∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

Blue Velvet Night...Oz Sonsに恋をして・・・♪



みなさま

こんにちは!
お元気でいらっしゃいますか…?

今日もここに来て下さり、本当にありがとうございます。


若山教授のサイトの中にサミュエル・ウルマンの「若さとは」というエッセイが引用された記事がありますが、


実は昨夜、


永遠に老いない方(々)の素晴らしいライヴに伺って来ましたので、ここで少しライヴレポートをお届けしますね!!!



d0031078_1563785.gif



d0031078_15275132.jpg


横浜BarBarBarにて。


みなさま、この写真の一番左端の方・・・


もう、どなたかお分かりになられますよね!(笑)


若山教授です!!!


THE OZ SONS鈴木史子さん
のライヴに伺ったんです・・・!!!

本当に、素晴らしかった・・・。(涙)

今でもウットリして・・・まだ、その余韻に浸っています・・・。


d0031078_1621563.jpg

marieは体調がまだ不安定なために、伺えるかどうか間際まで分からなかったんです。
前日に予約を入れたら…お店は満席の状態で後ろの方の席だったので巧く写せなかったのですが

d0031078_16104878.jpg

やはり、教授ばかり、写してしまっていました…(^^;;;



”想像を絶するほど”の優れた歌唱力と見事なハーモニー。

半端ではありません!!!



---『音楽を極めるとは、こういうものなんだよ』---



と、そんなことを…魂の底でmarieは…感じました。


自然な流れのMCも素晴らしく、粋な演出の中に温かさや愛情が溢れていて・・・
絶妙なハーモニーを聴かせながらも、観客を威圧しない不思議な”空間”に、いたような気がします…。


また、選曲が粋で、素晴らしかった!


セットリスト、思い出していたら、もう・・・
こちらに(クリックして下さい♪)

アップされていました!(笑)ご覧になってみて下さい。夢のハーモニーです♪


d0031078_16232014.jpg

実力派ジャズシンガー、鈴木史子さん。
まるで1枚の絵画になりそうなくらい、佇む姿もジャジーです・・・♪
d0031078_16254754.jpg

まさに、"Keep Shining"!!!
「秋(9月)」そして「ニューヨーク」にちなんだ曲を3曲づつ…、そして「La Mer(ラ・メール)」(Beyond The Sea)そしてラストはmarieも大好きなボサノヴァ・ナンバー「The Gift」(昔パーラメントのCMに使われていた曲です)で締めくくられました…!

(marieと一緒にライヴに伺った方は長い間NYに在住されていらっしゃった方なのですが…鈴木さんの歌を聴いて、”NYに戻りたくなった”と呟いていらっしゃいました^^)

輝いています・・・☆ね?
d0031078_16365165.jpg

d0031078_16371953.jpg

歌声が、聴こえてくるようでしょう・・・?


若山教授はじめ、 Oz Sonsの素敵なメンバーの皆様、そして鈴木史子さん、素晴らしい音楽を届けて頂き、本当にありがとうございました・・・!!!

また、大原江里子さんのピアノも素晴らしかったです…。


それから・・・

今、実はmarieは少し左足を引きずっているのですが(大した事はありません。)・・・

会場に入る前に私を見つけて下さった若山教授の奥様が、一生懸命それを心配して下さり、

「何か履きやすい靴を探して来てあげるわ。」

「それまで、私の靴を履いていなさい。その方が楽だから…」

と、一生懸命に、心配して下さったのです…。(涙)


ライヴが終わって、帰る時には鈴木史子さんが席を立って走って来て下さり、「大丈夫ですか?」と、声を掛けて下さいました…(涙)


「ありがとうございました。気を付けて帰って下さい」

と、見送って下さったOz Sons の小島さん…そして、その後ろの方で何も言わず、ずっとずっと、見えなくなるまで…優しく微笑んで、静かに見送って下さっていた若山教授がいらっしゃいました・・・(涙)


そして、一人では歩けないmarieの肩を(大変迷惑そうにしながらも^^?)一生懸命支えて、ライヴをご一緒して下さった…”あなた”(marsさんではありません…^^;;)に、心から感謝を申し上げます・・・。(涙)

いつも、本当に支えて頂いています…。


ありがとう・・・。



みなさま、今日も読んで下さって本当にありがとうございました…。


心からの感謝を込めて
Kanafu Marie



d0031078_1721085.gif


d0031078_17101680.jpg
出番が来てステージに向かわれる途中に、誰かが床に落としたナフキンを見付けられた教授は、それを拾われて、そして何も言わずに後ろからそっと…ナフキンをそのテーブルに座っている人の横にさり気なく置いてあげていらっしゃいました・・・。そして何も無かったかのように、ステージに上がられたのです。


本当の”紳士”とは、こんな人のことを言うのでしょうね…。
”愛”ですね・・・♪

d0031078_1721085.gif

[PR]
by kanamarie | 2007-09-16 17:22 | LIVE | Trackback(1) | Comments(11)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/6158667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 天使が舞い降りる†FLO.. at 2008-05-18 00:46
タイトル : 3ヶ月遅れのヴァレンタイン、それは"DREAM"…♪(1)
みなさま こんばんは!アップするのに時間がかかってしまいました。申し訳有りません。 今日もまた、ここに来て下さって本当にありがとうございます。 15日(木)、The OZ SONSの3ヶ月遅れのヴァレンタイン・ライヴが神楽坂のもりのいえという素敵なライヴハウス(レストラン)で行われ、marieもこっそり出掛けて行きました♪ ”神楽坂”という街には、初めて行きました。 飯田橋の駅を降りて、神楽坂を登って行き、毘沙門天の手前を左に曲がる道を歩いて行くと、この『もりのいえ』 と...... more
Commented by 迷惑そうな”あなた” at 2007-09-16 20:53 x
昨日は、楽しいライブを聴けて楽しかったです♪

NYの歌を3曲歌われた時は、自分のために用意されたのkana?
と(そんなことはないと思いますが)思っちゃいました。

聴く前は、OZSONZは、老後の趣味の延長かな~位に思っていたのですが(失礼)、あの4人のコーラスを聴いて、本当に趣味を超越し歌で、感激しました。

素晴らしい歌を楽しみながら、ワインを2本空けてしまいましたね^^;;(その前にもスパークリングワインのハーフも飲んでいたのに)

若山先生と奥様には、終始いろいろと気を使っていただき、ステージ以外のときにさりげなく席にいらしゃって、話しかけていただき、本当にありがとうございました。

また、機会がありましたら、素敵な歌声を聴かせていただきたいと思います。

marieさんも帰り際、足が痛い痛いと言いながら、結構冷静に周りを見ていたんですね。

帰りに肩で支えながら、あの階段を降りるのは、ちょっと大変でした^^;;


Commented by H・K at 2007-09-17 11:25 x
若山教授のホームページの出演記録見ました!まりえさんのblogが書き添えられています(;□;)!!
まりえさん見ましたか?
昨日からメールしていますがお返事がないので心配しています。
Commented by 渡瀬119 at 2007-09-17 16:22 x
僕も行きたかったな、、このライブ。。。(独り言)
marieさん、出来れば次回からは事前にライヴ告知をお願いします!
それと、今回は写真無しですが(残念。
教授夫人の優しい様子が描かれていますね。。また目頭が熱くなりました。
   marieさんが歩けるようになって、若山教授のライブに行けて良かったですね。。
marieさんの性格だから、這ってでも聞きに行かれたのでしょうか?((笑))

相変わらずだな。
。。って馴れ馴れしかったですね!失礼しました(笑





Commented by at 2007-09-17 23:22 x
音を、楽しむ(*´∇`*)
Commented by 若山(OZ SONS) at 2007-09-20 00:56 x
若山です。足が痛いのに佳名ちゃんは、ほんとに足を引きずってきてくれたのです。痛々しかったです。

OZ SONSはたまにしかライブなどはやらないものですから、久しぶりで少々粗っぽいコーラスをやってしまいました。もう少し、肩の力が抜けているほうがよかったと反省しきりです。
Commented by kanamarie at 2007-09-21 11:55
迷惑そうな”あなた”(さま)へ

私の方こそ迷惑そうな”あなた”に(笑)励まして頂いて教授のライヴに伺えて本当に良かったです(涙)行って良かった・・・。あんなに素晴らしい音楽が聴けました。教授にもお逢い出来ました…(涙)
心から感謝します。ありがとうございました…。

いつも迷惑を掛けっ放しの迷惑そうな”あなた”には本当に迷惑を掛けながら支えて頂いています…。

「どうしてこんなに色んな事がスムーズに行かないんだ!」と呆れられながらも(^^;;
その度に励まして頂き、感謝しています…。

>聴く前は、OZSONZは、老後の趣味の延長かな~位に思っていたのですが(失礼)、あの4人のコーラスを聴いて、本当に趣味を超越し歌で、感激しました。

教授は、本職をジャズシンガーに変えるべきで、OZSONSは”プロです”と言わなければいけません!
そうしないと、全世界の殆どの人間がアマチュアになってしまいます。(笑)本当です。

(分けますね^^)
Commented by kanamarie at 2007-09-21 11:55
>素晴らしい歌を楽しみながら、ワインを2本空けてしまいましたね^^;;(その前にもスパークリングワインのハーフも飲んでいたのに)

それに迷惑そうな”あなた”は、更にグラスワインと、生ビールを飲まれていたんですよね(-_-)

marieもライヴの帰り、足を引きづりながらも、缶ビールを4本買ってしまいましたが・・・^^;;

>帰りに肩で支えながら、あの階段を降りるのは、ちょっと大変でした^^;;

すみません…。胸が大きいもので、さぞかし”重く”感じられたことと察します。
大変だったことでしょう。

^^?

これに懲りず、どうかこれからもよろしくお願い致します…<(__)>
ライヴ前のピザも本当に美味しかったです!!
いつもご馳走になり申し訳ありません…。本当にありがとうございました…!!
感謝が絶えません…。
Commented by kanamarie at 2007-09-21 12:40
H.Kさん

お知らせのメールを送って頂き、本当にありがとうございました!!!(涙)
H.Kさんの他にもたくさんの方からご連絡、(ご心配)を頂きました…。この場をお帰りして皆様に心から感謝致します・・・(涙)嬉しかったです。ありがとうございました・・・。

若山教授のHP、marieも見ました!ビックリしました!!
(携帯にコピーして送って来て下さった方もいらっしゃいました…。ありがとうございます…涙)

暫くバタバタとしていました。ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした…<(__)>
元気です!H.Kさんに早くCDをお届け出来るように頑張っています^^v
本当にありがとうございます!
Commented by kanamarie at 2007-09-21 15:11
渡瀬119さんへ

ありがとうございます…。
ライヴ告知、そうなんです。若山教授のご許可を頂いて載せようかな?と思っていたのです。でもmarie自身の調子が悪かったことと前日のkoichiroさんのライヴにも伺えなかったことから色々”どうしよう”と考えているうちに当日になってしまって…^^;;
本当にごめんなさい…。

OZSONSは数々のプロから共演依頼が来るような”プロ以上”のジャズ・コーラス・グループです。是非一度聴かれてみて下さい。
marieと一緒に伺った方は”デューク・エイセス”を、marieは大好きだったタイム・ファイブを思い出しました…。素晴らしく、ロマンティックです♪

渡瀬119さん、ありがとうございます…^^
Commented by kanamarie at 2007-09-21 16:21
行さん

最高に楽しかったですよ〜♪(^^)v
今度は行さんも一緒に楽しみましょう〜♫
Commented by kanamarie at 2007-09-21 16:41
若山教授

教授、書き込んで下さったのですね・・・。本当にありがとうございます…。
また、教授のサイトの方では先日のOzsonsの出演記録の最後に、このブログを紹介して下さり、心から感謝いたします…(涙)

この記事を書いている時にはまだ感動でぼーっとしていましたので、”編曲”も若山教授が手掛けられている…という大切なことを書くのを忘れていました!!!

"As we go through the year... we go through the years ... we go through the years ....... day by day~~~~~~~~~
day by day!!!"

という『Day By Day』の最後のフレーズ、この前朝起きた時に耳元で流れていました(笑)

病み付きになりそうです(笑)Ozsons^^

>久しぶりで少々粗っぽいコーラスをやってしまいました。

え?!あんなにスムーズでメロウだったのに!!!?
私はいつも”がなり立てて”歌っているのでこの教授のコメントを読んで恥ずかしくなりました…^^;;;

Ozsonsの前では無条件に謙虚になってしまうmarieです。
教授に音楽に対するそんな姿勢を無言のうちに教えて頂いています…。

感謝しています…若山教授、ありがとうございます…。