∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

ちょっと休憩・・・♪

いつもここに来てくださってありがとうございます。

イタリア旅行の記事にお付き合いくださってありがとうございます・・。

今日はちょっと休憩?して(笑)久し振りにお料理の記事などを・・・^^

この前娘の美佳ちゃんが来てくれた時に作ったお料理です。彼女が写真を撮って、フェイスブックに載せてくれていました(涙)

d0031078_22122949.jpg
上はガパオライスです。ベランダで育てているバジルを使いました。
パプリカと鶏ひき肉をナンプラーやオイスターソース、レモン汁(本当はライム)で味付けするだけ。簡単なお夜食です。
作っている間のアペタイザーにレバームースと生ハム、パリミジャーノのカナッペを。

d0031078_22110093.jpg
上は、100%ビーフのハンバーグのリメイク料理です。
ちょっと柔らか過ぎたので、赤ワインとデミグラスソースで煮込んでポーチドエッグを乗せ、
手打ちのタリアテッレ(平麺パスタ)を下に敷いて崩しながら具(ソース)にして食べるようにしてみました。
濃い味付けを卵の黄身がまろやかにしてくれて、太めのパスタと良く合います。
下は、アジフライとオクラのフライです。
アジの干物をフライにしてみました。オクラも美味しかったみたいです^^

d0031078_22131848.jpg
上はパインセオというベトナムのお好み焼きです。
黄色く見えるのはは卵ではなくターメリック。
ターメリックと米粉、片栗粉、お塩をブレンドして水に溶き、小口切りにした細ねぎを混ぜてパリパリに焼いて、炒めたエビ、鶏ひき肉、を乗せ、
生のもやしをその上に置いて蒸し焼きにして最後に折りたたみます。

下はカオマンガイというシンガポールのチキンライス。
本当のレシピは最初に鶏を茹でて、その茹で汁でお米を炊いていくのですが、
今回は炊飯器でその工程を一度に、簡単に作ってみました。
生姜やにんにく、ハーブ等で味付けしたご飯に塩やお酒、スパイスで下味を付けた鶏もも肉を、皮目を下にしてお米の上に置き、
一緒に炊き上げるだけです。
それにスイートチリソースを添えましたが、ピーナッツソースも作ってみました。
レタスがなかったのでバジルを添えて。これをサーブする前にエビ春巻きやカルパッチョ、若竹煮を出していたので、
ハーフサイズにしました^^

d0031078_22150010.jpeg
d0031078_22161418.jpeg
上のは、車海老の天ぷらです。
デパートの閉店間際、半額で買って来た魚介類を順番に天ぷらにして、少しずつ揚げていきました。
カレー塩やハーブソルトなど、色んな味のお塩や天つゆをつけて。

下の写真は、大急ぎで作った定食です^^;
メインはアスパラガスの牛肉巻き、(細〜いアスパラと、牛肉もちょこっとだけ残っていたので^^;)
小鉢もののプレートは、上からキュウリとミョウガの浅漬け、釜揚げしらす、
冬瓜と鶏手羽先の煮物(前日の残り物)
カニ酢、菊菜のおひたし、キュウリの赤しそ&梅酢漬けです。
鶏とごぼうの炊き込みご飯に合うように組み合わせてみました。

菊菜(春菊)は、美佳ちゃんも私も大好きなんです!胡麻和えや白和えにしても、ほうれん草のとはまた違った味わいがありますし、
生でサラダにして、クルミやリンゴ、あればカッテージチーズやクリームチーズと一緒に和えても大変美味しいです^^*

キッチンに立って、誰かのためにお料理を作っている時って、本当に幸せです。
こんな時間が持てることに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

どんな料理も、頑張って、美味しいって食べてくれた美佳ちゃんにも感謝・・・(T_T)


今日も読んで下さりありがとうございました。

イタリアの続きも、最近あったちょっと嬉しい再会のお話もまた書きますので、また、来て下さいネ!



感謝を込めて
Kanafu Marie

↓オマケです^^;

ある日の私の夕食。無性にグラタンが食べたくなって。。。
でも、私はいつも、そんなに食べることが出来ないんです。
だから小人サイズのミニチュアココットで作ってみました。
中にはそれでもちゃんとショートパスタとエビが入っています!
コーヒーカップのお皿の上に乗せると、こんな大きさです。
d0031078_23163787.jpeg






[PR]
by kanamarie | 2016-10-17 22:50 | Cook Is Love | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/23558850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。