∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:今日のつぶやき…( 77 )

みなさま

こんにちは!今日もここに来て下さってありがとうございます!


先日、娘の学校に行き、お世話になっている先生とお話しした時、
娘の進路に付いての話題になりました。

みかちゃん(marieの娘です。今度高校3年生になります^^)は、当初、東京のソフィア(J)大を目指していましたが、
今は、関西を離れたくない気持ちが出て来て、marieの出身校に行こうかと考えているそうです。


その事に対して、私は、


『そんなしょうもないこと、考えなくてもいいのよ。』


と、娘に言いました。

私は娘に、大学に行くのなら、1浪2浪をしてでも自分で働いて大学に行く資金を作るか、それと並行して、バックパッカーの旅をする事を彼女に勧めています。


私自身の経験からです。



格安のオープンか3ヶ月の航空券を買い、出発前にユーレイルパス(ヨーロッパ内を列車で決められた期日内だと乗り放題の切符です。以前は出発前、出発国でしか購入出来ませんでしたが、今ではヨーロッパ国内でも購入出来るそうです。但し20%位割高になるのだそうですが…。)を買い求め、

必要最低限の荷物を持って、旅に出るのです。


出発前にする事は、ヨーロッパ到着が夜ならば、初日の宿を予約する事くらいです。


後は、「トーマスクック」という時刻表を参考にして、行った先、行った先で、次に行く都市(街)を決めて、旅を進めていくのです。




優雅なように見えて、この旅はある意味(女の子にとっては特に)命懸けです。

その日の宿も、何の保証もない旅。常に危険と向き合っていなければなりません。



だけど、”旅は人生の縮図”と言うように、

悲しみも辛さも、厳しさも経験する中で、


一生、これから共にする仲間や世界の家族とも出会えます。

今、marieが、欧米に友人がたくさんいるのは、私がそうした旅をした時の産物、”財産”なのです。



もしも、ある目的があってどうしても入りたい大学があるのなら、どんな努力をしてもそこに入りなさい、
でも、もしも、ただ”卒業証書”をもらう為に大学に行くのなら、
そんな必要はないのよ、、。自分の本当にやりたいことをやるか、

そうでないならば、浪人して、バックパッカーの旅に出なさい、と、

私は、娘にも学校にも、親としてのその意志を伝えて来ました。

大学には、行きたければ何歳になっても行けるのですから。




因にmarieのバックパッカーの旅は、ローマを拠点として、まずナポリに行き、そこから北上して行くルートだったのですが…、

北上するにつれ都市はきれいになり、治安は良くなっていきましたが、人は、、冷たくなっていくような気がしました。
(それも一つの恩恵なのでしょうね。)



でも、寂しがりやさんには、旅は南下するのがいいのかも知れませんね。



”なんか”、そんな気がします。(笑)




ダジャレで締めくくりそうになりましたが、(^^;



旅の途中は、


目的地に近くなればなる程、



天候が悪い時等の”「待ち時間」が長く感じる”



・・・ということを、今日は書こうと思って、更新しました。




待つのって、苦手ですが、

きっとまた、その中にも、色んな糧が隠されているのでしょうから、感謝ですね…。




気を楽にして、しっかり構えていたいと思います。



人気ブログランキングへ←”あと1票!”が入るのを待つ時間も大変長く感じるものですね^^;
1クリック、応援して頂ければ嬉しいです^^



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-04-02 10:54 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(2)
みなさま

いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。


今日はちょっと他愛ないお話を・・・。


スピリチュアル的?に言うと、日常で私達が目にするもの、耳にするもの、何気ないような出来事でも、
必ずそれは何か、意味があるのだそうです。


…と、すれば、


”これは一体、何を意味しているのだろう?”

というような出来事?が先日スーパーに行った時にありました。


一袋38円のモヤシを買おうか、買うまいか、迷っていて、(^^;

モヤシの棚の前で立ち尽くしていた時のことです。


(^^;え?そんなことで迷うな!って?

いえいえ…15年間主婦を務めて来たmarieにとっての”値頃感”では、モヤシ一袋38円は、高いのですよ〜。他の誰かの為なら少し高価な食材も惜しみなく買いますが、モヤシは私しか食べないし、日持ちは余りしないし…。)


どうしようかな…と、立ち尽くすmarieの目の前に、エプロンを付けたどこかの飲食店の方(多分)が突然現れて、


その棚に並んでいたモヤシをパパパパッと、

全て!かごに入れて持って行かれたんです!【・・;】


marieは、ポカーンとしてしまい、



”一体これには、どんな意味があるのだろう?”




と、考えてみました。(-_-)



*目の前に好物(モヤシ)(笑)があるのに、躊躇している間に誰かに取られてしまった。*



=”なんで早くかごに入れへんねん!お前はアホか”

という意味なのか、


=”ぼーっとしてたらこうなるでぇ!”


という意味なのか(どっちも同じ意味かも知れない…^^;)



考えてみたら、今迄の人生の中で多々、そういう事はあったなぁ…と、思ってしまいましたが、


でも、


その飲食店の店員さんは、きっとモヤシが必要だったのだろうと…。


だから、私が買わなくて、良かったのだと…。


そのモヤシは、きっとたくさんの人を幸せにしたに違いない!と、



そんな風に思えて来て、私は一人納得し、ルンルンで家路に着いたのでした♪





・・・でも、今思い出してみたら、ただ私がどんくさいだけの事だったのかも知れません・・・^^;?




>”優しさに包まれたなら、目に映る全ての事はメッセージ…♪”


不二家ノースキャロライナというソフトキャンディーのCMに使われていましたね。(^^)


今日も読んで下さってありがとうございました!
あなたの優しさに、いつも包まれています。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-03-10 23:44 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(2)
みなさま

いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして、ランキングの方から初めて来て下さった方、ありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。<(__)>



昨日ある番組で、最近話題になっている朝青龍関の問題についてガッツ石松さんがこんなコメントをしていらっしゃいました。


>『私は相撲取りじゃないけどね、格闘家も品格が大事なんですよ。

私は何処に行っても、”ガッツ石松”という名前を意識しています。


だからたまには綺麗なお姉さんと一緒に歩きたいなぁと思ってもね、


我慢しなきゃいけない!




・・・(^^;



そそ、そんな事なんかい!と、思わずズッコケてしまったmarieです。^^;




ガッツ石松さんて、素朴でいいですね♪
”品格”以前に、素直な”お人柄”がとても清々しく感じます。

最近、実は指先に激痛を感じるようになって、このままピアノを弾き続けて行けるのかな…と、
昨日は少し塞ぎ込んでいたのですが、そのコメントが面白くって笑ってるうちに、不安な気持ちも吹っ飛んでしまいました。


さすが、


『ワタシはねー、ボクシングに出会ってから、人生観が380度変わったんです。』

と仰ったというガッツ石松さんらしい、素敵なコメントです♡


「オフの日は何をされてるのですか?」と聞かれて、

『オフの日にはあんまり仕事してないね』

との答え。^^;


世界タイトルマッチの解説で挑戦者の気持ちを尋ねられ、


『今の彼は怖いのが半分、恐ろしいのが半分でしょうね』



と、ある意味ものすごく解り易い(^^;?????コメント・・・。。




それを聞いたmarieも面白いのが半分、可笑しいのが半分です。(笑)






今日は立春。


本当の意味の新しい年の始まりです。


d0031078_1312844.jpg道路沿いのゴミ置き場の壁からコンクリートを打ち破って天に向かって垂直に伸びている花を見つけました。

誰かが見ていなくても、

真冬であろうが、雪が降ろうが、

どんなことがあっても、どんな状況でも、

花を咲かせようと、我武者らに突き進む心。


強い生命力に、”喜び(悦び)”を感じます。





この花の様に、ガッツで行きましょう!



感謝を込めて
Kanafu Marie



***ガッツ石松さんの名セリフは
私の好きなガッツ石松さん語録(リンクさせて頂きました♪)
を参考にさせて頂きました。

madray1さん、読みやすいように編集までして下さって、本当にありがとうございます!!感謝です…!!***
[PR]
by kanamarie | 2010-02-04 13:00 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(0)

ナナカマド

みなさま

こんにちは!いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。


さて、みなさまは”ナナカマド”という名前の樹をご存知ですか?

この”ナナカマド”は、三浦綾子さんの小説に良く出て来ますし、marieとは縁の深いサクラスターオーという名馬が菊花賞を勝った時に志摩直人さんの詩の中に記されていて、私にとっては、印象に残っていたものでもあります。(その時は”ナナカマド”が何なのか、全く分りませんでしたが…。)



数年前、北海道、小樽を訪れた時、撮影に協力して下さった佐藤さんというカメラマンの方が、
小樽を案内して下さった時に、一番最初に見せて下さったのが、この

”ナナカマド”の樹でした。


「七回かまどに入れても、この樹は燃えずに生き残る、だから『ナナカマド』と言うんです。」



・・・七回かまどに入れても、燃えずに生き残る・・・



そんな”ナナカマド”の樹のように、強く、生きていきたいと思います。
大変厳しい今の世の中ですが。



”七転び八起き”
七回転んでも、八回目に起き上がる、


結果はどうあれ、そんな自分でいたいと思います。



お肌の”マガリカド”?は、遠の昔に通り過ぎたmarieですが・・・(^^;;;




あなたの”樹”も、--たかき--まで登り詰めますように!



感謝を込めて
Kanafu Marie


ナナカマドの画像を探していたら、こんな素敵なブログに出逢いました♪

(↑後で気付きましたがこの記事、marieの再復活、七夕ライブの日にアップされたものだったのですね!
シンクロしててビックリ、何だか嬉しく思います。♪♪)
[PR]
by kanamarie | 2010-01-16 10:20 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(2)

後悔しないように。

みなさま

こんばんは!寒いですね〜。

いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。


今日はちょっと、呟いてみます。^^

marieの右の足の甲に、大きな火傷の後があるのですが…、今日、その傷跡を目にして、ふと思った事があったので、書いてみますね…。


私は大学時代、女子寮に入っていて、そこから毎週2、3回、夜に近くの下宿屋さんの食堂のお手伝いにアルバイトに行っていたのです。

Uの字になったカウンターの中にコンロと流しがあり、下宿屋のおじさんが定食を作って、marieは、真ん中に立って、それを出したりお茶を汲んだり、洗い物をしたり、という簡単なお手伝いでした。


5月のGW明けの頃です。

いつものようにアルバイトに出向き、カウンターの中に入ると、故郷に帰省した下宿生の方々が、marieに、次々とたくさんのお土産を手渡して下さったのです。(涙)


余りに嬉しくて、びっくりしてしまい…

ありがとう…ありがとう…と、前にいる人にも横にいる人にも、後ろにいる人にも、本当に嬉しくて、どんな風にお礼を述べていいのか分らなくて…泣きそうになり、


沸々と音を立てているおやかんを、(それらの方々にお茶を入れようとして)手から滑らせてしまい、

そのおやかんは、落下した時に蓋が外れて、熱湯と共にmarieの右足の甲を直撃したのです。



大変な騒ぎになりました。

そこから、余り覚えていないのですが、

広島に帰省し、”もみじまんじゅう”をmarieに買って来て下さった方が、私をおんぶして、タクシーを呼び、

西宮の救急病院に、連れて行って下さったのです。


3度から4度の重傷の火傷。

もう、一生、普通には歩けないかも知れない…と、ドクターに言われました。


それから何ヶ月も、marieの松葉杖での生活が始まりました。



ふと…思い出したのは、その、”もみじまんじゅう”の人のことなのです。



その人は、それから、marieを毎日のようにおんぶして、大学の講義に連れて行って下さいました。


私には、その当時、同じ大学にお付き合いをしている人が既にいたのですが、その”もみじまんじゅう”の人は、その彼に了解を得て、丁寧にお辞儀をし、


そして、彼と替わりばんこに、私を運んで下さっていました…。


「ごめんね…いつも…」

と、言うと、

「いいんだ…。俺のせいだから。

俺は、こうしている時が、嬉しいから。」



…と、そう、静かに言っていました…。(無口な人でした。)




あれから、もう何年も何年も経って、ふと、気が付いたのです。



”あぁ…、あの人の愛が、本物だったんだなぁ…”って…。



私が大学時代に経験した辛い恋愛がトラウマとなって長い間苦しんだ事は以前も書きましたが、こんな風に、

”本当の幸せ”って、気付かないでいるけれど、


きっと、”そば”にあるのかも知れませんね…。



そんな、”本物の愛”の存在を見落とさず、感謝を忘れずに、生きていかないと、



また後悔することになる…。




と、この歳になってつくづくと感じたのです。


火傷の後を、見つめながら…。





さて、今日は遅くからですが、これから深夜までピアノを弾いてきます。



読んで下さってありがとうございました。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-12-09 19:07 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(4)

Step by step...

みなさま

こんばんは。
久し振りの更新となってしまいました。ごめんなさい。



自分の音楽について…。

今は少し複雑な気持ちなのですが、一歩一歩、進んでいる事に間違いは無いのだと思います。


ただ、心がつぶれてしまいそうな時は、ありますね…。



今日は、笑顔を作る事が出来ませんでした。




強くならなくては。



そんな、気持ちです・・・。





今日も、ここに来て下さったあなたに感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-11-28 21:47 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(6)

時が教えてくれるもの。

みなさま

こんにちは!
いつもここに来て下さり、本当にありがとうございます。


もう1ヶ月以上前のことですが、深夜、NHKの教育TVで、この時のパリ・オペラ座のバレエ公演が放送されていました。

ヌレイエフの振り付けです。




TVの前で、釘付けになってしまい、このグラン・パ・ドゥ・ドゥを見終わった後、感動のあまり、涙が溢れてきました。


marieも、大阪のTバレエ団に所属し、子供の頃からバレエを学んで来ました。

同じように娘も、小さな頃から、Nバレエ団のバレエスクールに通い、心身共にバレリーナとしてのレッスンを受けてきました。


昔あったTVドラマ、『赤い靴』のように、バレエの世界は、女性の(時には醜い)争いの世界でもあります。


この美しさの影に、どれだけの傷が隠されているのか、と思います。




ディズニー映画、「The Kid」(ブルース・ウイルス主演)の中で、こんな台詞がありました。


『小さな頃は、色んな夢を持つわ。男の子はパイロット、女の子は、バレリーナ…。


でも、実現した人はどれだけいるかしら?




本当に大切なのは、夢に向かって努力することよ。





娘がバレエをやっていた頃、お世話になったバレエ団の先生方のその後を伺ってみました。




タレントに転身された方、お若くして海外でバレエスクールを開校された方など…様々です。


時が経つと、その人がどんな姿勢でバレエに携わって来たか、分りますね。





バレエスクール内でのいじめが原因で、バレエを辞めた後、


ある日一人で、こっそりレッスンを見に行った娘を見つけて、



レッスンの途中、スタジオから駆け出て来て下さり、



「戻って来てね…。待っているからね…。」と、




娘の事を、しっかりと抱き締めて下さった、あの頃の担当のさ○り先生は、





今もなお、Nバレエ団の一員として、名を連ねていらっしゃいました。





『どんなに踊りが上手でも、心が美しくない人は、バレリーナにはなれません!』




レッスンの度に子供たちにそう教えて下さっていた、さ○り先生…。



バレエを愛し続ける先生のその美しさは、いつまでも色褪せない、エレガントなサーモンピンクの薔薇のお花のようだと…




そんなことを思って、何だかまた、このグラン・パ・ドゥ・ドゥを見た時のように、




感動して涙ぐんでしまったmarieです。(笑)






感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-16 11:16 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(4)

Trick or Sweets?

みなさま

台風が去って、急に寒くなりましたね。如何お過ごしですか?




今日、ちょっと用事があって外出したのですが、

ふと目に入ってしまった、このハロウィンのお菓子の箱(立つんですよ!)が余りに可愛くて、


引き寄せられるように、つい、買ってしまいました・・・。

一度通り過ぎたのですが、戻ってしまったのです・・・。



d0031078_2402454.jpg

(神戸アマンディーヌの商品です。)


なんか、こっちを向いてくれているような気がして…。(^^;;



可愛いでしょ?


ムギュ〜って、抱き締めたくなります。(笑)



娘と、お友達へのプレゼントにしました♪♪



笑顔、運んでくれるといいなぁ☆☆




みなさまのところへも・・・☆



いつもありがとうございます。

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-10-11 04:25 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(0)

「必死の抵抗」・・・♪

みなさま
おはようございます!

ブログの不具合、直ぐに改善されたようですね!
エキサイトブログの方々の速やかな対処に感謝です。


昨日”出来たら何か書きますね”と言いながら、朝になってしまいました。ごめんなさい^^;

あぁ〜、でも、こうやってPCの前でブログを更新出来る時間、本当に幸せを感じます♪

それもこれも、読んで下さるみなさまがいて下さってこそなんですよね…。本当にありがとうございます…。



今日はちょっと大相撲の話を…。(^^;


もしもmarieが、男性として生まれて来たならば、



角界(相撲界)を目指していた(であろう)と言うお話は、以前少ししましたね^^


そう、私はこう(か弱く)見えても、←何か異論がある方はスルーして下さい。。



小学生時代は、女横綱だったのです!




marieは、小さい頃から相撲が大好きで、いつも、テレビの前で正座をして相撲中継を見ていました。


今でも、相撲中継は、正座して見ています。(なんでやろ?^^??)



相撲が好きで好きで、ううう…(←ちょっとおかしい・・・)


相撲と言う国技のある、日本に生まれて来て良かった!と


つくづく、そう思うのです。



相撲という勝負は、本当に美しいんですよ。
日本の”心”が、ここにある、という感じです。



最近は、外国人力士が多く、中にはそれを好ましくないように言われる方もいらっしゃるみたいですが、

でも、彼らは遠い国から日本に来て、日本人以上に苦労されているのです。


今場所優勝した白鵬関も、モンゴルから初めて日本に来た時は、入門させてくれる部屋が見付からなくて、一時は諦めて母国に帰ろうかと思われたくらいだったそうです。

それを今の部屋の親方に”拾われた”のですよね…。


その親方がいらっしゃらなかったら、日本は、こんなに素晴らしい横綱となる人を、失ってしまうところでしたね…。




あ、話が少しそれましたが、



marieが好きなのは、相撲の取り組みを見るのももちろん好きなのですが、今は別の楽しみがあって、それは、北の富士さんと舞の海さんの解説を聞くのが、大好きなんです。



とってもいいですよ!NHKとは思えない、本音トークで、”そこまで言うか”みたいな事もどんどん出て来るんです。


それが本当に核心を付いた事を仰るので、ものすごく刺激になるんですね。



marieにとっては、相撲=人生(生き様)



みたいに受け止めてしまったりするので、今流行の言葉で言うと、ものすごく”スピリチュアル”なことを、北の富士さんや舞の海さんのお話から教えられたりするんです。




…で、すごーく前置きが長くなりましたが、今日書きたかったのは、この前、北の富士さんが仰っていた事なんです。それは、



>”最近の力士は、土俵際で相手に吊られた時に、いとも簡単に吊り出されてしまう。


吊られても、そしてたとえそれが、誰が見ても『あぁ、負けたな』と思うような相撲であっても、


最後まで足をバタバタ振るとか、みっともなくても、そういう必死の抵抗をしなければいけない。”



・・・と言うものでした。




あぁ、そうだなぁ…と、思いました。

昔は、吊られた時に良く足を大きくバタバタ振って、それを阻止しようと抵抗したものですが、

最近は、言われてみれば、余りそう言うシーンを見なくなりましたね。



大きく吊られてしまい、足をばたつかせるのは、決して”みっともいい”?ものではないでしょう

あぁダメだ、もうこの勝負は負けてしまったと分った時点で、すんなりと抵抗無くそのまま吊り出されてしまう…、そんな力士が多くなりましたね…。そういう世代なのでしょうか?



負けと分っている勝負でも、敢えて、必死に勝負の間際まで抵抗する。





それって、決して格好悪い事では無く、次の勝負へと繋がるのです。

そして、観ている人々も、その”必死さ”に、感動するのではないでしょうか。




そうか、そうだな。


だから、私もやるのだ、頑張るのだ。




・・・と、




自らに言い聞かせる、元女横綱、marie関?なのでありました。(^^)

(だけど負けないですよ〜^^V)







長いつぶやきになりましたね…。




これにて本日の、打ち止め〜♪




ご清聴、誠に有り難うございました。<(__)>




感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-07-28 06:56 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(4)

Mystic night...♪

みなさま
こんばんは!いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。
d0031078_246772.jpg

一昨日ですが、仕事の後、終電ギリギリまで町田のスタジオで歌い込んで、
(写真は一瞬の休憩の時のものです^^)

帰り道、桜の合間から見えるお月さまがとてもきれいでした。
d0031078_2554515.jpg


今日(9日)は満月になりますね。

夢が、実現に向けて、どんどん膨らんでいきますように・・・。



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2009-04-09 03:08 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(2)