∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

『歓喜の調べ』---Yah Mo Be There---by James Ingram

みなさま

おはようございます^^
いつもここに来て下さり本当にありがとうございます。



このページ(クリックして下さい…。最後の下りが信じられないくらい感激です…。を読んで下さった方…本当にありがとうございました…(涙)


本当にもったいない事です…。あのようなお言葉を頂けるなんて…。

ありがとうございます・・・。(涙)




『How Do You Keep The Music Playing』(邦題『君に捧げるメロディ』)…

の歌詞の中に


>”もし僕たちが
最高の恋人になれるのなら
”最良の親友”でいよう
もし僕たちが
どんな運命でも
毎日毎日を段々良くしていけるように
努力出来るなら
音楽は終わらないはず”


と、あります…



今日は↑の歌をパティ・オースティンPatti Austinとデュエットしていた、

James Ingramの、『Yah Mo Be There』という曲をみなさまにご紹介します。




そして多くの方がこの曲の歌詞の意味を知りたいと以前仰っておられましたので、日本語の対訳を、ここに載せますね。


>”天の父は 僕らの堕落振りを見守る
僕らは互いに 奪い合っても 与えることはない

それはものすごい恥さ
それを変えるのに 遅過ぎることはない
だから運が尽きてしまった時には
手を伸ばして 彼の名を呼べばいい
彼の名を 呼べばいい

ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
君が呼べばいつでも

夜の静寂に迷っても
決して孤独じゃない
暗黒から逃れて 光を探し求める
これは長く険しい道のりだけど
明るい未来へと繋がる
だから寒い気持ちになんてならなくていいんだよ
手を伸ばして、彼の名を呼べばいいんだよ

ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
君が呼べばいつでも

私はそこへ向かおう
兄弟よ、それを信じるんだ!
僕らは皆、道を見つけ出しているところだから
時間を旅しながら
みんな、進み続けなきゃいけないのさ
幾多の夢が 滑り去ろうと
必ずやって来るから

それはものすごい恥さ
それを変えるのに 遅過ぎることはない
だから運が尽きてしまった時には
手を伸ばして 彼の名を呼べばいい
彼の名を 呼べばいい

ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
ヤー・モービー・ゼア
私はそこへ向かおう
君が呼べばいつでも




James Ingramはmarieにとって、最高の憧れ・・・。

それは、私の音楽人生の…ある場所での”原点”です。



James Ingramの音楽は…彼が幾多の屈辱を耐え忍んで(克服して)来た音楽の積み重ね…。



次のポストでは、marieとJamesの出逢いに付いて少し書かせて下さいね…。




みなさま、今日もここに来て読んで下さり心から感謝致します…。



心からの感謝と共に
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2007-10-06 06:09 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/6312465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MTNY at 2007-10-06 15:46 x
この場を借りて、koichiroさんお誕生日おめでとうございます!!

あさってのライブは行けませんが、頑張ってくださいね♪(サルサ、大丈夫ですか?)
15日は予約しておきましたので、よろしく(業務連絡)。
Commented by kanamarie at 2007-10-07 00:18
MTNYさん
明日から九州なんですよね^^いいないいないいな〜。
koichiroさんから今朝携帯の方にメールが来たんですけど、ライヴ前でここ、まだ気が付いていないのかな?
きっと後日お返事があると思います^^

わぁ!koichiroさんのサルサ聴きたいな〜♫
15日、とても楽しみにしていらっしゃいました。

それでは気を付けて行って来て下さいネ!
あちらでもやはりまたラーメン食べて来られるのでしょうか^^?

行ってらっしゃい☆いつもありがとうございます!
Commented by blue_koichiro at 2007-10-07 13:27 x
marieさん!!!!
このポスト嬉しいです。ありがとうございます。
帰ったらアーカイブしますっ!

歌の内容を知って更に好きになりました。ワタクシに取ってもマイケルとジェームスは憧れです。次回のポストも楽しみにしてます!

MTNYさん!ありがとうございます。
サルサは厳しい状態です。けど、頑張らなきゃ。
Commented by kanamarie at 2007-10-07 19:44
koichiroさん
ライヴ前のお忙しい時に書き込んで下さってありがとうございます!
本文の"Happy Birthday to Koichiroさん!”の後に何か書こうと思ったのですがここに書くとkoichiroさん照れられるだろうな…って思って…^^;;
色々と思い返すと、言葉にならなくて・・・(涙)

笑顔、感謝、努力・・・koichiroさんを見ていると、学ぶ事がいっぱいあります…。

お話していたように横浜に戻ったらmarieも自分のバンドを組んで本格的にライヴ活動に取り組んで行きたいと思っていますので、どうかこれからもよろしくお願い致します<(__)>
この曲も演りたいですね♫

今年もkoichiroさんにとって素敵な”音楽とコーヒーと自転車の日々”でありますように^^
koichiroさん、いつも感謝しています…。
本当にありがとう。
Commented by mars at 2007-10-07 23:04 x
koichiroさんお誕生日おめでとうございます。

この曲は良く聴いたなぁ・・・。
バンドでやる時はコーラスで参加させてください。
ヤー・モー・B・ゼア!!

Commented by kanamarie at 2007-10-07 23:27
わぁ!mars さん!
どうも、お久し振りです・・・*^^*
書き込んで下さってありがとうございます<(__)>

え!?marsさんもこの歌良く聴かれたのですか!?
わぁ〜!それは知らなかったです! 何だか嬉しいー!(涙)

marsさんなら、イントロでジェイムスがやっていた"Wo---"というファルセット、出せるかもしれませんね^^V
コーラスもベースもお願いしますね!

Mar-chan Will Be There!!!

(横浜に戻りましたら、またどうぞよろしくお願い致します…<(__)>
ふつつかな者ですが・・・)

ありがとう(^^)/
Commented by blue_koichiro at 2007-10-11 08:01 x
marsさん
ありがとうございます。(お礼遅くなりましてすみません)
この曲はそう言えばプレイした事が無いです。
是非やってみたいですね。コーラスで盛り上がりますねっ!きっと。