∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

ありがとう・・・

みなさま
こんにちは。今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


ご心配をお掛けしてしまって本当に申し訳ありませんでした…。

下の削除したポストは、本当は別の場所に書くために走り書きしたものだったんです。
でも、その別の場所は字数が限られてて…慌てて表のブログにアップしてしまって・・・。

本当にごめんなさい…。


だけど、一人で暮らしてて、本当に悲しい時に、傍に誰もいない時…、このブログがあって本当に良かった…と思いました…(涙)

心配を掛けてしまい申し訳ないことをしたけれど、marieはここに逃げ込むことで、何とか正気でいられるような気がしています。
(表現が的確でないかも知れませんが…)


一番嬉しかったこと・・・それは、下のポストをアップしてから、支度をして部屋を出るまでの”1時間”も経たない内に、marie の携帯やPCにメールが送られてきたこと…非公開コメントの方も含めて、8名の方でした…。(涙)


こんな風に、こんな時間でも、私のブログをいつも覚えて下さり、見て下さっている方がいる・・・


なんと言うことでしょう…。



送って下さった一つ一つのお言葉には、驚異的な程大きな愛を感じ、感激で…震えてしまいました。(涙)



本当にありがとうございます…。



心配して下さりながら、中にはお叱りのメールもありました。

”marieさんに近しい人はみんなmarieさんの強さを分かっているから信じているけど、まだ新しくmarieさんを知った人は心配で、どうしていいのか分からない気持ちだと思いうから、どうか一言だけでも更新して下さい。”

その人は、その後何通も何通も、メールを送り続けて来てくれました…。

本当に、ありがとう・・・。


同じように、何通も心配してメールを下さった方の中に、お店で知り合ったNさんというイニシャルの女性の方がいました…。
(Nさん、ありがとう・・・。)


実は、その日、お店に行って着替えようとしたら、ロッカー室に置いてあったmarieの靴が、片方だけ無くなっていたんです…。

marieは靴よりも、”どうして無くなったのかな…”って…、それがとても気になって…。


”何か、他の人の気分を害することをしてしまったのだろうか…”と…。

そんな事を十二分に配慮しながら毎日お仕事をさせて頂いたつもりだったのですが…。


お店の方はみんな本当にいい方で、その時に出勤されていたmarieの写真を撮って下さった斉藤さん(若いウエイターの方です)や厨房の方(いつも本当に優しくして頂いています)が、一生懸命無くなったmarieの片方の靴を探して下さいました…。(T_T)

どこからも出て来ず、諦めて仕事に入りましたが、暫く経ってから、斉藤さんが

「靴、ありましたよ(^^)!店長が見付けてくれましたよ!」って教えて下さって・・・。


控え室に行ってみると、店長さんが
「僕が、”たまたま”見付けました。^^」


って・・・。



そのお店の店長さんは、お若いのに、とてもしっかりした方で、


きっと”たまたま”ではなく、一生懸命探して下さったんだと思います…。(涙)



下の削除した本文を読んで下さった方に、そのお店の関係者の方に嫌な思いをさせられたのではないと言う事を少しお伝えしたくて…。あんな書き方なら、分かりませんよね…。本当にごめんなさい。<(__)>



古川さんのポストにも出ているお店の昔からの常連のお客様(その方は、とてもとてもいい方でした^^)と一緒に来られたお連れのお客様の席に付かれたお店の女性の人が、何やらmarieの方を見て、”コソコソコソ…”


目の前であからさまにコソコソ…ってされるのって、本当に嫌なものですよね…。

そして、そのお隣に座っていらっしゃったお連れのお客様が、ああいうセリフをmarieに発せられたんです…。

その日は、前日に寝ていなかったことや疲れていたこと、その靴のことや他にも色んな要素が重なってしまい…、仕事中は涙を堪えて過ごしましたが、
着替えて、終電に乗る前から壊れてしまって・・・。




私ね…、カテゴリーの『花束のひと』でも書いていますが、昔、赤坂や銀座のクラブでピアノを弾いていた時に、そのお店のホステスさんに酷くいじめられたことがあったんです。

一番良く覚えているのは、控え室でmarieがしゃがんで靴のひもを結んでいた時に、頭の上からハンガーが一杯詰まった紙袋を(ロッカーの上から)落とされて、

ハンガーで埋もれたことがあったんですよ…。(苦笑…)

それをしたホステスさんは、

「あ〜ら、ごめんなさ〜い」


って…。


そしてその周りにいたホステスさんたちも(数人でしたが)ゲラゲラ笑っていました…。




なんだか、その時のことを思い出してしまったんですよね…。



もう、大昔のことですよね…。25年も、前の事ですよね…。


あの頃と同じ事を繰り返しているのか…と思うと、少しだけ情けなくなっちゃったんです…。(甘いですね…まだまだですね…)





でも今のお店は、女性の方も心の温かいいい方が多くて、(Nさんみたいな…)そんな昔みたいなことはないんです。


お店のスタッフの方はママさんはじめ本当にある意味”水商売”ぽくない(失礼な言い方なのかも知れませんが)素朴で純粋で、心のある方が集まっていらっしゃって、

こういうお店にめぐり逢えたことは、本当に”有り難い”ことだと、類い稀なことだと痛感する毎日なんです。



ただ、私が至らないだけなんです…。本当に…。

みなさまにもご心配をお掛けしてしまって、本当に申し訳ありません…。




今週から月曜も、お仕事をさせて頂くようになりましたので、これからまた出掛けますね…。
月曜はもうお一人の男性のピアノの先生(とても素敵な愛のある方です。マツケンサンバの振り付けをされた真島茂樹さんに似ていらっしゃるような気が・・・^^;;)もお休みなので店長にお願いして出させて頂くことになったんです。




まだ少しぼーっとしていて…文章も変な文章でごめんなさい…。



このポストも帰って来たら削除した方がいいみたいですね…。
でも、心配して下さった方に一言申し上げたかったのと、お店のスタッフの方を傷付けたくなかったので、恥ずかしながら書かせて頂きました…。


読んで下さって本当にありがとうございます…。


そして、温かい温かい、愛情の一杯詰まったメールを下さったみなさま…本当にありがとうございます・・・。


帰ってきて、落ち着いたらゆっくりと、お返事書きますね…。
いつも甘えてばかりで、本当にごめんなさい。

ありがとう・・・(涙)


marieからも"love you,too...."




心からの感謝を込めて
Kanafu Marie


今のこの経験が、いい音楽を生み出すことに繋がりますように・・・。
そう信じながら、やって行きます。
[PR]
by kanamarie | 2008-07-14 17:24 | 感謝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/8275659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。