∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

3ヶ月遅れのヴァレンタイン、それは"DREAM"…♪OZSONSヴァレンタインライブ(1)

みなさま
こんばんは!アップするのに時間がかかってしまいました。申し訳有りません。

今日もまた、ここに来て下さって本当にありがとうございます。


15日(木)、The OZ SONSの3ヶ月遅れのヴァレンタイン・ライヴが神楽坂のもりのいえという素敵なライヴハウス(レストラン)で行われ、marieもこっそり出掛けて行きました♪

”神楽坂”という街には、初めて行きました。
飯田橋の駅を降りて、神楽坂を登って行き、毘沙門天の手前を左に曲がる道を歩いて行くと、この『もりのいえ』 というジャズ・バー&レストランがあります。

ライヴギリギリの時間に着いたので、お店の外観などを写真に撮れなかったのが残念…。

本当に素敵な趣のある佇まいなんですよ…。

中に入ると、オーナーの塩沢さんが優しく迎え入れて下さいました。

塩沢さんご夫妻のこのお店のおもてなしは、”もりのいえ”で検索すると色々なブログがヒットしますが、その、どの方のブログを読んでも絶賛されています。


一人で伺い、予約も間際に入れたのに、ステージ前の大変良い席に通して頂き、ビックリしました。


「若山教授の、お知り合いでいらっしゃるんですネ」と、声を掛けて頂きました。
教授や奥様(ことりさん)のご配慮だったのですね…。

本当にありがとうございます・・・。


本番前に、若山教授が「かなちゃん、良く来てくれたね!」と、marieのもとに来て下さり、握手をして下さいました。

d0031078_2202347.jpg


marieは、父親がいないので、いつも教授に悩みを打ち明けたり、相談に乗って頂いたりしているんです…。
音楽のことから仕事のこと、そして恋のことまで…。



教授はその度に、いつもいつも、「かなちゃんのお父さんなら、きっとこう言います。」

と、本当に親身になって、助言して下さいます…。(涙)
感謝しています…。




でも、教授と実際にお逢いするのは、この時以来なんです。→Blue Velvet Night...Oz Sonsに恋をして・・・♪


少し緊張していましたが、優しい教授の笑顔を見て、ホッとしました。



そして間も無く、ライヴが始まりました!!

d0031078_21192158.jpg


オープニングは、若山教授がアレンジも担当された、「Day By Day」です!

marieは、この「Day By Day」が大好きです!
BarBarBarでのライヴでも、まず、この曲に魅了されました。
教授のアレンジの、ラストの部分が、何とも言えない奥行きがあって、ちょっと病み付きになってしまうんです^^

こちらで"OZ サウンド"をクリックして頂ければ、聴く事が出来ますよ!

d0031078_2355754.jpg


ライヴは、ボサノヴァ・ナンバーの「Wave」、「What A Wonderful World」と続き、

そして、ヴォーカリスト、鈴木史子さんの登場です!


きゃあ〜っ!!ジャジーなオーラが、キラキラしています☆

d0031078_095782.jpg


若い頃のマリーナ・ショウを彷彿とさせるようなシャープな容姿、そして一度聴くと虜になってしまいそうな歌声。

いつもはライヴのラスト・ナンバーにしていらっしゃるという「Lovely Way To Spend An Evening」を、最初に披露して下さいました。

ウットリです・・・♪

d0031078_13375344.jpg

「Until I Met You 」から「Satin Dall」へ…♪♪

(史子さんに見つめられている清田(きよG)さま、何だか嬉しそうです…♡
他のメンバーの方は・・・^^;;;?)




まさに、OZ SONSの魅惑のハーモニーに華が添えられ、至福のひととき・・・。

極上のライヴを、楽しませて頂きました…。



続いて(2)も、読んで下さいネ^^
(長くなったので、ここで分けますね。)


今夜も来て下さって本当にありがとうございました。


感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2008-05-18 00:46 | LIVE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/7922438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。