∮ Performer,Singer & Songwriter,Kanafu Marie(カナフ マリエ)のブログです♪

by kanamarie

どこまでも真っ直ぐ。純粋ソウル!Maze Featuring Frankie Beverly♪

みなさま

こんばんは。今日もここに来て下さって、本当にありがとうございます。

先日25日(金曜日)、東京丸の内のコットンクラブに、MAZEのライブを観に行ってきました。

キャンセル待ちで、何とかチケットを入手できたのです。

今年のホワイトデーのポストに、初めてこのMAZEの音楽を取り上げましたが、まさか来日してくれるなんて!

しかも欧米では大ホールでしかコンサートを演らないという彼らを、間近で観ることが出来るなんて!



通常のコットンのスタイルとは違う、1日1ショー。

6時半開場、アリーナは先着順なので4時に到着しましたが、コットンクラブの前には、もう、10名以上の方が並んでいらっしゃいました。


一緒に行って頂いたmarsさんと、ワンセグで相撲中継を観ながら待つこと2時間半。

北の富士さんの解説にツッコミを入れながらも、胸中はドキドキワクワクしています。



MAZEについては、marsさんから毎月渡されるセレクトで、この曲を聴くまでは、全然知らなかったmarieです。

『Too Many Games』




どうしても売れなくて、必死でバンド活動を演っていた彼らを見つけ出したのは、なんと、マーヴィン・ゲイなんです!

フランキーはその流れで、マーヴィンの前座を務めることになります。

これが、MAZEの始まりなんですね。


marsさんに、MAZEを教えて頂いて、その音楽を聴く度に、虜になって行きます。

「MAZEは、ライブ盤がいいんだよ。」

と、marsさんが仰っていましたが、本当にそうです。

彼らの音楽が、観衆と触れ合って、情熱が溢れているんです。

『心』いえ、『魂』それこそ、生のsoulなんですよね!彼らの音楽は!




どんな時代の流れにも翻弄されず、ただ、ひたすらに、自分たちのスタイルを貫いて来た、泥臭いけど、どこまでも”真っ直ぐ”で、ものすごく純粋なソウル。

彼らの代名詞となった『Joy And Pain』や『Running Away』もいいけれど、

フランキーは、ライブ半ばで、彼等の2nd.アルバム('78年)の中から1曲、『Golden Time Of Day』を大切に、大切に、心を込めて熱唱していました。
(涙が出ました)

MAZEの真骨頂は、本当は、こんな風に静かでメロウな作品の中にあるような気がしました…。
『Can't Get Over You』とか…、切なくて、たまらなくなりますね。



最後、アンコールの『I Wanna Thank You』を歌い終わったフランキーに、ステージの下から小さなブーケを差し出しました。

その時、お花を受け取って下さったフランキーは、marieの右の頬に、キスして下さったのです
♪ポッ(。・・。)(。・・。)ポッ♪



嬉しかったです…。一生の思い出になりました…。

d0031078_2112274.jpg随分暗い画像ですが、ライブ後、ギターのジュブがテーブルの方に来られたので、一緒に写真を撮って頂きました。

ジュブは、トニ・トニ・トニでもプレイされていたそうです。
(どこかでお逢いした記憶が…。LAのラファエラのスタジオかも知れません。)

marieが、リオン・ウェアやデヴィッドTとコラボしている事をお話したら、とても驚かれて、後日Eメールを送るよ!と言って下さいました。

最後まで見送って下さり、感激しました!


それから、marieがライブ中、興奮して、ワイングラスを倒してしまい、同席にいらっしゃったお二人の紳士の方のお洋服を赤ワインで染めてしまったのです…。

(このブログ、読んで下さっているかな?)

お二人とも、本当にお優しく柔和な雰囲気の方で、終始笑顔で、
「いいんですよ!気にせずライブを楽しんで下さい!」と、ワインを拭きながら仰って下さり… (T_T)
そればかりか、ライブ後にはmarieを宣伝するために、ソウル好きなお友達を紹介して下さったり…、(リオンの大ファンと言うレディともお話しする事が出来ました!)

最後まで、温かく接して下さって本当に感謝しています。

CDが出来上がりましたら、早く汚してしまったお洋服を弁償出来るように、頑張りますね…。
本当に、申し訳ありませんでした…。<(__)>




marsさんが買って下さったMAZEのTシャツ、Lサイズと Sサイズです。d0031078_21294320.jpg




長い間、ずっと知らずにいたMAZE。


でも、出逢うべき音楽とは、必ず、いつか、どこかで、出逢ってしまうものなのかも知れませんね。


きっと、どこかで、ひとつに繋がっているから。



“出逢えて良かった”


しみじみと、そう感じた、夢のような、贅沢な一夜でした。


では、今日は最後にこの曲を・・・

『We Are One』





今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございました!
感謝を込めて

Kanafu Marie


**MAZEのHPです♪**
[PR]
by kanamarie | 2009-09-27 21:48 | LIVE | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kanamarie.exblog.jp/tb/10273623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。