∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

小さな花、いつか可憐な大輪の花を咲かせて…。『Little Flower』by Hatsuho Furukawa(古川初穂)♪

みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます。
そして、クリックをして下さった方々に、心からの感謝を申し上げます!!


今日は、marieが大学生時代から慕っている(*^^*)
d0031078_13492066.jpg

ジャズピアニストの古川初穂さん(はっつあん)のライヴレポや新しいアルバムについて書こうと思いましたが、

古川初穂ピアノトリオの新作を聴いて、衝撃を受けられ、甚く感動されたmarsさん(前のポストで写真載っています^^)が、休日を返上して、

コチラ♪(←クリックして下さいネ^^リンクしています♪)


に記事を載せて下さいました!
いつになく、marsさんならではの、的確でスマートな、素晴らしいライナーです!!

みなさま、是非読んでみて下さいネ(^^)b

古川初穂ピアノトリオの2nd.アルバム『おくにうた』のエッセンスが、ここにギュッと凝縮されています。本当に、私が言葉では表現出来ない事が、たくさんの方の心に届くように、書かれていると思います。


はっつあんも読んで下さり、

>『ありがとう、こんなに良く書いてもらって感激!

強力な応援団長が出来たみたいで心強いです!』

(下さったメールから一部だけ抜粋させていただきました^^)


と、喜んで下さっていました…。


d0031078_17215776.gif



このブログをずっと読んで下さっている方はご存知だと思いますが、この、はっつあんこと古川初穂さんとmarieが出逢えたのも、

故中川宗和先生のおかげなんです。


marieが大学生の頃もバイトをしながら家族に送金をしていたことを中川先生が知って、

ご自分がされていた神戸ニューポートホテルとオリエンタルホテルのセラーバーでのピアノの弾き語りのお仕事を、私に譲って下さったのです。

(どちらもギャラが一日 30分のステージ×4回で1万1千円。良い時代でした。笑

私は、音楽の仕事をして家計の足しに出来るという、幸運にめぐり逢わせて頂いたのです。)


ある日、神戸オリエンタルホテル(当時南京町にありました。)のセラーバーでビッグイベントが催されることになり、

カーリー大門さんというアメリカ人のジャズシンガーの方が来日され、歌われることになりました。


その時に、カーリーさんのヴォーカルをサポートされたのが、当時フュージョンバンド『羅麗若』(ラレイニャ)のリーダーでありキーボーディストだった、古川初穂さんだったのです。


古川さんはメインのステージでピアノを、
私はそのインターバルのピアノを担当していました。


その時からの、長い長いお付き合い・・・。

marieが前プロデューサーに付けるようになったのも、そこには古川さんのお力がありました。


古川さんが、そして中川先生がいらっしゃらなかったら、今の私はきっといないでしょう…。


”私なりの音楽”を認め、前へ進んで行く道を開けて下さったこと、いつも感謝しています…。


---それは沢田先生や若山教授も…同じ事を言って下さりました…。(涙)
それらの方々のご理解や愛があって、(応援して下さってるみなさまも…)今も音楽を続けていける事を、心から感謝しています。---



d0031078_17215776.gif



はっつあんこと古川さんは、その音楽にも象徴されるように、大変繊細なお心の持ち主、(表面的にはぶっきらぼうですが^^;)

優しく、慈悲深い方なのです。


はっつあんは大学時代、大阪の愛隣地区(西成)のある店先で磯辺焼きを焼くというアルバイトをされたことがあるらしいのですが、

その時にどこからともなく匂いに釣られてコッソリやって来て、少し離れたところからその光景を眺めていたホームレスの方に、

”コソッ”

と、(ヒヤヒヤしながら)焼き上がったお餅を、店主の目を見計らってあげていた(何個も何個も^^;)という、逸話があります。(笑)



私は、そのエピソードを思い出す度に、”あぁ、これが古川さんなんだなぁ”

と、思うのです。


自分がクビになってしまうかも知れないけど…、だけど、お腹の空いた人を放ってはおけない・・。




Hatsuho Furukawa ピアノトリオの新作「おくにうた」、

そのラストを飾る古川さんのオリジナル曲、

『Little Flower』は、


そんな優しいはっつあんの繊細で、そしてリリカルな心が、さり気なく聴く人々の魂に響く名作です。


はっつあんがツアーで北海道に行った時に、あるドライブインで下車し、そこで、


雪の下に、小さな花が人知れず蕾をほころばせているのを見つけて、


”お前も頑張っているんだなぁ…。”


と、感動されて・・・



そして、出来上がったのが、この『Little Flower』なのです。

ここから試聴出来ます♪




今はもう、ビル・エヴァンスやオスカー・ピーターソンのピアノを生で聴く事は出来ません。

チック・コリアやハービー・ハンコック、キース・ジャレットを生で聴ける機会は、たまにしかないでしょう。

そして、遠くからでないと、観る事は出来ないかも知れません。


でも、はっつあんのピアノは、それよりも比較的簡単に、生で、身近に、感じる事が”今は”出来ます。


それって・・・、当然の事のようで、実は当然じゃない…。



みなさまも、もしお近くの街にはっつあんがライヴでやって来たら、是非、行ってみて下さい。


”迷わず行けよ、行けばわかるさ”


きっと、marieが言ったその意味を、分って頂けると思います。


(今月は熊本、佐世保、福岡にも行かれるみたいですよ^^)



d0031078_17215776.gif



d0031078_154117.jpg

こちらも”ちいさな花”

marieのお部屋を約3週間留守にして帰った時に、この子(花)だけが生き続けて、咲いて、待っていてくれていました…。


”カランディーヴァ”

という名の花です。


人気ブログランキングへ←クリックしてお花を咲かせて下さいね…♡


今日も読んで下さって本当にありがとうございました…!


感謝と共に
Kanafu Marie

*今までの古川さん関連の記事は古いものから、

*乙女の祈り…それは秘密、秘密…のアッコちゃん♪
*はっつあんは、音楽の精・・・♪
*Hatsuho Furukawa(古川初穂) Story...♪
*星を仰ぐ想い。古川初穂ワールド・・・♪

にあります。(クリックして下さいネ!リンクしています♪)
良かったら、読んでみて下さいね(^^)
[PR]
by kanamarie | 2010-06-04 15:11 | この歌をあなたに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/11246381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KAWAI at 2010-06-07 18:47 x
かなふさん、こんばんは!亀レスコメントでごめんなさい。はっつあんSTORYをシェアして下さってありがとうございました!心温まりました。
LITTLE FLOWER は優しくて、繊細で可愛らしくて、美しい曲ですよね。私も大好きでいつも聴いています!MARSさんの記事も拝読致しました。素晴らしい感性をお持ちな方ですね。 6月の九州ツアーも旅行を兼ねて行きたいところですが、、かなわず残念です。。
又、東京近辺でのはっつあんのライブでお目にかかるのを楽しみにしておりまーす。どうぞお元気でお過ごし下さい~。
WITH LOVE AND RESPECTS




Commented by kanamarie at 2010-06-08 10:33
KAWAIさん、こんにちは!読んで下さってありがとうございます!
古川さんの優しいエピソード、実はもっとあるんですよ^^また今度聴いて下さいね♡
はっつあんは口べた?で、不器用?なので、(MCも…^^;;;
1曲終えた後、「はい!素晴らしい曲でしたね!」ってご自分で言われるあたりが最高です。(笑))
決して自分の優しさとかを自ら表には出されないけれど、私が代わりにステージに出て行って言いたい事がいっぱいあります。(笑)

MARSさんの記事も読んで下さって本当にありがとうございます!きっと”書いた甲斐があった!”と喜んでいらっしゃると思います。MARSさんが聴かれて感動されたのですから、やはりはっつあんは世界的なアーティストなのです!
(私に対してはかなり厳しいのですが…。。)

KAWAIさんと隣り合わせでLITTLE FLOWERを聴けたら最高ですね♪LITTLE FLOWERって、KAWAIさんにぴったりの愛らしい楽曲だと思います(*^^*)

またお逢い出来ますように…!
STAY COOL!!!