∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

愛人の品格。『サンホセへの道』は『別れの予感』?

こんにちは^^

今日もここに来て下さり本当にありがとうございます!



今日はこの、ディオンヌ・ワーウィックが歌う『サンホセへの道』を聴きながら、

チリのサンホセ鉱山落盤事故で、地下約700メートルに閉じ込められた33人全員が無事に救出されたという歴史的な奇跡を伝える報道の中、


大きな歓びと感動に混じって、頻繁に取り上げられている


”愛人”という、キーワードに付いてちょっと書いてみようkana?と思います。(^^;



報じられる度、

”またこれ?”

”もういいやん〜!もっと他の喜ばしい事があるやろ!!”



と、絶えずTVに向かって突っ込んでいるmarieとみかちゃんなのでありますが・・・(^^;;




marieもね、昔むか〜し、まだ若かりし頃、


某国立大の医学生と付き合っていて、婚約していた時に、彼のおばあさまが亡くなって、


そのお通夜の席で、婚約者として一生懸命お手伝いをしていた時に、



その彼が、


私と付き合う以前の彼女、そして、私に内緒で付き合っていた(二股をかけていた)現在の?彼女も、



その、お通夜の席に呼んでいた、という過去の痛い記憶を思い出してしまいました。(^^;



だからね、



そういう”場”に、本妻と愛人を同時に呼ぶという神経は、どうなのかな?と思ってしまいます。

もちろん、他の人には分らない事情もあるのでしょうが…。



だけど、地下に閉じ込められて、生死を彷徨い、死を覚悟した、その作業員の方は、卓越した感情を持たれたのでしょうね。



”生還出来たことを、二人に知らせたい”!と。



究極的に言えば、本当に好きな人が生きて戻って来てくれたなら、


その人が幸せならば、誰を選んだっていいのです。




でも私が…愛人という立場であったなら、(なったこと無いから言えるのかも知れませんが)



一歩、控えるでしょう…。




本妻も愛人も自分の欲を捨てて揃って仲良く作業員の方(自分たちの共通する愛する人)を迎え入れる…という姿もあって良かったのに…と、


思いますが、



今回は、感激的な対面を愛人さんに譲った、奥様に、



marieは1票を投じたいと思います。(笑)





人気ブログランキングへ←”あなたをこれ以上〜愛するなんて〜
私には〜〜で〜き〜な〜い〜〜〜♪”と、ワンクリックしてネ^^/



ありがとうございます!

感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-10-16 11:07 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/12087053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。