∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

Innocency.....♪

いつもここに来てくださってありがとうございます。

地震が多いですね・・・。皆様、どうか気を付けてくださいね・・・。


続きを書いていきます^^


暫く言葉も無いままに、お互いの髪を撫でたり肩を抱いたり涙を拭き合ったり・・・触れ合いながら見つめ合って、時間が過ぎていきました。

バレリアはウエインから私が長時間のフライトで疲れているようだと聞いたので、もしも寝ていて起こすといけないからと、直接連絡を取らないようにして、
ホテルのフロントに何度も電話をかけて、私が降りて来たか?とか、夕食は摂ったかとか、昨日から何度も確認してくれていたのだそうです。

朝、降りて行った時にホテルの方がバレリアに”彼女が起きて来たわよ!”って連絡をしてくださったので、待機していた姉のエレクトラと一緒に、ホテルに駆けつけてくれた・・・ということだったのだそうです。

何も知らなかったので、本当にびっくりしました・・・(T_T)


私は一旦部屋に戻って、日本から持って来た彼女達へのお土産を渡しました。

バレリアとエレクトラ、2家族分、子供は合計5人です。色んなものを持って来ました。(食品や衣類や、和の雑貨、DIY用品、文房具等・・・いっぱい持って行きました。前々から用意していたもの、直前に買ったもの、空港で買ったものもありました。)

私は普段からオーガニック(無農薬、減農薬、無添加)の食品を山口県から取り寄せているのですが、彼女達へ持って行った和の食品も、自分が使っているのと同じものを購入して持参しました。

例えばお味噌や、顆粒のいりこだし、パックになった鰹だし、これでお味噌汁が作れます^^
日本茶、おうどんやお素麺、ホタルイカの佃煮、わらび餅や葛餅、玄米餅も持って行きました。お餅や佃煮は初めて見たと言って、喜んでくれていました。

それから、昔、ナポリに東京ウエストのリーフパイを持って行ったら、皆すごく喜んでくれて意外だったので、日本の洋菓子も味わって欲しくて、
デパートで2家族分購入して持って行きました。アンリ・シャルパンティエのもの(関西では王道ですよね^^;)で、分けやすいように小菓子の詰め合わせを選びました。

それらのものを一つ一つ、嬉しそうに手に取って微笑んでくれている彼女達を見ていたら、幸せな気持ちと、この旅を叶えてくださったプロモーターの前田さまに、感謝の気持ちでいっぱいになってまた泣いてしまいそうでした・・・。(ありがとうございます。涙)

後、子供達に日本の握り寿司の形をした消しゴムのセットを5人分買って行ったら、これに彼女達がすごく驚いて!!

”お土産、何がいい?買って来て欲しいものがあったら教えて”って、何度尋ねても遠慮して返事が戻ってこなかったけれど、実は子供達のために、これが、本当は欲しかったのだそうです。

”どうして分かったの!!!???”って、宝石を触るかのように消しゴムを大切に握っているので、笑ってしまいました。

今度は、山盛り持って行ってあげよう。(笑)




そうこうしている間にもうお昼の時間になってしまって、私たち3人は、エレクトラの車で市の中心街へ。
"カナフのウエルカムパーティーよ!”って、笑って連れて行ってくれました。

バレリアと私が散歩している間に、エレクトラは次女のペネロペを迎えに行って、ベビーカーで連れて来てくれたのです。

遠くから私の名前を呼んで、途中でベビーカーを降りて一生懸命に、私の元に走って来てくれるペネロペ・・・!!!

何て、可愛いのでしょう・・・(涙)

まるで、白い妖精のようです。


そして、私にこんな可愛いお花束を渡してくれました。私と逢うと言ったら、突然野原に駆けて行って摘んで来てくれたのだそうです・・・。


d0031078_21372239.jpeg
ホテルの部屋に大切に持って帰り、小さな瓶に生けました。

この可愛いお花束をペネロペの手から渡された瞬間も、忘れられません。

"Innocency"

-----純真、純白-----


忘れかけていたこの言葉が、鮮やかに蘇って来ました。



オープンカフェに座り、彼女達が私にグラスシャンパンをご馳走してくれて、(彼女達はジュースとコーラで)4人で乾杯。
小さなパニーニを2つ注文し、それを半分づつに切って、ささやかな贅沢です。
私が払うと言ったら、”カナフはゲストだからダメよ!”ってエレクトラが走ってお会計に行きました。
午後から仕事のエレクトラは、ペネロペが食べ残したパニーニを自分のお昼ご飯にして休憩時間に食べると言って、大事に包んでカバンに入れていました。

その光景を見て、思ったのです。

もう決して、彼女達にお金を使わせちゃダメだ!って・・・。

節約しながら一生懸命働いて、無駄の無い生活を送る慎ましやかな姿に、心が打たれます。

この日の”おもてなし”は、私にとって、ある意味本当にゴージャスなものでした。

有り難くて、幸せで・・・お金では買えない贅沢な時間を過ごさせて頂いた思いです・・・。




今日は長くなってごめんなさい。また読んでくださいね。


感謝を込めて
Kanafu Marie





[PR]
by kanamarie | 2016-11-25 22:08 | イタリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/23650914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。