∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:原発・地震関連( 16 )

こんにちは!

みなさま、(突然かも知れませんが…)備蓄していらっしゃいますか?

お米や乾物やお水、お塩、カセットコンロやガスボンベ…、、、

防寒用具、

ロウソクや電池、


今一度確認して、どうか、万一の時に、いつも備えていて下さいね…。


暮らしはエコに、でも、心は、どんなことがあっても、明るく、豊かに…、、



こんな曲を聴きながら…♪






その痛みに喜んで耐えられる、真実一路の夢は輝く



今日も精一杯、頑張りましょう!


行ってきます!--(^^)/



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-12-09 14:51 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

子供を守る為に。

おはようございます。

今日もここに来て下さってありがとうございます。


私が大阪に行っていたのは、地震や放射能汚染から娘を守る為に、一緒に暮らしている娘の父親に、しっかりと、様々なことをお願いする為でもありました。

TV等では、本当のことは報道されませんから。


特に乳製品は気を使いますね。
大阪にいたときも、ピザ、グラタン、クリームシチュー等(全て子供が好きそうなメニューですよね)があまり作れませんでした。


外国産のチーズを使ったり、牛乳は、豆乳で代用したりしました。

d0031078_7193786.jpg

これはみかちゃんの朝食。

豆乳でホットケーキを焼きました。

ミルクの代わりに豆乳を使うと、あまりふっくらせず、ポテッと固く仕上がってしまうのですが、

わりと食べ応えはあるのだそうです。


ですので、小さく焼きました。


d0031078_727554.jpg

このハッシュドビーフも、生クリームの代わりに豆乳を使いました。



食は、毎日のこと。キッチンではしっかりと見極めながら、食卓ではいつも笑顔で、子供の安全を守って行きましょうね、ママ友のみなさま、頑張りましょう!



また更新しますネ!


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-05-31 07:38 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)
おはようございます。


”昭和の日”の今日も、

ここに来て下さってありがとうございます。

(更新出来なかった間も、訪れて下さったみなさま…、ありがとうございます…(涙))



今朝、ふとこんな言葉を思い出しました。



『決して後ろを振り返ってはならない』



聖書(旧約聖書)に出て来る、ソドムとゴモラの物語の中で、天使がロトに告げた言葉です。

(何か感じられた方は、検索してみてくださいね…。)




”以前は、こんなに良かったのに…””あんなに、持っていたのに…”


という、過去の産物や、栄誉や名誉を惜しむより、



今、どんな状態でも、


生かされていることに感謝をして、前へ、進んで行く、



そう、ありたいと思います…。



今、これを読んで下さっているあなたにとっても、そんな一日でありますように・・・。




感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-29 09:40 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

安全でいて下さい。

今日もここに来て下さってありがとうございます。


心配性なのかも知れませんが、今書きたいことは他にありません。

みなさまが、安全で守られること、ただ、それだけなんです…。


強震モニタ(リンクしています。)


今日は動きが活発のように思います…。


特に、首都圏にお住まいの方は、どうか注意なさって下さい。お願いします。



警戒心を持つことだけでも、良い結果に繋がるのだそうです。



感謝を込めて
Kanafu Marie

私も毎日、朝、昼、夜となく、精一杯頑張っています。

早く…、良いニュースをお届けしたいです。
[PR]
by kanamarie | 2011-04-26 10:21 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)
再びここに来て下さってありがとうございます。


随分前ですが、仕事で添加物について、取材をしたことがありました。

実際に、マーガリンやコーヒーフレッシュ、コピー(人工の)イクラ、等を現場で作っていらっしゃる方々が口を揃えて、


「こんなものは、人間の食べるものじゃない。絶対に食べてはいけない!」


・・・と、私に教えて下さった時に受けたショックは、今でも忘れられません。


マーガリンは、ヨーロッパ諸国では早くから販売、製造共に禁止されていますし、

アメリカでも、トランス酸の含有量の表示を義務づけています。


だけど日本では、堂々と売られているのですよね。

”植物性油”と書かれていると、何だか体に良いような印象を受けますが、大違いです。

食べてはいけない!マーガリンとショートニング

どうしてもバターより軽い感じのものがいい…と、仰る方は、『バーガリン』という、デンマーク生まれの商品がありますので、それをお使いになって下さい。

ここにバーガリンを使った実験が書かれています。


日本は、厚生労働省・・・いえ、政府の危機感が低過ぎるように思います。


添加物についてだけでなく、放射能汚染についても…。


武田先生もご自身のブログで書いておられます。

大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・



これを読んで、本当に”もっとも”なことだ…と、思いました。


今の日本は、本当のことを語るのは勇気が要る社会のようですが、武田先生のような方のブログを、お一人でも多くの方に読んで頂きたいと、強く願っています。



私も、みなさまにお伝えしたくなって、思わず「食の安全」について書いてしまいました。



だから”食”って、
ささやかなものでも、手間ひまをかけて手作りしたものがいいんですよね…。

簡素な献立でも、きちんとお出汁をとったり、

パンを自分で捏ねたり…。


新鮮で安全な牛乳を、密閉出来る容器に入れて、かくはんするだけでも、バターは出来るんですよ^^b


食の原点、見直していきたいですね…。


読んで下さってありがとうございました。
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-21 02:18 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

立ち向かう勇気。

今日もここに来て下さってありがとうございます。


みなさまは、如何お過ごしですか?

夜は、ぐっすり、安心して眠れていらっしゃるでしょうか…。


地震、放射能問題等・・・、

不安な材料が毎日事欠きませんね…。


海外のメディアが共通して問題視しているように、日本政府の対応や報道はかなり遅れていること、

それに、そう言った意味でも真実なのか否か、信頼が置けないものであるので、

しっかりと前を向いて、対処していかないと…と、思っています。

大切なものを、守る為にも。


marieは、最近…”期日”が迫っている事柄が何点かあって、昼夜と無くバタバタとしているのですが、


実のところ、余り眠ってはいません…。絶えず揺れている気がして、気が休まらないのです…。


阪神大震災の恐怖を、経験しているからでしょうか…。


もうそろそろ、この状況にも順応したいものです。


強くならなくては。


やるべきことをしっかりやって、後は、野となれ山となれ!と、それくらい言えるようにならなくては。



・・・そんな風に、今夜は思ったのでした。(笑)



また、しっかりと記事を書いていきますね…。
今日は、(も?)他愛ない独り言でごめんなさい…。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-15 23:06 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(2)

希望、春、そして夢。

今日もここに来て下さってありがとうございます。

各方面でも報じられていますが、武田邦彦先生のHPにもありますように、

ドイツとノルウェーからの情報により、

福島原発の放射性物質が4月5日から7日にかけて、日本全土に拡がる可能性が出てきたようです。

みなさま、外出時には出来るだけマスクをして出掛けましょうね…。(念のために…。)


d0031078_10213571.gif


「(1号機の)炉心の中の燃料が溶けているとみてよい」
と、記者会見で明らかにした経済産業省、原子力安全保安院の中村幸一郎審議官を、

国民に不安を与えたと問題視し、「もう会見させるな」と、

菅首相は審議官の“更迭”を命じた(経産省幹部)そうです。


真実を話すと、更迭されるのですね。


「大丈夫?」っていうと
「大丈夫」っていう
「漏れてない?」っていうと
「漏れてない」っていう
「安全?」っていうと
「安全」って答える
そうして、あとで怖くなって
「でも本当はちょっと漏れてる?」っていうと
「ちょっと漏れてる」っていう
こだまでしょうか?


…官邸周辺ではこんなパロディーが流行っているそうです…。


どこに、”安全”があるのか、何を守らなければいけないのか、

いつもそれを察知しながら、今日も前を向いて生きて行きましょう。




・・・震災の5日後に産まれた茨城・日立市のかみね動物園のライオンの赤ちゃんは、


『きぼう』『はる』『ゆめ』


という、名前なのだそうです…。(^^)




感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-04-05 10:17 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(2)

たった一度の人生だから

再び来て下さり、ありがとうございます!

少し前のポストで書きました、原発の無い国、イタリアの生活の様子を少し、一部分だけご紹介しますね。

d0031078_247028.gif


ナポリの人は、食事の時には必ず、天然酵母のパンを食べます。

持つとずっしりと重い、酸味が利いていて、とてもおいしいパンです。

郊外のムニャーノと言う田舎町では、どの家も必ずニワトリを飼っていて、

そのパンの残りは、お水でふやかして、ニワトリの餌になります。

ニワトリは、安全な天然酵母のパンを食べて、安全でおいしい卵を産みます。

「今日は1個だけだった。」「今日は3個も産んだ!」

と、毎日その度に家族で喜んで、

その卵を使って、生パスタを捏ねたり、ケーキを焼いたりするんですね。


安全で素朴でおいしい。それは何より豊かな食生活だと感じました。


電気を余り使わないイタリアの人達。

ムニャーノでは、アイロンもとっても原始的?な鉄製で、これも小さいながらずっしりと重くて、

ガスコンロの火にかけて熱くして、使用するんです。最初見た時には、ビックリしました!

もちろん電気アイロンも売っているのですが、「買う必要が無い。」と笑いながら言っていました。


停電、断水はしょっちゅうで、日常茶飯事。

”そんなもんだ”と思っているから、誰も騒ぎません。


夏の暑い日中は、お昼寝をするか、家の軒先の影になっているところに椅子を出して腰掛けて過ごし、夕方、涼しくなってから海辺などに散歩に出掛けます。


「僕たちはお金も名誉も無いけれど、だけど、自分たちは世界一豊かだと自負しているよ。

僕たちには歌があり、そしてどこよりもおいしい食事を毎日楽しんでいる。それから、アモーレ(愛)もね!^^」

って、marieをディナーに誘ってくれた友人のお父さんが、ヴァイオリンを弾きながら語っていました。(笑)


アモーレ、マンジャーレ、カンターレ。

愛し、食べて、歌う。

それが原発の無い国、イタリアの人達の人生3大要素なのです。


本当に大切なものを中心にして、

ゆったりと、時が流れて行っているような生活・・・。

今、そんな原点に還ることの大切さを痛感していらっしゃる方は多いのではないでしょうか。


原子力発電は、もう要りません。


今日も読んで下さってありがとうございました。

感謝と祈りを込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-31 03:17 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

強く、願うこと。

こんにちは。

今日もここに来て下さってありがとうございます!

昨日、パソコンのアダプター?が突然煙を出して燃えてしまい、今日は携帯からの更新です(^-^;)


道が少しずつ整備されて、面会に訪れることが出来るようになった避難所もでてきたようです。

「心配したんだよ」
と、声を掛けられて、
「ありがとう…。そんな風に言ってもらえて有り難いです…。」

と、お婆さんは泣いていらっしゃいました。

テレビはそこで切れていましたが、まりえは、ふと、その後が心配になりました…。

また一人、そこに残されたとしたら、あのお婆さんは大丈夫なんだろうかと…。


津波は沢山の命を奪い、そして、良いものも悪いものも、真実なものもそうではないものも、
普段はベールで覆い被さっているものを全て、露にしたのです。

助かったいのち…。

今度は孤独感や疎外感と闘っていかなければなりません…。

生きていて、孤独感や疎外感を目の当たりに受けることほど、辛いことはありません…。

そこにも、自分さえ良ければいいという、我れ良しの人達の存在があります。

そういう人達が買い占めに走るのでしょう。

私も最近、この孤独感と疎外感を、身を持って味わいました。

この悲しみは、きっと経験した人にしか分からないでしょう…。

まりえの大切な人も、ずっとこの悲しみと闘って来たのだ…と、

彼女の想いを少しでも分かる事が出来て、よかったです…。


災害に遭われた方の、
そして世界中の方の

心が癒されるように、強く祈ります。


今日も読んで下さってありがとうございました。

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-28 10:13 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(0)

『生命』を守る国

今日もここに来て下さってありがとうございます!


まだまだ首都圏のスーパーやドラッグストアでは、お米や卵、お水もトイレットペーパー類も空の状態ですね。

marieのところには、元お義母さんが送って下さった2kのお米があるのですが、使うのがもったいなくて、

それに、もっと困っている方がいらっしゃれば、お分けしよう…と思い、まだ封を開けずにいます。

小麦粉の小さいのが数点、棚に並んでいたので、それをひとつ購入し、

簡単なパン生地を作って、毎日アレンジして食べています。


小麦粉、塩、砂糖、オリーブオイル、ぬるま湯(お水)、あればイーストを入れて練って、寝かしておけば、

後は薄くのばしてさっとフライパンで焼くと、トルティーヤのようになりますし、ピザ生地の様にもなります。


昨日はお義母さんが送って下さった大根の葉っぱと皮(中身はお酢とお砂糖とお塩、焼酎、昆布でお漬け物にしました。)を炒めて、お醤油、お砂糖、お酒と、昆布で摂ったお出汁、お味噌を入れて調味し、

その生地にくるんで、お焼きを作りました。美味しかったです。


放射能を予防するために、海草類を摂取するのが良い(過剰摂取は不要です)と以前書きましたが、


この小麦粉と、ワカメやとろろ昆布で何か作れないかな…と、考えたとき、

ふと、イタリアのパン?、ツェッポレを思い出し、作ってみました。


生地を少しゆるめにして、中にワカメ(無ければ青のり(青さ粉))を混ぜて、一口大に小さく丸め、オリーブオイルで揚げたものです。

油やガスも余り使いたくないので、少量の油で揚げ焼きにしましたが、

とても美味しかったです。表面はサクサク、中はモチモチ…。

出来るだけ良質のお塩を付けて食べます。


ツェッポレは、イタリアのリストランテで前菜として出て来て、初めて知ったものです。

みかちゃんがまだ赤ちゃんだった頃は、みんなでリストランテに行く頃はもうmarieの腕の中で眠ってしまっていましたが、

眠りながらも、このツェッポレをちぎってお口に運ぶと、モグモグと食べていました。(笑)


懐かしいなぁ…、って思っていた時に、

イタリアの友人から電話がありました。


地震後、直ぐに大阪に家の方に何度も電話をくれたそうで…、今はmarieの携帯に、しょっちゅうかかって来ます。


「カーナ、どうしてそんな危険な国にいるんだ!早くミカーコと一緒にナポリに帰って来い!」


そう言えば、阪神大震災の時にも、イタリアから真っ先に電話がかかってきました。

ナポリからも、セニガリア(アンコーナ)からも…。

アルバママも、

「そこにいてはいけない。あなたとミカコをそのままにさせるわけにいかない。イタリアに来て、一緒に住みましょう。」

と、何度も娘達から電話と手紙が送られて来ました。

アルバママは、その時、入院していて癌の末期症状だったのです。そのことを、私は知りませんでした…。

自分がそんな状態なのに…アルバママは最期の最期まで、私達を心配しながら、天国へ旅立ったそうです・・・。




カトリックの国、イタリアは、人のいのち、『生命』をいちばん大切に考える国です。


だから、原発を保ちません。

下でも書きました通り、あのチェルノブイリの事故が起きた後、国民投票によって建設中の原発は放棄されました。


だから、普段から余り電気は使いません。(電気は他国から輸入しているのだそうです。)

あの暑いナポリでさえ、夏にエアコンどころか、扇風機を使う家など、殆どありません。

エアコンなんて、「ナニ?ソレ!?」といった感じです。


そんなイタリアの生活を、次のポストで少しご紹介しますね。(このまま書くと長くなりますので^^;)


計画停電で、文句を言う人って余りいないですよね?

みんな、喜んで協力していると思います。

被災地の方と、ほんの少しでも痛みを分かち合える、と言えば大袈裟ですが、

何か協力が出来ることがあれば、節電や募金くらいしか出来なくて歯がゆい思いをしている者にとっては、停電中はそんな自分の気持ちも少しは癒されるような気がしています。


無ければ無いで、何とかなるのです。楽しい生活も工夫すればおくれます。


計画停電で命を落とす人はいません。

だけど、


原子力発電は、多くの人々の『生命』を奪ってしまう。


原子力によって便利で豊かな生活をして来た事へ感謝し、電気があって当然の様に暮らして来た事を省みて、


そして、もう、手放すべきだと、marieは強く願っています。
だから、思い切ってこの記事を書くことにしました。


以前滞在していた別の国、ベルギーも、原子力を廃棄する方向で検討しているのだそうです。


ベルギーの小学校の国語の教科書には、原発の事故の恐ろしさを描いた小説が載っています。


日本は、本当のことを報道しなさ過ぎる。


そこにも、危機感を覚えるのです。下のyoutubeは、そう言う思いもあって貼りました。



最後まで読んで下さってありがとうございました。

感謝と祈りを込めて

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-03-25 10:55 | 原発・地震関連 | Trackback | Comments(3)