∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

どんなことがあっても夢は叶えて行く!Pureなチカラは何より強い!!関口フサオ氏に再会出来ました!

d0031078_0124331.jpg


みなさま

こんにちは!
今日もここに来て下さって本当にありがとうございます。

29日木曜日、このブログでもお馴染みのMTNYさんのお陰で、

関口房朗氏

と、再会する機会に恵まれました!!


関口氏には、marieが競馬関係のアナウンサーをしていた頃に、本当に良くして頂いた思い出がありますし・・・それに、

奇しくも

おめでとう!JRA岩戸厩舎初重賞制覇!!!☆夢と縁は繋がって行く!☆

おめでとう!JRA岩戸厩舎初重賞制覇!!!☆夢と縁は繋がって行く!☆(2)人生はある日突然逆転する!


でも書きました、岩戸厩舎に初重賞をもたらしたフサイチアソート号
のオーナーでもいらっしゃるのです!!!

本当に偶然とは言えないような、不思議な繋がり、不思議な展開ですよね!!^^



昔は”関口オーナー”と呼ばせて頂いていましたが、
オーナーは現在、東京工業大学等で講師をしていらっしゃることもあって、”先生”とお呼びすべきなのかも知れません。

日米ダービーを制覇した馬主としては世界的に有名な方です。

日本では、”大富豪””ヒルズ族”として、メディアでは取り上げられることが多いようですが、
関口オーナーは、決して、それだけの方ではないんです。

それは、オーナーのホンの一面…に、過ぎないんですね…。

marieはそう、思っています。


オーナーと再会したのも、岩戸先生と再会したのと同じ、ほぼ、16、17年振りになるのですが・・・。



その頃の事です。
JRA主催のジャパンカップのパーティーが京王プラザホテルで行われた時、marieはいつものように、当時テレビ東京の土曜競馬中継でアナウンサーをされていた小野寺直美さんと一緒にそちらに出席していました。

会場で、同じアナウンサー仲間と出逢って、5人くらいで固まって”比較的”控えめにしていたんです^^;;?

(騒がず、出しゃばらず、、という感じです)(笑)


その時に、会場でバッタリと関口オーナーに出会ったんです。


私も直美さんも、その燦々と輝くオーラに飲み込まれそうになりながら、ご挨拶を(やはり控えめに)しました。


会場には私たちよりももっとメジャーなタレントさんやアナウンサーがたくさんいらしていて、
関口オーナーはそれらの方々から声を掛けられていらっしゃったので、

余りお邪魔をしてはいけないと思ったんです。


そうしたら、関口オーナーは、スーツの内ポケットから1枚のご自身のお名刺を取り出されて、


その裏に、サラサラサラ〜、っと、万年筆で走り書きをされ、


それで、そのお名刺をmarieに手渡して下さり、



「この名刺を持って、このパーティーの後、みんなでHi○○○○ホテルに行きなさい。

これで全ての事が出来るから。」


^^?


と、仰ったんです。



(その時頂いたお名刺もその時一緒に撮って頂いたお写真も、まだmarieの前の家に置いてあるんですよ!
今度行った時に、出してきますね!)




その、お名刺の裏に書かれた文章は大変ユニークな文章でした(謎…)が(笑)

”彼女達をよろしく頼む”

というような事が書かれてありました。



関口オーナーはその後、取材陣や取り巻きの方々に囲まれて、パーティー会場の中に引っ張って行かれました。



marieも、直美さんも、


「これ…、どうしましょう…」

と、そのお名刺を両手に持ったまま、ぽかーんとしてしまいました。



でも、折角こうして書いて下さったのだから…

「甘えさせて頂いて、良いんじゃない?」


って、その場に居合わせた方にも言って頂けて、


みんなでHi ○○○○ホテルに行ったんです。



フロントで、関口オーナーから頂いたお名刺を差し出すと、



即、奥の方からエグゼクティヴ担当の方が出て来て下さって、



それから、私たちは"VIP"としての待遇を受けたのです!!!




今思い出しても、本当に魔法にかかったかのような一夜でした…。




今年、ちょうどmarieがLAに行っている頃、岩戸先生が調教中に利き手を骨折された、という記事をこのブログでも書いたことがあるのですが、


その時に、岩戸先生は、関口オーナーから、


ちょっと…通常では予測もつかないようなある”お見舞い”を頂いたのだそうです。


関口オーナーは、岩戸先生の不運を、幸運に変えた方なんですよね!!!





こうして、何故か時期的にも本当に偶然に、岩戸先生とも関口オーナーとも再会する事が出来て、本当に不思議な気持ちです。



marieの七夕のライブの時にも東京からわざわざ足を運んで下さったMTNYさんが

日本プレジデント協会(JPA)

の会員でいらっしゃって、関口オーナーのセミナーにmarieを誘って下さり、一緒に申し込んで下さったのです。(感謝…)<(__)>


それはまだ、10月の事でした。

MTNYさんも、その時にはmarieがオーナーと面識がある事も、オーナーが岩戸先生とも深く関っていらっしゃる事も、ご存知ではなかったんです。

MTNYさんも、そのセミナーを申し込んで下さってからの劇的な流れに驚いていらっしゃいました…。



約17年振りの関口オーナーは、より一層柔和さを増されていらっしゃいましたが、お顔は昔と全然変わっていらっしゃいませんでした。

実年齢を知ったら、みなさんビックリされると思いますよ!!!


本当に、お若いです!!!



そのセミナーの後、懇親会があったのですが、その時に数ある景品の中からビンゴゲームでmarieが当てた商品が、これ!!!です!!!


d0031078_16552388.jpg


ね!?

関口オーナーから提供された賞品だったんですよ!!!

すごい!!本当にすごいです!!!

「1等のデジカメより嬉しい〜!」と言っていたのですが、

帰ってその本を読んでいると、涙が・・・。


読むにつれ、ものすごい感動が押し寄せて来ました。


1等なんて言うものじゃありません。

この本には、一つの可能性を何倍にもするパワーが隠されています。

d0031078_1723483.jpgそのパワーを後押ししてくれるかのように、

関口オーナーの見事なサインと


『夢』

という文字が・・・。



この本の中に、関口オーナーの子供の頃のお話、

一枚のチョコレートのエピソードが書かれているんです・・・。



それを読んでいたら、本当に涙でいっぱいになりました・・・。



憧れとちょっとした知恵と勇気から、初めて米軍兵士からチョコレートをもらって、口にした幼い日の関口オーナー。

そのチョコレートが、


思わぬ展開で、信頼、友情に繋がり、


日米の友好と言う大きな偉業を成し遂げ、そして現在の夢に繋がっているのです・・・。



みなさまも、是非、読んでみて下さいね…。



この本で、関口オーナーは最後に読者にこう呼び掛けていらっしゃいます。



あなたの夢は何だろうか?

そしてあなたは、その夢を達成する為なら裸踊りもいとわない、世間から大バカ者と笑われても構わない、そう断言する事ができるだろうか?

夢とは、『こうなったらいいな』という甘っちょろい願望の事ではない。

『絶対に実現してやるんだ!』


『これを実現する為なら、どんな苦労にも耐えるし、誰に笑われようとかまわない』


そんな強い意志、何があってもブレない意志を伴ってこそ、それは夢と呼ぶに相応しいのである。






関口オーナー、ありがとうございます!(涙)



そうだ!そのとおりです!!!



何と言うタイミングなのでしょう!



marieも、今制作しているCDに、全精力を注ぎ込んでいます。


これには、たくさんの人の夢がかかっています。


もちろん、このブログをずっと見持って下さり、ずっとmarieを応援し続けて下さる方の夢も、


”あなた”の夢も、

marsさんの夢も、

marieの娘の夢も…。


それは全て一つとなって、この夢を叶えて行くチカラになっています。


どんなことがあっても、kanaらず、叶えていきます!☆



関口オーナーのお言葉で、また一層、奮い立って来ました!!!




さて、今日もそろそろ出陣して来ます!!!

d0031078_17301167.gif


d0031078_17312977.jpg
当日、JPAの方からお花を頂きました。(JPAのみなさま、ありがとうございました。)

女性だけに…だったのに、MTNYさんだけには特別に渡されていました。(何処に行っても人気のある方です。)

でも、MYNYさんはそのお花をmarieに下さいました…。

翌日は、奇しくもmarsさんのお父さまの命日でした…。


このお花、天国のmarsさんのお父さまとmarieの父の分なのkana...。


翌朝marsさんのお父さまを想って手を合わせていると、目には見えない愛の存在と大きさを感じて…

涙がぽろぽろと流れました…。



毎日、こうして生かして頂いているんですね・・・。



みなさま、いつも本当にありがとうございます。

関口オーナーに、(昔のまま、オーナーと呼ばせて頂いてすみません…)MTNYさんに、改めて感謝を申し上げます。



心からの尊敬と感謝と共に

Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-12-01 17:44 | 感謝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/6658617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。