;;;
[PR]
by kanamarie | 2015-09-15 16:51 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)

POETA by Vicente Amigo

みなさま

いつもここに来て下さって本当に有り難うございます。

今日はこの曲を…

Stephane Lambiel 2007 Worlds LP - Poeta (aka Flamenco)

埋め込みが無効になっているので、リンクしか出来ませんが、ランビエール選手の伝説の名演技です。

Youtubeの後半4分位のところで、コンビネーションの2回目のジャンプの着地に少し失敗した後の、ステップシークエンスからの巻き返しが素晴らしいです。そしてこれでもかという位の凄いスピン!息を呑む演技とはこのことですね。

d0031078_3465440.jpg

ポエタとは、『詩』という意味。

ラストの「風の詩人」では、

吹き付ける風に浚われぬようにと、波がうねる・・・


そんな情景が心に映し出されます。


-----人生は、巻き返しだ。

ランビエールの演技を見ていたら、ふと、そんな事を思ってしまいました。


(今回のオリンピックで、高橋選手の足の状態を知っていたランビエール氏は、ショートプログラムが始まる前、高橋選手の為に神に祈りを捧げたそうです・・・。)



このポエタと言う曲は、宮原選手もフリーに使っていましたね。


と、言う事で、ここからはライブ告知です。(笑)

その宮原選手と同じ、関西大学のミューズキャンパスに通う昴(みかちゃん)のライブが、また行われます!

9月2日(火)

京橋べロニカにて18時OPEN

チケットは前売りが1500円
     当日   2000円 

だそうです。

応援に来て頂けたらとても嬉しいです。

mvex1840@gmail.com (昴)の方に直接ご連絡下さるか、私の方へお知らせ下さい。

どうぞ、よろしくお願い致します!!!<(__)><(__)>


また次のポストでも詳細を載せますね!今日中に更新します。



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2014-08-30 04:45 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)



d0031078_2293730.gif



Don't ever let somebody tell you…you can't do something.

You got a dream, you gotta protect it. People can’t do something themselves, they wanna tell you you can't do it.



If you want something, go get it. Period.


---映画 「幸せのちから」より---


d0031078_2293730.gif





貴女への、メッセージです…


感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2013-05-09 01:18 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)

ありがとう…




The dawn is filled with dreams
So many dreams which one is mine?
One must be right for me
Which dream of all the dreams?
Where there's a dream for every star
And there are ooh so many stars so many stars

The wind is filled with songs
So many songs which one is mine?
One must be right for me
Which song of all the songs?
Where there's a song for every star
And there are ooh so many stars so many stars

Along the countless days
The endless nights that I have searched
So many eyes, so many hearts, so many smiles
Which one to chose, which way to go?
How can I tell? How will I know?
Out of ooh so many stars so many stars


so many smiles
Which one to chose, which way to go?
How can I tell? How will I know?
Out of ooh so many stars so many stars...



>One must be right for me...




あなたに逢えて良かったです。



ありがとう…。これからも、努力して、

歌い続けて行きます。





感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2013-02-12 23:07 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)




A world in need
A heart in chains
That's all god needs
To make a miracle
A soul ashamed
A life of pain
That's all god needs
To make a miracle






そうなのかな、マイケル(マクド)……
[PR]
by kanamarie | 2012-11-21 05:54 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)


いつもここに来て下さってありがとうございます!

先日(金曜日)、時々このブログも読んで見守って下さっている東京の中村先生(お医者様)が学会で

大阪に来られた際に、お時間の合間を縫って、江坂までピアノを聴きに来て下さいました。


先生とお逢いするのは、1年と半年振りくらい…、まだ私が横浜にいて、そこを去らなければいけなくなった頃、


『引っ越し、大変だったら、手伝いに行くよ。

もういっそのこと、海外に帰った方が良いのでは?』


と、


言葉も少なめに…、


でも、温かく思い遣って下さって…、


それ以来、大阪に私が戻って来てから、初めての再会です。


先生は相変わらずお優しく、マイペースで(笑)


ピアノラウンジの開店前に江坂に着かれたというので、同じビルの1階にある”今日しかない”という居酒屋さん(大将やお店の方にいつも優しくしていただいています^^)

で待って頂いて、

そこで待ち合わせて、その後、ラウンジ吉野に寄って下さいました。


先生がお好きな、カーペンターズを弾きました♪


『元気そうで良かった!今の君は、長い入院生活から退院した人みたいだ。』


と、言って頂けました。


『この小さな身体で、色々苦労しているんです。


よろしく頼みます。』


と、ピアノラウンジのママさんやお店の女の子に最後に挨拶をして下さって、そして、また、東京に戻って行かれました。



中村先生、遠くから、ピアノを聴きに来て下さって、本当にありがとうございます…(涙)



1時間という短い時間でしたが、その間もママさんやマリちゃん、そして新人のえみさんが心からおもてなしをして下さり、

皆さんやご配慮下さったオーナーの奥様にも感謝でいっぱいです。



色んな事があるけれど、こうやって、心が救われる日もあって、


続けて行けます。



さぁ、また新しい1週間、精一杯、頑張ります。



感謝を込めて
Kanafu Marie


(今週は月火が高槻アリュール、木金は江坂ラウンジ吉野に出演させて頂く予定です♪)
[PR]
by kanamarie | 2012-11-11 18:50 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)


みなさま
今日もここに来て下さってありがとうございます。

先日、アンディ・ウイリアムスさんの訃報を知りました。

FBにも書きましたが…、言葉が出ませんでした…。

ただただ、今迄の様々な彼の音楽シーンと、その度に影響を受けて来た自分の若い頃からの気持ちが重なり、

涙が止めどなく流れて来ました。

今も・・・、まだ、何だか心が空っぽなんです…。

部屋に居る時はずっとアンディの音楽を流して、

ぼーっと、しています。


以前の記事にも書きましたが、この時、デヴィットTによる『NEVER CAN SAY GOODBYE』という  愛の歌を、あなたに。に出した写真でみかちゃんと一緒に行った2004年の来日コンサートが、私にとって、最初で最後の生アンディ・ウイリアムスになってしまいました…。

でも、行っておいて良かったです・・・(涙)

d0031078_10492650.jpg


私の母の世代にとってのアイドルだったアンディ・ウイリアムス。

母はアンディと、サルヴァトーレ・アダモのファンでした。


アンディの『ムーン・リバー』や『モア』は、私もライヴで歌って来ました。

今回のディナーショーでは、それは叶えませんでしたが・・・次のステージでは、必ず、歌えるように、レッスンを重ねて行きますね…。



訃報を知ったその夜のピアノ弾きの仕事で、最初のステージではアンディの追悼の気持ちを込めて、心を込めて、

アンディ・ウイリアムスのナンバーを演奏していました。

『先生、元気出して!!』


・・・って、その日ラウンジに来て下さった、このブログでも時々書かせて頂いている、渡辺さんや、ビリー・ジョエルの音楽に詳しい水野さんが励まして下さって・・・

ジン・トニックやモエ(シャンパン)をご馳走して下さいました・・・(涙)


それぞれに気持ちを分かち合える方々と出会え、アンディを偲び、彼の音楽を讃えて、静かな夜を過ごせた事を感謝しています・・・。


オーナーやオーナーの奥様、ママさんもさり気なくサポートして下さって・・・


翌日、ラウンジに行ったら、ウエイターのバイトを勤めていらっしゃる千賀さん(とっても素敵な方なんですよ!みかちゃんと同じ関西大学、彼は2回生で一つ先輩なんです^^
科学博士の道を目指していらっしゃるのだそうです!)

…その千賀さんが、ピアノをピカピカに磨いて下さっていました・・・(T_T)



こうやって、毎日、心ある方々に支えられて、

音楽と共に、生かして頂いている事・・・、アンディ・ウイリアムスのロマンスの世界のように、

優しくて、柔らかで、暖かくて・・・


幸せに満ちています。


みなさまの愛情に感謝をして、その、ピカピカのピアノで、

これからも、毎日、笑顔で、心を込めて、

音楽を奏でて生きたいと思っています・・・。



d0031078_14275287.jpg


この写真は1週間前の金曜日に撮ったものです。

河原さん(右側の方…です^^;;)が、ディナーショーに来て下さった森内さん(左側の方です。中央電化の社長様です)とラウンジにピアノを聴きに来て下さいました!!

嬉しかったです…(涙)


ありがとうございました・・・☆




いつの間にか季節はもう秋・・・朝を迎える毎に清らかな風を感じますね・・。


一つの時代が終わり、そして新しく生まれ変わりながら、

繋がれて行く奇跡・・・。



これからも、アンディの歌を聴きながら、私はその奇跡の中で生かされていくのでしょう・・・。







アンディ…、夢とロマンスを、ありがとう・・・♪






感謝を込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-09-29 11:20 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます!



これは私の秘密兵器、いつでもどんな時にでも即座に身を奮い立たせてくれる曲です…!


私にとっての、Rapture...の、テーマソングです。


あなたにも、魔法をもたらしてくれる、一曲になりますように♪


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-01-13 03:28 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)

新年のおしん♪

みなさま


明けましておめでとうございます!

今年も、どうかどうか、よろしくお願い申し上げます。



私の今年のオープニング曲です♪


大好きな、坂田晃一先生の作品から。


(時々、似ていると言われる・・・^^??)


「おしん」


の、テーマソングです。




新年になってからも、毎日毎秒が感謝の連続です…。


今、これを読んで下さっているあなたが、幸せな一年になりますように・・・☆☆☆


今日も来て下さって、本当にありがとうございます…!


Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2012-01-07 03:36 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)