∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

世界はゲットーだ!『The World Is A Ghetto』by War

みなさまこんにちは!

今日もここに来て下さってありがとうございます。


昨日、演奏に出掛ける前に少し時間を取って、みかちゃんとランチを共にして来ました。

お互いの恋バナの報告をするために。(笑)


「ねね、みかちゃん聞いて聞いて!」

「うん。ママ、何何?」

↑こんな感じ・・・。

中2病の母を持つみかちゃんは大変です^^;;


でも、白ワインをボトルで頼んで、少し飲んだ後、

店内に流れて来たメロディに、凍り付いたように心を奪われて、

もう、恋だの愛だの、言ってる場合ではなくなってしまったのです!


「あ、これ、Warの『The World Is A Ghetto』だ!」

「ゲットーって、あのゲットー?」

「アメリカでは黒人の貧民街をゲットーと称するのよ。

デビッドTもギャドソンも(marieのCDに協力、参加して下さった有名ミュージシャンです)LAのゲットー(ワッツ地区)に家があるわ。

でもこれ、オリジナルじゃないわね…。誰かな?」

「ママ、この声、ジョージ・ベンソンじゃない?」

「あ!本当だ!このギター、まぎれもなくベンソンだね!!」


さっきまで恋バナで浮かれていた2人の親子が、今度は真顔で真剣に音楽談義に・・・。

「ベンソンのギターも良いし好きだけど、この曲はやっぱり、コーラスなんだよね。

オリジナルに敵うものは無いわ。」


それで私が取り憑かれたように歌い出します・・・・・

"Don't you know that it's true
That for me and for you
The world is a ghetto
Don't you know that it's true
That for me and for you
The world is a ghetto-----"


marieのSoul Brother,中原さんのWarのライブレポートはこちらにあります。

(私の記事は長いのでスルーして下さいね^^;)


1972年作。

この頃はベトナム戦争の真っ最中でした。

『War』というグループ名は、そこから取っているのです。

彼らにとっての兵器は楽器であり歌声。
それらを携えて、戦争を止めろ、このままでいいと思ってるのか、と叫びながら闘っているかのようです。


”分かっているのか。帰れる暖かな場所(家庭)は僕にはあるのか、 幸福は見つかるのか。もう諦めた方が良いのか…”

強いメッセージが込められたこの曲は、この世界をゲットーに例えて、それでもそこに希望やParadiseを見つけながら生き抜いて行く、孤独な生き様と、
幸福は、君が愛されているという事を知ったなら、今、ここに、もう既にあるんだよ…。そしてそれは皆で分かち合うものなんだ…。君にとっても僕にとってもこれが真実、世界はゲットーなんだ・・・と、訴えかけて(求めて)いる・・・

とてつもなく切なく、強い愛の歌だと、

私はそんな風に解釈しています。





世界はゲットーだ!

この厳しい世の中の、暗黒街のような社会の中で、

もがきながら、苦しみながら、

でも、決して負けないで、絶対に生き抜いて、いつかきっと、光の中へと脱出してみせる。


今日も明日もこれからも、頑張って行きます。変わるためには、動いて、前に進んて行くしかないのですから。


"There's no need to search anywhere
Happiness is here, have your share
If you know you're loved, be secure
Paradise is love to be sure"



あなたへ。感謝を込めて
Kanafu Marie



p.s
さっきみかちゃんからメールが来ました。



>”アイチューンでウォー買った(笑)

>だーーーーーいすきいいいい”



・・・・・marieの中2病が伝染したみたいです。(^^;;;
[PR]
by kanamarie | 2015-09-15 16:51 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/22173405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。