∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

『ジンガラ』by ジャンニ・モランディ

おはようございます^^

今日もここに来て下さって本当にありがとうございます!

今日は『ジンガラ』という歌を♪
これは、marieのプロフィールにもありますが、
私が中学生の頃初めて公の場で歌ったカンツォーネです。



あぁ…懐かしいです。

”ジンガラ”とは、手相を見るジプシーの女占い師の事。

・・・中学生(の私)が歌っても、何の説得力もありませんね^^;


だけど、この歌の情熱に満ち溢れたところが好きで好きで、

今、改めてこれを聴いても、胸がキュンとします。


---生き残っている夢と情熱。



この歌の主人公のように、自分の人生やこの先を誰かに占ってもらおうなんて、私は思わないけれど、

嘆きたくなるところに、歌が生まれるのかな。


嘆きながらも、どこか力強くて、とてもロマンティックで・・・。



だからこの歌が、好きなんです^^



こんな風に歌いながら、明るく乗り越えて行きましょう!!!



ここに来て下さったあなたにとって、素敵な週末でありますように☆☆

いつも本当に…ありがとうございます。



ありがとう…。
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2011-01-14 06:33 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/12690873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-01-15 19:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanamarie at 2011-01-15 23:16
Tさま
わぁ!嬉しい!!お久し振りです^^
その後も覚えて訪れて下さっていたのですね…(涙)
クリックも、本当にありがとうございます。

リンク!して頂けるなんて嬉しいです!!
私もさせて頂こうかな…ご迷惑かな…と思いながら、言い出せずにいたんです。
こちらでも、リンクさせて下さいね!

>暗い雲でまったり
あぁ…ヨーロッパの冬ですね…。でももう雪が溶けたなんて、”春遠からじ”って感じさせますね^^
Tさまにコメント頂いて私も何だか春めいてきました(*^^*)

ありがとう…。感謝しています。
Commented by 真鍋清 at 2015-05-11 20:45 x
彼ジャンニ・モランディの歌唱力はほとばしる情熱とその裏にある哀愁を「陰と陽」を際立たせつつ表現する芸術的香気に満ちており、そこには同国イタリアのミケランジェロ以来の文化が生きていよう。
ジンガラはそんなジプシー女への燃えるような熱愛と別れの哀しみを歌い上げたカンツオーネの最高傑作で、小生も人生に疲れた時に必ず愛聴しているのと同時に、同曲がイタリア語の激しいイントネーションの歌詞で日産「スカイライン370GT」の車内から大音量で漏れて来たのをある日目撃し「最高に決まっている!」と感じた記憶も鮮明です。
Commented by kanamarie at 2015-07-16 20:15
真鍋様
来て下さってありがとうございます。お返事が大変遅くなって申し訳ありません。
真鍋様のコメントも最高に決まっていますね^^
この頃若手だったジャンニ・モランディも今やイタリアの歌謡界に於いて大御所になりました。今でもTVに良く登場しています。これを歌っていた頃の初々しさがちょっぴり懐かしく感じたりして…。
情熱と哀愁…「陰と陽」
迸っていますよね。
人生を謳歌するイタリア人らしい、素晴らしい佳曲ですよね。
Commented by あの頃に帰れたら at 2015-10-19 21:50 x
44~5年前、渋谷の宮益坂にあって、カンツォーネ&シャンソンを日本の歌手が歌ってくれるピアノバーで3年バイトしほとんどのヒット曲・名曲は聞かせていただきました。
ただ、私はミーナとミルバの体を見せつけあう頃からだんだんカンツォーネへの魅力がなえていきました。
「ジンガラ」「アルディラ」等々とてもいい歌は書ききれません。

しかし2・3年前に「Il Volo」の楽曲を聞いて、またポール・アンカ
から暇な時聞き始めました。やっぱりいいですね。

残りの人生、一度はナポリの居酒屋でカンツォーネを歌いたいです。
Commented by kanamarie at 2015-10-20 05:22
あの頃に帰れたら さま
来て下さってありがとうございます。
宮益坂に、そんなお店があったのですね。あの辺は良く歩きましたが、私が渋谷にお店(それも小さなピアノバーでした。宇田川町にありました。)を持っていた頃は、きっと、もう無くなっていたのでしょうね…。

私もミーナは、1曲くらいしか知りませんし、ミルバも、あまり聴いた事がありません。

「アルディラ」は、大好きな曲です。
ペルメ〜ペルメ〜、ソルタントペルメ〜
チセィトゥ〜 アルディラ〜 …♪
これとか、ニコラ・ディ・バリの「虹の日々」という歌も良いですよね^^
イルヴォーロは知りませんでした。さっきちょっとググったのですが、ジミー・フォンターナの「イル モンド」とかも歌ってるのですね。すごいですね。
ポール・アンカがカンツォーネを歌っていたと言う事も知りませんでした。調べてみたら、ベストの中に「太陽の中の恋」が入っていて、Youtubeで聴きましたが、おお!これって生粋のカンツォーネやん!という感じで(笑)驚きました。やはりポール・アンカって、偉大な歌手ですね。教えて下さってありがとうございます。

一度はと言わず、何度もナポリのバールでカンツォーネを歌って下さい。
ナポリの人達は毎日、日常の中で、話すようにカンツォーネを歌っています。それも「サンタルチア」のような、300年も前に作られた歌を今も尚。

ナポリに住んでいた頃は良くメルジェリーナという港に行って、そこで歌っていました。
カプリ島に行く、水中翼船が出航している場所です。
私の友人が、そこでお土産物屋さんをしており、(イタリア人です)snav というその船の船長や乗組員の中にも、友人がいます。

今度、向こうで歌う時、一緒に行きましょう^^
あの頃に帰れたら さんの歌を、ナポリっ子達に聴かせてあげて下さい。
きっと、あの頃に帰らなくても、もっと素晴らしい未来が待っている筈です。

来て下さって、本当にありがとうございました。
Commented by あの頃に帰れたら at 2015-10-21 10:56 x
お返事、ありがとうございます。

お詫びがありまして書かせていただきました。聞き始めているのが
「ポールアンカ」と書きましたが「ボビー・ソロ」の間違いです。
なぜか、「ダイアナ」が浮かんできていました。

大変、申し訳ございませんでした。
Commented by kanamarie at 2015-10-22 12:03
あの頃に帰れたら さま

そうだったんですね^^
ポール・アンカとボビー・ソロ、良く似たイメージですよね。
ポール・アンカのイタリア版がボビー・ソロみたいな。
ケアレスミスされた理由が本当に良く分かります。
でもそのおかげで、アンカがカンツォーネを歌っていた事を知る事が出来ました^^

ありがとうございます!!
Commented by あの頃に帰れたら  at 2015-10-22 22:56 x
No problem.It's not important.

Ok?

thank you!

貴方が、オーナーとなっていたピアノバーの事です。私はバイト先の歌い手さんがピアノパーのオーナーで遊びにこない?とのお誘いがあり宇田川町のバーに連れて行っていただきました。当時、ピアノバーは宇田川町にも多くはなかったと記憶しています。
オーナーにリクエストしてで5・6曲無償で歌っていただきました。

そこは結構、大きなビルの中にスナックやバーが一杯でした。2Fだったかな?フロアーは自信ありません。

私は貴方が、そのお店の何代目かのオーナーだったのではと感じていますが。いかがでしょうか?
Commented by kanamarie at 2015-10-23 03:05
あの頃に帰れたら さまへ

Anything is OK! No problem!!!;-)

もしかしたら、その、同じビルだったかも知れません。

しかしながら、私の店は、地下1階でした。

これを言うと、あの頃の渋谷を良くご存知の方には単純明快な解答になると思うのですが…

1階には駒形どぜうという名店があり、地下の、私の店のお隣の店舗は、やしま、という本当に美味しい美味しい讃岐うどんのお店でした。

駒形どぜうの当時の店長様にも、やしまの店主様にも、いつも本当に親身になって応援して下さり…どんなにお世話になった事か…と、今も思い出す度に感謝が絶えません。

2階には、仰る通り、比較的広いフロアのピアノバーがあり、同じビルの中にはドンファンと言う岡田真澄さんが経営されていらっしゃったお店もありました。

懐かしいです・・・。

私は、その店を母に譲ったので、その後は、ピアノバーとしては経営していなかったように思います…。。

何だかノスタルジックな気持ちです…


いずれにせよ、お互い様々な時代を経て、ここでお逢い出来て、


生きて来て良かったなって、思いながらこれを書いています。^^

懐かしいです。がむしゃらに一生懸命生きて来たあの頃。


今もそうですけど。 笑
Commented by あの頃に帰れたら at 2015-10-26 20:57 x
お返事ありがとうございます。

そうですよね。しかし、同じビルだと思います。
わざわざ詳細まで書いていただき恐縮です。

私のバイト先は、閉店していたと思います。

ここまで、お付き合いいただき感謝します。
Commented by kanamarie at 2015-10-27 03:16
あの頃に帰れたら さま

私の方こそ、感謝しています。あの頃に帰れたら さまとのやりとりは、私にとって嬉しい贈り物のようでした。

また、いらして下さいね。待っています^^