∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

LA FORZA DEL DESTINO (運命の力)--決して一人になれない国、イタリア(1)--

みなさま、こんにちは!

何だか”春”を思わせる雨が降っていますね…。

そんな中、今日もここに来て下さって、心から感謝をいたします。嬉しいです^^


イタリアでのライヴの事を書こうとすると、、

思い出して、歌ってしまうんです…。(もう、次のライヴの事を考えています。次はもっと、ああしたい、、こうしたい、、そんな思いで一杯です。)


今まで、他のミュージシャンのライヴレポートはたくさん書いてきましたが、
自分のものは、、、書けませんね・・・(笑)

ポジターノでのライヴは、お客様がイタリア人ばかりでなくて、アメリカ、スイス、オーストラリア、イスラエルの方など様々だったので、

セットリストには無い、各国の歌も何曲か歌ったのですが、

オーストラリアの第2の国歌、と言われる「ウォルツィング・マチルダ」(Waltzing Matilda)を歌った時に、オーストラリアの方だけでなく、会場にいた、みなさまが、泣いて下さったのが、、、一番心に焼き付いています…。(自分も泣きながら歌っていましたが…)


この歌は、オーストラリアの国民性を物語る、、と言っていいほどの奥深い曲なんです。

marieは昔、シドニーのクルーズ船上でジャズを少し歌った事がありましたが、その時にもラストは必ずこの曲を入れていました。

“あぁ、、、色んな国を回ってきて、、、良かった、、、”

と、ポジターノで、つくづくと思いましたし、今も…思い出す度に、感慨深いものがあります…。


さて、このお話は、また、ゆっくりと書くことにして、(ポジターノでのシークレットライヴにはたくさんお伝えしたいことがあるのですが、”シークレット”なので…慎重に、書いていきますね。)




実は、行きの飛行機(アリタリア)の機内で、、というか、実際にはミラノで降りてから、、なのですが、“あるミュージシャン”の方(方々)との出会いがあったのです!


機内には、大体後方の部分にブランクの席が設けてあって、
私はいつもそこを利用させて頂いて、横にならせて頂くのですが、

ミラノに到着する少し前に、寝ぼけているmarieの頭上で、
キャビンアテンダントの女性(かなり、つっけんどん?)と、何やら一生懸命、交渉している方(女性)がいらっしゃいました。

「ベースが…、ベースが…」

と、何度も話されています。

”楽器を持って来ていらっしゃるんだなぁ…。私もサックスを持って来ようと思ったんだけど、、。音楽をやってる方なのかな?”

なんて思いながら、聞き耳を立てていると(^^;;;


「あの、お客様は一体、何を仰りたいのですか?!」

と、キャビンアテンダントの女性の冷ややかな(愛想の無い)声が、大きく響きました。

”うわっ!キツいなぁ…”

と、思いながら、

”そうですか、それならいいです”と、諦めざるを得ないんだろうな…


と思っていると、


交渉していた女性は、それでも引き下がらず、


「だから、、、!!!あの、、、”楽器”って、デリケートなものじゃないですかぁ、ね?だから、あの、、私たち、心配なんですよ!!!」


と、食い下がっています!!!!!


”すごい!!頑張れ〜っ!!!”
とmarieは、心の中で声援を送っていました!


その交渉している、多分音楽をやっているであろう女性の方は、

”楽器はデリケートなもの”を、何度も何度も強調されていました。



で、その、交渉していた女性は、見事に、つっけんどんな客室乗務員を”ねじ伏せ”て(笑)


「分りました。本来なら出来ないんですけど」


と、預けた楽器を、点検しに行かれたようです。




”すごいなぁ〜”



楽器よりも本人の方が数段デリケートな???marieなら、(冗談です^^;;)


あんな風に


「お客様は、一体何を仰りたいのでしょうか!?」


なんて言われたら、その場で


「あ、、、いえ。。。言いたい事なんて何もありません、、、すみません、、、、」


と、引っ込んでしまうに決まっているのに・・・。




その凄い粘り腰の(笑)女性の方は、井戸口さん(この写真は多分京都ラグですね^^)

というアーティストであることが、その後ミラノに到着してから、明らかになったのでした!!♪


井戸口さんと、彼女が率いるバンドのメンバーの方々は、ローマを皮切りに、ナポリ、スイスとライヴをされたそうです!!

ナポリでは、あの、バー、ガンブリヌスで、ライヴをされたというではありませんか!!!


何と言う事!!!!!


実は、marieも、バー、ガンブリヌスで、ライヴを演る”はず”だったのです!!!



それが、出来なかったのです!!!(大泣)


バー、ガンブリヌスで演るハズだったライヴは、さて、marieは一体、どこで演ったのでしょう…???


そして、何故、ガンブリヌスに行けなかったのか…それはこのポストのタイトル、

”決して一人になれない国、イタリア”の中に隠されています。



この続きと、井戸口さんのことは、また、すぐに書きますネ^^




今日もここに来て下さって本当にありがとうございます・・・。


感謝と共に

marie



d0031078_3424252.gif



d0031078_4414487.jpg

昨日は、一歩も外に出ない寂しいクリスマスでしたが、思いがけず、こんなに嬉しいプレゼントが届いていました!

真ん中にあるのが、marsさんからのワイン!!!
向かって右側は、daikonhanaさんから、marieと娘にまで…(涙、涙…)
左側のお手紙は、先日のポストでアップしたguardian angelを送って下さった時の、longfengさんからのものです。
白いエレガントな封筒の上にあるのは、その中のお手紙と一緒に入っていた、銀のちいさな天使達です。封を開けた時、パラパラと舞ってきて…感動しました。

d0031078_84005.jpg
今、このお部屋に、たくさんの天使が舞っているようです・・・(涙)

d0031078_4434347.jpg
アルザス地方のリースリングは、パリに住んでいた時に、あのみちるちゃんとも良く飲んだワインですが、こんな高級なものは飲んだことがありません…。

美味しい…。美味し過ぎます…。

”芳醇”なまろやかさ・・と、そこはかとない力強さの、素晴らしいバランス・・・!!!
それに加えて、色がなんとも美しいのです!!透き通った”黄金色”で、
宝石を体に流し込んでいるかのような感覚に陥りそうです・・・。

ずっと辛口の白ワインを飲みつづけてきた私の、心も体も癒してくれるような…そんな逸品でした…。(もう空っぽです)

daikonhanaさんの直筆のメッセージも、心に響きます…。
お忙しい中、私や娘の為に、クリスマスに届くように、、と、想いを一心に込めて届けて下さったのでしょう・・・(涙)

”愛”ですね・・・。


marsさん、daikonhanaさん、そしてlongfengさんもう一度、ありがとうございます・・・。


深い感謝を、申し上げます・・・。




d0031078_829666.jpg
イヴになりたての深夜(早朝?)4時頃、marieがさささーと作ったローストチキンとミモザサラダを(無理矢理)食べ(させられ)ているみかちゃんです。^^

娘とは、イヴの日は一緒に過ごせました。

「ママは子供の頃、貧乏だったけれど、それでも両親と一緒のクリスマスの時の思い出はたくさんあるわ、、。そんな風に、ママはみかちゃんにクリスマスの思い出を作ってあげられているのかな・・・」

としんみりと尋ねたら・・・

「さあ!胸に手を当てて、良〜く、考えてごらんなさい!?」

と返されました。コケてしまいました。^^;;;

「クリスマスに何かママにしてほしいことはない?」

と尋ねたら

「取りあえず、洗濯物がたまっている」

と、そっけなく切り返されましたし・・・(^^;;;


この家で娘と共に過ごすイヴは今年が最後ですが、

「来年もママと一緒にクリスマスをお祝いしようね」

と、少しセンチメンタルになって言うと、


「来年のイヴは彼氏と過ごすから。そっちを優先するからね」


なんて、、、そんな強気な事を言いながらも、


まだ”シャンメリー”(子供用のノンアルコール飲料です)を飲んで喜んでくれているところが、可愛らしいです・・・(笑)


みかちゃん、色々気遣ってくれて、本当にありがとう・・・(涙)
[PR]
by kanamarie | 2006-12-26 08:46 | イタリア | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/4449740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by torigen at 2006-12-26 17:42 x
どもぉ〜。
わはは、のっけから凄いエピソードだ、わはは。
すかさず、BONさんの処にもお邪魔してきました(汗)。

そっか、シャンメリーのみかちゃんな訳だ…。
元気?みかちゃん?
Commented by kanamarie at 2006-12-27 02:41
torigenさん
ありがとうございます^^
Jayちゃん具合は如何ですか?

井戸口さんのところに行って下さったのですか!嬉しいです^^
素晴らしいでしょう?
HPの雰囲気やお写真からは、豪快さ、というか、、スケールの大きさを感じるのですけど、(音楽も、そうなんでしょうね!)
井戸口さんご自身はものすごく穏やかで優しく可愛い感じの方なんです。
marieなんかより、ずっと女らしい方だと思います!!(間違いありません!!)

あ、みかちゃん、元気ですヨ^^ありがとうございます。
クリスマスは、少し様子がおかしかったけど、、、(心配、、)今日は元気を取り戻したみたいで、安心しているところです。
Commented by daikonhana at 2006-12-27 10:18 x
私もウォルツィング・マチルダを聴くとなぜか泣きます♪

maieちゃんのライブ友人二人誘っちゃいました^^
Commented by  BONちゃん at 2006-12-27 17:24 x
BONジョルノ〜♪

marieちゃん、torigenさん

ミラノ,マルペンサ空港での僅か数分間の出逢い、、
その中でこんなに私の事を想って下さるお二人に感激です。

あ、BONちゃんて、呼んで下さいね〜。

marieちゃんの歌が聴きたくて仕方がありません。
「Prendi questa mano...ジンガラ〜♪」
Commented by kanamarie at 2006-12-27 17:40
BONちゃん、ごめんなさい!!!

私、今朝BONちゃんが入れて下さったコメントにお返事をして、訂正しようと(涙の”ただめ”になっていたので)自分のコメントを削除しようとした所が、
そのひとつ上の
 BONちゃんのコメントを削除してしまったんです、、、、、、(泣)

なんと言う事を、、、、(本当にショックです、ごめんなさい!!!m(__)m

それで、覚えていて確実な部分だけを打ち直しました。

ごめんなさい!本当に、許して下さい!!!
どなたか、BONちゃん(井戸口)さんのコメント、キャッシュで持ってらっしゃる方、おられましたら、どうかどうか、marieまで送って下さい!!!

井戸口さん、、、、折角コメント入れて下さったのに、、、

本当に、ごめんなさい、、、。(泣、、、)
Commented by kanamarie at 2006-12-27 17:43
(↓これがその、訂正したコメントです、、ごめんなさい、、、)

BONちゃん...*^^*(井戸口さん)

わぁ〜〜!来て下さったのですか!嬉しいです!!ありがとうございます(涙)

BONちゃん…(本当に、こんな風に呼ばせて頂いていいのでしょうか…?)のところからリンクしていたRieさんのブログも拝見しました。すごい…素敵に無敵です!!

私もBONちゃんのピアノを、早く聴いてみたいです!

きゃぁあああ〜
「ジンガラ」の歌詞、ご存知なんですね!!!(涙)
嬉しい〜〜〜

(今ここでフルコーラス歌ったmarieです♪)

日本では「ジンガラ(涙のさだめ)」というと、何故かボビー・ソロなんですよね、、。?

でもやっぱり私は、ジャンニ・モランディ(彼の作曲です)のが、大好きです。
無理に抑えたり、控えたりせずに、堂々と歌い上げる!!!

まさに、クルセイダーズに通じるものが、ありますよね!!!

>Prendi questa mano...ジンガラ〜♪」

を受けて(この手(手相)を見てください、ジンガラ、、、(女のジプシーの占い師))

「この歌を聴いて、BONちゃ〜〜ん〜♪」

ペル・メェ〜〜〜♪♪

お電話「覚悟して」待ってます^^
Commented by kanamarie at 2006-12-27 17:58
ひとりごとです、、。

あぁ、、、、、、。。。。

ダメだなぁ、、、。わたし、、、

どうしてこんなに、落ち着きが、ないんだろう、、、。

折角頂いた、逢い難いコメントを、削除してしまうなんて、、、
しかも!初めて書き込んで下さったのに、、、!!!

エキサイトブログ、、、
削除のとこをクリックしたら、入力し直せないんですよね、、、?
(エキサイトの人に聞いてみようかな、、、)

あぁ、、、、、

井戸口さん、、、本当にごめんなさい、、、。(泣)
Commented by kanamarie at 2006-12-27 18:09
daikonhanaさん
ありがとうございます。(涙)
ポジターノでも、日本でも、このポストを書いた時もそうだったんですけれど、
この「ウォルツィング・マチルダ」を歌う時は、必ずdaikonhanaさんのお顔(まだ、どんなお顔かは分りませんが、、、^^)
が、浮かぶんです。

この曲は、何故か不思議と、「リリー・マルレーン」に通じるものがあるんですよね・・・。

この2曲、どちらも「マーチ、(行進曲)」としても扱われているのですが、
ただひたすら、前向きに歩いて行くその行程の中に、

ひたむきな一筋の”想い”が、あるということですよね・・・。
Commented by torigen at 2006-12-27 20:43 x
思わず、BONちゃんさんの処にワープしてしまいました(汗)。

そっか、削除してしまった?
しかし、何だか最近コメントしようとした時にFirefoxが固まってしまうことがしばしば。これって、Mac版Firefoxだけなのでしょうか?汗

年明け、BONちゃんさんLiveにでも一緒に行く?わはは。
頻繁に京都でもやっておられるようなので…。
Commented by longfeng at 2006-12-27 20:53 x
marieさん、こんにちは☆
そうですか~、またまた素敵な出会いですね!決して偶然では
ないのでしょうね♪
深夜3時のクリスマスイブ、なんだかいいですね~。それよりも
良いのが、娘さんの名言ですね!marieさんとお嬢さんは最高の
コンビなんですね☆☆
Commented by kanamarie at 2006-12-28 01:40
daikonhanaさん、追加です。
私のライヴにお友達を誘って下さって、本当にありがとうございます。
みなさまに、”来て良かった…!!!”って、喜んで頂けるショウにしなければいけませんね。

頑張ります。ありがとうございます。
Commented by kanamarie at 2006-12-28 01:56
torigenさん
落ち込んでさっきまで寝込んでしまいました…。
本当に、申し訳ないです…。
”早くお返事を打とう”と意気込んだのが、こんな結果になってしまって…(泣)

”戻る”をクリックしたら、井戸口さんが書き込んで下さったコメントが残っているかな?と何回もクリックしたら、
その時は、daikonhanaさんに打ったコメントが、何度も重複してしまって、、、
焦りとショックで、、、あぁ、、、。。

井戸口 BONちゃんのところでは、優しいお返事頂けてよかったですね!! torigenさん!!!^^
BONちゃん、ものすごく丁寧に答えて下さっていますよね♡そう言うところに、お人柄が出ていますよね^^

彼氏が”いい”と言ったら、一緒に行きますよ^^ライヴ。

まだいないけど。(笑)
Commented by kanamarie at 2006-12-28 02:17
longfengさん
ありがとうございます(涙)
嬉しい!!
longfengさんには、私の心が見えているんですね^^
娘と私の会話、面白いでしょう?いつもこんな感じで、どっちがお母さんなのか分らないですよね(笑)
でも、わざとそっけない返事を返すのは、彼女なりの、ものすごい”配慮、思いやり”であることを、私には分っているんです…。
ええ、、。深夜彼女と過ごした今年のイヴを、一生忘れないと思います…。(涙)

イタリアでどんな出会いがあるのか、、と思っていたら、もう、着く前から素敵な方(方々)と出逢えて、、、人生って、不思議ですね。

繋がっているんですよね…。きっと…☆
Commented by kanamarie at 2006-12-28 02:23
あ!そうそう!お洗濯もね、だから深夜早速したんです。(^^;;;
真っ黒の夜空の下ベランダに出て干す時に、寒いから、いつもお買い物に行く時に着ていく真っ赤のフード付きのジャンパーを羽織ったら
「うわぁ〜!!ママ、ホントにサンタさんみた〜い!」
と、ものすごく喜んでくれていました。^^;;;;;
Commented by BONちゃん at 2006-12-28 06:29 x
あ〜〜ん!
marieちゃぁぁぁん!
ぜんぜんだいぢょーぶだってばぁぁぁ(^^)
そんなことで落ち込まないで〜〜♪
そんなことで気にするよーなボンチャンではないってばぁ☆
だれにでも失敗あるもんあるもん!!

そもそもよ!
チッポケな事を気にする人間が
ナポリ(イタリア)を好きになるわけないやんかぁー!笑笑
でしょ?
ね!ね!ね!ね〜〜〜♪

torigenさんの心優しいご配慮本当にうれしく思います!

ってか!
ココに来られるmarieちゃんのお友達って優しすぎ(^_-)

あたしたちの出会いにサルーテ★かんぱい☆
今後ともよろちくぅー!!!!!
Commented by kanamarie at 2006-12-28 09:15
BONちゃん さん…
あ、、、ありがとうございます…(涙、涙、、、)

あぁ…良かった、、。。こんな風に書いて頂けるなんて・・・

あぁ・・・嬉しいです…。ホッとしました…。

いえ…。。頂いたコメントを、削除してしまったことは、、全然ちっぽけな事ではありません、、。
大きな過失です、、。本当に申し訳ありませんでした…。

なのに、こんなに優しく寛容に、私の失敗を包み込んで下さって…
本当に本当に、心から心から、感謝いたします…。

(長いから、分けますね、、)

Commented by kanamarie at 2006-12-28 09:20

本当にありがとうございます…BONちゃん(さん)
こうして、またコメントを頂く事が出来て、本当に救われた気持ちです。
井戸口さんは、本当に太陽のように大きく輝かれているんですね。

それに、ここに集って下さる方の優しさを分って頂けて、何より嬉しいです!!!
今、marieが元気にこうして歌いつづけていけるのは、全て、ここに来て下さるみなさまのおかげなんです。


BONちゃんさんの”ひとりごと”を少し読んだのですが、いつも人生の節目には、優しく背中を押して下さるご主人様に感謝、、、と(小さな字で)書いていらっしゃいましたね^^

あれ読んで、胸が熱くなりました。

ご家族想いのBONちゃん(さん)、、、。

>あたしたちの出会いにサルーテ★かんぱい☆

嬉しいです(涙)”あたしたち”なんて…*^^*

何杯でも飲んじゃう・・・^^

BONちゃん(さん)、、本当に、優しいお言葉、ありがとうございます・・・。

感謝します…♡

Commented by torigen at 2006-12-28 19:44 x
ありゃ?またさっき書いたの載ってない…爆。

その後にBONちゃんさんに来て頂いて良かったなぁ!わはは。
torigenさんの心優しい…プッ!BONちゃんさん、んな事書かないでくだされ、コケるから…。

やっと、David T. Walkerの「David T. Walker」届きました。
ライナー読んでるとウエヤマ氏の満面の笑みが見えるようデス!
WiltonもJoe Sampleもヤッてくれてます!ゼ。
Commented by kanamarie at 2006-12-29 05:06
torigenさん
え?本当ですか?どうして???
愛の告白、とかじゃなかったんでしょうね?(爆)

>その後にBONちゃんさんに来て頂いて良かったなぁ!

ええ…(涙)。。本当に、良かったです・・・。救われました、、。
BONちゃんさんも、torigenさんもお優しいですね・・・。感謝しています・・・。

>やっと、David T. Walkerの「David T. Walker」届きました。

え?あと2作は???ちゃんと買って下さったのでしょう???

その中の「Never Can Say Goodbye」最高にいいでしょう?
(今marieも聴いています)
あと、「What's Going On」も、、。

「Never Can...」は、sidewinderさんのネットラジオで4年くらい前に初めて聴いたんです。

ロスでDavid T.にお逢いしたとき、”あなたのこの曲が大好きです”、とお伝えしたら、とても喜んで下さいました。

多くのDavid T.ファンの長年の夢がやっと叶ったのです。

再発されて当然のアルバムがCD化され、

当然、それに一番相応しい方が、ライナーを書かれた・・・。

成る可くして成った、結果です。

素晴らしいですね!!!(涙)

(ジャズライフも買ってね^^)
Commented by torigen at 2006-12-29 17:21 x
>え?あと2作は???ちゃんと買って下さったのでしょう???

ヤベっ!
わはは、いやぁ少し買いすぎ傾向だったので来月に廻そうと…。
Grover Washington Jr.のDVDやら何やら…(baku!)。
「Never Can Say Goodbye」YES!!
JazzLifeはDavid T.の特集なんですよネ?年末のバタバタで本屋に寄る余裕が無かったりして(汗)。
Commented by kanamarie at 2006-12-30 03:40
torigenさん
アドリブ1月号にも、関連記事が載っているそうです。marieもまだ買っていないのですが・・・(急がなきゃ!)

ブログにも載せてネ♡

宣伝して下さい。♡♡♡お願いします(^^)♡♡♡