∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

『HEARTS ALIVE』のクリップ・・・♪



みなさま

こんにちは^^
今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

すっかり秋らしくなりましたね!

…と言いながら、まだまだノースリーブで外出しているmarieです^^;;



下のポスト…アップして訪問者数が減っちゃうのでは…と心配していますが^^;;変わらずここを訪れて下さり感謝します。



marieの大学時代に、

ある講義で、いつまで経っても先生がいらっしゃらなくて、皆がざわざわしてた時に、

講義の担当だった先生の助手の方が入って来て、

一番端の席に座っていたmarieに、


「今日は休講だから、黒板に書いて」


と、言われたことがありました。


marieは前に出て行き、大講義室だったので黒板にめちゃくちゃ大きな文字で「休講」と書いたら、



「なんだぁ〜〜〜!休講かぁ〜〜〜!!」


って皆どよめいていましたが、その後、笑いの渦になったんです^^?














          休講やて。







って、書いただけなんですけど…そんなに可笑しかったのkana?(^^;;






東京に出て来てからはアナウンサーをしていたこともあって殆ど標準語で話していますが、

”虎女”になる時は、東京でも、外国でも、何故か大阪弁に戻ってしまうmarieです。(笑)



さて、今日も前置きが長くなりました。ごめんなさい!



d0031078_1444454.gif




みなさま、6月の『HEARTS ALIVE』 時間限定公開します♪の時には、聴いて頂けましたでしょうか?(赤い文字をクリックして頂いたらリンクしています☆)

あの時には、oonasuさんがご自身のブログで紹介して下さったお陰もあって…ダウンロード数は24時間で600を越えていました。

(本当にありがとうございました…。)


先日、若山教授のJazzにまつわる話のOzsonsの出演記録を読み返していましたら、

教授が、いつの間にか、marieの作品、『Hearts Alive』をサイト上に貼付けて下さっていたのを発見したんです!!!!!(涙)


この音源は、6月に行ったCDのものではなく、marieのシングルCDの為のマザーから録ったものです。


6月に聴き逃された方や、まだmarieの作品を聴かれたことが無い方は是非、アクセスして聴いてみて下さい!!!!!(涙)




こちらです!ページの下の方まで読んで下さると出て来ます!!クリックして下さい☆




リオン・ウェアのCD『A Kiss In The Sand』にこの曲が収録されているのですが…、

同CDには「Spirits Lovin'」という曲でジェイムス・イングラムも参加しているんです。


先日ここでも書きましたように、marieとJamesの出逢いはその時初めて叶ったものなのですが、


それは、もう20年以上も前から思い続けて来た夢だったんです・・・。


初めてお逢いした時、marieはジェイムスにこう言いました。


「あなたとこうして現実にお逢いする事が出来るなんて・・・。

神様は、いらっしゃるのですね・・・。

"Yah mo be there..."」




すると、ジェイムスはこう答えて下さいました。

marieが差し出した手を握りながら、


「ああ・・・そうだね・・・。きっとそうだよ。

神様は必ずそこにやって来るだろう。


"Yah will be there..."」







・・・この続き、(というか、ここに至るまでを)また読んで下さいね・・・♪

ジェイムス・イングラムと、マイケル・マクドナルド、そしてmarieの前プロデューサー、リオン・ウェアとの関わりにも触れますね。




今日も読んで下さってありがとうございました…。

それから、若山教授…本当にありがとうございました…。(涙)

今まで、全然気が付きませんでした…。教授はいつも無言で…愛を与えて下さるのですね・・・。
この”問題児”のような…出来の悪いmarieのことを、一生懸命に支えて下さっているのですね・・・(涙)(謎)


教授が毎晩公園の猫ちゃんにごはんを運んでいらっしゃるように・・・(涙)




みなさまに、若山教授に、
心からの感謝を込めて


Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-10-13 12:01 | 感謝 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/6362234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sarah103 at 2007-10-13 22:47
marieさん またまたすっかりご無沙汰です!
スキンが変わって秋らしい装いで、いいですね。

James IngramのポストにTBを頂いて有難うございました。
Yah Mo Be There・・そんなやりとりがおありになったとは、出会いの素晴らしさを感じます。

私にとっては雲の上の存在、Golden Voiceの持ち主がJames Ingramです。Linda Ronstadtとのデュエット、『Somewhere Out There』も泣かせてくれました。

次のポストも楽しみにしています♪

Commented by わかやま at 2007-10-14 01:34 x
見つからないと思っていましたが、見つかってしまいました。
あのクリップ一つで「Kanafu Marieはシンガーソングライター」の意味がわかります。このブログに来る方には「そんなこと、分かっておるワイ」と思いますが、あのページでは彼女のことを知らない人が多かろうと思い、貼り付けて聴いてもらえるようにしたものです。

私自身、これを聴いて「なるほど、かなちゃんはこういう歌を書いたり唄ったりしているんだ」と納得しました。
Commented by kanamarie at 2007-10-14 21:59
sarahさん
ありがとうございます!
TB…そうなんです。sarahさんに早くお伝えしておかなければと思いながら…ごめんなさい!
実はJamesとの出逢いに付いては一度記事を書いたのですが、長くなったので読みやすいように何度かに分けて…と、その長い記事をアップしなかったんです。中にはちゃんとsarahさんのブログへのリンクをご紹介しているのですが(次に出て来ます^^)先にTBだけそちらに行ってしまったようでごめんなさい!!(汗
パティの来日でJamesのソロファーストの話題になったのは、sarahさんのブログともシンクロしていて驚きました。若山教授がそのアルバムのことをサイトに書かれた時、marieね、sarahさんのブログのアドレスをメールで教授に送ったんです(笑)
(少し分けますね)
Commented by kanamarie at 2007-10-14 21:59
sarahさんが言って下さった通り…Jamesとの初めての出逢いのやり取りはとても心に残っています…。感動的でした…。
その後、Jamesは『Everything Must Change』をピアノの弾き語りで歌って下さったんですよ…(涙)映画のワンシーンみたいでした。

リンダ・ロンシュタットとのデュエット『Somewhere Out There』はディズニーのアメリカ物語の主題歌ですよね!ホント、Jamesの歌は力強く情熱的で、そして誠実さに溢れていて…胸にグッと来ますよね!!

marieにはsarahさんのような的確な表現力や文章力が無いので(他にも無いものがいっぱい…)ブログで何か音楽関係の記事を書く時にはいつもsarahさんを頼ってしまいます。^^
昔からずっとそうですよね…。本当に感謝しています。

ママン、ありがとう♪
Commented by kanamarie at 2007-10-14 23:35
若山教授
本当にありがとうございます・・・(涙)
見付けた時には、ビックリしました・・・!!!本当に有り難くて・・・涙が出ました・・・。
世界中の音楽ファンが読んでいる教授のサイトの中にKanafu Marieの名前があるだけでも信じられないことですのに・・・、曲までご紹介して下さったなんて…。
それも何もおっしゃらずに…(涙)
言葉になりません…。こんな実力不足の未熟な私を、思い遣って下さって…ただただ信じられないくらいの感激と感謝でいっぱいです…。

メールでお礼を申し上げると、教授はまた眠る時間を削ってでもお返事を書いて下さるでしょう…?
この前も、次の日はスリー・グレイセスのコンサートでOzsonsは大舞台を控えていらっしゃったのに…そのことは何もおっしゃらずにmarieの質問に対して深夜に長く丁寧なお返事を下さいました…。だから…今回はブログの方でお礼を…と思ったんです…。
(分けますね)
Commented by kanamarie at 2007-10-14 23:53
最近、私の事を知られた方から”marieさんの作品がやっと聴けました!嬉しい!若山教授に感謝します!!”というお声も届いているんです。(涙)
そして教授のサイトを通して、ものすごく沢山の方にここに来て頂いています…!!!
きっとmarieの見えないところで教授が一生懸命に取りなして下さっているのですね…。このどうしようもない私の事を…(涙)
もったいなくて、涙が出ます…。

そんな教授の愛情のおかげで、少しずつ立ち直って来ました…。一時は、もう、歌を止めた方が良いのでは…と真剣にそう考えていました…。私は生きている価値が無いようにも思っていました…。

きっと教授は、そんな私の想いを全部分かって下さっていたのですね…。(涙)

明日、横浜に戻ります。戻ったら、何とか、どんなことをしてでも、頑張ります。
頑張らないと、罰が当たってしまいます!

教授の大きく温かなお心・・・音楽を続けさせて下さった大きな愛情…。

私は何と幸運なのでしょう…。
教授に、音楽の神様に感謝します・・・。
Commented by わかやま at 2007-10-16 03:44 x
http://www.ozsons.com/HowDoYouKeepTheMusic.htm
パティ・オースティンのページにKanafuの記事を改訂しました。
あまりにも不思議な因縁で説明がつきません。
Commented by kanamarie at 2007-10-16 22:01
教授
ありがとうございます・・・!!!(涙)
パティのページに、私の写真が!!!あんなに大きく!!!
すごい・・・。アクセスしてみて、本当に驚きました…。そして同じようにそのページをご覧になられた方々から、同時にメールが届いていました…。
>”若山教授がmarieさんとの出逢いについて書いて下さっていますよ!”
と・・・(涙)
本当にありがとうございます・・・(涙)

教授との不思議な出逢い・・・そして、その瞬間に『How Do You Keep The Music Playing?』という楽曲があったこと・・・まるで運命のようです・・・。
ジェイムスと出逢ったことも、そして教授と巡り会えたことも・・・長い音楽の道が、繋がっている…そんな…物語のようです・・・。

音楽を続けていたら・・・こんな奇跡とも遭遇することが出来るんですね・・・。
止めなくて良かったです…。(涙)
『How Do You Keep The Music Playing? 』の邦題が『君に捧げるメロディ』のわけが初めて分かりました。

この曲は、教授がmarieに捧げて下さったメロディだから・・・。

ありがとうございます・・・。
感謝と共に、これからも続けて行きます・・・。
Commented by kanamarie at 2007-10-18 01:49
行さん
聴いて下さってありがとうございます^^
今度歌いますね♪
Commented by kanamarie at 2007-10-18 01:51
ごめ〜〜〜〜〜ん!!!!!!行さーーーーん!!!!!
今2重になったmarieのコメント一つ消したつもりが行さんの0:58頃の書き込みを決してしまったーーーーーーー(泣)

もう一回書いて〜(泣)
Commented by at 2007-10-19 02:01 x
素敵な曲ですね(*´∇`*)
今も、聴かせていただいております☆
Commented by ヤセガエル at 2007-10-19 02:11 x
marieさんコンバンハ(・∀・)♪
おジャマさせていただきます。

先般は、拙ブログにご訪問いただきありがとうございました!
アドレスを辿ってこちらへおジャマしたのですが…もう、驚くやら
感激するやらで、どこからコメントをすれば良いのかと(笑)。
いや、ココは一番申し上げたいコトを申し上げるべきでしょうね。

・・・・・・・・・・

Ozsonsさんのサイトで、marieさんの作品『Hearts Alive』を
聴かせていただきました。

素晴らしかったです。感動しました!
フルコーラスで聴きたいです!

歌、がんばってくださいね!
そして楽しんでくださいね!
疲れたら・・・可能な限り休みましょう♪
休んだらまた頑張ってください!

・・・・・って、いきなり言われても困惑しますよね。(・∀・;)
これからはmarieさんのブログを読ませていただき、もう少し
勉強(?)してからコメントさせていただきます。

長文失礼いたしました。ではまた…m(__)m
Commented by kanamarie at 2007-10-19 02:51
行さん!
こちらにも書いて下さっていたんですね!!!(涙)
嬉しい…あぁ…良かった…。

本当にドジで、ごめんなさいね!!!

お詫びに、今度行さんとお逢いした時に耳元で歌わせて頂きますよ。
(って、ウソです^^;)

いえいえ、、ウソじゃなくホントに、ちゃんと歌いますネ^^
ライヴで♪

行さん、ありがとう!
Commented by kanamarie at 2007-10-19 03:33
ヤセガエルさん!
まぁ!来て下さってありがとうございます!!!こちらこそ感激です!!!(涙)

昨日はコメントにお返事頂き、ありがとうございました!
ヤセガエルさんのブログを見付けたときは本当に驚きましたよ☆☆☆星つです〜!という感じでした^^

marieも、最近は余り無防備に外部のブログには書き込まなくなったのですが、
昨夜はどう考えても、

”ヤセガエルさんって、すごい人だ!”
”それにとてもいい人に違いない!”
と思ったのです^^

ブログの記事や、他の方から頂いたコメントに対するお返事を読んでいると、そのお人柄がにじみ出ていらっしゃるように感じて…
思わず、書き込んでしまいました!^^

”彼氏”というのは、ここからもリンクしているmarsさんという、、最近のジノにもちょっと似ている歳を取らない(笑)素敵な人なんですよ♡
HPにはGeorge DukeやGinoの部屋があります。
昨夜はヤセガエルさんのブログを読み、Youtubeを見ながら、marieはそのジノの部屋を通しで読んでいました♪

ヤセガエルさんと出逢えて、彼にもジノにも感謝です!!!
(長くなったので分けますね)
Commented by kanamarie at 2007-10-19 03:33
そして、Hearts Alive聴いて下さったのですね…。ありがとうございます…(涙)
これはOzsonsの若山教授にも感謝ですね・・・。本当に嬉しい、ありがとうございます…。(涙)

ヤセガエルさん、これからもどうぞよろしくお願いします。<(__)>
色々教えて下さい!!!

そして優しいお言葉、心から感謝致します・・・。
お優しいんですね・・・。

ヤセガエル 負けるな 一茶 ここにあり!

負けるなmarie!と言って頂いているみたいです(涙)(勝手にすみません…)
最新の娘へのポスト、涙でグショグショになって書き上げアップしたら、行さんとヤセガエルさんからの書き込みを発見しました。

これも何かのメッセージのようです。
感謝します…。

制作中のCDも、どうか楽しみにしていて下さいね!

本当にありがとうございます!!!