∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

One Step Ahead 2016

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

みなさま

いつも、どんな時も、ここに来て下さって本当に有り難うございます。

昨年も、見守って頂き応援して下さった事を、心から感謝しています…。


なかなか皮膚炎の症状が治まらず、痒かったり痛かったりして…、書きたい事、書かなければいけない事がたくさんあったにもかかわらず…集中力が無くて、、ブログの更新が疎かになってしまって申し訳ありませんでした。

今も、良くなったりまた悪化したり…その繰り返しです。
鏡に映る自分の素顔を見て、

『早く人間になりたい』

と、思わず呟いてしまう、妖怪人間ベラのような心境ですが…、ベラって、イタリア語で”美しい、きれい”という意味なんですよね。笑

表面はどうあれ、心はいつもそのようでありたいと思っています。(そっちの方が難しかったりして^^;)


それで、ライブも、音楽活動も、これ(この症状)が良くなってから、治ってから…と待っていては、もしかしてこのまま私が死んでしまったり^^;

待ち続けて、よぼよぼのお婆ちゃんになってしまっては遅いので、(もう、なりかけていますが^^;)


もういっそのこと、このままの状態でも、出来る事はして行こうと決めました!


余りに酷い状態ならば、タイガーマスクの覆面を付けてライブをしますので、(本当です)みなさま、どうか、marieの歌を聴きにいらして下さい。

昔は、タイガーレディと呼ばれていた私なので、


もしかしたら、こっちの方が良かったのかも知れませんね。(笑)


今日は歌い初めで、これからスタジオに出掛け、その足で今年初のライブの打ち合わせでスケジュールを調整して、

後は、この10年以上成し遂げられなかったプロジェクトを今年完成させるべく、動いて行きますね。


いつも心から応援して下さる”あなた”や、娘の愛を頂いて、

今出来る事を、精一杯、やって行こうと思います。


暮れに、イタリアから一本の電話がありました。

この人STILL---I LOVE ALBA!!!---

アルバママの娘、バレリアからでした。

12月、どこにも外出出来ない状態だった私に代わって、娘のみかちゃんがアルバママのお孫さんたちにクリスマスプレゼントを贈ってくれたのですが、そのお礼と、そして、

私の音楽生活に、こんな言葉を贈ってくれたんです。


"One Step Ahead"


-----Kanafu,一歩前へ進むのよ。そして、悪い事や悲しい思い出は、もう置いて行くのよ。-----



はい…


そうします…(涙)


いつも見守って下さるみなさまと一緒に、


”一歩前へ”


進める、1年になりますように…。


頑張りますネ!!!!!


『ありがとう』

を、いっぱい込めて
Kanafu Marie




[PR]
by kanamarie | 2016-01-03 12:15 | 感謝 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/22733520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kei at 2016-01-07 11:32 x
marieちゃん
新年おめでとう。
これだけ多くの人に愛されて、
それ以上に溢れんばかりの愛をいっぱい与えてきた、天使。
「今の状況はほんの一瞬のことだ」と、
すごーく高いところから見ている、
marieちゃんの本質がそう伝えてあげてって
言ってるような気がしました。
とはいえ、その中に居る人は辛いものです。
みんなが見守っているからね。
みんながmarieちゃんの笑顔見たいんです。
無理にではなく、自然とね。大丈夫、もう直ぐだから。
Commented by kanamarie at 2016-01-08 20:36
kei様
明けましておめでとうございます。
こんなに暖かなお言葉を頂いて…神様から大きなお年玉のプレゼントを頂いたような気持ちです。何度も読み返しては、涙が出ました…。

>今の状況はほんの一瞬のことだ」と、
すごーく高いところから見ている、
marieちゃんの本質がそう伝えてあげてって
言ってるような気がしました。

ここを読んで、kei様は、本当に昔も今も、『愛の人』なのだなぁ・・・とつくづく思いました…。
自分の本質の中に良心があるならば、恥ずかしくない生き方をしていきたいです…。
愛や、誠実さ、神様も、目には見えないけれど、それによって生かされていることをひしひしと感じます。だから、至らないけれど、忠実でありたいです。自分に与えられた夢に対しても…。

最近はこの醜い顔を隠す事なく外出出来るようになり、私を見る人のうわぁ…というリアクションにも慣れて来ました(笑)

keiさまのこのコメントが私に笑顔を与えて下さいました。
どんな状態でも、胸を張って堂々としていられます。

私には、『愛の人』が、付いてて下さるのですから^^

ありがとうございます…、kei様。