∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

カテゴリ:LIVE( 85 )

みなさま

こんにちは!今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして一日ワンクリックの応援をして下さる方々に心から感謝を申し上げます!
(最近順位が下がってしまい…申し訳ありません…。)


今日は朝からたくさんの方がここを訪れて下さっているようです…。

多分?(アクセス解析の検索結果を見ても)David T.関連だと思うのですが…。


ビルボードのマリーナ・ショウ『Who Is This Bitch,Anyway?』(どうでもいいけど、誰?このアバズレ、とでも訳すのでしょうか?)

d0031078_13293317.jpg


のリユニオン・ツアーも、今夜でオーラスを迎えます。


先週の大阪に引き続き、(大阪はmarieは行けませんでしたが)今週月曜からの東京公演、


日曜日と今週水曜日のオフの日を除いて9日間に渡る1日2ステージ、



…本当に、疲れていらっしゃると思います…。



東京初日はmarsさんと共に最前列の中央で観せて頂いていたのですが…、


足腰が弱く、本当は杖無くしては歩けない(ステージ上では決して杖を使われません)マリーナをかばって、

御大、David T.をはじめ、メンバーの方々がさり気なく(観客に気付かれないように)サポートされているのが本当に良く分かって…


胸がキュンとしました…。



マリーナも、決して観客には気付かれないように終始笑顔で、にこやかに…華やかなステージを私達に見せて下さっていました。



椅子に座るのが困難な時には座れるまで即興の音楽を、

言葉に詰まった時には、ハーヴィー・メイソンが、


『Hello,there...』


... と、あの掛け合いの最初の言葉を何度も発して、笑いを誘っていました。



昨年と違う見所は、この『Who Is This Bitch, Anyway?』のアルバムのみならず、マリーナ独自のナンバーを2曲持って来ていたところや、


楽曲が全体的に昨年のアルバムに忠実な歌唱法から、より熟成されて深みを増して来た…という点が注目すべきところだと思います♪



まるで蘇る不死鳥のようです…。(涙)



ビルボードの自由席は予約の早い人順に前方中央から埋まって行くものなのですが、


私達は6番目で予約していたのですが、なんとDavid T.が座るステージ向かって右手の方から席が埋まってしまっていて、


David T.とは少し離れた場所…になってしまいました。


でも、マリーナもラリー・ナッシュも、しっかりmarieを覚えていて下さってて、ステージ上から合図して下さって、本当に嬉しかったです。


David T.とも離れていながらも、目と目でご挨拶を交わし、(笑)


マリーナがライヴの冒頭でDevid T.を紹介された時に、


"I love you!!!David!!!!"


.....と、大声を発してしまったmarieを、


『ちょっと、今、あそこに座ってる彼女の言葉聴いた?もしかしたらあの子、アナタのハニー?それともピーチ?じゃないの?』


って、David T.を困らせてしまわれ(笑)、



marsさんは(@_@;;;;;



私は、”あ、バレてしまった…”って、^^;;;感じで・・・、




周囲の皆さんはまさに、



『Who Is This Bitch, Anyway?』(どうでもいいけど、このアバズレ誰?)



みたいな感じでした。^^;;;;;(本当に失礼しました…。)





昨年は終盤で最も盛り上がり、今回はアンコール・ナンバーに持って来ているこの曲を今日はアナタにこの"Bitch"から・・・♪







オーラスは何とか行けそうです。ステージ向かって左端の方にいますので、marieを見かけた方はお声を掛けて下さいネ!


今日は全て予約で埋まっている模様ですが、電話ならもしかしたら席が取れるかも知れません。
是非いらして下さい!奇跡のステージです!!!




『デヴィッドT、...ラリー・ナッシュ、...チャック・レイニー、...ハーヴィー・メイソン、...そしてビルボード、...私は、なんてラッキーな人間なの・・・』



ステージ上でそう呟き、感謝を述べたマリーナ・ショウは、1978年に作ったというオレンジ色の衣装を身にまとい、スカートの裾を揺らせながら可愛く小粋に踊り、歌っていらっしゃいました。



さて、本日最終日はどんな感じになるのでしょうか?



また書きますネ^^


David T.とも、今日は少しお話をしてこようと思っています。


d0031078_130407.jpg
←ちなみにこれが当日marsさんが撮って下さった"This Bitch"です。(^^)





ありがとうございます!


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-07-31 11:22 | LIVE | Trackback | Comments(2)
d0031078_11173684.jpg


みなさま

今日もここに来て下さり、心から感謝を申し上げます。
そして、いつもクリックして下さる方々、本当にありがとうございます!


昨日、東京ビルボードへ行く事が出来ました!

そうです♡昨日からマリーナ・ショウの『Who Is This Bitch,Anyway?』のリユニオン・ツアーの東京公演が始まったのです!



本当は昨年のように…大阪へも行かせて頂くはずだったのですが…、様々な事情で行くことが出来ませんでした…。



昨日は、marsさん(@_@)


のおかげで、行く事が出来たのです…。(連れて行って下さって、本当にありがとう!)





あぁ…でも、本当に素晴らしいライヴでした…(T_T)



これを読んで下さっているみなさま、是非是非、行ってみて下さい!




こんな素晴らしいライヴ・・・、どんなことをしてでも、行くべきだと思います!!!!!




詳細はまた書きますね…。




人気ブログランキングへ←腰の痛みをこらえて笑顔で歌うマリーナにポチッとワンクリックをお願いします^^/



ありがとうございます!


感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-07-27 12:23 | LIVE | Trackback | Comments(0)

ドラマチックナイト♪

d0031078_12151474.jpg

みなさま

こんにちは!今日もここに来て下さってありがとうございます。
そしていつもクリックして下さる方々に心から感謝を申し上げます!

昨日は仕事の後に、とっても素敵なライヴに伺って来ました。(^-^)

marieが心から尊敬する"ある方"が出演されたのです!

あぁ…本当に素晴らしかった…(涙)

一緒に撮って頂いた写真…嬉しすぎます(*^o^*)

(ブログに載せていいですか?とお聞きするのを忘れてしまいました…)

ライヴの後、出演者の方々や会場にいらした方々にとても温かく接して頂いて、幸せな気持でいっぱいになり、
夢のような一夜にボーッとして、

乗り換える電車を間違えて反対方向に乗ってしまい、
終電を逃してしまったので、今吉祥寺の母のところから携帯でこれを書いています。(^o^;

差し入れのういろうをお裾分けして頂きました。
名古屋からいらしたファンの方もいらっしゃったのですね!

オーディエンスの中にはさりげなくスゴい方のお姿も…。


marieの青春時代をその音楽と共に過ごした、尊敬する大好きな方のギターとボーカルを直に観て聴き、感じる事が出来て、

昨夜は感動と興奮で眠れませんでした。

T様、皆様、本当にありがとうございました!!!


そして今日も読んで下さったみなさま、ありがとうございます(^-^)
帰ったらまた、更新しますね。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-06-19 12:15 | LIVE | Trackback | Comments(0)
d0031078_19585866.jpg

みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そしていつも応援のクリックをして下さる方々に、心からの感謝を申し上げます。

横浜に戻って来ました。

これから、大阪でお世話になった方のことなど、仕事の合間を見て書いて行こうと思っています。

今日は、北新地のグッチさんのお店、『天国』での写真を。

d0031078_20274971.jpg

d0031078_20281266.jpg


お店のオーナー、guttciさんがたくさん写真を撮って、送って下さいました。
(グッチさんありがとう!)

この時弾いていたのは『Moon River』でしたが、

今夜も、曇り空の間からミスティックなお月さまが、虹色のヴェールに包まれていますね・・・。


d0031078_20343362.jpg

いい雰囲気でしょう?
グッチさんと、お客様でグッチさんの長年のお付き合いでいらっしゃる瀬井さんです。

みなさまも是非大阪、北新地の『天国』に、一度立ち寄ってみて下さいね。

日本一のバーテンダーと、素敵なお客様に出逢える、素晴らしいお店です。


今日も読んで下さってありがとうございました。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-05-24 20:54 | LIVE | Trackback | Comments(0)
d0031078_914921.jpg
d0031078_9144392.jpg
当日の写真です♪
みなさま、見て下さいネ!!
↑2枚、みずたまさんが送って下さった写真を追加しました♪(5/12)
ありがとう♡

d0031078_7295941.jpg


司会を担当された谷隼人さんに、とても感激的な紹介をして頂きました。
谷さんは本当に素敵な方でした…。ありがとうございました…。

d0031078_7301843.jpg
この写真は、来て下さったダンボさんが撮って、送って下さいました。
ダンボさん、ありがとう…。(涙)
d0031078_7305079.jpg

d0031078_21154999.jpg
d0031078_21163040.jpg

d0031078_21331959.jpg

レディーソウルの千鶴ママさんが撮って下さった写真です。グッチさんが送って下さいました。
千鶴さん、グッチさん、ありがとう・・・。



d0031078_731842.jpg
福さん、美しいお花をありがとう…。
d0031078_11301376.jpg
Kimさん、優しい応援と嬉しいプレゼント、ありがとう…。
d0031078_7314698.jpg
声帯を痛め、おまけに風邪までひいてしまい、全く声が出なくなってしまったmarieの為に、名古屋からはちみつ大根とハーブティーを調合して持って来て下さったみずたまさん…。

前日に電話があり、marieの声を聞いて、どうしたらいいのか、こんな時には何が効くのかをネットで調べ、作って下さったのだそうです…(涙)

茶こしやスプーンまで入ってて、直ぐに飲めるようにホテルのフロントに預けて下さっていました…。


これが効いたのです!!!これを飲んで、夕方から、やっと声が少し出せるようになったのです!

奇跡のようでした…。

奇跡は、”愛か”ら生まれるものなのですね・・・

みずたまさん、本当にありがとう…。(涙)



d0031078_10343399.jpg
ピアニストの河原志信さんです。

本番当日の朝も全く声が出なく、更に酷くなっていたので、これはもう、キーを上げて、全部ファルセットで歌うしかない…と思い、ファルセットで”少しでも聴かせる(会場のみなさまに喜んで頂ける)”ステージにする為には、バッキングヴォーカルがあれば何とか”カタチ”になるかも…と考え、急遽連絡して駆け付けて下さいました…。

以前、七夕ライヴの時にはキーボードでサポート、今回はヴォーカルで、また助けて頂きました…。

当日18時30分から、本番まで約1時間半という脅威のスピードで、メロディー、歌詞を覚え、marieの歌に併せて
素晴らしいハーモニーを作って下さいました…。

志信さん、本当にありがとう…。(涙)


d0031078_1111274.jpg
休日を返上して至急スタジオに戻り、志信さんと合わせる為のスコアと、参考資料の音源を志信さんに送って下さった出川さん、本当にありがとうございました…。(涙)

無事に歌い切る事が出来たと、メールでご報告しお礼を申し上げたら、

>無事にクリアしたとのこと伺いまして安堵いたしました。
色々困難は降りかかりますが、どのように乗り越えていくかはとても大事だと思いま
す。
それに対して最善をつくされたかなふさんはすばらしいと思います。
これからもがんばってください。

と、お返事を下さいました…。これを読んで、一人、ホテルの部屋で号泣してしまったmarieです…。

出川さん、本当に、ありがとうございました…。(涙)

d0031078_117699.jpg
母の日も兼ねたみかちゃんからのプレゼントです♡
風邪薬とトローチも、一緒に袋に入っていました…(T_T)

d0031078_16323532.jpg
パーティー終了後、みかちゃんと一緒に、撮って下さいました^^

d0031078_1403459.jpg
「もっと顔を近づけなよ!」

「え!?」

組長と愛人!?

何だか怪しい関係みたいに写っています。(笑)


最後に、


「ありがとうございました。


藤波さん。」



と申し上げましたら、





「お前!バカ!!今オレの名前間違って言ったな!!!


オレは藤原だ〜っ!!!」






と、渇を入れられてしまいました。(^^;;;




でも、とても優しく楽しい組長でした♡♡

***marieを見て、「旨そうだ。肉も、腐る直前が一番旨い!」とおっしゃっていました。(爆)

それって、一体どう言う意味なのでしょう・・・。(-_-; ***



d0031078_10361777.jpg
ヘアメイク、CDジャケット撮りの打ち合わせも兼ねてHP用の写真を何点か撮って頂きました。
体調が悪かったmarieの為に、お忙しい中、何とかスケジュールを調整して、時間をずらして下さいました。

これを撮影していた時は、本当に切羽詰まった状況で、身体もフラフラだったのに・・・
RYUSYOさんの写真の中の私は、そんなことも感じさせないような軽やかな表情で微笑んでいます…。

ライヴ翌日に送って下さったこの写真を見た時も、marieは号泣してしまいました…。


カメラマンRYUSYOさんのマジックです…。


RYUSYOさん、本当にありがとうございました・・・(涙)


d0031078_17582086.jpg
ダンボさんからの素敵なプレゼントです…♡

『WINGS』というタイトルの美しいカードには、こんなに嬉しいメッセージが・・・
d0031078_17584096.jpg
ダンボさん、本当にありがとう・・・。このカード、大切にしますね・・・(涙)




猪木さんは、いつも取り巻きの方やスタッフに囲まれていらっしゃるので、当日は写真を撮る機会がなかったのです。
marieは、何としてでも歌い切らなければと必死でしたし…。それ以外のことを考える気持ちの余裕が全然ありませんでした…。
近くにいらっしゃっても、(猪木さんはいつもにこやかにしていらっしゃるのですが、周囲の方々がお忙しそうで)入って行けるような雰囲気ではないので控えめにしていました…。

ブログを見てくださる方に申し訳ないことをしたなぁ…と、悔やんでいましたが、本番が無事に済んで翌日、ホテルをチェックアウトし、コーヒーショップに行ったら、そこに猪木さんがいらっしゃったのです!!!
もう、次の予定を控えていらっしゃるようだったので、
「昨夜、ゲストで歌わせて頂いたKanafu Marieと申します。」
と、どうか”有り難うございました”と、感謝の気持ちだけでもお伝え頂ければと思って、女性スタッフの方にmarieの名刺をお渡しし、そこを去ろうと思ったら・・・

そのスタッフの方の上司の方が「ああ!昨日歌って下さった歌手の方ね!昨日はどうも有り難うございました!」と言って、猪木さんに引き合わせて下さったのです!!!



猪木さんは、優しく、本当に優しく、



「歌ってくれてありがとう!」



と言って下さり・・・(T_T)(T_T)(T_T)



「もう賞味期限が切れちゃったけどね、これをあげよう…」


と、ご自身の胸ポケットからこのお名刺を取り出して、marieに渡して下さったのです・・・。


d0031078_10391895.jpg

d0031078_10402671.jpg




そして、輝くような笑顔で、握手をして下さいました!!!!!(感涙!)



お忙しいのに、時間を裂いて下さり、少しお話をする事も出来たのです。
(本当にお忙しいのに…とても緩やかな表情で、ゆったりとお話して下さり…、そのお優しさに、涙が出ました…。)

ブログの読者のみなさまやmarieを応援して下さるみなさまの中に猪木さんのファンの方が多く、猪木さんの勇気を見習ってここまで音楽を続けて来れた事をお話しました。



「そう…。

これからも、もっとビッグになるように、頑張ってね!!」






猪木さんの力強いこのお言葉が、今もmarieの心の中に響いています・・・☆☆☆






どこまでもお優しく、どこまでも大きな、アントニオ猪木さんでした・・・!!!





d0031078_1125780.jpg


たくさんの試練の後に、神様がこんな素晴らしいご褒美を、与えて下さったのですね…。(涙)


夢が一つ叶った、至福の瞬間…。これを糧に、また一歩、歩み出そうと思います。



猪木さん、本当に、本当に、ありがとうございました・・・。



(この写真を撮って下さった女性幹部の方、心からの感謝を申し上げます。)


そして、marieが頑張り続けて行けるようにいつも支えて下さってるみなさまへ、もう一度心からの感謝をいたします…。本当に、ありがとう…。(涙)



『闘魂』!☆これからも前へ向かって力強く明るく、歩んで行きます☆!!


たくさんの感謝を込めて
Kanafu Marie


*ダンボさんもこの日の事を書いて下さっています。^^素敵だぞ日記(アントニオ猪木さんとmarieさんの愛をいただいた2日間)
[PR]
by kanamarie | 2010-05-11 12:39 | LIVE | Trackback | Comments(6)
みなさま

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして、応援の1クリックをして下さるみなさまに、心からの感謝を申し上げます。


アントニオ猪木さんのWWE殿堂入り記念祝賀パーティーでのmarieのライヴ、いよいよ明日となりました。


大変厳しい状態の中での歌唱になりそうです。


闘魂で歌うしかありません。


パーティーに来て頂ける方に大切な訂正事項があります。


開場は20時です!


marieの出番は進行表では20時55分となっていました。

みなさま、それまでにはどうか会場にいらして下さいね☆

(marieの次に登場されるゲストの方は前 衆議院議員の片山さつきさん、司会は、谷隼人さんということです。)



昨夜は朝(今朝)まで北新地のグッチさんのお店天国(Bar Paradiso)で、歌とピアノを演奏させて頂きました。


d0031078_2111881.jpg

”天国”のオーナー、グッチさんです♪
d0031078_211351.jpg
素敵なお客様、小山様、横山様です^^
小山さま(右側の方です)は、初めてお逢いしたのに、パーティーライヴのチケットを買って下さいました!
ありがとうございました!



歌と、ピアノの演奏が終わった時、小山様もグッチさんもハグして下さり…勇気を与えて頂きました。感謝しています…。


昨夜の事は、書きたい事がたくさんあるのですが、また、じっくり、ゆっくり書きますね^^


そして今日は、先日少し書いたTERUさんという方に、とても大切なことを教わった気がしました。


窮地に陥った時に、支えて下さる方々…(アドヴァイス下さった方も…)、心から、感謝致します。


人気ブログランキングへ愛に感謝します!
今日もクリックして下さってありがとう♡



頑張れる事に感謝、あなたにありがとう…!
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-05-08 21:28 | LIVE | Trackback | Comments(2)
みなさま

ただいま!先程帰宅しました。(^^)/

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。
そして、いつもクリックをして応援して下さる方々に、心から、感謝を申し上げます。
(ご協力、ありがとうございます!)


下のポストの続きを書く前に、昨日目黒ブルースアレイで行われた古川初穂さん(古川初穂ピアノトリオ)のライヴで、お声を掛けて下さった方々、お世話になった方々、そしてはっつあんこと古川さん、メンバーの則竹さん、須藤さんに、まず、心からの感謝(と、お詫び^^;)を述べさせて下さい。


ライヴは本当に素晴らしいものでした・・・☆☆☆

まるで、珠玉のような、情緒溢れる古川初穂ワールド・・・。

オープニングから、2曲目…、そして3曲目には、もう既に、

溢れてくる涙を、堪える事が出来ませんでした…。


こんなに感動するなんて…。2nd.アルバムのタイトルとジャケットの雰囲気からは、予想外の出来事です。


ツアーはまだまだ続きますので、みなさまもどうか、足をお運びになって下さい。是非!

元T-SQUAREの則竹さんのドラムス、須藤さんのベースも、この上なく素晴らしい!!


今思い出しても、鳥肌が立つくらい、魅了されっ放しでした。



はっつあんのピアノは、世界一です。



d0031078_0115556.gif

d0031078_22531829.jpg

古川さん(左)と須藤さん、則竹さんと、中央にいらっしゃるのが、かわいさん、前にいらっしゃるのが、ひかりさんです。^^

(この日の為にデジカメを用意し、充電して準備万端で行ったのに、シャッターをお願いしたら、電源が切れていて・・・。。。
代わりにはっつあんが、ご自分の携帯で撮って下さり、今朝marieに送って下さいました…。

古川さん、ありがとう・・・(T_T)

雨に濡れて故障したものとばかり思っていたら、さっき確かめたら電池を逆に差し込んでいたのでした。。。ORZ.... ご、ごめんなさい・・・(-_-;;;)


須藤さん、則竹さんにも深く感謝です…。


かわいさんも、ひかりさんも、素敵な方でしょう?
このお二人にめぐり逢えて、本当に幸せに思います。
ひかりさんにはいつも優しく接して頂き、かわいさんは帰り、吉祥寺までご一緒して下さり、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。(手作りのお菓子まで…ありがとうございました…♡)


そんな、天使のような(marieを除く)”みんなの応援のおかげで、楽しく演奏出来ます。”

と、古川さんはメールに書いて下さっていました。

今日(金曜)は高松に行っていらっしゃるそうです!

d0031078_23322627.jpg

古ピト2nd.アルバム『おくにうた』


みかちゃん(marieの娘です^^)宛に、サインして頂きました♪





はっつあん「えっと、、みかちゃんって、どんな字だったっけ・・?」

marie 「美しい、かなふ、の”か”」

はっつあん「あぁ〜、もういい、分った、分った(;^ω^)」


・・・って、書いて下さいました。(笑)




ライヴレポや、CDの内容については、また改めて書きますね!
(ひとつだけ…。『雨の御堂筋』を聴いた時は、『ナーディス』かと、思いました。
はっつあん、凄過ぎます。)

(あ、また思い出したら鳥肌が・・・。)



人気ブログランキングへ←今日もどうか、左のバナーをクリックして声援を送って下さいね!お願いします!


ありがとうございます…。

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-04-23 23:58 | LIVE | Trackback(1) | Comments(4)
みなさま

こんにちは!今日もここに来て下さって本当にありがとうございます!

(そして、いつも応援のクリックを施して下さるみなさま、本当にありがとうございます!!)


ひとつ前のポストでは長くなってしまいましたが、リンク先やこのブログの過去記事にも目を通して下さった方に感謝の気持ちでいっぱいです。



さて、続きは、marieに関する事です…。


最高にノリにノリまくったライヴが終わり、ジョージ・デュークともお話が出来て、marsさんとホッとして、

普通なら、そのまま帰るところなのですが…、

まだ残っていた私のワインをブルー・ノートの方がカウンターのところに置いておいて下さっていたので、それを飲み干してから帰ろうと…(^^;

ワインを飲みながらmarsさんと「良かったね!」って、喜び合っていた時に、



ある一人の黒人の青年がmarieの方に駆け寄って来たのです。ものすごい勢いで!!



そして、何があったのかとキョトンとしているmarieに、こう言ったのです。



「キミ、リオン・ウェアと一緒に音楽をやっていた子だろ?!!」



marieはビックリして、


「え!?どうして知ってるの!?」


と、答えたら、



「僕だよ!ほら、ブルーノート大阪で、あの時にいた!!」



って!!!



marieはビックリして、思わず二人共感激で抱き合ってしまいました!!!




その青年は、Ronald Bruner Jr.!!


当日、デュークのバックでドラムスを叩いていた人です!
(marsさんに言われるまで気が付きませんでした^^;←大ボケです…。)



デュークは、彼の事をスタンリー・クラークに「若いけど、ものすごいドラムを叩くヤツがいるんだ。」と紹介されて、

「へぇ〜。そりゃクールだね!じゃあ一回聴いてみようか!」という流れで、ロン(ロナルド)をドラマーとして起用するようになった、とステージ上で語っておられましたが、


marsさんによると、約2年前にリリースされたデュークの新作にも参加しているのだそうです。


marieは当日、前方の席に座ってて、その”若いドラマー”がチラリチラリとこちらを見ていたので、あれ?どうしてかな?と思っていたのですが、まさかあの時の”ロン”だったとは・・・!!!




“あの時”・・・そう、2002年11月、4日ー6日まで行われた、リオン・ウェアの初来日公演。

ブルーノート大阪です。



このブログや私の事を古くから応援して下さってる方は、ご存知ですね…。

そうです、その時に私はリオン氏の楽屋を訪れ、土下座をして、弟子入りを志願したのです。



今ある私の、原点です。



その時、リオン氏はご自分の孫くらいの若いサポートメンバーをLAから連れて来ていました。

ロンはその時のメンバーの中の一人だったのです。当時はまだ、19か20歳位だったと思います。



リオン氏の公演は、オーラスでやっと客席は(余裕がありながらも)埋まりましたが、初日ファーストステージでは私を含めてオーディエンスはたった3名だったのです。


当日楽屋に押し掛け、ライヴ後も朝迄ずっとみんなと一緒にいました。ロンも最初からとてもフレンドリーに接して下さって、ブルーノート大阪のステージで一緒に写真を撮ったり、彼のお父さま

Ronald Bruner Sr. (ロナルド・ブルーナー・シニア)の事に付いて教えて下さったり・・・、そのお父さまの影響で自分もドラムスをやるようになったとか…、この後はヨーロッパにツアーに出るんだ、とか…

色んな事を話して下さいました。


marieがリオン・ウエア・ミュージックというプロダクションに入って、サンタモニカに住んでいた頃、

その時のサポートメンバー達とも時々逢いました。

私のレコーディングの時には、スタジオ迄応援に来て下さったり、

キーボード担当だった人とは、一緒にピアノを弾いたり、

ライヴの時にもみんなで来て下さって、「キミは絶対にこうなる(LAに来て音楽をやる)と思っていたよ!」

と、喜んで下さったり・・・


ある時は、リオン氏とトラブり、スタジオを泣きながら抜け出してしまったときも、心配して探して下さったり・・・。



でも、LAにいる間、ロンと会う事は一度もありませんでした。

ロンは既にその頃から、若手新鋭のドラマーとして引く手数多だったようです。


デュークが言っていたようにスタンリー・クラークをはじめ、リー・リトナー、マーカス・ミラーやケニー・ギャレット・・・etc...

こんな錚々たるメンバーと一緒に、活動していらっしゃるのだそうです。



大阪ブルーノートで逢ってから、7年半の月日が経ちました。

髪型が変わってて、名前も覚えていなかったので、私は、ライヴ中に、

”どうしてドラムスの方がこちらを見て下さってるんだろう?”って、不思議に思っていたのですが、


”でもあのドラムスは・・・どこかで聴いた覚えがある・・・”


と、確かに思っていました…。




ロンはmarieにこう言いました。


「今もリオン・ウェアと続いているの?」


marieは、少し間を置いてから、静かに"No"「いいえ」と答え、微笑みました。


「これからは?その予定はあるの?」


と、言われたので、



marieは再び、少し間を置いてから、静かに、でもしっかりと、"No"「いいえ」と答え、微笑んでロンの目を見つめました。



ロンは、それだけで全てを察したかのように深く頷き、



「僕もだよ!僕も、もう何年も会っていないし、これからもきっと、会うことはないだろう。」


と言い、



「今はどうしているの?」と言うので、



「日本でCDを制作しているところです。」と返事をしたら、



「僕も協力するよ!」


と、大きな声で、力強く言って下さいました。



「またLAにおいでよ。一緒に音楽をやろう!!!」



と、言ってくださいました・・・。(涙)




嬉しかった・・・思いもがけない、サプライズ・・・。


まるで天からの贈り物のような出来事でした。



前のポストでも書きましたが、

2002年の秋にボビーに逢うためにこのブルーノート東京に来て、その時にちょっとした出来事があり、

その後初来日したリオンに、大阪ブルーノートで弟子入りを志願したのだなぁ・・・と、その日、ふと思い出していたのです。

その時も、今日と同じようなドレスを着ていたなぁ・・・とか…、ここにはまだまだ書けない、色んな事を思い出し、


今までは余り思い出したくなかった、辛く思えた過去の歴史が鮮やかに蘇ってくるような思いがしました。



少し前の記事の中のモヤシ事件は、そういうことも含んでいました…。
あの時は面白可笑しく書きましたが、モヤシは、自分の願望、それが目前で無くなった、ということは、

目標達成寸前にして、全ての事が無くなってしまった、という、自分の痛い経験を比喩して書いたのです。



でも、リオン・ウェアも、あれだけ望んでいた来日公演を温かいファンに見守られて達成出来たし、CDもリリース出来たし、


それで良かった…それでいいじゃないか…と、思っていました。


自分のことを、少しだけ淋しく思いながら…。



でも、本当にこれで良かったんだと、しっかりと今は言えます。



あの時、約7年半前に、一生の”賭け”に出た、私の情熱が、消えないで、今もちゃんと残っている、


そして、それが、”育っている”ことを知る事が出来たから。




まさかジョージ・デュークのライヴに来て、あの時のメンバーに会うなんて、思いもしませんでした。



George Dukeに感謝、marsさんに感謝です…!


ありがとう、Ronald Bruner Jr.
d0031078_12582415.jpg

(marieは嬉しさと驚きのあまり、泣いてしまった後です。
2002年11月にも、これと全く同じポーズで写真を撮りました…。大阪に、たくさん残っています…。)


それもこれも、元はと言えばリオン・ウェアのおかげ…。
そしてあの時にリオンのもとに行かせてくれた娘や元伴侶のおかげ…、


そして、今私がこうやって何とか音楽を続けていけるのも、



今日もこれを読んで下さった、みなさまのおかげなのです。



ありがとう・・・。


CD制作も良い感じで進んでいます!みなさまの声援があって実っていきます!




感謝を込めて…
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-03-20 13:30 | LIVE | Trackback | Comments(0)
みなさま

今日もここに来て下さって本当に、本当にありがとうございます!
(いつもクリックして下さるみなさま…本当に、本当に、ありがとうございます!!)


先日のジョージ・デュークのライヴでのことを、書いていきますネ^^
(まだ夢のようで、思考がまとまらないのですが、ともかく書いていきます。)


まずは最初から…。

d0031078_1263078.jpg
ブルーノート東京のエントランスです。

懐かしいです。ここに来るのは、2002年の秋以来…、ボビー・コールドウェルのライヴの時以来です。
あの時は、マーク(マーク・マクミレン)にバックステージに通して頂き、ボビーやメンバーの方々とも再会しました。

色んな事を、思い出していました…。(それがまた、不思議なことに繋がっていたのです…。)



実は、今回ジョージ・デュークのライヴに来たかったのには、理由があるのです。

生でその音楽を聴きたいというのはもちろんなのですが、

以前から、”何とかしてデュークに会って、伝えたい事がある”と思っていたからなのです。


それは、marieのことを昔からずっとサポートして下さっているmarsさんに関する事です。

George Dukeと言えば、marsさんでしょう!

みなさま、marsさんの、このGeorge Dukeの部屋を見て下さい!
mars Groovy House "GEORGE DUKE"

おそらく彼は、日本で最もジョージ・デュークを古くから知り、理解し、サポートし続けて来た人なのではないでしょうか。


私はこのことを、(marsさんという、あなたの”ものすごい”ファンがいる事を、そしてそのサイトは、多くの人から支持され、頼りにされている、ということを)デュークに知らせたかったのです。


marieがLAにいる時から、ずっとそのチャンスを探していました。


余りに”大物”(あらゆるミュージシャンにとってデュークはビッグ・アーティストです)過ぎて、所在が掴めませんでしたが、はっきりと分かった事は、

ジョージ・デュークという人は、どのミュージシャンからも、リスペクトされているという事でした。

(デヴィッドTに似ていますね…。)


デヴィッドTの来日公演のメンバーであるバイロン・ミラーやンドゥグ・チャンスラーは古くからデュークのアルバムに参加しているメンバーですが、

彼らも、marsさんがジョージ・デュークのファンだ、ということを伝えたら、とても喜んで下さっていました。(自分達のことのように…)


今回、やっとそのことを直に、デューク本人にお伝えする事が出来たのです!!!

d0031078_12331853.jpg


「彼(marsさん)は、あなたの初来日のツアー('83)にも行きました。」とお伝えしたら、

「えええええっ!?本当か!?」

と、とても驚かれ、本当に喜んでいらっしゃいました。(marsさんは年齢よりもとても若く見える方なので、そのことに驚いて、デュークのマネージャーさんもmarieに話を聞きに来て下さいました!)

デュークは、marsさんのHPの"GEORGE DUKEの部屋"の一部のコピーを見て、

「おおおおおおおおお!!!」

と、声を上げていらっしゃいました。


私達だけが余り時間を取っては申し訳ないので、私達の感謝と尊敬の気持ちと、全てのミュージシャンがあなたをリスペクトしていることを知っています、ということと、(その他、少し面白い話もしましたが…^^;;)marsさんのことをコンパクトながらにもお伝え出来て、本当に良かったです…。



気持ちや、心は、本当に大切なものです。


でも、その気持ちや心を、”伝える”ということも、とても大切な事なのです。



伝わらなければ、何も始まりません。

もちろんmarsさんご自身は、何のもくろみもなく、ただただ、DUKEの音楽の素晴らしさをを多くの人に伝えたくて地味にコツコツと積み重ねて来られ、そして今のHPがあるのですが、


私はそれを、DUKEにお伝えしたかったのです。



DUKEやマネージャーさんにもお話出来たのは短い時間でしたが、本当に、夢のようなひと時でした。

ブルーノート東京の方に、心から感謝を申し上げます。
(Ryo さんにも…ありがとう…♪)




その後、伝えたい事をお伝え出来て、ホッとしていた時に…、


信じられないサプライズが私に起こったのです!



続きを書きますので、また読んで下さいね!


もしよろしければ、これを聴きながら、これ↓

理屈じゃなく、今あるがままのGeorge Duke。---”あなた”の感性が求めているものは 何ですか?

を読んで下さいね…。

当日のライヴは素晴らしかった!です!!!

まさに『Reach Out』の歌詞にあるように、"Turn your love to ECSTACY"でした!!(#^.^#)

ライヴレポートはこちらで…^^





感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-03-18 13:19 | LIVE | Trackback | Comments(2)
みなさま

おはようございます!いつもここに来て下さって本当にありがとうございます。

昨夜、ジョージ・デュークの最終公演を観に、ブルーノート東京に行ってきました。

d0031078_10205464.jpg



ジョージ・デュークともお会いしお話して来ました。

ブルーノート東京の方とも素敵な出逢いがありました。


書きたい事がたくさんあるのですが、、最後に、ものすごく感動的な再会があったのです!!(感涙!)


本当に、不思議な・・・魔法のような、一夜でした・・・。


まだ感激で、興奮していて落ち着いて書けないので、(^^;


後でゆっくり、しっかりと書きますね!



デュークとも写真を撮って頂きましたし、他にも、みなさまに見て頂きたい写真があるのです。



本当に驚きました・・・。

ちょっとドラマチックな出来事…、また是非、読んで下さいね!



感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-03-16 10:35 | LIVE | Trackback | Comments(2)