∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

"Appreciate" 出逢えて良かった…今まで知らなかったErik Tagg♪

みなさま
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。


”キミの知らない僕は、キミが知っている僕よりもずっといい”


これ、映画「トッツィー」でダスティン・ホフマンが最後の方に言うセリフなんです。


きゃぁ〜、もう、今まさにmarieはそんな気分なんですよねぇ〜♡



エリック・タッグ(Eric Tagg)に(♡_♡)


今までmarieが知っていたエリック・タッグは、
d0031078_22134694.jpg

このリー・リトナーの『RIT』のヴォーカルのエリック・タッグで、

d0031078_22154727.gifそのブームの流れで、日本で製作されたこのアルバムのエリック・タッグでした。





もちろん、これもとてもいいんですよ。
全面的にしっとりとしたA.O.R.で、
ちょっとやるせな〜い感じもするのですが、

キーボードには何と!David Foster,Don Grusinが参加しているのです☆

この中の『Marianne(マリアンヌ)』という曲は、marieが初ライヴで歌ったビル・チャンプリンの『Tonight Tonight』と共に、

もう、いつもいつも聴き、歌い続けてきました。(マリアンヌのバックングヴォーカルはビル・チャンプリンです。)





しかし、今、恋をしているのはこのエリック・タッグではありません!


この2枚の、今まで知っていたのは、ERIC TAGG。



そのERICよりも心をときめかせたのは、このERIK!!!


d0031078_22104829.jpg

         『Randez-vous(ランデヴー)』(1977)


ジャケットでは、全然ときめきませんが(^^;;

これ、(前のポストにも少し出ましたが)77年にオランダで制作、発売されたもので、marieがエリック・タッグを知る前の、彼の作品なんです。

英語だと"ERIC"オランダ語は"ERIK"になるんですね。


初めて聴いた日からエンドレスのヘビーローテーションで聴いているのですが、もう、鳥肌が立つくらい、素晴らしいんです、このアルバム!(涙)

伸びやかで、瑞々しくて、Erik Taggの音楽の生命力がグングンと伝わって来るようで、

聴くほどに、胸が高鳴って来るのです!!


すごいやん!
めっちゃええやん!
エリック!!


と、

思わず、

”もっとこんな風に頑張らなあかんでぇ〜!!(`。´)V”

と、エリック・タッグの肩を叩きたくなるくらいの、すざまじ・・・、じゃなかった・・・(それは私か・・・(-_-;;

す、素晴らしさです☆☆☆



オランダのみの発売だったものを日本がリィシューし、一旦廃盤になったのですが、リ・リィシューされていて、アナログでは超レアものだったこの作品も今ではCDで入手する事が可能なんですよね♪

こういう優秀な音楽を発掘して、生き残らせていく・・・、日本て、何て素晴らしい国なのでしょうか!(T_T)


素晴らしい音楽にめぐり逢えると・・・、それだけで世界が輝いて見えます。

大袈裟ではなく、生んでくれた母や世に送り出してくれた父や、この地球や、宇宙や、自然に、

全ての事に感謝をしたくなります。


このアルバムのタイトル曲『Randez-vous(ランデヴー)』でも、エリック・タッグがこう歌っています。


"Appreciate your love."

”あなたの愛に感謝・・・”

この言葉、marieからみなさまにも・・・




次のライヴではこのアルバムの中から何か歌ってみますね^^♪



今日も読んで下さって、ありがとうございました。

感謝を込めて
Kanafu Marie





[PR]
by kanamarie | 2008-04-20 23:46 | この歌をあなたに | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/7746203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音楽の杜 at 2008-05-31 15:58
タイトル : Eric Tagg 「Dreamwalkin' 」(19..
リー・リトナーとの名コラボ作品 いきなり季節が逆戻り。とても寒い朝ですね~。 こんな時は暖かいコーヒーとAORがぴったりです。最近聴いているAORは本作ですね。 エリック・タッグはリー・リトナーの名作「RIT」でヴォーカル&コンポーザーとして参加したことで、一躍脚光を浴びることになったソウルフルな白人ヴォーカリストです。 本作はその「RIT」と同時期に制作されたアルバム。「RIT」と表裏一体ですから、「RIT」とセットで聴かれることをおススメします。 本作を最初に聴いたときは、あ...... more
Commented by 240_8 at 2008-05-31 16:00
初めまして。
エリックファンとは渋いですね。しかもErikのkを記事にされているとは・・・^^。私は彼のファーストは未聴ですが、そうとういいらしいですね。今度チェックしてみます。
AORファンで本作を記事にしたのでTBさせて頂きました。
Commented by kanamarie at 2008-06-01 10:19
240_8さん
初めまして^^ようこそお越し下さいました!コメント&TBありがとうございます♪
”渋い”なんて240_8さんに言って頂けて光栄です。
でも(私もAORファンなのですが)そんなに詳しい、という訳ではないんです。この記事の中でもリンクしているmarsさんや、このブログからリンクしているヤセガエルさんというスゴイ方々に、いつも教えて頂いているんですよ^^
エリック・タッグのファーストは、marieも未聴なんです。この記事に出ている『ランデヴー』はセカンドなんですよね。
ファーストは、デヴィッド・フォスターが絡んでいたんじゃないかしら?
ええ、だからもちろん、そうとういいでしょうね^^V
今度ブログの方、ゆっくり読ませて頂きますね。ご訪問ありがとうございました☆