∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

kanamarieストリートライヴ・イン・ナポリ・ムニャーノ! (完結編part1)”あなたと共に…”♪



みなさま

おはようございます^^

今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

仕事の合間に、早朝に、昼下がりに、夕方に、深夜に…

ここへ来て見てみて、新しいコメントを見付けた時の、歓び…。(涙)

いただいたメッセージにお返事を書く時は、marieの至福のひとときです。

時々、鳥肌が立つほど、幸福を感じたりします…。


本当に、ありがとうございます・・・。


書き込まれなくとも、いつも来て下さっている方の愛も、しっかりと届いています。


感謝しています…。



さぁ、ナポリ・ムニャーノでのストリートライヴのレポートも、これが最後になりました!


実は、私は、この今回の記事を書きたくて、

このライヴレポをお届けしてきたのです。


たった1曲(アンコール含めて2曲)のライヴだったので、

みなさまにも、歌いながら、この記事をワンフレーズ、ワンフレーズ、届けてきました。



お付き合い頂いて、本当に感謝しています。

このブログを通して、みなさまと一緒に、あの場面を再現出来た事、



私にとって、素晴らしい経験となりましたことを、ここで、深く感謝申し上げます…。




それでは、

『Volare(青空の中に青で描く)』 〜完結編です♪


d0031078_6221564.jpg




♪ネル プルー ディピント ディ ブルー 

(青く彩られた青空の中へ・・・)

フェリーチェ  ディ スターレ ラッスー

(その上にいることの、幸せ…)


♪ネル プルー ディピント ディ ブルー 

(青く彩られた青空の中へ・・・)

フェリーチェ  ディ スターレ ラッスー

(その上にいるなんて、幸せ…)





この繰り返しが、延々と続いて、marieが笑いながら、歌いながら、感動しながらも、焦っていた時に、



突然現れた人、それは






カルメラ





でした・・・。(汗





カルメラは、歌の輪の中に入って、そして、




♪ネル プルー ディピント ディ ブルー 

(青く彩られた青空の中へ・・・)

フェリーチェ  ディ スターレ ラッスー

(その上にいることの、幸せ…)


♪ネル プルー ディピント ディ ブルー 

(青く彩られた青空の中へ・・・)

フェリーチェ  ディ スターレ ラッスー

(その上にいるなんて、幸せ…)




と、そのリフレイン(繰り返し)の部分が途切れたところで、





♪”CON TE (コン・テ)!!!”♪





 と、いきなり割って出て来たんです!!!



---♪ ”C”で言うと、♪”ソ ・ ド !!!” (オクターブ高い方の”ド”です)---



と、歌いながら!!!




そこで、今まで止まらなかった繰り返しが、まとまって、




”ブラーヴァ!!! ブラーヴァ!!!”



と、拍手と歓声が沸き上がりました!!!





何と言う素敵な飛び入りでしょう!!!


カルメラが、歌の最後を締めくくってくれたのです!!!






♪”CON TE (コン・テ)!!!”♪



とは・・・





それは、





”あなたと共に”







という意味・・・。





(英語だと"WITH YOU".....あなたと一緒に、、、という意味です。)








あぁ・・・、marieがこの『Volare』というカンツォーネを初めて聴いた中学生の頃から、今まで、




ずっとずっと、私の中でこの曲は、





♪青く彩られた青空の中へ…  その上にいる 幸せ…





の繰り返しで、フェイド・アウト(だんだんと音が次第に小さくなって消えて行く終わり方です)していたのです・・・。






この歳になって、今やっと、こんなに素敵な終わり方がある事を知りました。




ものすごく、感動しました。







”青で彩られた青空の中へ… その上にいる 幸せ…あなたと共に…”






青で彩られた上空にいたのは、自分ひとりではなかったんですね・・・。






みんなで拍手して、お互いを讃え、カルメラを讃えながら、marieは、ホッとしたのと感動と感激で、ボロボロ泣いてしまいました・・・。

カルメラに、その場にいたみなさんに、”グラッツィエ、グラッツィエ!!!”




もう、その言葉しか、出てきませんでした…。





その時、



「もっと歌ってよ!さぁ、この次は何??」




、、、と、一番最初に集まって下さったご婦人(親子で来て下さっていました)から、声が掛かりました!!




予定外の事で、その時、自分でも何が何だか分からないような状態の中で、考えたのですが、




marieがフルコーラス歌える『ジンガラ』や『貴方にひざまづいて』という曲は、



少し、その場の雰囲気には合わないような気がしました。





それで、そっとこう言ったんです。






『チャオチャオバンビーナ』を歌います…。でも、歌詞は、余り知らないんです、、。皆さん私に教えて下さい・・・」



、、、と、、。




その場に居合わせて下さった方、全てそこを離れる事無く、


”よ〜し!!!”



と、歌い出しを待っていて下さっているようでした。






・・・marieは、静かに歌い出しました・・・







♪”チャーオ、チャーオ、、、バン…ビィーナァ・・・”

(さよなら、僕の可愛い人、、)


♪”ウンバーチョ アンコーラ・・・”


(もう一度、口づけを・・・)








ここまで歌って、あぁ、、、もう、、ダメです…。



胸が一杯になって、涙で一杯になってしまって、、声が詰まってしまいました…。




そこから、その場にいてくださった皆さんが、

また、声を合わせて、歌い始めて下さったのです・・・。





その歌声は、『Volare』の時とはまた違った、ものすごく優しい、柔らかな音色のハーモニーでした・・・。



まるでマシュマロのような、オブラートにくるまれたお菓子のような、、、そんな優しい、優しい、歌声でした・・・。







"Ciao (チャオ)!!"




.....この言葉には、深い深い歴史があります。



イタリアでは、



”こんにちは” も、

”さようなら”も、

”また逢いましょう”




も、全て同じ、





この、“チャオ(Ciao)!!!”   





という、ひとつの言葉で交わされています。





実は、この明るい”チャオ”という挨拶の言葉には、悲しい歴史があるんです・・・。




この“チャオ”の語源・・・




それは、、、”奴隷”を意味する”スキアーヴォ”.....。




その”スキアーヴォ”がベネツィアなまりで、”シャーヴォ”となり、




“チャオ”・・・となったんですね・・・。




中世のヴェネツィア共和国には、たくさんの奴隷がいたと言われています。




“チャオ”という言葉は、もともと



”私は、あなたの奴隷です”



という謙った、市民の間での挨拶の言葉だったのだそうです・・・。




底抜けに明るい、太陽の国、イタリアの



明るく可愛い、この『チャオチャオバンビーナ』



と言う歌の本当のタイトルが



『Piove(雨)』



であるように、


そして、実は、ひとつの恋の終わり...失恋の歌であるように・・・





明るさの奥底には、想像を絶する程の悲しみや苦悩があるということですよね・・・。




前に、"チャオ・チャオ・バンビーナ"♪...失恋に、ありがとう!!

というポストを書いたとき、


虹☆彡さんが、こんなコメントを書いて下さっていました。



>明るく歌ってるから、余計切なくなる曲ですよね。



本当に、その通りですよね・・・。(涙、、、)




そのストリートライヴでのアンコールは、


marieの歌を聴きに来て下さったはずの皆さんが、反対に、私のために歌って下さることになってしまいましたが、、、




私は、この



『チャオチャオバンビーナ』 という、



明るい歌を、




涙で一杯になりながら、聴かせて頂きました・・・。今でも、思い出す度に、涙が出ます…。



”失恋にありがとう”とサブタイトルを付けたのは、



もしも、あの時、あの恋が上手く行っていたなら、きっとこの歌をこんなに愛おしく思う事が出来なかったかも知れない、、、と思ったからなんです。


そして、一生、この歌の素晴らしさを、知る事が無かったでしょう。



歌うために、


歌いつづけていくために、


何かを知るために、



もっと成長するために、





”失恋して、良かった、、”と、思いました・・・。





オブラートにくるんだ、マシュマロのような皆さんの歌を聴きながら、


marieは忘れられない人の顔を浮かべながら、


”ありがとう”


と、心の中で何度も言いました。




そして、



“チャオ”...!!



と・・・。(涙)




この歌は、本当に愛苦しいメロディーで構成されています。




去って行く恋人を、恨んだり、追っかけたりしない。


“何故?”とか、“どうして?”とか、


問いかけたりしない。




”奴隷”というのは、適切ではないけれど、



私は、自分は例えれば月で、あなたは、太陽だと思っているから、



あなたが決めた事なら、それでいいよ、、、と”謙虚に”そう思える、、。





皆さんが歌って下さるこの歌を聴きながら、marieはそんなことを感じて、涙が、後から後から

流れ出てきました・・・。





感動のうちに、marieのストリートライヴ・イン・ムニャーノは終了しました。


集まって下さった皆さんと握手して、


ハグして、キスして、


アランチーノを貰ったり、

大きなペペローネを貰ったり、

”次は、いつムニャーノに来るんだ!?”とか

“この次は、ジジ・ダレッシオを歌っておくれよ!!!”
(ジジ・ダレッシオとは、ナポリの人達が誇りにしているナポリ出身のカンツォーネ歌手です)


と、言って頂きながら、(涙、涙、、、)



皆さんと別れを惜しみ、その後、後片付けと、お掃除をして、


ライヴに協力して下さった果物屋さんにお礼を述べて、少し、お店のお手伝いをさせて頂いて、


カルメラと、まるでライヴの続きのように、腕を組んで、歌いながら、帰りました。







さて、ここからが実は、みなさまにストリートライヴの感動以上にお伝えしたい、驚くべきことが起こったのです!

(”まだ引っ張るのか〜っ!”・・・、て、言いました?^^;;;;; ご、、ごめんなさーい!!)



長くなってしまったので、一旦切りますね!



今日もここに来て下さり、本当にありがとうございました!!!


心からの感謝を込めて

"Con te...!!!"
marie



d0031078_10575964.jpg

ライヴの後、もう一度お店に戻った時、このおじさんが、またやって来て、もうひとつ、ペペローネを渡してくれました(^^;;?
(この写真は別の日に撮ったものですが、いつもこんな感じでペペローネを下さいます^^・・・(何故かな?)^^;;


d0031078_10582873.jpg

頂いたアランチーノはこんな果物です。
アランチーノ、、、とは、“小さなオレンジ”の意味。

この小さな果実の中に、"Felice"(幸せ)が一杯詰まっています・・・。(涙)




甘いですよ。

・・・食べてみますか?(^^)
[PR]
by kanamarie | 2007-01-16 07:25 | LIVE | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/4569529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 虹☆彡 at 2007-01-16 07:45 x
うわ〜っ、泣けますよ、感動して。すごすぎる・・・

「con te」、とても好きな表現です。
私もメルアドに、英語ですが、よく似た表現、使ってます。


ライブ・レポートの続き、待ってますよ〜(^O^)/
Commented by kanamarie at 2007-01-16 07:50
わ!虹☆彡 さん!おはようございます!
早くから来て下さって、感激です(涙)

良かった〜!!
知らない間にいなくなっちゃってたら、どうしようかと、夕べは不安で眠れなかったmarieです(笑)

また来て下さいね!
ありがとうございます!!!
Commented by felice at 2007-01-16 08:26 x
おはようございます!すごいフィナーレですね!!
アモーレ・マンジャーレ・カンターレそのもののような。
(「ドゥエ・エウロ」じゃなくてよかった~^^)
ナポリっ子の魂を見せていただいたような気がします。
続きもまた☆


Commented by kanamarie at 2007-01-16 08:36
feliceさん!おはようございます!
ありがとうございます!(涙)
(やっぱり、そんな気もしてましたか?えへへ!そこが狙いだったんです♪^^)

続きも絶対に読んで下さいネ!!!
feliceさん、”コン テ”・・・ですよ!^^
Commented by ヨッシー at 2007-01-16 09:59 x
marieさん
いいお話しでしたね。あなたには初めて会った人でも心からうち解けて、一緒に歌ってくれるような魅力があるんですよね。

日本では普通見ず知らずの外人の方が一人で歌っていたとしても、多分誰も一緒に歌わないでしょう。国民性の違いがあるかもしれませんが、marieさんの歌に対する情熱がその場にいた人に感動を与えたのでしょう。

魂の歌い手に!  “CON TE”!!  Ciao!!
Commented by kanamarie at 2007-01-16 10:24
ヨッシーさん!来て下さってありがとうございます!

実は先日、ヨッシーさんの
『心が寒いとき…!!!』の詩のところで、

>楽しい時は自分の心と対話しないと思います。切ない時は自分の心と真剣に向き合って、何故そうなったのか考えてみる時期なのかもしれません。

と、お返事を頂いたとき、そのお返事を読みながら、号泣したmarieです。

そのお言葉こそ、私がこのポストで伝えたかった事です。(涙)

>魂の歌い手に!  “CON TE”!!  Ciao!!

あぁ…なんて素晴らしい…、、もったいないお言葉です。

ありがとうございます…(涙)
ずっと共にいて下さい。お願いします!

もう少しエポソードがあります。続きも是非、ヨッシーさんに読んで頂きたいです!!

ありがとうございます…!!!
Commented by longfeng at 2007-01-16 11:36 x
わ~感動しました!そしてものすごくたくさんのメッセージが
詰まってました☆marieさんの目を通してそのメッセージが
クリアになって届けられている感じです。
明るさの奥底には、想像を絶する程の悲しみや苦悩があるというのは
真理ですね。幸せも不幸も表裏一体なのでしょうね。そしてどちらが
良くないというわけではなく、不幸や悲しみがあるからこそ幸せや
喜びがものすごく輝き愛おしまれる・・・
marieさんの歌は、それを伝えてくれるのでしょうね。
次の驚きの出来事は一体なんだろう??次もまた
楽しみです♪
そしてカルメラさん、ものすごい存在感ですね!
彼女が出現すると「ジャジャーン」と音が鳴り響きそう・・・
Commented by kanamarie at 2007-01-16 11:47
longfengさん!
読んで下さったのですね!ありがとうございます!!!(涙)

 "Con te"と  "Ciao"
歌の素晴らしさと共に、この言葉の美しさをお伝えしたくて、長くなってしまいました。相変わらず、不器用な書き方しか出来ず、ごめんなさい・・・。longfengさんのように、知的にズバッと、まとめられないんです…(泣)

次こそが、少しみなさん”引かれる”かもしれませんが、、、
”告白”というタイトルでお届けする、このライヴレポのクライマックスです!

仮面を外したカルメラの素顔に、ご期待下さい。

longfengさん、いつも見守って下さって、ありがとうございます…。感謝でいっぱいです…。
Commented by daikonhana at 2007-01-16 11:56 x
marieちゃんのレポートと皆さんのコメントを今までずっと読んできて、しみじみとしています。いいもんだにゃあ。

もう今では、一日中聴いていた、あれはあれで楽しかったスペイン語の早口のVolareではなく、しらふのドメニコ・モドゥーニョ氏のイタリア語の歌が頭の中をゆったりと流れていきます。

CON TE 良い言葉ですね♪
Commented by kanamarie at 2007-01-16 12:07
daikonhanaさん!
ありがとうございます!

みなさまのコメントが素晴らしいんですよね!!!(涙)
本当にそうです!!
もう、、、いつもいつも、、感謝して止みません…。
ストリートライヴと同じです。歌っている本人ではなく、来て下さった方が素晴らしかったんです!!!(涙)同じですね…!!

今日は少し根を詰めて書いてしまったのですが、、
こんな風にコメントを入れて下さる方がいて下さって、、、緊張も吹っ飛んで天にも昇る心地です!!!(涙)

待っていたdaikonhanaさんも来て下さったし、(^^)
嬉しーい♡です!!

感謝が絶えません…。こんなに幸せで、いいのでしょうか…、私…。。
(涙…)

ありがとうございます・・・。

Commented by MTNY at 2007-01-16 13:46 x
たった一曲とアンコール一曲のストリートライブにこれだけ感動のドラマがあったとは、知りませんでした。最初は前置きが長いので、果物屋の前のライブで何があったのかなあ??と思っていましたが、素晴らしい出会いと感動があって良かったですね♪

ところで、marieさんは、共通一次元年の受験者だったのですね。私も元年受験者です。関西の大学に行っていたので、どこかですれ違っていたかも?
Commented by マリアン at 2007-01-16 19:43 x
いいお話ですね。
やっぱりウルウルしました。

まるで その場にいて、みんなと一緒に歌っている気がしました。

イタリア・・・ナポリ・・・いいなぁ。

いい加減さに、腹が立つときもあるけれど、イタリアいいなぁ。歌っていいなぁ。辛い経験があるから、幸せな歌を上手に歌えるんだな・・・。

marieちゃん、ありがとうね^^
Commented by kanamarie at 2007-01-17 06:40
MTNYさん!
おはようございます♪来て下さってありがとうございます!
本当に、前置きも何もかも長くなってしまってごめんなさい、、(^^;;
今のmarieが元気に明るく歌って生きられるのは、一重に、ここに集って下さるみなさまの”忍耐力”の賜物です。

私の記事は、所謂ひとつの、”一冊の本にするとページ数は300、要約すれば3行”、という感じです(汗

え? MTNYさんも、じゃあ私と同じ歳なのですか!?
きゃっ!関西の大学!本当ですか!?
MTNYさんが関西に。。少し意外です!
どこかでお逢いしているかもしれませんね!何だかとっても嬉しくなってきました!!^^



Commented by kanamarie at 2007-01-17 06:56
マリアンさん!
おはようございます♪
私の方こそ、ありがとうございます!(涙)

マリアンさんが、一緒に歌って下さっているお声が、聴こえて来ます♡
daikonhanaさんのお声と共に…(涙)

以前マリアンさんに、
>歌のすばらしさは、時を越えて、国境を越えて感動をシェアできることですね。
と、書き込んで頂いたことがありましたね!
歌は、”時”も越える…。本当に、不思議です…。

あ!少し話題が変わるのですが昨日マリアンさんの日記でここを読んで

>反省しつつも、でも止められな〜〜い。

ひっくり返りそうになったmarieです。(^^;;;
PCの画面に向かって、思わず拍手!!!

マリアンさんの、その弾けつづける威力は魅力!!!
私にも分け与えて下さい(^^)

いつもありがとうございます!^^感謝…。