∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

『紅乙女』ではんなりと・・・♪

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、クリックをして下さったみなさまに、心から、感謝を申し上げます。
(本当に嬉しいです…。涙)

d0031078_17395391.gif



”はんなり”って、ご存知ですか?


京都の言葉なんです^^



marieは、生まれは大阪ですが、本当は代々京都の人間なので…、京都弁の柔らかなニュアンスがとても好きです。


生粋の京都人の祖父が話す、その口調が今でも耳に残っています。



大阪や京都、神戸、と、同じ関西でも違いがあって、


詳しい方には、『かなちゃん(marie)の性格は、大阪じゃなくて京都の人のものよね。』


と、言われることがあるのですが…、marieの関西弁も、どちらかと言うと京都よりなのだそうです。



(あ、だけど、”京都のぶぶ漬け”に代表されるような、冷たいところは決して無いですよ^^;)

*”京都のぶぶ漬け”
京都では客人が長居すると、「ぶぶ漬け(お茶漬け)でもどうどすか?」と、勧められるのですが、

そんな時には、決してその言葉に甘えてはいけないんです。それはね、『もうそろそろ帰って下さい』という意味なのだそうですよ^^;;;

↑marieはそんなことは絶対に無いですからね!!(笑)




話がそれてしまいましたが…、最初に書いた”はんなり”って、


きっと、marieが一番好きな京都弁なのだと思います。



”はんなり”って、

心が和らぐと言うか…何と無く、ふんわりとしたイメージがありますよね^^


でもね、”はんなり”は、元々、



『花なり』


という言葉に由来されているそうなんです。



派手ではないけれど、明るくて、美しくて、



”華がある”



という、意味なんですよね。古典的な日本ならではの、奥ゆかしい表現ですよね。





私は、見た目は結構のほほ〜んとしているのですが…、

実はものすごく”気を遣う”ところがあって、いつも気が張っているんですよね。


”気を遣い過ぎて”、返ってそれが周りの人には重荷になってしまったりする面があるそうなんです。


それで良く失敗をするんですよね…。自分も悪気が無く、一生懸命やっちゃうタイプなので、

仕方が無いんです。(^^;(人が喜んでくれることが生きがいみたいなとこがあるんですよね…^^;)




最近、そういうmarieの性格を全否定されるような出来事があって、


最初は、すごくショックだったのですが・・・、


色々と…考えてみたんです。



目の前に起きた問題って、”人じゃなく、自分が起こしている”、、と言いますものね…。




それでね、気付いたんですよ。私はきっと心のどこかでは、


本当は、”気を張りつめていないで、ほわぁん、としていたい”と、(多分)思っているんだ、


という事を…。




今週は、そういった自分の”本当の想い”を、しっかりと見つめて、色々考えたり手放したり、執着を捨てたり…、


良い学びの日々だったと思います。



私を全否定した人は、きっと、


『何もしなくても、そのままの君でいいんだよ』


と、言う事を教えてくれたのだと思います。



だから、その人に感謝ですね…。






余り思い詰めるのも良く無いので、昨日仕事帰りにワインを買いに行ったのですが、


お気に入りのワインが無かったので、



d0031078_122692.jpg
『紅乙女』という、胡麻祥酎を買いました(*^^*)
(これは焼酎、じゃなく、”祥酎”と書くのだそうです。)


福岡県の、お酒です♪


赤い薔薇のラベルに心魅かれてしまって。(笑)それに、『モンドセレクション受賞』とも書いてありました。


(750mlで、1100円くらいでした。)



『紅乙女』の赤い薔薇のラベルは、


優しく控えめで、それでいて芯の強い母の心



を象徴しているのだそうです。




控えめな優しさ、それが真の美しさなのかも知れませんね。




”はんなり”



見える所でも見えないところでも、日々笑顔で努力を積み重ねて、



感謝を忘れず、目の前にいる人を大切にして、



そんな人になれたらいいなぁ〜と、『紅乙女』を飲みながら、この記事を書いているmarieなのでした。(笑)



あぁ…酔っ払ってしょうもないことを書いてしまった。。。すみません…(^^;;;


人気ブログランキングへ←順位は落ちてしまいましたが…お一人お一人のワンクリックがとっても嬉しいです。ありがとうございます!!!



感謝を込めて
Kanafu Marie

また更新しますネ^^/
[PR]
by kanamarie | 2010-12-04 18:45 | 今日のつぶやき… | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/12430304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by =くろ= at 2010-12-05 23:54 x
marieさん、はじめまして♪ 
ブログランキングのサイトから、こちらへ辿り着きました。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

『紅乙女』 と聞いて、是非コメントしたいと思いました!
私も、大好きなんです!!
確か酒屋さんのオススメだったと思うのですが、『胡麻祥酎』 という部分に惹かれ、「きっといい香りがするんじゃないかしら?」と思い、価格もお手頃なので、ほとんどお酒を飲まない私が、一本買って、一人で呑み切ってしまいました(^^v

marieさんは、どのようにしてお呑みですか?
私は酒屋さんのオススメ通りに 『オン・ザ・ロック』 にして呑みました^^
予想通りに、良いかほり~♪
今は薬をあれこれ飲んでいるので、お酒類は控えているのですが、また呑める日が来たら呑みたいお酒!のベスト3に入ります!!
Commented by kanamarie at 2010-12-06 15:49
くろさん
はじめまして!!!
ランキングから来て下さったなんて…登録した甲斐がありました。(T_T)
ありがとうございます!!こちらこそ、よろしくお願い致します<(__)>

紅乙女、美味しいですね!
私もロックで呑んでいます。普段、麦焼酎は水割りで飲むのですが、これはやはりロックが一番美味しい呑み方ですよね♪
胡麻の風味豊かな味わい…だけどさっぱりとしていて、キレが良くて…
でも余韻があって…(*^^*)

熟成されるまで、ただひたすらに待って、この紅乙女が出荷されるのだそうです。
marieのCDと、同じですね(笑)
その頃にはくろさんの体調も整って、是非『紅乙女』を呑みながらmarieのCDを聴いて下さいね^^

くろさんの”また呑める日が来たら呑みたいお酒”ベスト3の後の二つは何かな?気になります^^
また教えて下さいネ!!!

くろさん、ご訪問本当にありがとうございました^^♡
Commented by =くろ= at 2010-12-06 18:27 x
早速のコメント、ありがとうございます!
私も早速、ベスト3、発表しちゃいます♪

第3位は… 『ポート・ワイン(5年もの)』!
辛いお酒が苦手な私。ワインもほとんど飲まないのですが…。ある時近所のデパ地下で試飲をやっていて、足がフラフラ~とそちらに…(汗) 3年、5年、10年ものがありましたが、5年ものが、甘さも渋みもちょうど私にピッタリでした。ポート・ワインは熟成の途中でブランデーを混ぜるそうですね。つい最近知って、ビックリ^^;;;

第2位は… ここに来ました!『紅乙女』!!
上品な胡麻の香りを楽しみ、味わい深い一杯と共にゆっくり時を過ごしたい…そんな祥酎です。

そして第1位は… 『飯櫃(ぼんき)』です!!!
京都で造られている純米酒で、日本酒度-75度の甘口のお酒。ここまで甘口の日本酒って、酒屋さんではなかなか見つからないのですが、今はネットでお取り寄せができます!これも少量をゆっくり呑んで…“心までピンク色になれる”お酒です^^

marieさんのお好みに合いそうな物、ありましたでしょうか?
長文、失礼致しましたm(_ _)m
Commented by kanamarie at 2010-12-07 09:57
くろさん
おはようございます!
くろさんのベスト3教えて頂いてありがとうございます^^

くろさん好みの甘いお酒のラインナップ、渋いですね〜♡
ポート・ワインも本物はすっごく奥が深くて美味しいですよね!
だけど熟成途中でブランデーを混ぜるのは、知りませんでした。(汗 恐るべし!くろさん!!です^^

『飯櫃』・・・よろしおすね〜(*^^*)←何故か京都弁
>“心までピンク色になれる”お酒
ここに魅かれます!なりたい、なりたい!!(笑)
今度是非、飲んでみますね!

貴重なことを教えて頂いて、ありがとうございます!
機会がありましたら、いつか是非一緒に飲みましょう〜^^