∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

”花のようにいつまでも美しく…”お義母さんありがとう!

みなさま

今日もここに来て下さってありがとうございます!
そしてそして、今までクリックして下さったみなさまに、心から、感謝を申し上げます。(涙)


marieがアントニオ猪木さんのWWE殿堂入り記念パーティーで歌わせて頂いた日は、「母の日」でした。

そのパーティーに、私の母も、来て下さっていました。

---”母”と言っても、marieを生んでくれた実の母ではありません…。

私の以前の「義母」(お姑さん)です。---


今日は、その”お義母さん”のことを、書かせて下さいね。



数年前、約15年間に渡るミステリアスな夫婦?としての世間的な関係にやっと終止符を打つことが出来た時、((^^; 

(↑とても立派な方でしたが、私が至らなかったのです。)


その時にお義父さんは、

「息子が長い間お世話になりました。」と、言って下さり…

お義母さんは、

「かなちゃん、これからはもう”おかあさん”と呼ばれるような間柄じゃ無くなったけど、これからも、私とはお友達でいてね…。」

と、言って下さいました…。

その時のことを思い出すと、今も胸が熱くなります。


(元)お義父さん、お義母さんには、今もなお、実の娘のように大切にして頂き、

marieが仕事等で大阪に行く度に、お家に泊めて頂いたり…、本当に、優しくして頂いています・・・。


本当は、考えられない事ですよね…。



お義父さん、お義母さんのお家は、大阪の梅田から阪急の宝塚線に乗って、約10分くらいの街にあるのですが、

数年前に、こんなことがありました。


大阪での遅いライブの後、お義母さんの家に泊めて頂く為に、最終の阪急電車に乗って最寄りの駅に降りた時、

ホームにうずくまっている若い女の子がいたんです。


最終電車をその駅で降りた人々は、その女の子を気にも留めずに素通りして行かれました。


marieは彼女を抱え、背中をさすって、

「大丈夫?随分飲んでしまったのね・・・」

と、微力ながら介抱させて頂いてたのですが、

(誰か今、「『随分飲んだのね』なんてお前が言うな〜^^;」って、言いました?(笑))


「おうちはどこなの?送っていきましょうか?」

と言うと、

「家は雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)駅なんです…。

さっきの電車で最終だったので…、ここからタクシーだったら、いくら位かかるでしょうか?

この駅の近くにビジネスホテルとか、あるでしょうか…?」


と、言うのです。


「ごめんなさい…。私はこの辺の住人じゃないんで…良く分からないけど…、多分この駅の付近にはホテルは無いと思うわ…。

私の自分の家だったら泊めてあげるのだけど…私もね、終電を逃して、親戚のお家に急遽泊めて頂く事になって……。

ごめんね…。」


そうこうしている間に、駅員の方がいらして、具合の悪い彼女を医務室に連れて行かれました。

marieは気になって…、最後まで一緒にいたのですが、駅の方が「後は私達が看ますから」と仰ったので、”よろしくお願いします”とお願いして、

何となく気になりながら、後ろ髪を引っ張られるような思いで、

お義母さんが遅い時間家で待っていて下さってたので、急いでお義母さんの家に向かいました。


家に着いたら、


「かなちゃん、終電で帰るって言っていたのに、えらい遅かったね」

と、言われたので、その訳を話していたら、


「どうしてその子をここに連れて来てあげなかったの?」


と、言われたのです。


「私もお義母さんにお願いして、そうして頂こうかと思ったのですが…、でも、その時逢ったばかりの全然知らない方を…ここに連れて来ては、お義母さんに迷惑かなと…思ってしまったんです。」


そう答えると、


「そんな、かなちゃん。

具合が悪くて家に帰れない人を放っといてはアカンよ。

ほんまに気の毒な…。

ここまで来たら、ウチが何とかしてあげたのに…。」


お義母さんはそう仰ったのです。

それで、私は急いで阪急の駅まで戻ったのですが、

もう、駅は真っ暗で、閉まってしまっていました…。


私は叱られながらも、

義母がそう言う風に言って下さった事が、本当に嬉しかったのです。


改めて、お義母さんの分け隔てのない大きな優しさに、感動した夜の出来事でした・・・。



猪木さんのパーティーライヴの為に前々日に横浜から新大阪まで向かい、その夜はその足で北新地のグッチさんのお店に向かって、

リハーサルも兼ねてそこで歌わせて頂いたのですが、


終わったのが明け方になってしまい、その時にも泊めて頂くことになっていたお義母さん宅に辿り着いたのは、早朝でした。


おそるおそる玄関を開けてみると、鍵が開けられていて、

中に入って行くと、


お義母さんが、


「おかえり。かなちゃん、遅くまでご苦労さま。疲れたでしょう?」


と、笑顔で待っていて下さってたのです…(T_T)

d0031078_16395.jpg
これ、その時にお義母さんが作って出して下さったお食事です…。

ワインやビールまで、用意して下さっていました…。

昨年の暮れに立ち寄らせて頂いた時にも、こんな風にmarieの好物のカニのお鍋をご馳走して下さいました。
d0031078_1735024.jpg
d0031078_174176.jpg新聞紙が敷いてあるところが何となく素敵です♪

d0031078_17432416.jpg





お料理上手で優しく面白く、どこか可愛い雰囲気のあるお義母さんです^^







猪木さんのパーティーでのライヴが終わった後も、少しだけ娘の家にいて、その後一週間程またお義母さんのお宅で泊めて頂きながら、ライヴや他の仕事をしていたのですが、


その時にも、毎日本当に良くして頂いて…、


ある夜、私が遅く帰宅した時に、お義母さんはもう眠っていらっしゃったことがあって、

私はそのまま、部屋に行って寝かせて頂いていたのですが、

早朝に目が覚めたら、枕元にメモがあって、


”眠ってしまってごめんね。

冷蔵庫に入れていたので…。

食べてね。”

と、お寿司を、置いて下さっていたのです…。(涙)
d0031078_16171856.jpg

こんなにしていただいて…。

有り難くて、有り難くて…。



横浜に帰る日は、冷たい雨が降っていました。


お義母さんは、「余り飲まないでね」と言いながらも、

marieにビールとワインを持たせて下さって、


「体が疲れているから無理をしないで。雨も降っているし。」

と、タクシーを呼んで下さって、


優しいお義父さん(元)と共に、雨の中私を見送って下さいました。


(帰る時は、涙でいっぱいでした…。)



お義母さん、本当にありがとうございます…。


大きな愛情に、いつも甘えてばかりで、ごめんなさい。


帰る日も、あんなに泣いて、いっぱいハグして、お別れしたのに、


その後直ぐ携帯を忘れた事に気が付いて、舞い戻って来てしまい(苦笑)

いつまで経っても落ち着きがなくて、お騒がせしてばかりで、本当にごめんなさい・・・・・(^^;;;;



感謝しています。

お義母さん、お義父さん、ありがとう・・・(涙)

d0031078_1641377.jpg

大スター、組長のお隣にいても、普段とちっとも変わらない、マイペースなお義母さんです。^^
d0031078_16444937.jpg
イベントとライヴの日に、足が少し不自由なそのお義母さんのお手伝いを一生懸命してくれたのが、みかちゃん(娘)でした。

みかちゃんにも、ありがとう・・・♡


昨年の私の誕生日にお義母さんが送って下さったシャンパンに添えて下さったカードです…。
d0031078_1882197.jpg


お義母さんのように、そうありたいと願います…。(涙)


みなさま、今日も読んで下さってありがとうございました!



感謝を込めて
Kanafu Marie
[PR]
by kanamarie | 2010-06-02 17:14 | 感謝 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/11231929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンボ at 2010-06-03 12:22 x
本当に素敵なお義母さまですね!
私もあの日にも感じさせていただいた、優しさがいっぱい伝わってきて、胸が熱くなりました。
お会いできたことがとても幸せです。

私も母にもっと優しくしたいと思いました。
大切なことを思い出させてくださってありがとうございます…。

ところで、あの日にmarieさんと猪木さんにいただいたものが、どうやら私にとっての幸せな花を咲かせそうです!
まだまだわかりませんが、今度はいい予感がします♪

綺麗なお花の種をくださるmarieさんの愛に感謝しています♪
いつも本当にありがとうございます!
Commented by kanamarie at 2010-06-03 23:17
ダンボさん
ありがとうございます^^
お義母さんも、ダンボさんやみずたまさんのことを「優しい、心の清らかな、”今時珍しい”女の子やね。」と言ってましたよ。
お二人に会えた事をとても喜んでいらっしゃいました。あの日は色々とありがとう…。

ダンボさん、その種、お花が咲きそうですよ(^^)
だってね、ほら、いつかみずたまさんが数字のゾロ目は天使からのメッセージって教えてくれたでしょう?
それで、調べてみたの。ダンボさんが書き込んでくれた時間見て?
222でしょう?

この下にその天使のメッセージをペーストしますね!
Commented by kanamarie at 2010-06-03 23:22
222の意味は・・・

***信じる心をもってください。
すべてはうまくいきます。
 
 心配は いりません。。

 あなたが新たに植えたアイデアが現実になるよう育ち始めています。
水と栄養をやりつづけること。
 そうすればじきに それは土を突き抜けて育ち
現実化しているという証拠を見ることができるでしょう。***


ネッ!?(^^)V

だからきっと大丈夫♡デートするんでしょう?デート(*^^*)

あぁ〜透明人間になって付いていきた〜い!
良い報告、待っていますネ^^/
Good luck!