∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:LIVE( 78 )

d0031078_16165215.jpg

みなさま、こんにちは!
今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

はっつあんこと、古川初穂さんのPiano Trioの夏の陣、昨夜の長野を皮切りに、いよいよ始まりました!!

このブログの右側にもリンクしていますが、モバイル版では表示されないみたいなので、今日と、明日の会場と時間をここにもう一度載せておきますね!
(上の写真はオフィシャルサイトからお借りして来ました。乱子さんすみません!)

日時:7月22日(火) 20:00~ 
場所:甲府・アローン  http://jazz-in-alone.com/
   甲府市中央2-3-25,2F 055-232-2332 
TEL予約\nチケット料金:前売り 3800円 当日 4300円

日時:7月23日(水)  18:00
開場 19:30開演(2Stage/入替無)
場所:東京・目黒ブルースアレイジャパン http:// www.bluesalley.co.jp/
   目黒区目黒1-3-14 ホテルウィングインターナショナ ル目黒B1
チケット料金:前売り4000円 当日4500円(当日シートチャージ¥525有、オーダー別)
チケットに関して:チケットに関するお問合せ 03-5496-4381/2         
         予約専用回線 03-2740-6041


以前の古川さんのPiano Trioのライブレポートはコチラ→乙女の祈り…それは秘密、秘密…のアッコちゃん♪ にあります。

今回のライブレポは、明日、目黒ブルースアレイジャパンに一緒に行って下さるmarsさんが書いて下さるそうなので、
百人力です〜♪♪

marsさんはyo・ka・・n…-古川初穂ピアノトリオを事前に購入して下さって(知りませんでした…T_T)そのための準備をしっかりして下さっているみたいです・・・。
(ありがとう・・・。)


marsさんのライブレポも、楽しみにしていて下さいね!
そして甲府近辺にお住まいの方は今夜、東京近辺の方は明日、目黒に是非足を運ばれて、はっつあんこと古川さんの情緒の世界に触れてみて下さい!

はっつあんの、静寂の中で何かが生み出されるような音楽の鼓動と、愛。
実は、はっつあんに憧れて神戸から東京に来られた、という経歴の持ち主、則竹さんのキラリと光る素晴らしいドラムス。
長年「T-SQUARE」で活躍していらっしゃった須藤 さんの艶やかなベース・・・。


古川初穂Piano Trio、夏の陣。
そこからきっと、何かが変わるyo・ka・・n… が、ジンジンします・・・(^^)


さぁ!今日も仕事、頑張ります♪


今日も読んで下さってありがとうございました。
感謝を込めて
Kanafu Marie

d0031078_17203025.gif


P.S
これ、すごく以前に聞いたお話で、古川さんご自身も忘れていらっしゃるかも知れないエピソードなのですが…、
古川さんは、昔(学生時代)アルバイトで、愛隣地区(西成)の近辺でお餅(磯辺焼き?お団子?)を焼いていたことがあったそうなんです。

そのお餅を、ホームレスのおじさんが、食べたそうに眺めているのを見たはっつあんは、

お店の人がいない時を見計らって、コッソリ、そのお餅をそのおじさんに”サササ—ッ”っと手渡してあげたのだそうです。(何度も…見つかったらクビになると知りながら…)(涙)

marieは、このことを思い出す度に、”古川さんらしいなぁ〜”と思います…。

それも古川さんの情緒の世界に繋がっているんですよね・・・☆


素晴らしい!

d0031078_17203025.gif

[PR]
by kanamarie | 2008-07-22 17:20 | LIVE | Trackback | Comments(5)

d0031078_16295156.jpg

みなさま、はっつあんの記事、お待たせしてごめんなさい…<(__)>

取り敢えず古川さんのライヴ告知だけ先に載せておきますね!
marieも彦星さま?(@_@)と、23日に目黒ブルースアレイジャパンに伺います!!

d0031078_119298.gif


古川初穂ピアノトリオ 2008夏の陣(古川初穂:piano、須藤満:bass、則竹裕之:drums)
 
7月21日(月) 長野「バックドロップ」
 7月22日(火) 甲府「アローン」
 7月23日(水) 目黒「ブルースアレイジャパン」


d0031078_119298.gif



d0031078_1647556.jpg

古川さんのピアノ、ここで試聴出来ます^^♪







記事は後ほど・・・。(ごめんなさい!)(-_-;;


☆みなさま、素敵な七夕の夜をお迎え下さいね☆



感謝を込めて♡
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-07-07 16:48 | LIVE | Trackback | Comments(0)

みなさま
こんばんは!今夜もここに来て下さって本当にありがとうございます!

6月11日、marieのライヴにもいらして下さった


ことばの贈りもの〜「ことば探し」のサイト主、まゆさんにお逢いする事が出来ました。

d0031078_23461940.jpg


四ッ谷のサッシペレレというお店です。

ここは、ボサノヴァでお馴染みの小野リサさんのお父さまが経営されるブラジル料理&サンバ、ボサノヴァライヴをやっているお店なんです。


marieは実は、小野リサさんとは、昔、青山のライヴハウスでご一緒したことがあって、

それに、ここではちょっと書けない?接点も少しあるので…、このお店には一度伺ってみたいと以前からずっと思っていたんです…。


まゆさんと同じくmarieのライヴにも来て下さったoyaさんも、ここに行かれたという記事をブログに載せていらっしゃいましたし、音楽好きな大切な方をお誘いするにはここがいいかな…と思って、予約しました。


お店の方も、お料理も、音楽(当日のライヴ!最高でした!!!☆☆☆)も、他に集われていたお客様も、もう本当に素晴らしかったです。

d0031078_005155.jpg

当日のライヴは、賀来まさ江さんのサンバ&ボサノヴァで、

これがもう本当に、素晴らしかった!!!(涙)


自分(marie)自身の小ささが心地良く感じるくらいの、圧倒される歌唱力です。
一瞬にしてファンになってしまいました。

そして笑顔が素晴らしい服部 正美(Dr)さんをはじめとするバンドのメンバー、
鈴木 厚志(P)さん、そしてパーカッションを担当されていた方…。
d0031078_0115051.jpg


d0031078_0211267.jpg

お店のRobson(ホブソン)さん…。



皆様、本当にありがとうございました!!!



音楽もお店も素晴らしく書きたい事がたくさんあるのですが、それはまゆさんが後日アップされる
「ぼちぼち日記」に、書いて下さるそうなので、

みなさま、どうかそちらで読んでみて下さいね…^^


その日は何より、まゆさんとお逢いした事がmarieにとっては一番の感激だったので、

marieは次のポストで、まゆさんとお逢い出来たことについてゆっくり書きますね…。



読んで頂けたら、嬉しく思います…♡



心からの感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-06-15 00:38 | LIVE | Trackback | Comments(0)
みなさま
おはようございます!今日も引き続きここに来て下さって本当にありがとうございます。

5月15日(木)に神楽坂もりのいえ にて行われたTHE OZ SONSのヴァレンタイン・ライヴのレポートを読んで下さり、本当にありがとうございます。

もしも、今初めて読んで下さる方がいらっしゃいましたら、(1)、(2)から読んでみて下さいね。



さて、毎年行われているという、THE OZSONS のヴァレンタイン・ライヴが、何故今年に限って3ヶ月遅れの5月に行われたのか・・・


それは、ライヴがフィナーレを迎えようとしていた頃に歌われた「DREAM」というジョニー・マーサーの歌に、深い関係があったのです・・・。

d0031078_1141435.jpg

今年2月、天に召されたTHE OZ SONSの小島(まこG)さま(一番右側の方です)のお母さまが大好きでいらしたのが、この歌だったそうなんです・・・。



以下は、今年3月4日に、marieが若山教授から頂いたメールの一節です。



それでライブが中止になりました。
で も、お母さんが好きだったDREAMを歌いました。
それに、プロの連中が途中から加わって期せずして大合唱になりました。
スリーグレイセス、ボニージャックス、ダークダックスその他ソロ歌手達が来ていた のです。

それは、感動的でした。
お寺の本堂の棺の前でマイク無しで歌ったのです。
1コーラスが終わり間奏の間に、グレイセスのみっこが
”Let's sing together”と皆に合図を送りました。

胸が詰まりそうになりました。
お寺にDREAMのコーラスハーモニーが響き渡ったのです。

回りにいた人は「グッと来てしまった」と言っていました。
元気な頃には大原さんのピアノバーにも遊びに来ては、僕らのを聞いていてくれたも のでした。





marieも、このメールを頂いた時には、息が詰まりそうになりました・・・。


悲しくて、美しくて・・・。切なくなりました・・・。
そしてmarieも、その場で目を閉じて、静かに「DREAM」を歌いました・・・。





ライヴ終盤戦でこの曲を聴いた時、marieはこのことを思い出し、感極まりました。


”小島さまのお母さま、永遠に…!”



「DREAM」


Dream
When you're feelin' blue
Dream
That's the thing to do
Just watch the smoke rings rise in the air
You'll find your share of memories there
So dream
When the day is through
Dream
And they might come true
Things never are as bad as they seem
So dream, dream, dream



夢を見て あなたが憂鬱な時には…
夢を見て それが一番よ…
煙草の煙の輪が、宙を昇って行くのを見るように、
あなたは、分かち合った思い出がそこにある事に気付くでしょう…

そう 夢を見ることよ…
一日が過ぎようとする時には
夢を見るの
きっと現実になるわ…
物事は、そんなに思う程、悪くはないものよ…。
だから 夢を見ることを忘れないで…。 夢を、 夢を…。



d0031078_042583.jpg


この日、きっと小島さまのお母さまも、この会場、もりのいえ にいらしてて、THE OZ SONSのこの歌を、きっときっと、幸せ一杯のお気持ちで、聴いていらっしゃった事でしょう・・・。


ライヴの帰りに、若山教授の奥様のことりさんに教えて頂いたのですが、小島さまは毎晩近所の公園に出向いて、猫ちゃんにご飯をあげていらっしゃるのだそうです…。(涙)
前回の横浜BarBarBarでのライヴの時にも、あの時、足を痛めていて歩行が困難だったmarieのことを、心配そうに見守って下さっていました…。

こんなにお優しい小島さま、そのお母様はどんなに魅力的な女性でいらしたことでしょう…。


多くの方に愛され、大好きなこの歌で、天国に見送られて…、本当にドラマティックです・・・。





marieもこの記事は、シナトラの「DREAM」を流しながら書きました。



marieも、夢を見ます。

みなさまも、夢を見ましょう。

苦しいときも、悲しいときも。

夢を見ましょう…。


きっと、現実になります…☆




d0031078_1315890.jpg

若山教授はじめ、THE OZ SONSのメンバーの方々、鈴木史子さん、いつも温かいことりさん、素晴らしいピアノを聴かせて下さった大原江里子さん、ベースの松本雄二さん、もりのいえの塩沢さん、当日お逢いした坂倉さん、トトさん、麻子さん、そして出逢った全てのみなさま、本当にありがとうございました!!


教授のサイトOZSONS-PITでも出演記録のところで、ヴァレンタインライブの模様が載っています♪♪




帰りは教授の車で、吉祥寺の母のところまで送って頂きました…。
(marieが飲んだワイン1本分も、教授が・・・。すみません…!!<(__)>)

ライヴの応援に行ったのか、騒ぎに行ったのか、甘えに行ったのか、迷惑を掛けに行ったのか(^^;;

わけの分からないmarieを、

若山教授は

「かなちゃんは不思議な人です。」


と、いつもいつも、寛大に見守って下さり、許して下さる事を、心から感謝しています。




いつもここを訪れて下さるみなさまにも…。



今日も読んで下さって本当にありがとうございました。

感謝を込めて、「DREAM」を歌いながら…
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-05-20 01:53 | LIVE | Trackback | Comments(3)
みなさま
こんにちは!今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

下のポスト(1)の続きを書いていきますネ。
The OZ SONSのヴァレンタイン・ライヴのレポは、(1)から読んでみて下さいね。

第1部が終わり、休憩の時にmarieが撮った、ご相席させて頂いたテーブルの素敵なお客様をご紹介します♪

d0031078_12434396.jpg


美しい!!

なんと気品の漂うマダムなのでしょう!!!


The OZ SONSの小島(まこG)さまのお知り合いでいらっしゃる、Sakakuraさま(右側の方)、totoさま(左の方)です!

ブログに載せることをご許可下さり、笑顔を向けて下さって感激しました!ありがとうございます!!!(お料理もmarieに分けて下さったんです…。美味しかったです…。)

Sakakuraさま(加賀まり子さんに似ていらっしゃいますネ♡)は、totoさまのことを、「ウチのバレリーナなの」

と、仰っていらっしゃいました。

きっと、お二人とも、エンターティナーでいらっしゃるのでしょうね…。


ちょっと世界の違う?庶民的なmarieが同じテーブルになってしまって、雰囲気を壊してしまったかも…。^^;;

ごめんなさい…。



d0031078_1312213.jpgこの方は、marieの反対側のお隣に座っていらっしゃった方です。
某有名設計会社のスーパー・ウーマン!麻子さんです♡

栗本(くりG)さまとお仕事関係でのお知り合いなのだそうです。

横顔を取らせて頂いたんですけれど、知的で、チャーミングで…

・・・やはり!

歌っていらっしゃるのだそうです!!
そうですよね・・・。雰囲気が”シンガー”していました。


でもね!(ここだけコッソリ…)

marieと、たった、一つしか歳が違わないんですよ!!!


きゃぁ〜、スゴイですね〜〜。
世の中には、年齢なんか関係なく若く輝いている方が、いらっしゃるんですねっ!!!



ホント、素敵です。


d0031078_13135274.jpgライヴ本番前にバックステージの2階席からこちらを向いて下さった栗本(くりG)さま。

marieが持って行ったポケットに刺す小さなお花を”ありがとう”と言ってこっちを向いて下さっていると思っていましたが…、

もしかしたら、(いえ、多分)marieではなく、そのお隣の麻子さんを見ていらっしゃったようです。(^^;;;



d0031078_13214038.jpg

ライヴは2nd.ステージに…。
いい歌なのに聴く機会が少ない 「Nevertheless」も聴けました(笑)
失恋の歌です…。

d0031078_13285097.jpg

鈴木史子さんも参加されて、

「Chattanooga Choo Choo」
「Bella Notte/La-La Lu」

魅惑のナンバーが続きます・・・♪
d0031078_13473391.jpg


鈴木史子さんは、日本を代表される実力派ジャズシンガーですが、

なな、なんと!!

阪神タイガースファン!!

で、The OZ SONSのメンバーの方からは、

d0031078_1351484.jpg←「アニキ」


と、呼ばれているのだそうです!!!

(kewpieさんのブログからお借りして来ました^^V)


marieが「アニキ!☆」と歓声を上げたら、ライヴ終了後、鈴木史子さんがmarieのところに来て下さって、



「今日はタイガース、勝ちましたよ!!!」


と、教えて下さったんです!!!(T_T)




鈴木さん・・・、



感動的に、いい人です・・・!!!




まさに鈴木さんもアニキも、"Keep Shining!"



感動的なライヴも、そろそろフィナーレへ・・・。



それでは(2)部は、この辺で・・・。



次の回も、読んで下さいネ!!!



今日も読んで下さって本当にありがとうございました。
感謝と共に

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-05-18 14:17 | LIVE | Trackback | Comments(0)
みなさま
こんばんは!アップするのに時間がかかってしまいました。申し訳有りません。

今日もまた、ここに来て下さって本当にありがとうございます。


15日(木)、The OZ SONSの3ヶ月遅れのヴァレンタイン・ライヴが神楽坂のもりのいえという素敵なライヴハウス(レストラン)で行われ、marieもこっそり出掛けて行きました♪

”神楽坂”という街には、初めて行きました。
飯田橋の駅を降りて、神楽坂を登って行き、毘沙門天の手前を左に曲がる道を歩いて行くと、この『もりのいえ』 というジャズ・バー&レストランがあります。

ライヴギリギリの時間に着いたので、お店の外観などを写真に撮れなかったのが残念…。

本当に素敵な趣のある佇まいなんですよ…。

中に入ると、オーナーの塩沢さんが優しく迎え入れて下さいました。

塩沢さんご夫妻のこのお店のおもてなしは、”もりのいえ”で検索すると色々なブログがヒットしますが、その、どの方のブログを読んでも絶賛されています。


一人で伺い、予約も間際に入れたのに、ステージ前の大変良い席に通して頂き、ビックリしました。


「若山教授の、お知り合いでいらっしゃるんですネ」と、声を掛けて頂きました。
教授や奥様(ことりさん)のご配慮だったのですね…。

本当にありがとうございます・・・。


本番前に、若山教授が「かなちゃん、良く来てくれたね!」と、marieのもとに来て下さり、握手をして下さいました。

d0031078_2202347.jpg


marieは、父親がいないので、いつも教授に悩みを打ち明けたり、相談に乗って頂いたりしているんです…。
音楽のことから仕事のこと、そして恋のことまで…。



教授はその度に、いつもいつも、「かなちゃんのお父さんなら、きっとこう言います。」

と、本当に親身になって、助言して下さいます…。(涙)
感謝しています…。




でも、教授と実際にお逢いするのは、この時以来なんです。→Blue Velvet Night...Oz Sonsに恋をして・・・♪


少し緊張していましたが、優しい教授の笑顔を見て、ホッとしました。



そして間も無く、ライヴが始まりました!!

d0031078_21192158.jpg


オープニングは、若山教授がアレンジも担当された、「Day By Day」です!

marieは、この「Day By Day」が大好きです!
BarBarBarでのライヴでも、まず、この曲に魅了されました。
教授のアレンジの、ラストの部分が、何とも言えない奥行きがあって、ちょっと病み付きになってしまうんです^^

こちらで"OZ サウンド"をクリックして頂ければ、聴く事が出来ますよ!

d0031078_2355754.jpg


ライヴは、ボサノヴァ・ナンバーの「Wave」、「What A Wonderful World」と続き、

そして、ヴォーカリスト、鈴木史子さんの登場です!


きゃあ〜っ!!ジャジーなオーラが、キラキラしています☆

d0031078_095782.jpg


若い頃のマリーナ・ショウを彷彿とさせるようなシャープな容姿、そして一度聴くと虜になってしまいそうな歌声。

いつもはライヴのラスト・ナンバーにしていらっしゃるという「Lovely Way To Spend An Evening」を、最初に披露して下さいました。

ウットリです・・・♪

d0031078_13375344.jpg

「Until I Met You 」から「Satin Dall」へ…♪♪

(史子さんに見つめられている清田(きよG)さま、何だか嬉しそうです…♡
他のメンバーの方は・・・^^;;;?)




まさに、OZ SONSの魅惑のハーモニーに華が添えられ、至福のひととき・・・。

極上のライヴを、楽しませて頂きました…。



続いて(2)も、読んで下さいネ^^
(長くなったので、ここで分けますね。)


今夜も来て下さって本当にありがとうございました。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-05-18 00:46 | LIVE | Trackback | Comments(0)

みなさま、おはようございます!
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


昨日は、以前このブログでもご紹介した(中村和生さんのチャリティー・コンサートのお知らせです♪)中村和生さんのチャリティーコンサートに行ってきました。

d0031078_9203892.jpg


↓赤いシャツを着てキーボードを弾いていらっしゃるのが、marieのファースト・ライヴでサポートして下さった いしづか たく さんです♪

d0031078_9294275.jpg

左側の、ギターを弾いていらっしゃるのが中村(ちゅー)和生さんです。

歌っていらっしゃるのはミック西川さん^^
「Love Me Tonight」「Hotel California」最高でした☆☆☆


出演者の方は全て素晴らしかった!(涙)

最初の方のステージで歌われていたソウル・ディーヴァの方達・・・すごかった…。
小野ひとみさん(ブルーの衣装の方)、日本にもこんな実力派ソウルシンガーの方がいらっしゃるんですね!!marieは驚きのあまり身動きが出来ないくらいでした。
d0031078_10253777.jpg



そしてその後出演された”五つの赤い風船”の青木まり子さんの歌には、魂が洗われるようで、涙が出ました…。



このチャリティコンサートは中村和生さんのC型肝炎治療費を援助するために、AMI☆TAME(オリジナル曲「Our Love」素晴らしかったです!)のメンバーの方が考案され、周囲の方々に声を掛けて行き、あっという間に大勢の愛のあるミュージシャンの方々が集われて、実現化されたのだそうです。

d0031078_10275252.jpg


会場にはステージに上がり切れなかった有名ミュージシャンの方もいらっしゃいました。
(アルティカの二瓶さんも来ていらっしゃいました。お逢い出来て嬉しかったです☆)



こんなにも多くの方から愛される中村和生さん、


「人生、今まではどんな苦しいことがあっても、自分が家族を支えて行く、頑張って行くと思って生きて来ました。

だけど、

こうやって、

仲間から、


人生、苦しい時には、



”頼っていいんだよ・・・”



と言う事を教えてもらいました・・・」




と、ステージでの、泣いていらっしゃいました・・・。
(marieも、その中村さんのお姿を見て、たまらなくなりました…)



こんなにも、沢山の素晴らしいミュージシャンから愛される中村さん、きっとそれは、中村さんご自身が今までに、きっとたくさんの、たくさんの無償の愛を与えて来られたからに違いありません。



ステージは最初から最後まで、素晴らしいものでした。

当日の音響、照明は

SHOW-YA Projectの方が協力をされたのだそうです。

これもまた、すごかった!!!

”チャリティーコンサート”ではなく、それはもう、本格的な本物のステージを演出された、素晴らしいサポートでした!!
d0031078_1022061.jpg



いしづかさんも終始全力で演奏されていて、感動しました。

marieのライヴも、たくさんがいなかったら、どうなっていただろうかと思います…。それほど、本当に”心”から、サポートして下さいました。


中村さんが、ステージで、

「素晴らしい仲間に感謝。そして何より、お金を払ってチケットを買って、会場に来て下さったみなさま、ありがとうございます。」


と、述べていらっしゃいました。



本当に、その通りです。その通りです。(涙)



marieも、自分のファースト・ライヴに足を運んで下さったみなさまお一人、お一人のお名前とお顔を思い浮かべて、同じようにその時に、涙が出ました。


みなさま、本当にありがとうございます。



そして、中村和生さん、大切な事をもう一度教えて下さってありがとうございました。
C型肝炎、完治される事をmarieも心から祈っております。†


素晴らしい出演者の方々、昨日のコンサートを支えられたみなさま、素敵なライヴを見せて頂いてありがとうございました。

d0031078_10163415.jpg

帰り、marsさんが中村さんの似顔絵がプリントされたTシャツをお揃いで買ってくれました。


ありがとう・・・。(T_T)



みなさま、今日も読んで下さって本当にありがとうございました。
marieも頑張ります!


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-04-24 10:30 | LIVE | Trackback | Comments(0)

☆Show must go on!☆


みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


ライヴ後はあんなに落ち込んでいた私ですが、もう既に次のライヴのセットリストや構成を考えている自分を発見して(^^?


あ、これでまだ暫くは生きていけるkana~と、安心したり、呆れたり・・・(^^;;




みなさまのおかげです。
本当に、ありがとうございます。



d0031078_2394449.gif


d0031078_22454861.jpg

これ、kewpieさんがライヴ当日にmarieにプレゼントして下さったチョーカーなんです。素敵でしょう?

前日に急いで買った黒のドレスに合わせるアクセサリーを買う余裕が無かったので、
ピンクのワンピースに付いていたリボンを首に巻き付けて歌おうと思っていたんです。

本番前にこれを頂いた時にはビックリしてしまいました!!

当日の衣装にピッタリで…、marieは即!このチョーカーを付けてステージに立ちました。

d0031078_22555010.jpgその時にラッピングされていたリボンがこれです。

これ、marieの髪にピンで留めて、そして歌ったんですよ♪

今も大切に取ってあります。


kewpieさん、ありがとう!!!(涙)

(ま、でも、何にも勝って美しいのはkewpieさんそのものやね♡)


d0031078_2321272.jpg

ライヴの日、会場に群馬県、高崎市のLa maison de la musiqueのパティシエ、daiさんが作って下さった大きな大きなアップルパイがクール便で届いていました。


大谷さん(oyaoyaz3)からの差し入れです!


受け取ってすぐにアルティカの方に切って頂いて皆さんで分けたので、写真は残っていないのですが、これは以前ホワイトデーに大谷さんから大阪に贈ってきて頂いた時の写真です。


当日はこの5倍くらいの大きさがありました!!


このアップルパイ、本当に美味しいんですよ・・・。



大谷さん、本当にありがとう!!!



d0031078_2394449.gif




あんな、ハチャメチャな(^^;;初ライヴでしたけれど・・・、

それでも、LAのバージさんや、ナポリやミラノのライヴハウスの方や向こうの友人から、


”こっちでもそのセットリストでやってごらん?”

”日程、開けておくから、こちらでもライヴをしなさい”


と、今日、電話がありました。



本当に、有り難い事です・・・。(涙)




先日、近所の農家直営の販売所で大根の葉っぱを大量に頂いたので(フリーで!)
それをきれいにきれいに洗って、茹でて、いっぱいストックが出来たので、
当分はそれを食べて節約して、

また、


世界にも羽ばたこうと思っています。(笑)


d0031078_2394449.gif


d0031078_23301443.jpg

今もきれいに咲いています。marsさんからと、みずたまさんからのお花です。
ありがとう・・・。


d0031078_002117.jpg

これも大谷さんからの素敵な素敵なチューリップのお花束です。

ありがとう・・・。










初ライヴの記念として、最後にライヴに来て下さったこの方々のポストをTBさせて下さい。

この記事も、marieが頂いたかけがえのない、"GIFT"です…。


ヤセガエルさんのブログから。”♪Primavera♪”

crabさんのブログから。”marieさん@代々木ARTICA”

t2minaさんのブログから。”前に”

sofia_ssさんのブログから。”ありがとうの一夜”



本当にありがとうございます…。
marsさんがヤセガエルさんのブログに書き込んで下さった通り、これらの方々の記事やコメントを読んで、どんなに励まされたか計り知れません。(涙)

感謝しています…。


ライヴ後にみなさまから頂いたメール、そしてこちらにも頂いたコメントと共に、私がこれからも音楽を続けていく大きな力になりました。



このポストのタイトルも、marieの初ライヴに来て下さった、ある大切な方が、ライヴ後に下さったメールの最後に書き記して下さっていたものです。



>Show must go on !
and Press On !







Thank you...!!!


On and on...I will...


"Yes,sir!!!!!"(これ、Mr.David T.の口癖なんですよ^^)





感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-04-10 00:33 | LIVE | Trackback(1) | Comments(7)
みなさまこんにちは!
今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

ライヴの時の写真、アップしますね^^
後でみなさまから頂いた素敵なプレゼントも、記念にアップさせて下さいね。

d0031078_956182.jpg


d0031078_9561510.jpg

marieは何を笑っているのでしょうか・・・^^?

d0031078_9562952.jpg

2nd.ステージで一番前の端の席に座って下さっていた見知らぬ紳士…。
歌いながらお辞儀をしたら、にっこり笑って下さってホッとしました。
(お越し下さり、ありがとうございました…)

d0031078_958248.jpg
譜面台から顔を覗かせているのがkewpieさんが渡してくれた薔薇、"New Miracle"です。

d0031078_1043819.jpg←素敵な二瓶さん♪
歌も素晴らしくて、marieはタジタジです…^^;;

d0031078_101426100.jpg





→koichiroさん、sozioくん、ありがとう!!





d0031078_10115832.jpg


石塚卓さんの笑顔です♪
卓さん、沢山ありがとう!!






   

   **Photos by mars--Thank you. **            



(少しだけ載せますね〜^^)

d0031078_10412866.jpg
まだ始まる随分前ですね♪
左から、koichiroさん、marsさん、文子(笑文)さん、としちゃん、(背中はkewpieさん)そして、春くんさんです♪♪


d0031078_10443916.jpg


みずたまさん(右)(*≧▽≦)&美佳ちゃんです♪(*≧▽≦)ノシ






みんな、天使です・・・(涙)






marie以外は…
↑ブラックデビルなので・・・(-_-




この写真は、本当に恥ずかしい…。ハッキリ言ってmarie、笑い過ぎです!

だけど・・・

d0031078_1163552.jpg

むむっ!
marsさんの背後に、うっすらと写っているイケメン発見!!

これが、ヤセガエルさんなのかな〜っ!?


crabさん達とも、写真撮りたかったです!!


まゆさんとも・・・(泣)


大谷さん、太田さんとも、T先生とも・・・。



来て下さった大切な方や、アルティカの皆様とも…。



配慮が足らなくて、本当にごめんなさい。

(この次は、是非、お願いします!!!)






・・・続けてアップするポストも、また、読んで下さいね。



今日もここを訪れて下さって、本当にありがとうございます。
爽やかな青空ですね。
みなさまにとって素敵な春の訪れの4月になりますように!




感謝を込めて
Kanafu Marie

d0031078_1291934.jpg

傍にいるとホッとします・・・。



(この方が一番、疲れたでしょう…。

ありがとう・・・。)
[PR]
by kanamarie | 2008-04-03 11:21 | LIVE | Trackback | Comments(3)
d0031078_20124828.jpg


d0031078_1784787.jpg


みなさま、今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

Kanafu Marieのファースト・ライヴ、みなさまの大きな愛に支えられて、何とか無事に(?)終了する事が出来ました。

2nd.stageでは極度の緊張から、フラフラになってしまい、申し訳ありませんでした。


来て下さった方、本当にありがとうございます!!



この日のために、お休みを取って下さったり、
遠く、大阪や名古屋から来て下さった方も何名もいらっしゃいました・・・。

会場に足を運んで下さったみなさまの大きな、大きな、愛・・・。


本当に、そんなみなさまのおかげで、今もこうやって生きていられるmarieがいるのです・・・。
d0031078_5522890.jpg


d0031078_184345.jpg

アルティカのオーナー、二瓶さんの『リボン・イン・ザ・スカイ』、本当に素敵でしたね・・・♪

(こんなにくっ付いていたなんて!!ドキッ!)

二瓶さんにも、このライヴに至るまでに起きた様々な問題から、いつもmarieを勇気付けて頂きました。感謝です。

後ろで懸命にピアノを弾いて下さっている いしづか たく さんの姿にも感動、

また、それを一生懸命カメラに収めて下さっているmarsさん、

そして、この光景を撮って下さった、当日に大阪から来て下さった、文子(笑文)さん。(まだまだ障害が残るmarieに、「marieちゃん、歌って!歌いましょう!幸せになりましょう!」と、昨年、私に歌う勇気とチャンスを与えて下さったお医者様です。)



このようなみなさまの愛があってこそ、成し得る事が出来た奇跡のステージです。



ライヴ当日まで、歌って声を出しては声帯を切り、治っては歌い、また同じ事の繰り返し…。

あごも外れかけのままで、

歌う度に、苦しみが押し寄せていました。



至らないながらも何とかステージに立ててホッとしたのか・・・、


ライヴ終了後に気絶してしまい、ご心配、ご迷惑をお掛けしてしまいました。
ごめんなさい。



昨夜遅くに、横浜に戻りました。


来て下さった方からのたくさんのメール、本当に感激しています。
この後、お返事を書いていきますね。
遅くなってごめんなさい<(__)>



d0031078_1791470.jpgそして、当日、たくさんのお花や、お心のこもった数々のプレゼントを頂きました。
(本当にみなさま、ありがとうございます・・・。)

この、素晴らしいチューリップのお花束は、このブログ開設当初から応援して下さっている、大谷さんから頂いたものです。

大谷さんにも、ライヴのご案内のメールや”来て下さい”と言うご連絡をしていなかったのに、しっかりと、来て下さったったんですね・・・。

群馬県、高崎市にある有名なケーキ屋さんから大きなアップルパイも直送して下さり、ライヴに来て下さった他の方や、メンバー、そしてアルティカのみなさまにも召し上がって頂く事が出来ました。

嬉しかった!大谷さん、本当にありがとう!(涙)


みなさまから頂いた素敵な差し入れやプレゼント、まだ、開けていないのもあるんです。
これからゆっくり見させて頂きますね…。

また次のポストでゆっくりと、お礼を言わせて下さいね・・・。



marieの花は、ステージでは、咲きませんでした。


春はまだ、遠いようです。




落ち込むmarieに、名古屋から来てくれたみずたまさんが、こう言ってくれました。


「春はもう来ています。

marieさんが、それに気が付いていないだけ・・・」



そして、”ある方”がご自身のブログで、marieの歌を聴いて、詩を書いて下さっていました。

marieとは初めてお逢いする方です。

「前へ」

というタイトルでした。とてもとても感動的な詩でした。

その詩の中に、こんな1節がありました。




いろんな愛すべき人達に助けてもらいながら
凍える冬を超えてやってくる春四月






(涙が出ました。この詩を書いて下さった方、ありがとうございます・・・)



そうです・・・。

凍える冬を越せるのは、愛すべき人達に守られているから。


そして、この詩を書いて下さった方のように、marieが歌っていく事で、聴いて下さる方が自分も「前へ進もう、進んでいいんだ」と思って頂けたなら、


幸せです・・・。

それが、自分が音楽をやり続ける一つの理由だから・・・。


ありがとう・・・。





みなさま、こんな私ですが、どうか、もう少しだけ、頑張らせて下さい。

音楽を、続けさせてくれて、ありがとう。




本当にありがとうございました。


27日のライヴに足を運んで頂いた方に、「また、随分頑張ったね!」と、言って頂けるように、更に更に頑張ります。



来て下さった沢山の方々、(下のポストに既にコメントを下さっている皆様にも、心から感謝します。)

kewpieさん、oyaoyaz3さん、太田さん(お名刺見てビックリしました!!来て下さって光栄です!)、文子さん、としちゃん、ヤセガエルさん、みずたまさん、春くんさん、ダンボさん、『ことば探し』のまゆさん(来て下さったんですね!!知りませんでした…。声を掛けて下されば良かったのに・・・。本当にありがとうございます…涙)美佳ちゃん、marsさん、そして、やはり来て下さった大切な”あなた”ueさん、(ありがとう…。長い間ごめんなさい…)
そしてそれらの方々とご一緒に来て下さった、初めてmarieを知る方、
優しい紳士、Dr.T先生。
そしてここにはお名前の載らない、marieにとって未知のお客様・・・。


crabさん、panchanさん、ayuさん、sofia_ssさんと、そのお嬢様、

t2minaさん(上の詩の方です。お名前出して良かったかな?ありがとうございます…)、musik_hibiさん、memenさん…(本当にみなさま、ありがとう…)

・・・marieが初めてお逢いする方も、知らない方もたくさん来て下さいました・・・。

2nd.stageで一番前の席の端に座って下さった優しそうな紳士、そしてカウンターに座っていらっしゃったアーティストっぽい方・・・


温かい眼差しで、最後まで聴いて下さって・・・


心から、感謝致します。(涙)




一生懸命サポートして下さった、koichiro さん、いしづか たく さん、sozio くん、二瓶さん、そして、アルティカの皆様、




皆様、本当にありがとうございました!




Kanafu Marie's First Live at ARTICA
Set List



1st.stage

1 Uh-Uh Ooh-Ooh Look Out (Here It Comes)

2 My Cherie Amour

3 Antonio's Song (The Rainbow)

4 Moon River

5 My Flame

6 Ribbon In The Sky (ゲスト、二瓶 真浩さん)


2nd.stage


1 Lovin' You

2 This Masquerade

3 Killing Me Softly With His Song

4 Tonight Tonight

5 Arthur's Theme(Best That You Can Do) ニューヨークシティ・セレナーデ

6 Caught Up In The Rapture


~Encore~

Only Human(ドラマ、1リットルの涙より)

My Cherie Amour



d0031078_17523142.jpg



タイトル『New Miracle』は、当日kewpieさんが持って来て下さった薔薇の名前です。

ライヴの写真は、また、アップしますね♪

d0031078_19454570.jpg
一生懸命、見守るように聴いて下さっているmarsさんとダンボさん、(この写真も含めこのポストの写真は文子(笑文)さんが撮って下さったのを先程送って下さったものです。marsさんが撮って下さったのもあります。ありがとう…♡)


有り難いことです…。なんと優しく温かい眼差しなのでしょう・・・。(涙)
この”愛”があってこそ、歌えるのです…。



感謝します。



みなさまに、感謝で一杯です。





d0031078_336322.jpg




d0031078_1455799.jpgありがとう!!!!!


Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-03-29 19:53 | LIVE | Trackback | Comments(8)